Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
アンケートモニター募集
Twitter
Facebook
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
ブリッジレポート
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
「ブリッジレポート」では、注目企業の事業内容・経営戦略・将来の姿などをわかり易くお伝えします。掲載企業は随時フォローアップ!
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.31 2017年05月23日(火)
活発な開発投資を受けてカード系の受注が伸びており、17/6期にとどまらず、18/6期、19/6期と好調が続きそうだ。ただ、同社では、その先を見据えた取り組みが始まっている。インターネット技術や各種センサー・テクノロジーの・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.30 2017年02月14日(火)
訪日外国人客の急速な増加に加え、東京オリンピック・パラリンピックを控えている事もあり、様々な決済手段に対応するシステム開発が増加しており、金融システムソリューション事業の事業環境は良好。昨今、スマートフォンに・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.29 2016年11月29日(火)
新たなチャレンジでとして取り組んだ会計システムの開発案件が不採算となった。同社は大日本印刷(株)及びそのグループ企業の顧客資産とネットワークやセキュリティ分野での強みを活かして様々な開発需要を取り込みに力を・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.28 2016年08月16日(火)
17/6期のスタートに当たり、中期的な目標として売上高100億円を掲げた。目標達成に向け規模拡大を図ると共に、プロジェクト管理の強化と人材育成(OJT、知見の継承)に力を入れ、信頼性を高めていく考え。プロジェクト管理に・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.27 2016年05月24日(火)
主力の金融・カード系や証券系のビジネスが好調な中、金融システムソリューション事業において新規事業「アクワイアリングASPサービス」や新製品「OnCore(オンコア)」の育成が順調に進んでおり、・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.26 2016年02月16日(火)
金融ソリューション事業では、プロジェクト管理の成果が現れており、ソフトウェア開発の収益性が改善している。また、当初は先行投資が負担になるものの、ASP型アクワイアリングサービスも興味深い。・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.25 2015年11月17日(火)
井関社長の下、「規模の追求」と「品質の向上」の二兎を追う事で収益を拡大させていく考え。「規模の追求」では、既に事業領域と事業エリアの拡大に向けた取り組みがスタートしており、業務運用サービス事業を・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.24 2015年08月18日(火)
ラインナップの充実とネットワークの脅威に対する意識の高まりを背景に、3〜4年前から育成に取り組んできたサイバーセキュリティ・ソリューションが軌道化しつつある。しかも「CxSuite」や「Traps」といった・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.23 2015年05月26日(火)
カード系の受注は堅調だが、非カード系の受注が足踏みしているようだ。このため、他社製パッケージの販売強化による需要の掘り起こしに取り組んでいる他、導入の敷居を低くするべく「Faceコンシェル」の料金体系を・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.22 2015年02月17日(火)
上期は金融システムソリューション事業において自社開発のパッケージソフトで非カード系の新規顧開拓が進み、プロダクトソリューション事業では他社製パッケージ「Traps」が順調に立ち上がった。従来からのカード会社向けや・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.21 2014年11月18日(火)
15/6期のスタートは上々だ。通期業績については、売上・利益共にボリュームの大きい下期いかんではあるが、主力の金融システムソリューション事業においてプロジェクト管理が安定してきたため下振れの不安は少ない。・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.20 2014年08月26日(火)
決済サービス会社は、競争の激化に伴い単に「決済できる」というだけで顧客を獲得する事が難しくなってきたため、カードの利用履歴データを活用したマーケティングツール機能を付加した決済サービスの提供等に力を・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.19 2014年05月20日(火)
カードビジネスのフロント業務の事業環境は良好だ。例えば、従来、提携カードを発行していたが、カード会社に依存し主体的に対応していなかった企業が、自ら前面に出てカードサービスを強化するケースが増えており、・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.18 2013年11月19日(火)
カード各社は新たな客層の取り込みを図るべく、銀行等との提携も含めて、クレジットカードのような審査が要らず、収入が不安定な人やクレジットカードが作れない若年層の利用に向いているデビットカードやプリペイドカード・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.17 2013年08月27日(火)
13/6期は大型開発プロジェクトへの対応に追われたが、貴重な開発体験だった事に加え、期末までに止血が完了しV字回復への体制も整った。足元の受注環境も好転しており、カードビジネスのフロント業務では、・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.16 2013年05月21日(火)
13/6期の利益を圧迫した大型案件は、第鬼開発業務(開発全体の80%)が第2四半期(10-12月)前半に完了し11月に稼働。稼働後の修正作業を経て、第2四半期末には決済範囲の追加に伴う第2期開発業務がスタートし、・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.15 2013年02月26日(火)
13/6期は損失計上が避けられないが、不採算案件への対応が一巡し下期は利益を確保できる見込み。授業料は高くついたが、良好な財政状態が維持されている事もあり、「この経験が今後の経営に活かされるのであれば」と・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.14 2012年11月27日(火)
親会社である大日本印刷はICカードの国内No1ベンダーとしての技術やノウハウを活かし、スマートフォン向けサービスを展開している(ICカードとスマートフォンの“ハイブリッド戦略”)。この一環として、モバイルWalletサービス・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.13 2012年09月11日(火)
業務領域と顧客ターゲットを絞り込む事で高成長・高収益を実現してきた同社だが、中長期的には顧客ターゲットを多様な業種に広げると共に、業務領域を従来からのフロント業務にとどまらず、ミドル・バックオフィスへと広げ、・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.12 2012年05月22日(火)
新たな課題が出てきたものの、成長の芽が育ちつつあり、また、大日本印刷(株)との資本提携も、うまくシナジーを引き出せている。12/6期は情報サービス産業を取り巻く環境が厳しい中で、4期ぶりの増収が見込まれる点を・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.11 2012年02月21日(火)
証券系事業が厳しい事業環境を反映して苦戦しているものの、「Linux NET+1」の商談が計画通り進んでいる他、大日本印刷(株)とのシナジーも顕在化しつつあり、全般に順調と言える。通期の業績予想を上方修正しなかったため、・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.10 2011年11月15日(火)
「Linux NET+1」の投入、クロスソリューションによる証券系ビジネスの強化及び新規事業の育成、更には大日本印刷とのシナジーによる受託開発案件の獲得等、中期経営計画における取り組みが進捗しており、・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.9 2011年08月23日(火)
厳しい決算となった11/6期ではあるが、「Linux NET+1」の開発、「ACE plus」 の海外展開、他社製品を使った高速情報基盤ソリューション、「EUCSecure」のAndroid端末向けビジネス、更には海外メーカー製品を用いた新たな・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.8 2011年05月24日(火)
東日本大震災の間接的な影響の広がりが懸念され、マクロ・ミクロの両面で先行きの不透明感は否めない。しかし、カードショッピングの増勢や業法改正に伴う貸倒関連コストの減少で主要顧客である大手クレジットカード会社の・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.7 2011年03月01日(火)
改正貸金業法や改正割賦販売法への対応一巡、収益の圧迫要因であった過払請求引当金のピークアウト、トランザクションの増加による更新先送りの限界、更にはバックアップシステムの構築と、クレジットカード会社がシステム投資を本格化させる条件が整って・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.6 2010年11月30日(火)
同社の業績は下期偏重型であり、第1四半期の結果で通期業績を云々するのは時期尚早だが、カードビジネスのフロント業務を中心に受注が堅調に推移しているため安心感がある。主要顧客であるクレジットカード会社を取り巻く環境は・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.5 2010年08月24日(火)
売上高が1兆5,000億円を超える大日本印刷(株)の顧客資産は膨大であり、この4月に大日本印刷(株)グループ入りした事で同社のフィールドは格段に広がった。加えて、単に顧客が多いというだけでなく、印刷に関連した・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.4 2010年05月25日(火)
10/6期の業績については、セキュリティシステム業務で進行している大型商談の契約時期で下振れる可能性があるが、その場合でも、カードビジネスのフロント業務及びシステムソリューション業務が順調に推移しており、・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.3 2010年02月23日(火)
上期決算は厳しい事業環境を反映したものとなったが、期初の想定に比べると事業環境は改善しているようだ。「売上計上の前倒し」が上期の業績上振れの一因だが、顧客がシステム投資を前倒しで進めているために検収が早まった・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.2 2009年12月01日(火)
当初の予想通りとは言え、第1四半期はクレジットカード業界や証券・金融業界のシステム投資抑制の傾向に大きな変化は見られなかった。第2四半期以降も状況の大きな改善は期待し難いが、クレジットカード会社の多くが改正法施行・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.1 2009年09月01日(火)
減収・減益となった09/6期だが(当期純利益は増益)、第4四半期には主力のカードビジネスのフロント業務の受注に底打ちの兆しが見られた。この受注が売上高・利益に反映される10/6期下期は増収・増益に転じる見込みだが、・・・
ブリッジメール
説明会の案内、レポート情報、各企業のニュースリリースなどの情報が盛りだくさんのメールマガジン
登録前に「メルマガ利用規約」をお読みください。
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
アジア経営者連合会
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー