PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

ダイワUSリートはどこまで下がりますか?

読者のギモン

ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)を購入しました。

価格が下がっていいるのですが、これからもっと下がってしまうのでしょうか。

編集部が回答

下落の要因として、ダイワUSリートは毎月分配型の投資信託である点が挙げられ、今後も価格が下がっていく可能性は高いです。

そもそも分配金とは、投資信託を運用した利益などから、資産の一部を投資家に支払うお金のこと。

そのため、資信託の資産から支払われることになり、支払われた金額分、投資信託の価格は下がります

長期投資をする際に毎月分配型を選択すると、複利の効果が感じにくいです。

分配金を過度に出し過ぎなのも懸念材料

また、この商品は基準価格が下がっていても、毎月分配金を出しています。

このように分配金を過度に出し続けると、投資信託の資産は減り、価格も下落

今後の成長はあまり期待できないといえるでしょう。

筆者の見解まとめ

価格が下がる要因の一つとしてあげられるのが、毎月分配金を出しているということ。

長期投資をする際は、効率的に資産を増やすことが期待できる「再投資型」の商品を選ぶことをおすすめします。

分配型と再投資型についてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

執筆:いろはにマネー編集部
執筆:いろはにマネー編集部

いろはにマネーのお悩み質問箱は、20年以上にわたり投資家向けサービスを提供する株式会社インベストメントブリッジが運営しています。
株式や投資信託などの投資経験があるメンバー、仮想通貨投資経験者、20枚以上のクレカ保有者、証券アナリスト試験合格者など、それぞれの記事領域に見識の深いメンバーが読者の疑問に答えます。
X(旧Twitter):@IrohaniMoney

この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU