PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

パチンコとインデックス投資ではどちらの方が儲かりますか?

読者のギモン

パチンコとインデックス投資ではどちらの方が儲かりますか?

投資で稼いでいる人もパチンコで稼いでいる人もどちらもいるようなので、儲かる方をやりたいです。

編集部が回答

利益が出る仕組みや必要な知識が大きく違うので一概に言うことはできませんが、収益率で見るとインデックス投資がおすすめです。

パチンコの還元率は80~85%であるのに対して、インデックス投資(米国株)の長期での年間期待値は110%ほどあるのです。

経済が成長し続けるとするなら、長期でインデックス投資は利益を出せるはずだね!

パチンコとインデックス投資ではどのような違いがあるのかより詳しく確認してみましょう。

株式投資の経済規模はパチンコの約760倍

株式投資とパチンコはどちらもギャンブル性のあるものですが、2つの規模は大きく異なります。

日本の株式市場での年間取引総額は1,900兆円ほどであるのに対し、パチンコ業界の年間売上は2兆5000億円ほどです。

これだけの経済規模であれば、株式取引における手数料は1%未満であっても大きな利益が業界にもたらされることになります。

そもそも経済規模的にパチンコ業界は、運営側が利益を取ると還元率が低くならざるを得ないようになっています。

これだけ規模が違えば、運営側による手数料も違ってくるのも納得だね!

さらに言えば、パチンコと株式投資では投機先の性質が大きく異なります。

パチンコの投機先はギャンブルをするためだけに設計されたリスクとなっており、胴元が大きな利鞘を回収します。

それに対して株式投資の投機先は、証券取引所があろうとなかろうと存在する株式のリスクです。

この時、貨幣も物価などに対する相対的価値においてリスクがあるものと考えるなら、もはや株式投資はリスクヘッジの一つと考えられるのではないでしょうか。

だからこそ、インデックス投資は手数料が引かれた後でもプラスの収益率となりうるのです。

筆者の見解まとめ

株式投資は必ず利益を生み出すわけではありませんが、統計的に見てもパチンコに比べて多くの利益を出すことができます。

むしろパチンコは損失を出す可能性の方が高いのですから、ほどほどにしておくのが賢明でしょう。

執筆:いろはにマネー編集部
執筆:いろはにマネー編集部

いろはにマネーのお悩み質問箱は、20年以上にわたり投資家向けサービスを提供する株式会社インベストメントブリッジが運営しています。
株式や投資信託などの投資経験があるメンバー、仮想通貨投資経験者、20枚以上のクレカ保有者、アナリスト試験合格者など、それぞれの記事領域に見識の深いメンバーが読者の疑問に答えます。
X(旧Twitter):@IrohaniMoney

この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU