TRUST CLUBカードの特徴は?審査やメリット、注意点も解説

TRUST CLUBカードの特徴は?

・TRUST CLUBカードのメリットは?
・審査は厳しいの?

このような疑問を解決します。


この記事の結論

  • TRUST CLUBカードは全部で8種類
  • 年会費3,300円のTRUST CLUB プラチナマスターカードがおすすめ
  • 特典を使いこなせば、コスパ抜群のハイステータスカード

TRUST CLUB(トラストクラブ)カードは、プラチナカードが3,300円(税込)で持てるのが特徴です。

お手頃価格でステータスカードが持てますが、実際どんなメリットがあるのかわからず、発行を迷っている人も多いのではないでしょうか。

結論、TRUST CLUBカードは特典を使いこなせば、コスパ抜群でおすすめできるカードです。

そこで本記事では、TRUST CLUBカード全8種を比較し、特徴やメリット、審査について解説します。

TRUST CLUBカードおすすめ3選

TRUST CLUB(トラストクラブ)カードとは?

TRUST CLUBカード

TRUST CLUBカードは、三井住友信託銀行の子会社である「三井住友トラストクラブ株式会社」が発行しています。

元は「シティカード」という名前でしたが、シティカードグループの撤退にともなう買収により、現在のTRUST CLUBカードとなりました。

全部で8種類のゴールド・プラチナカードを発行しており、付帯保険や独自のサービスが充実しています。

ですが年会費は手頃なものが多く、特に3,300円(税込)で持てる「TRUST CLUB プラチナマスターカード」は注目の1枚です。

TRUST CLUBカードは、ポイントは貯まるの?

TRUST CLUBカードでは、100円(税込)利用に付き2~4ポイントの「TRUST CLUB リワードポイント」が貯まります。

貯まったポイントは商品や他社ポイント、Amazonギフト券などに交換できて、主な交換先は以下の通り。

交換先最低交換ポイント
(リワードポイント→他社ポイント・サービス)
還元率
Amazonギフト券8,000ポイント→2,000円分4P→1円
スターバックスカード8,000ポイント→2,000円分4P→1円
楽天ポイント5,000ポイント→1,000ポイント5P→1P
Tポイント4,000ポイント→1,000ポイント4P→1P
支払いに充当8,000ポイント→2,000円分4P→1円
JCBギフトカード20,000ポイント→5,000円分4P→1円

Amazonギフト券など、使い道が豊富だね!

ポイントは年会費に充てることもできるワン!

交換先によってレートは異なりますが、多くの場合リワードポイント4P→1円分として交換できます。

当記事では4P→1円分を基準として、各カードの還元率を紹介します。

TRUST CLUBカードのおすすめ3選

TRUST CLUBカードのおすすめ3選

TRUST CLUBカードでは、どのカードがおすすめなの?

TRUST CLUBカードは、ゴールドカード・プラチナカードを合わせて8種類ほど発行しています。

その中でも特にコスパがよく、メリットが多いおすすめの3枚は以下の通りです。

上記の3枚なら持ち続けやすく、特典も充実しています。

1枚ずつ詳しく見ていきましょう。

特徴や年会費をしっかりチェックするワン!

①TRUST CLUB プラチナマスターカード

トラストクラブ
年会費(税込)3,300円
ポイント100円(税込)利用につき2P
還元率0.5%相当
ブランドMastercard
スマホ決済Apple Pay
付帯保険海外旅行:3,000万円
国内旅行:3,000万円
お買い物補償:50万円

TRUST CLUB プラチナマスターカードは、プラチナランクなのに安く持てるのが特徴です。

主な特徴は以下の通り。

TRUST CLUB プラチナマスターカードの特徴

  1. 年間3,300円(税込)のお手頃な年会費
  2. プラチナランクの優待サービスはしっかり受けられる
  3. 「Mastercard Taste of Premium」も使える

手頃な価格ながら付帯保険はしっかり付いており、プラチナランクの優待サービスも受けられます。

レストランを2名以上で予約すると、1人分が無料になる「招待日和」を利用すれば、年会費の元もすぐに取れるでしょう。

Mastercardのプラチナ会員向けサービスである「Mastercard Taste of Premium」も同時に使え、コスパ抜群の1枚です。

3,300円(税込)でプラチナカードが持てるなんてステキ!

海外・国内旅行でのメリットも多いカードだワン!

\お手頃価格で納得の優待サービス/

②TRUST CLUB ワールドカード

TRUST CLUB WORLDカード
年会費(税込)13,200円
ポイント100円(税込)利用につき3P
還元率0.75%相当
ブランドMastercard
スマホ決済Apple Pay
付帯保険海外旅行:7,000万円
国内旅行:7,000万円
お買い物補償:500万円
キャンセルプロテクション:10万円

TRUST CLUB ワールドカードは、Mastercardの独自ランク基準である、ワールドランクのカードです。

プラチナよりランクが上のカードだワン!

主な特徴は以下の通り。

TRUST CLUB ワールドカードの特徴

  1. 年間100万円以上使うと、6,000ポイント加算
  2. 対象の空港から手荷物配送が無料
  3. 急な旅行イベントのキャンセルを10万円まで保証

付帯サービスが充実しており、「キャンセルプロテクション」で旅行イベントの突発的なキャンセルも補償されます。

また「ボーナスリワードプログラム」で、年間の利用金額により以下のボーナスポイントがもらえます。

年間利用金額ボーナスポイント
50万円以上2,500ポイント
100万円以上6,000ポイント

利用金額が多いと、たくさんポイントがもらえるんだね!

さらに対象の空港から、国内への手荷物配送が1回につき2個まで無料になるサービスも。

荷物で手を塞がれることなく、のびのびと出発できますね。

\プラチナをこえるワールドランク/

③TRUST CLUB プラチナ Visaカード

TRUST CLUBカードプラチナVISA
年会費(税込)38,500円
ポイント100円(税込)利用につき4P
還元率1%相当
ブランドVISA
スマホ決済Apple Pay
付帯保険海外旅行:1億円
国内旅行:1億円
お買い物補償:500万円
キャンセルプロテクション:20万円

TRUST CLUB プラチナ Visaカードは、プラチナランク特有の高級感と、多くの付帯サービスが備わっています。

主な特徴は以下の通り。

TRUST CLUB プラチナ Visaカードの特徴

  1. 年間150万円以上利用で10,000ポイント加算
  2. 対象のレストランでの食事が、1人または2人無料
  3. 銀座の会員向けメンバーズサロンが無料

ポイント還元率は1%、ボーナスリワードプログラムでは以下のように、最大10,000ポイントが加算されます。

年間利用金額ボーナスポイント
50万円以上2,500ポイント
100万円以上6,000ポイント
150万円以上10,000ポイント

レストランの予約特典はもちろん、スポーツクラブが会員価格になり、銀座のメンバーズサロンが無料で使える特典も。

他にもコンシェルジュサービスやキャンセルプロテクションなど、至れり尽くせりのサービスが付帯しています。

世界的にシェア率が高い、VISAブランドだワン!

\致せり尽くせりのサービス付帯/

TRUST CLUBカードの全8種比較

TRUST CLUBカードの全8種比較

TRUST CLUBカードには、他にどんなものがあるの?

現在TRUST CLUBカードは、以下の8種類が発行されています。

それぞれの年会費と貯まるポイントも一緒にした表は、以下の通りです。

カード名年会費(税込)ポイント
TRUST CLUB プラチナマスターカード3,300円100円につき2P
TRUST CLUB ワールドカード13,200円100円につき3P
TRUST CLUB プラチナ Visaカード38,500円100円につき4P
TRUST CLUB ワールドエリートカード143,000円100円につき2P
デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード44,000円100円につき1.5マイル
TRUST CLUB エリートカード3,300円100円につき2P
TRUST CLUB ゴールドカード13,200円100円につき3P
デルタ スカイマイル TRUST CLUB ゴールドVISAカード19,800円100円につき1.3マイル

TRUST CLUBカードではプラチナランク以上のものが5種、ゴールドランクが3種発行されています。

多くのカードではリワードポイントが貯まりますが、デルタ航空のマイルが貯まるものもあります。

基本的には年会費が高いほど特典内容も上がりますが、3,300円のTRUST CLUB プラチナマスターカードでも、プラチナの特典は十分に受けられます。

TRUST CLUBカードの優待サービス

TRUST CLUBカードの優待サービス

TRUST CLUBカードはどんな優待を受けられるの?

TRUST CLUBカードを持つ特典は多く、主な優待サービスは以下のものがあります。

旅行に関する優待が多いみたい!

加入後すぐに使いこなせるよう、どのようなサービスを受けられるか、確認しておきましょう。

コース料理が1人または2人無料

プラチナランク以上のTRUST CLUBカードでは、対象のレストランでの食事が無料になるサービスが受けられます。

主な条件と内容は以下の通り。

サービス名サービス内容対象カード
招待日和所定のコースを2人で予約すると1人無料・TRUST CLUB プラチナマスターカード
・TRUST CLUB ワールドカード
・TRUST CLUB ワールドエリートカード
TRUST CLUB ダイニングセレクション所定のコースを2人で予約すると1人無料
所定のコースを6人で予約すると2人無料
・TRUST CLUB プラチナ Visaカード
・デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード

カード会社がVISAかMastercardでサービス内容が違い、予約できるレストランが少し異なります。

対象のレストランは高級店ばかりで、カードによっては年に1度の利用で年会費の元が取れることも。

対象のお店はカードごとの公式サイトから確認できますが、「TRUST CLUBダイニングセレクション」で検索すると東京だと99店舗も該当します。

レストラン
TRUST CLUBダイニングセレクション より

グレードの高いカードならではのサービスなので、ぜひ利用したいですね。

地域によっては対象のレストランがない場合もあるから、加入前にどこで使えるか調べておくといいワン!

手荷物宅配サービス

旅行や出張の際、荷物を対象の空港から目的地まで運んでもらえるのが「手荷物宅配サービス」です。

TRUST CLUBカードでは、以下のカードで手荷物宅配サービスに対応しています。

  • TRUST CLUB プラチナ Visaカード
  • デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード
  • TRUST CLUB ゴールドカード
  • TRUST CLUB ワールドエリートカード
  • TRUST CLUB ワールドカード

なお、カードごとにサービス内容や、対象の空港が異なります。

手荷物宅配サービスを利用したい人は、自分がよく使う空港が対応しているか、公式サイトなどで調べてから加入しましょう。

手荷物宅配サービスがあれば、スムーズに旅行が楽しめるね!

TRUST CLUB プラチナマスターカードと、TRUST CLUB エリートカードはこのサービスは対象外だワン!

空港ラウンジ無料

TRUST CLUBカードでは、全てのカードで国内およびアメリカの主要空港のラウンジが無料で使えます。

ただし、TRUST CLUB エリートカードとTRUST CLUB プラチナマスターカードは、成田国際空港が対象外なので注意してください。

またグレードの高いカードでは、世界1,000ヵ所以上のラウンジに対応した「ラウンジ・キー」、世界1,300ヵ所以上の空港VIPラウンジが使える「プライオリティ・パス」も。

海外によく行く人は、TRUST CLUBカードがあればゆっくりしたひと時が楽しめます。

空港ラウンジなら、搭乗前の待ち時間を快適に過ごせるね!

キャンセル・プロテクション

一部のTRUST CLUBカードでは、入院などの事情による旅行イベントのキャンセルも、補償してもらえます。

対象のカードと詳しい条件は以下の通り。

カードの種類最大補償額
TRUST CLUB ワールドエリートカード
TRUST CLUB プラチナ Visaカード
デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード
20万円
TRUST CLUB ワールドカード10万円

キャンセル補償が付いているのは4種類のカードで、最大20万円まで補償されます。

なお、一般カードではほとんどのカードでキャンセル補償は付帯していません。

ハイステータスカードなら、安心して旅行の計画を立てられます。

旅行やイベントの代金を、対象のTRUST CLUBカードで支払っていることが条件だワン!

手厚い付帯保険

TRUST CLUBカードでは、全てのカードで充実した付帯保険が付いています。

詳しい保証内容は以下の通り。

カード名年会費(税込)海外旅行国内旅行バイヤーズプロテクション
(お買い物補償)
TRUST CLUB プラチナマスターカード3,300円傷害:最高3,000万円
携行品:30万円
救援者:50万円
傷害:最高3,000万円50万円
TRUST CLUBエリートカード3,300円傷害:最高3,000万円
携行品:30万円
救援者:50万円
傷害:最高3,000万円200万円
デルタ スカイマイル TRUST CLUB ゴールドVISAカード19,800円傷害:最高7,000万円
賠償責任:3,000万円
携行品:30万円
救援者:100万円
傷害:最高7,000万円500万円
TRUST CLUB ゴールドカード13,200円傷害:最高7,000万円
賠償責任:3,000万円
携行品:30万円
救援者:100万円
傷害:最高7,000万円500万円
TRUST CLUB ワールドカード13,200円傷害:最高7,000万円
賠償責任:3,000万円
携行品:30万円
救援者:100万円
傷害:最高7,000万円500万円
デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード44,000円傷害:最高1億円
賠償責任:5,000万円
携行品:100万円
救援者:500万円
傷害:最高1億円
入院:5,000円
通院:3,000円
500万円
TRUST CLUB プラチナ Visaカード38,500円傷害:最高1億円
賠償責任:5,000万円
携行品:100万円
救援者:500万円
傷害:最高1億円
入院:5,000円
通院:3,000円
500万円
TRUST CLUB ワールドエリートカード143,000円傷害:最高1億円
賠償責任:1億円
携行品:100万円
救援者:500万円
傷害:最高1億円
手術:5万円
入院:5,000円
通院:3,000円
500万円

どのカードも充実しているね!

付帯サービスと同様、ランクが上がるほど補償は多くなりますが、3,300円(税込)のTRUST CLUB プラチナマスターカードでもしっかり補償は付いています。

さらにTRUST CLUB ワールドエリートカードでは、ホールインワン達成時の費用も補償してくれる「ゴルファー保険」も付帯。

TRUST CLUBカードなら、趣味や旅行を安心して楽しめますね。

\趣味や旅行を楽しむなら/

TRUST CLUBカードおすすめ3選

TRUST CLUBカードの審査

TRUST CLUBカードの審査

TRUST CLUBカードの審査は厳しいの?

TRUST CLUBカードでは、カードごとに入会できる年収の目安が提示されています。

どのランクに加入できるかわかりやすいため、合わないグレードに申し込んで審査に落ちてしまうことを防げます。

具体的な条件は以下の通り。

カード名加入年齢年収の目安
TRUST CLUB プラチナマスターカード22歳以上200万円以上
TRUST CLUBエリートカード22歳以上200万円以上
デルタ スカイマイル TRUST CLUB ゴールドVISAカード25歳以上400万円
TRUST CLUB ゴールドカード25歳以上400万円
TRUST CLUB ワールドカード25歳以上400万円
デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード
TRUST CLUB プラチナ Visaカード25歳以上
TRUST CLUB ワールドエリートカード25歳以上

条件が書かれていないカードは、何だろう?

TRUST CLUBカードの中で、TRUST CLUB ワールドエリートカードとTRUST CLUB プラチナ Visaカードは、年収の目安の提示がなく「所定の審査があります」とだけ書かれています。

また、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカードは、年齢と年収の記載がありません。

ですが他のカードが年収400万以上であるため、収入の指定がないカードも、同程度の年収が条件であると考えられます。

ふつうに仕事をしている一般的な人なら、申し込みできる条件だワン!

TRUST CLUBカードのメリット

TRUST CLUBカードのメリット

そもそもTRUST CLUBカードのメリットは何?

TRUST CLUBカードは優待サービスが多いカードですが、他にもメリットはあります。

ポイントの期限や追加カードなど、それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

①手頃な年会費で豊富な特典を受けられる

TRUST CLUBカードの一番メリットは、お手頃な年会費で特典がとても多いことです。

特にコース料理が無料になるサービスは、他社の1万円程度のゴールドカードではほとんど付いていません。

また年会費3,300円(税込)で、空港ラウンジサービスなどプラチナランクの優待を受けられるのは、TRUST CLUBカードの特権でしょう。

コストを押さえてプラチナカードを持ちたい人にぴったりだね!

②ポイントの有効期限がない

TRUST CLUBカードをつかって貯まるリワードポイントは、有効期限の縛りがありません。

面倒なポイントの更新など必要なく、貯めるのも使うのも無期限です。

ポイントをよく失効させてしまう人も、TRUST CLUBカードなら心配ありませんね。

期限がないなら、たくさん貯めていいものに交換できるね!

③家族カード・ETCカードが無料で発行できる

TRUST CLUBカードは一部を除き、家族カードやETCカードは、年会費・発行手数料が一切かかりません。

夫婦はもちろん、18歳以上のお子さん・両親など、家族全員で一緒に使えます。

家族カードも本カードと同等の補償を受けられるため、年会費無料のクレジットカードを持つよりも手厚い補償が受けられます。

TRUST CLUBカードに加入する際は、家族カード・ETCカードも一緒に検討しましょう。

家族カードなら、ポイントもまとめて貯められるね。

どの家族カードも無料だけど、デルタ スカイマイル TRUST CLUB ゴールドVISAカードだけは年会費9,900円かかるから注意するワン!

TRUST CLUBカードの注意点

TRUST CLUBカードの注意点

TRUST CLUBカードに注意点はあるの?

TRUST CLUBカードの注意点は特にはありませんが、強いて言えばポイント還元率が低めであることです。

特典や補償が手厚いため、ポイント還元率は年会費に対してそこまで高くありません。

100円(税込)で2~4ポイント貯まるけど、交換する時に4P=1円相当になるんだワン!

TRUST CLUBカードでは、ポイントの他にも魅力的な優待がたくさんあります。

ポイントだけでなく、サービスが使いこなせるかをメインに考えたほうが良いでしょう。

【まとめ】TRUST CLUBカード

【まとめ】TRUST CLUBカード

TRUST CLUBカードのことがよくわかったよ!

TRUST CLUBカードの特徴やメリット、審査について解説しました。

最後にこの記事の重要な点を3つにまとめます。

  • TRUST CLUBカードは全部で8種類
  • 年会費3,300円(税込)のTRUST CLUB プラチナマスターカードがおすすめ
  • 特典を使いこなせば、コスパ抜群のハイステータスカード

TRUST CLUBカードはステータス性が高く、レストランや旅行などで年会費以上の特典を受けられます。

どれがいいか迷う人は、まずは年会費3,300円で持てる、TRUST CLUB プラチナマスターカードを選んでみてはいかがでしょうか。

TRUST CLUBカードおすすめ3選

友だち追加