PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

銀行カードローンおすすめ10選!消費者金融との比較も紹介【金利・即日融資・審査】

銀行カードローンおすすめ10選!消費者金融との比較も紹介【金利・即日融資・審査】

・どの銀行カードローンを選べばいいのかな
・金利が低くて、審査に通りやすい銀行カードローンはどれ?

「お金を借りたいけど消費者金融を使うのは怖い」「銀行カードローンなら安心してお金を借りられそう」と考える人も多いのではないでしょうか。

銀行は、ほとんどの人がサービスを利用しているため、親しみやすさを感じつつ、安心して利用できるでしょう。

この記事では、銀行カードローンの概要やメリット・デメリット、選び方、審査について分かりやすくご紹介します。



金利や審査スピ―ド、上限金利などを比較して、自分にピッタリなサービスを選びましょう。

急いでいる方は消費者金融カードローンがおすすめだよ!

この記事を書いた人:東野雅
この記事を書いた人:東野雅

カードローンやクレジットカード、住宅ローンなどお金に関する記事の執筆を得意とするWebライターです。Webライター歴8年/メディア運営歴5年。
ネット銀行やキャッシュレス決済、電子マネーなどを積極的に利用し、どれが最も利便性が高く、お得なのか常に検証しています。不動産管理士宅地建物取引士の資格保有。

キャッシングにおすすめのカードローン

おすすめの銀行カードローン10選!

おすすめの銀行カードローン10選!

どこの銀行カードローンがおすすめ?

ここでは、おすすめの銀行カードローンを10社に厳選し、ランキング形式でご紹介します。

金利・限度額・審査/融資スピード・利用しやすさなどを見比べて、自分にとって妥協できない条件を満たしているサービスを見つけましょう。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

おすすめポイント

  • ネット銀行ならではの低金利
  • 楽天会員のランクに応じて審査が優遇される
  • 新規入会キャンペーンで最大2,000円もらえる
  • 楽天銀行口座なら24時間即時振り込み可能

楽天銀行スーパーローンは、楽天グループが運営するネット銀行のカードローンサービスです。

楽天カードを保有している方や、楽天市場をよく利用する人は、効率よくポイントを貯められます。

楽天会員のランクに応じて、審査優遇を受けられるので、審査に不安がある人にもおすすめ。

楽天銀行の口座を振込先に設定すれば、24時間365日即時振り込みが可能になるので急な出費にも対応できるでしょう。

なお、楽天銀行スーパーローンは、Web申し込みをした新規入会者を限定として、最大2,000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

詳しい条件や注意事項を公式サイトでチェックしよう!

金利年1.9〜14.5%
限度額800万円
審査時間最短翌日
融資時間最短翌日
Web完結
郵送物なし
公式サイトhttps://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/

 

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン公式

おすすめポイント

  • 24時間365日Web申込可能
  • コンビニATMで借入・返済できる
  • 年0.5%の金利優遇を受けられる

住信SBIネット銀行カードローンは、オリコン顧客満足度ランキングにて4年連続総合1位獲得の実績を持つ金融商品です。

上限金利は、14.79%とネットバンクならではの金利水準となっています。

さらに「SBI証券口座」の保有登録をすると、基本金利から年0.5%の金利優遇を受けられるので14.29%で借入が可能です。

銀行カードローンの平均的な上限金利は14.5%だから、0.39%も低いワン!

なお、住信SBIネット銀行は、上限額が1,200万円と他社よりも圧倒的に大きい金額の貸付が可能です。

今ならカードローン新規契約者を対象として、1,500円相当のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

金利年1.59%~14.79%
限度額1200万円
審査時間1週間ほど
融資時間1週間ほど
Web完結
郵送物なし
公式サイトhttps://www.netbk.co.jp/contents/lineup/card-loan/

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン公式

おすすめポイント

  • 三井住友銀行の口座不要・申込~借入・返済までWeb完結
  • 返済日と返済方法の選択肢が豊富
  • 指定口座へ借入額を振り込んでもらえる

三井住友銀行カードローンは、国内三大メガバンクの一角を占める三井住友銀行が提供するカードローンサービスです。

大手銀行だから信頼できるワン!

返済日は、4つから選択できるため給料日後に設定し、無理なく計画的に返済することが可能です。

全国の三井住友銀行ATMに加え、提携コンビニATMでも手数料無料で利用できます。

スマホやパソコンで24時間365日申込可能ですので、自宅にいながら気軽に契約できるでしょう。

さらにSMBCダイレクトを利用することで、指定口座に借入額を振り込んでもらえます。

金利年1.5%~14.5%
限度額800万円
審査時間最短翌営業日
融資時間最短翌営業日
Web完結
郵送物なし
公式サイトhttps://www.smbc.co.jp/kojin/cardloan/

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJカードローン公式

おすすめポイント

  • 信頼度の高い三大メガバンクのカードローンサービス
  • 提携ATMは手数料0円で借入・返済できる
  • Webなら24時間365日申し込みできる

国内最大のメガバンク三菱UFJ銀行が提供するカードローンサービス「バンクイック」。

借入先としての信頼度が非常に高いため、はじめてお金を借りる人も安心して利用できるでしょう。

三菱UFJ銀行なら利用している人も多いよね!

借入や返済に利用できるのは、三菱UFJ銀行ATMだけでなく、セブン銀行ATMやローソンATMなどコンビニATMにも対応しています。

Webからの申し込みは、24時間365日対応しているので、自宅で手軽に契約〜借入まで行えることも嬉しいポイント。

バンクイックは、消費者金融のアコムが保証会社となっているため、アコムの審査基準もクリアしなければならない点がデメリットと言えます。

金利年1.8%~14.6%
限度額最大500万円
審査時間翌日以降
融資時間翌日以降
Web完結
郵送物なし
公式サイトhttps://www.bk.mufg.jp/kariru/banquic/index.html

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン公式

おすすめポイント

  • 上限金利が13.8%と平均値よりも0.7%も低い
  • 店舗で対面サポート・取引ができる
  • 専業主婦や自営業者、アルバイトの人も申し込み可能

「イオン銀行カードローン」は、イオングループのイオン銀行が提供しているカードローンサービスです。

銀行カードローンの平均最大金利は、14.5%ですがイオン銀行カードローンは13.8%と0.7%も低く設定されています。

短期間の借入であればそれほど変わりませんが、1年単位の長期融資を考えているなら大きな差が開くのでイオン銀行カードローンを選択しましょう。

イオン銀行ATMだけでなく、コンビニATM E-netやローソンATMなどの提携ATMなら手数料無料で利用できます。

イオン銀行カードローンは、パートやアルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方も申し込みができる点も嬉しいポイントです。

ネット銀行ではないから店舗で相談や、お買い物ついでに取引できるワン!

金利3.8%~13.8%
限度額800万円
審査時間3日程度
融資時間5日程度
Web完結
郵送物なし×(ローンカード)
公式サイトhttps://www.aeonbank.co.jp/loan/card_loan/

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン公式

おすすめポイント

  • 三大メガバンクの中で最も金利が低く最大借入額が大きい
  • 24時間Webで申し込み可能
  • 消費者金融による審査保証なし

三大メガバンクの一つであるみずほ銀行が運営するカードローンサービスです。

通常銀行カードローンの上限金利は、14.5%に設定されているので、みずほ銀行カードローンなら0.5%も低くお得に利用できます。

最大利用限度額が800万円と大きく、低金利なのは魅了だワン!

みずほ銀行カードローンの審査保証は、ほかのメガバンクとは異なり、信販会社であるオリエントコーポレーションが対応しています。

一般的にメガバンクの審査保証は、消費者金融が行っているのでアコムやプロミスなどの保証が気になる方にはみずほ銀行カードローンがおすすめです。

なお、みずほ銀行カードローンは、24時間「Web申込」ができるため、スマホやパソコンから気軽に申し込めます。

金利2.0%~14.0%
限度額800万円
審査時間最短翌営業日以降
融資時間1週間以内
Web完結
郵送物なし
公式サイトhttps://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/index.html

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン公式

おすすめポイント

  • 来店・口座開設不要!24時間365日申し込みできる
  • 提携ATMなら手数料が無料
  • 保険付きプランを選択できる

オリックス銀行カードローンは、振込専用口座にお金を振り込んでもらえるので、ATMに足を運ぶことなく借入ができます。

「保険料負担0円のガン保障特約付きプラン」も選択できるので、保険への加入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

全国100,000台以上ある提携ATMにて手数料無料で借入・返済ができます。

なお、PayPay銀行を指定した場合は、23:50に手続きが完了すれば、原則即時受け取り可能です。

PayPay銀行以外の場合は、 平日15:00までなら即日受け取り可能だワン!

金利年利1.7%~14.8%
限度額800万円
審査時間最短翌営業日以降
融資時間最短翌営業日以降
Web完結
郵送物なし×
公式サイトhttps://www.orixbank.co.jp/personal/cardloan/

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローン公式

おすすめポイント

  • 利用明細書などの郵送物なし!
  • au IDを保有している人は最大年0.5%の金利優遇
  • 済額は1,000円~で負担が少ない

auじぶん銀行カードローンは、KDDIと三菱UFJ銀行が共同設立したネット銀行です。

au IDを保有している人は、最大年0.5%の金利優遇を受けられます。

auじぶん銀行は、借り換えコースがあり、実質年率0.98〜12.5%と非常に低く設定されているので他社借入額が大きい人は借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

借り換え専用の金利設定があるのは、珍しいことだワン!

新規契約すると、最大11,500Pontaポイントをもらえるキャンペーンを実施しています。

金利年1.48%~17.5%
限度額800万円
審査時間最短翌営業日
融資時間最短翌営業日
Web完結
郵送物なし
公式サイトhttps://www.jibunbank.co.jp/

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン公式

おすすめポイント

  • セブン銀行ATMの営業時間であればいつでも借入できる
  • 5秒で簡易審査結果が分かる
  • 最短翌営業日に融資を受けられる

セブン銀行カードローンは、全国のセブンイレブンで原則24時間借入ができるカードローンサービスです。

よくセブンイレブンに行くから、買い物ついでに借入・返済ができて便利だね!

借入限度額は、300万円と他行よりも200万円ほど低く設定されているので、少額融資を希望している方におすすめです。

わずか5秒で借入可能であるか診断してもらえるので、審査に不安がある人は試してみてください。

金利年12.0%~15.0%
限度額300万円
審査時間最短翌営業日
融資時間最短翌営業日
Web完結
郵送物なし
公式サイトhttps://www.sevenbank.co.jp/

JCB CARD LOAN FAITH

JCB CARD LOAN FAITH公式

おすすめポイント

  • 上限金利が12.50%!月に3回以内であれば手数料無料
  • 最短数十秒で指定口座へ現金を振り込みしてもらえる
  • ローンカードが届く前から利用できる

JCB CARD LOAN FAITHは、JCBが提供するローン専用カードです。

上限金利が12.50%と非常に低く設定されているので、利息負担の少ないカードローンサービスを利用したい人におすすめです。

月に3回までであればATM手数料が無料ですので、無駄な出費を抑えられるでしょう。

また、平日14時30分までにネットや電話で申込をすれば、最短数十秒で指定口座にお金を振り込んでもらえます。

振込手数料も無料だワン!

ローンカードが自宅に届く前から利用することができるので、融資を急いでいる人にもぴったりな金融商品です。

金利4.40~12.50%
限度額500万円
審査時間最短3営業日
融資時間最短3営業日
Web完結
郵送物なし×
公式サイトhttps://www.jcb.co.jp/loancard/faith.html

30年後の未来、「安心」して迎えられますか?

画像

会員登録数2,500人越え!あなたの資産形成に役立つ情報をお届け(無料)

  • 投資・おカネに関する最新情報を常にキャッチアップ
  • 有料級の会員限定記事が読める
  • 限定セミナーの情報がいち早く届く

[signup-form]

いろはにマネーで「30年後の安心、今日から育てよう」

銀行カードローン比較表

銀行カードローン比較表

結局どこが一番いいのかな?

銀行カードローンを比較する際には、金利だけでなく、利便性の良さや融資スピードも確認した方が良いでしょう。

ここでは、金利や審査・融資時間、Web審査の可否など6つの項目で比較したのでぜひチェックしてみてくださいね。

比較表があればひと目でどこが良いのか分かるワン!

楽天銀行スーパーローン住信SBIネット銀行カードローン三井住友銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローンイオン銀行カードローンみずほ銀行カードローンオリックス銀行カードローンauじぶん銀行カードローンセブン銀行カードローンJCB CARD LOAN FAITH
金利年1.9〜14.5%年1.59%~14.79%年1.5%~14.5%年1.8%~14.6%年3.8%~13.8%年2.0%~14.0%年1.7%~14.8%年1.48%~17.5%年12.0%~15.0%年4.40~12.50%
上限金利14.5%14.79%14.5%14.6%13.8%14.0%14.8%17.5%15.0%12.50%
限度額800万円1200万円800万円最大500万円800万円800万円800万円800万円300万円500万円
審査時間最短翌日1週間ほど最短翌営業日最短翌日以降3日程度最短翌営業日以降最短翌営業日以降最短翌営業日最短翌営業日最短3営業日
融資時間最短翌日1週間ほど最短翌営業日最短翌日以降5日程度1週間以内最短翌営業日以降最短翌営業日最短翌営業日最短3営業日
Web完結
郵送物なし×(ローンカード)××
公式サイトhttps://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/card-loan/https://www.smbc.co.jp/kojin/cardloan/https://www.bk.mufg.jp/kariru/banquic/index.htmlhttps://www.aeonbank.co.jp/loan/card_loan/https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/index.htmlhttps://www.orixbank.co.jp/personal/cardloan/https://www.jibunbank.co.jp/https://www.sevenbank.co.jp/https://www.jcb.co.jp/loancard/faith.html

上限金利を比較すると、JCBが提供するカードローン「FAITH」がもっとも低く設定されていることが分かりました。

また、融資スピードを重視するなら、最短翌営業日に融資を受けられる「三井住友銀行カードローン」や「楽天銀行スーパーローン」「三菱UFJ銀行カードローン」がおすすめです。

同居している人にカードローンを利用していることがバレたくない人は、郵送物なし・Web完結のサービスを選びましょう。

銀行カードローンとは

銀行カードローンとは

銀行カードローンってどんなサービスなの?

銀行カードローンとは、メガバンクやネット銀行、地方銀行などが提供するカードローンサービスのことです。

使い道は原則、自由で担保や保証人不要で借入できることが大きな特徴として挙げられます。

銀行が提供しているローンの種類は大きく3つに分けられるワン!

カードローン利用限度額の範囲内であれば何度でも借入可能で使い道が自由なローン
目的ローン住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど目的が決まっているローン
フリーローン借入金が一括で入金されるローン

消費者金融とは、遵守している法律が違うため融資スピードや、審査の基準などが異なります。

銀行カードローンの審査基準

銀行カードローンは審査が厳しいの?

多くの銀行カードローンでは、安定した収入があることが条件として定められています。

銀行カードローンの審査は、2017年から厳格化が進められており、審査体制の整備を徹底するなどこれまでよりも厳しくなった印象です。

具体的には下記の項目を設けて、申込者の返済能力を厳しく判断しています。

審査のポイント

  • 警察庁のデータベース照会
  • 収入証明書の提出を厳格化(50万円を超える場合は収入証明を提出)
  • 信用情報を照合し、返済能力を確認
  • 信用保証会社とコミュニケーションを図り、審査の適切性を調整
  • 貸付後も定期的に信用状況を確認

出典:全国銀行協会 反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について

銀行カードローンの選び方

銀行カードローンの選び方

銀行カードローンを選ぶ基準がよく分からない

銀行カードローンを選ぶときに注目すべきポイントを3つご紹介します。

上限金利を比較する

銀行カードローンは、借入金額に応じて金利が設定されています。

「年率5.0%〜15.0%」というように、幅が開くため比較しにくいと感じる人も多いのではないでしょうか。

確かに金利は比較しにくくてよく分からない……

しかし、基本的に初回借入時には、上限金利での貸付になるため、比較するときには上限金利を見比べましょう。

金利比較表をチェックしてみよう!

銀行カードローン金利上限金利
三菱UFJ銀行 バンクイック1.8%~14.6%14.6%
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%14.0%
楽天スーパーローン1.9%~14.5%14.5%
イオン銀行カードローン3.8%~13.8%13.8%

三大メガバンクならみずほ銀行カードローン、ネット銀行ならイオン銀行カードローンがもっとも低い金利で提供していることが分かりました。

審査・融資スピードを確認する

今すぐにお金が必要な人は、審査・融資スピードが早い銀行カードローンを選びましょう。

銀行カードローンは、警察庁のデータベース照会が義務づけられているため、即日融資を行うことができません

警察庁のデータベース照会には、時間を要するので融資は、最短でも翌営業日以降になるでしょう。

翌営業日に審査結果が分かり、そのまま契約と同時に融資手続きを進めてくれるカードローン会社もあるのでお急ぎの方は融資スピードをご確認ください。

消費者金融なら最短25分で融資を受けられるワン!

たとえば、怪我や事故、冠婚葬祭などで大至急、現金が必要となったときには、銀行カードローンよりも消費者金融カードローンをおすすめします。

借入・返済しやすさを確認する

申込〜借入・返済までスムーズに利用できる銀行カードローンがおすすめです。

たとえば、24時間365日Web上で申込可能だったり、コンビニATMから借入・返済できたりするカードローンは利便性が高いと言えるでしょう。

反対に借入・返済は、指定の銀行ATMでの取引が必要な場合、毎月返済日に指定の銀行へ足を運ばなければなりません。

最寄りのコンビニATMでサクッと返済したい……

また、口座を指定されていたり、Web申込ができなかったりする銀行カードローンも手間がかかるのでおすすめできません。

下記の項目をクリアした銀行カードローンを選べば、取引時の負担を軽減できるでしょう。

  • 24時間365日Web申込可能
  • 借入・返済方法の選択肢が豊富
  • 振込による借入に対応
  • ATMの利用手数料・時間外手数料が無料

【消費者金融と比較】銀行カードローンのメリット・デメリット

銀行カードローンのメリット・デメリット

消費者金融とは何が違うのかな?

ここでは、消費者金融カードローンと比較しながら、銀行カードローンのメリットとデメリットを解説します。

メリット・上限金利が14%程度で低い
・安心感がある
・総量規制の対象外
デメリット・即日融資を受けられない
・無利息期間がない

銀行カードローンのメリット

どうして銀行カードローンがおすすめなの?

銀行カードローンのメリットを下記の3つの視点から解説します。

銀行カードローンを選ぶべき理由が明確になるでしょう。

上限金利が14%程度で低い

銀行カードローンは、消費者金融よりも金利が低く設定されているので、返済の負担が少ないことが最大のメリットです。

消費者金融の平均上限金利は、18.0%と高く設定されていますが、銀行カードローンなら14.5%となっています。

金利が4.0%もの差が開くと、返済時の利息を抑えられ、返済期間を短縮できるでしょう。

安心感がある

銀行カードローンは、基本的にメガバンクや地方銀行がサービスを提供しているので安心感があります。

周りに利用していることがバレたとしても、相手に悪い印象を持たれることはないでしょう。

銀行のカードは持っている人が多いから、財布に入っていても違和感がないよね!

また、実店舗で対面サポートを受けられたり、金融のプロにお金の悩みを相談できたりと銀行ならではのサポートが充実しています。

総量規制の対象外

銀行カードローンは、総量規制の対象外ですので年収に左右されずに借入ができます。

総量規制とは

総量規制とは、2010年に施行された「貸金業法」に基づく制度のことです。

総量規制対象の貸金業者から借入をする場合、借入総額(合計借入額)を年収の3分の1以下に抑える必要があります。

たとえば、貸金業者は年収300万円の人に対し、100万円を超える貸付を行えません。

仮に、A社から70万円借入している場合、B社からは30万円までしか借入できない仕組みとなっているのです。

総量規制の説明が長くなりましたが、銀行カードローンは、総量規制の対象外ですので年収3分の1以上でも借入することができます。

年収300万円だけど、どうしても150万円必要…というときには、銀行カードローンがおすすめ!

銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンのデメリットってあるの?

銀行カードローンは、良いところばかりではなく悪い点もあるので契約前に把握しておきましょう。

契約後に困ることのないように要チェックだワン!

即日融資を受けられない

銀行カードローンは、貸金業法ではなく「銀行法」に基づいて運営されているため、即日融資を受けられません。

銀行法は、2017年以降金融庁による審査の厳格化も進められており、警察庁のデーターベース照会が義務付けられました。

警察庁のデータベース照会は、時間を要するため、ほとんどの銀行カードローンが審査完了まで「最短翌営業日以降」と公式サイトに記載しています。

融資までに1週間ほどかかる銀行カードローン会社も多いよ!

一方で貸金業法に基づいて運営されている消費者金融は最短即日融資を行えるので、今すぐにお金が必要な人にとって心強い味方となるでしょう。

無利息期間がない

消費者金融は、新規入会者を対象に30日〜180日ほどの無利息期間を設けているのでお得に借入することが可能です。

それに対し、銀行カードローンは、無利息期間がないので初回契約時から利息が発生します。

無利息期間とは

利息が発生しない期間のこと

金利0%でお金を借りられる非常にお得な期間です。

返済が長期化する場合は、低金利の銀行カードローンを利用した方が良いですが、短期的な借入なら消費者金融の無利息期間を賢く利用した方がお得だと言えるでしょう。

レイクなら180日間も無利息でお金を借りられるよ!

たとえば、「来月はボーナス月だからまとまったお金が入るけど、どうしても今、限定商品を購入したい」という場合、消費者金融の無利息期間中に金利0%でお金を借りると良いでしょう。

銀行カードローンに関するよくある質問

よくある質問

銀行カードローンについてもう少し詳しく知りたいな。

ここでは、銀行カードローンを契約する前に気になるポイントをQ&A形式でまとめました。

契約してから後悔することがないように事前に気になる項目をチェックしておきましょう。

即日融資ができる銀行カードローンはある?

即日融資が可能な銀行カードローンは、存在しません。

というのも銀行カードローンは、審査の際に「警察庁のデータベース照会」が義務付けられています。

警察庁のデータベース照会にはある程度時間を要するため、どんなに早くても最短翌営業日以降の貸付となるのです。

即日融資を希望している方には、消費者金融カードローンがおすすめだワン!

自宅や勤務先に在籍確認の電話がかかるって本当?

銀行カードローンの審査の過程で、自宅や勤務先に在籍確認の電話を行うことがあります。

申込者が申告した勤め先で本当に働いているのかを確認するために行われます。

ただし、書類確認のみで済ませてくれたり、担当者に「〇時にかけて欲しい」などと伝えておくことで柔軟に対応してくれたりするケースも。

電話での在籍確認を避けたい方は、アイフルやプロミス、SMBCモビットなどを利用しましょう。

銀行カードローンの申込に必要な書類は?

銀行カードローンを申込するときには、本人確認書類が必要です。

また、借入希望額を50万円以上に設定する場合は、収入証明書類が必要になります。

銀行と消費者金融のカードローンはどちらがおすすめ?

銀行と消費者金融のカードローンは、求めるものによって異なります。

たとえば、すぐにお金を借りたい人には、即日融資を行える消費者金融カードローンがおすすめです。

一方で金利の低さを重視して金融サービスを選びたいなら、銀行カードローンが向いています。

借入する前に、何を一番求めているのかを明確にして、適したサービスを選択しましょう。

借り換えにおすすめの銀行カードローンは?

借り換えにおすすめなのは、auじぶん銀行のカードローンです。

auじぶん銀行のカードローンは、上限借入額が800万円と他行よりも大きく、au ID保有者は金利優遇を受けられます。

利息が増えて毎月の負担が大きい方は、auじぶん銀行のカードローンへの借り換えを検討してみてください。

【まとめ】利息負担の少ない銀行カードローンを利用しよう

まとめ 銀行カードローン

銀行カードローンなら安心してお金を借りられそう!

銀行カードローンは、消費者金融と比べて金利が低く、安心感を持ちながら利用できるメリットがあります。

  • 銀行カードローンは低金利で安心感を得ながら利用できる
  • ポイントが貯まる「楽天銀行スーパーローン」がもっともおすすめ
  • 融資を急いでいる人は消費者金融カードローンの方がおすすめ

基準金利が低く設定されていながら、さらに金利優遇を受けられるカードローンサービスも。

ただし、融資スピードは最短翌営業日となっており、消費者金融よりも遅いので今すぐにお金が必要な人は消費者金融カードローンを選びましょう。

キャッシングにおすすめのカードローン


ブックマークした記事を見る
Loading...
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU