PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

お金を預けるなら銀行と郵便局どちらがおすすめ?

読者のギモン

まとまったお金を預けたいのですが、銀行と郵便局のどちらがお得か分かりません。

最近は預金金利が低いと言われているので、なるべく利息のもらえるものを選びたいです。

編集部が回答

まとまったお金を預ける際には、郵便局よりも銀行がおすすめです。

銀行の方が郵便局よりも預金金利が高いため、お得に利用できます。

ネット銀行は普通預金金利が高いのが特徴だね!

預金額が大きい人ほどもらえる利息が増え、お得に感じられるでしょう。

普通預金金利を比較してお得度を確認

ここでは、どのくらいお得かをみるためにネット銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の普通預金金利を比較します。

普通預金金利を以下の表にまとめたのでご覧ください。

銀行普通預金金利
UI銀行
(ネット銀行)
0.1%
楽天銀行
(ネット銀行)
0.02〜0.2%
SBJ銀行
(ネット銀行)
0.02〜0.2%
三井住友銀行
(大手銀行)
0.001%
ゆうちょ銀行
(郵便局)
0.001%
2024年4月時点

この表から分かるように、ネット銀行と他とでは普通預金金利に大きな差があります。

そして、この差は預金額が大きければ大きいほど広がっていくので、自分に合った銀行を吟味していくことが大切です。

筆者の見解まとめ

お金を預ける際には、普通預金金利の高いネット銀行がおすすめです。

金利が高いほど、もらえる利息も増えるのでお得さを実感できるでしょう。

また、ネット銀行は預金金利の高さ以外にもポイントや特典などの魅力を兼ね備えているので多くの方におすすめできます。

預金先を迷っている方は、ネット銀行の利用を検討してみてくださいね。

💻併せて読みたい!関連記事

執筆:いろはにマネー編集部
執筆:いろはにマネー編集部

いろはにマネーのお悩み質問箱は、20年以上にわたり投資家向けサービスを提供する株式会社インベストメントブリッジが運営しています。
株式や投資信託などの投資経験があるメンバー、仮想通貨投資経験者、20枚以上のクレカ保有者、アナリスト試験合格者など、それぞれの記事領域に見識の深いメンバーが読者の疑問に答えます。
X(旧Twitter):@IrohaniMoney

この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU