掲載企業情報

東証1部

(4634) 東洋インキSCホールディングス株式会社

北川 克己 社長

新着情報

適時開示情報

この企業の適時開示一覧

企業基本情報

企業名
東洋インキSCホールディングス株式会社
代表者
北川 克己
所在地
東京都中央区京橋2丁目2-1
事業内容
国内印刷インキ首位。インキ製造の原材料である顔料や樹脂加工技術を活かし、液晶用カラーフィルタ材料、電磁波シールドフィルムなど幅広い製品を開発・販売。
決算期
12月末日
業種
化学(製造業)
webサイト
http://schd.toyoinkgroup.com/ja/index.html

財務情報(単位:百万円)

売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
2018年12月 290,208 15,337 15,508 11,899
2017年3月 268,484 19,222 19,257 12,687
2017年12月 240,344 16,823 17,528 10,424
2016年3月 283,208 18,470 18,697 12,190
2015年3月 286,684 18,210 19,411 13,304
2014年3月 279,557 19,728 20,553 12,260
2013年3月 248,689 17,547 18,468 8,714

IFRS適用企業においては、経常利益は税引前利益、当期純利益は当期利益

最新のブリッジレポート

2019年03月20日(水)掲載

東証1部

(4634) 東洋インキSCホールディングス株式会社

18年12月期の期初における営業利益増減要因予測では、原材料価格高騰による影響はマイナス20億円という予想であったが、実際にはマイナス55億円と前期減益の最大の要因となってしまった。販売数量の増大や価格改定の浸透は・・・

詳細ページ

この企業のブリッジレポート一覧