Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
アンケートモニター募集
Twitter
Facebook
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
ブリッジレポート
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
「ブリッジレポート」では、注目企業の事業内容・経営戦略・将来の姿などをわかり易くお伝えします。掲載企業は随時フォローアップ!
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.58 2017年07月04日(火)
同社の17/3期の決算は、引き続きアイコン売上の拡大が牽引し、営業利益と経常利益において9期連続の増益を達成するなど好業績となった。収益性の高いアイコン売上の拡大を通じて、年々売上高営業利益率を上昇させている点、・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.57 2017年03月22日(水)
同社の17/3期第3四半期累計期間の決算では、好調をけん引してきたフォーバルビジネスグループが前年同期比5.8%の増収、4.4%増益と第2四半期までと比較して成長が鈍化した。フォーバルビジネスグループの今第3四半期・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.56 2017年01月17日(火)
同社の17/3期第2四半期累計期間の決算は、前年同期比2.3%の増収、28.7%の経常増益の好決算となった。中でも、フォーバルビジネスグループが前年同期比8.1%の増収、51.3%のセグメント利益の増益と成長をけん引した・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.55 2016年09月20日(火)
同社の17/3期第1四半期決算は、前年同期比4.4%の増収、59.6%の経常増益の好決算となった。中でも、フォーバルビジネスグループが前年同期比11.0%の増収、129.9%のセグメント利益の増益と成長をけん引した。これは主に・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.54 2016年08月02日(火)
売上高営業利益率やROEなど同社の収益性の改善が進展している。これは主に高収益事業であるアイコン売上の拡大による効果が大きい。アイコン売上の拡大の背景としては、よろず経営相談の増加により同社の・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.53 2016年03月08日(火)
同社の16/3期第3四半期連結累計期間決算では、5セグメント全ての売上高が増加するなど好調が継続していることが確認された。加えて、引き続き資本を効率化させながら、収益性を高めている点極めて評価が高い。・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.52 2016年01月19日(火)
同社の16/3期第2四半期決算では、アイコンサービスの売上高が順調に拡大していることが確認できた。アイコンサービスでは、2015年9月末のOEMの事業所数が前年同期比65.6%増加するなど、パートナーを活用した拡大戦略が・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.51 2015年09月15日(火)
同社の16/3期第1四半期決算を振り返ると、全セグメントの売上が増加する好決算となった。売上のみならず売上総利益率の向上と売上高対販管費率の低下を達成している点極めて評価できる。引き続き収益性の改善に取り組む・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.50 2015年06月23日(火)
同社のよろず経営相談件数の増加が加速している。15/3期のよろず経営相談件数は7,070件と前期の2,070件から前期比241.5%と大幅に拡大した。相談内容としては、顧客紹介・売り込みに関連するものが最も多く、・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.49 2015年03月17日(火)
同社の今第3四半期累計期間の決算を振り返ると営業利益が前年同期比50%以上増加するなど非常に好決算となった。既存3事業において全てのセグメント利益が前年同期比大幅に増加した。中でも、フォーバルビジネスグループは、・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.48 2014年12月24日(水)
同社の今第2四半期決算を振り返ると営業利益が前年同期比60%以上増加するなど非常に好決算となった。既存3事業において全てのセグメント利益が前年同期比大幅に増加した。フォーバルビジネスグループにおいてはアイコン・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.47 2014年09月16日(火)
同社の今第1四半期決算を振り返ると営業利益が前年同期比70%以上増加するなど非常に好決算となった。既存3事業において全てのセグメント利益が前年同期比増加した。フォーバルビジネスグループにおいては「アイコンサービス」の・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.46 2014年06月24日(火)
新たなビジネスモデルの中核をなすITコンサルティングサービス「アイコン」が順調に拡大している。経営者の様々な悩みを解決するよろず経営相談の増加が、「アイコン」の拡大につながっているものと思われる。・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.45 2014年03月25日(火)
新たなビジネスモデルの中核をなすITコンサルティングサービス「アイコン」が順調に拡大している。事業拡大に伴う人員増の影響で上期に一時的に利益率が悪化したフォーバルビジネスグループであるが、早々と利益率を回復させ・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.44 2014年01月14日(火)
新たなビジネスモデルの中核をなすITコンサルティングサービス「アイコン」が順調に拡大している。しかし、同社ではアイコンサービスの普及を加速させるため、BRMC(Business Restructuring&Management Consulting)による・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.43 2013年09月03日(火)
新たなビジネスモデルの中核をなすITコンサルティングサービス「アイコン」が順調に拡大している。今四半期もフォーバルビジネスグループの売上高は前年同期比4.5%増加した。反面、事業拡大のための積極的な人材採用を・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.42 2013年07月02日(火)
新たなビジネスモデルの中核をなすITコンサルティングサービス「アイコン」が順調に拡大している。売上高の増加と共に利益率の改善にも寄与している。同社は、「アイコン」の更なる成長加速を目指し、今期よりパートナー・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.41 2013年03月05日(火)
新たなビジネスモデルの中核をなすITコンサルティングサービス「アイコン」が順調に拡大しており、売上の増加と共に利益率の改善にも寄与している。「アイコン」を通じた様々な経営相談は、今後の収益機会の源泉であり、・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.40 2012年12月25日(火)
新たなビジネスモデルの中核をなすITコンサルティングサービス「アイコン」が順調に拡大しており、売上の増加と共に利益率の改善にも寄与している。「アイコン」を通して様々な経営相談が寄せられており、・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.39 2012年09月11日(火)
新たなビジネスモデルの中核をなすITコンサルティングサービス「アイコン」が順調に拡大しており、売上の増加と共に利益率の改善にも寄与している。「アイコンサービス」を通してビジネスのシーズ(種)となる様々な経営相談・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.38 2012年06月19日(火)
新たなビジネスモデルの中核をなすITコンサルティングサービス「アイコン」が順調に拡大しており、売上の増加と共に利益率の改善にも寄与している。「アイコン」を通して様々な経営相談が寄せられており、12/3期の相談件数・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.37 2012年01月17日(火)
同社は、“「情報通信コンサルタント」として企業経営を支援する集団となる!”というビジョンの実現に向け、物販からコンサルに軸足を移し、「アイコン」サービスの強化・拡大に取り組んでいく考え。この一環として・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.36 2011年09月20日(火)
フォーバルビジネスグループでは、ハードの販売を中心としたスタイルから経営課題を解決するITコンサルティングサービス「アイコン」を中心としたスタイルへのシフトを進めており、フォーバルテレコムビジネスグループでは・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.35 2011年06月14日(火)
当社のコンサルビジネスを同業他社で真似しようとしても簡単ではない。中島社長の説明は明快だ。情報機器の物販を担当してきた営業マンを、顧客の会社に役立つコンサルタントに変えるという転換であるから容易ではない。・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.34 2011年04月05日(火)
新サービス「ツーウェイスマート」はスマートフォンを利用したFMC(Fixed Mobile Convergence)サービスで、一台のスマートフォンを社内では内線電話として、社外では携帯電話として利用するシステム。社内外のどこにいても・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.33 2011年01月18日(火)
同社がこれまでに提供してきた情報通信に関する商品やサービスはビジネスシーンに必要不可欠なものだったが、情報化社会の到来により、「“モノ”を提供するだけでは中小企業の収益向上に貢献できない」と言うのが同社の考え。・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.32 2010年10月19日(火)
フォーバルは大久保会長の類いまれなるアイデアと事業遂行力によって、ベンチャー企業として発展してきたが、局面によって事業の転換を迫られ負担が発生した。しかし、そのマイナスの負担をかなり整理し、苦しい局面を脱した。・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.31 2010年09月21日(火)
第1四半期はわずかな売上の伸びにとどまったものの、前期に取り組んだ収益性改善施策の効果が顕在化した他、孫会社の業績回復で損益が大幅に改善した。今期は売上の増加を伴った本格的な業績の回復期を迎える。・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.30 2010年06月29日(火)
同社では、中小企業が発展するための方策として、「情報通信を活用した経営の高度化」と「国外の成長機会の取り込み」の2点を挙げている。ヒト、モノ、カネでは大企業が有利だが、フットワークを活かし情報をタイムリーに・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.29 2010年03月16日(火)
通期業績予想を達成するには第4四半期の動向が鍵を握るが、コスト削減や生産性の改善は進んでおり方向性は悪くない。同社は、価格競争が激しい機器販売から、保守、サポート、更にはコンサルティング等の経営支援サービスへの・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.28 2009年12月22日(火)
厳しい事業環境が続いているものの、経費削減が進み利益体質が定着してきた。また、機器の価格下落が続く中で、売上総利益率を維持できている事も同社の強みだ。ただ、既存事業だけでは成長が限られるため、今後は・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.27 2009年09月01日(火)
機器販売の苦戦で厳しいスタートとなったが、Webサポートサービスやリスティング広告等の安定的な収益が期待できるサービスやセキュリティ関連等の新しいサービスが伸びている事も確認できた。通期の業績について論じるのは・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.26 2009年06月23日(火)
「アイコン」が順調に拡大しており、09/3期末時点での同サービスの月間売上高は199百万円(年換算では24億円弱)程度になった模様。今期末の月間売上高の目標を250百万円としており、年換算すると30億円。09/3期のフォーバル・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.25 2009年03月10日(火)
通期の業績予想を達成するには、第4四半期に5億円弱の利益を上げなければならない。四半期毎の利益の推移を考えると、ハードルが高いように感じるが、限界利益率の面から考えた場合、想定通りの売上を確保できれば達成は・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.24 2008年12月09日(火)
「アイコン」サービスの立ち上がりが順調に推移しており、営業力の強さを実感した。9月末時点で2万件を超える契約を確保しており、客単価が月額2万円とすると、月次の収入は4億円となり年間では48億円に上る。・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.23 2008年08月26日(火)
第1四半期の連結業績は、2007年7月に子会社化した株式会社リンクアップの携帯販売事業の寄与や、商業印刷物の企画・編集・製作を営むタクトシステム株式会社を2008年4月に子会社化したこと等により、・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.22 2008年07月03日(木)
09/3期は前期買収した子会社が通期で寄与する事や固定負削減を進める事で黒字転換を見込んでいる。既存事業や固定費削減が想定通りに進捗すれば、今期の黒字転換は可能と考えるが、来期・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.21 2008年02月26日(火)
第3四半期までの収益は、前年同期比より赤字幅が縮小しているとは言え、中間期に比べて赤字幅が拡大しており、まだ明確な回復軌道に入ったとは言えないようです。フォーバルクリエーテ・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.20 2008年01月08日(火)
人件費等のコスト削減が進み業績は最悪期を脱した感があるものの、収益基盤である電話機販売の不透明感が拭えません。また、フォーバル単体の営業損失を連結の営業損失が上回っている・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.19 2007年09月11日(火)
第1四半期は、主力の電話機販売に物足りなさを感じるものの、引き続きWeb制作が好調な上、子会社の業績寄与もあり、半期ベースでの増収基調を維持しました。また、利益面では固定・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.18 2007年06月26日(火)
2007年3月期の苦戦の原因となった電話機販売の低迷やインセンティブの減少は、企業努力の範囲を超えている感があり、止むを得ない面もあります。一方、注力しているITセキュリティ関連、Web関・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.17 2007年03月06日(火)
「ユビキタス社会」を迎えるにあたり、「ブロードバンドネットワーク」を「安心・安全」に「利用・活用」したいと考える法人の飛躍的な増加が予想されます。こうした中、同社は中小・中堅企業に対する・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.16 2006年12月19日(火)
主力の電話機販売の不振が響き、下期も苦戦が続く見込みです。ただ、その一方で、セキュリティ関連、Web関連等の新しい事業が育ちつつあります。・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.15 2006年09月19日(火)
電話機販売においてリース訪問販売の問題が長引いていることは気にかかりますが、同社の業績はもともと下期偏重型であり、第1四半期だけで通期の業績を云々するのは時期尚早と考え・・・
ブリッジレポート:(8275) フォーバル vol.14 2006年06月20日(火)
2006年3月期は減収減益となりましたが、モバイル、セキュリティとビジネスチャンスは拡大しています。例えば、期初に投入したFMC対応商品は固定電話とモバイルを融合したサービスで、社外でも通話料無料の内線電話が・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.13 2006年03月28日(火)
市場環境の変化で思わぬ減益決算となり通期予想も下方修正されました。もっとも、中小企業の景況感にも改善が見られるだけに、来期は中小企業向け営業支援ツールの販売や機器販売を含むドキュメント事業の拡大等が期待・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.12 2006年01月10日(火)
子会社売却により減収とはなりましたが、通信サービスや複写機の販売が好調でその分をカバーして増益となり、通期でも利益は拡大する見込です。
ブロードバンド時代本格化の追い風の中、新たな成長モデルに・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.11 2005年07月12日(火)
情報通信分野においては、新技術・新サービスが次々と登場し、社会システムに大きな変化をもたらしつつあります。総務省によるe-Japan戦略、e-Japan鏡鑪、さらに、u-Japan政策といった情報通信を取り巻く環境は・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.10 2005年03月29日(火)
「FTフォン」サービスの販売好調が、電話機販売の増加につながるなど好循環が生まれています。同社の「FTフォン」サービスは、コストパフォーマンスに優れた光ファイバーを利用した高品質の音声通信と高速データ通信・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.9 2005年02月08日(火)
「FTフォン」サービスの本格的な開始による、電話機の売上拡大が寄与し増収となりましたが、事業拡大のための営業員の拡充や広告活動など先行投資的費用が増加し、利益は減少しました。ただ、通期では増収・増益・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.8 2004年07月13日(火)
通信価格の低下で減収とはなりましたが、期初の計画通りに電話機販売に注力して、実質増益となりました。
大久保社長は現在の環境を同社飛躍の千載一遇のチャンスと捉えており・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.7 2004年01月20日(火)
通常の決算説明会では、決算数値の解説の後に事業説明を行うのが通例ですが、今回はまず「FTフォン」の説明を行いました。大久保社長の「FTフォン」サービスに対する強い意気込みが現れています・・・
ブリッジレポート:(8275) フォーバル vol.6 2003年11月04日(火)
大手のキャリアに先行して「番号ポータビリティ」をいち早く実現させた、画期的な「FTフォン」サービスの開始。このアドバンテージにもかかわらず、大久保社長は気を緩めることなく・・・
ブリッジレポート:(8275) フォーバル vol.5 2003年07月08日(火)
昨年から進めてきた「集中と選択」によって無駄な部分を殺ぎ落とし、筋肉質の企業へと転換することができたようです。
そして、本文中に・・・
ブリッジレポート:(8275) フォーバル vol.4 2003年02月12日(水)
「選択と集中による業績底入れ」、「IP電話による法人マーケットの開拓」という会社からのメッセージが明確に伝わった説明会でした。
法人に対する・・・
ブリッジレポート:(8275) フォーバル vol.3 2002年08月06日(火)
IP電話サービス事業の説明に際しての大久保社長からは大変な迫力を感じました。既存事業の足元の状況は依然として芳しいものではないようですが、事業の清算など悪い部分は取り除き・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.2 2002年01月22日(火)
グループ全体の問題点を整理し、次の変化の為の準備を進めており、2001年中にはメリハリの効いた方向付けを発表したいとおっしゃっていました。そのアウトプットとして策定されたのが・・・
ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.1 2001年09月04日(火)
変化はチャンスと書きましたが、同社にとってはまさにそのとおりの環境といえます。 まず通信においては、ブロードバンドの普及が大きな鍵でしょう。複数の方式があるとしても・・・
ブリッジメール
説明会の案内、レポート情報、各企業のニュースリリースなどの情報が盛りだくさんのメールマガジン
登録前に「メルマガ利用規約」をお読みください。
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
アジア経営者連合会
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー