オプション取引とは?仕組みや種類を図解でわかりやすく解説!

約 6 分で読み終わります!

オプション取引アイキャッチ

この記事の結論

  • オプションとは、ある金融商品をあらかじめ定められた期日に、事前に定めた価格で売買できる権利のこと。
  • オプション取引ではプレミアムを支払って権利を買うことができる
  • 商品を買う権利をコール・オプション、商品を売る権利をプット・オプションと呼ぶ。

・オプション取引を始めてみたいけど仕組みが分からない…
・そもそもオプション取引って難しそう…

このようなお悩みをお持ちの方におすすめです。

今回の記事では、オプション取引の仕組みや種類、始め方を解説します。

オプション取引とは

オプション取引表紙①

オプションとは、ある金融商品をあらかじめ定められた期日に事前に定めた価格で売買できる権利のことです。

その権利を売買する仕組みをオプション取引と呼びます。

オプションは先物などと同じく金融派生商品(デリバティブ)の一種だワン!

でも、オプション取引と先物取引の違いがよく分からないなぁ。

簡単に違いを説明すると、先物取引は「将来絶対に取引しなければならない」のに対し、オプション取引は「将来取引しても良いし、しなくても良い」という点が挙げられます。

先物取引については以下の記事で詳しく解説しています。

オプション取引には4種類ある

オプション取引表紙②

オプションにはコール・オプションプット・オプションの2種類があります。

コール・オプションは商品を買う権利、プット・オプションは商品を売る権利のことだワン!

それぞれ売買することができるため、オプション取引は以下の4種類に分けることができます。

  • コールの買い
  • コールの売り
  • プットの買い
  • プットの売り

オプション取引の仕組み【図解】

オプション取引表紙③

日経平均株価を商品とした例を用いて、オプション取引の仕組みを解説します。

※日経平均のオプション取引は取引単位が1,000倍になりますが、以下では簡略化するために全て1倍で計算しています。

コール・オプションの仕組み

コール・オプションの買いは、日経平均株価が上昇すると予想した人が使います。

逆に、コール・オプションの売りは、日経平均株価が一定の株価以上には上昇しないと予想した人が使います。

下図のように、日経平均株価を将来20,000円で買う権利を1,000円で取引したとします。

コール・オプションの取引

この時点でオプションの支払いは行われているので、買い手側には1,000円の損失、売り手側には1,000円の利益が出ています。

あらかじめ定めた価格(図の例では20,000円)を権利行使価格、オプションの購入料金(図の例では1,000円)をプレミアムと呼ぶワン!

このような取引を経て、満期日(実際に取引する日)を迎えた場合、以下の2パターンが考えられます

日経平均株価が上昇した場合

日経平均株価:22,000円

買い手はコール・オプションを権利行使価格の20,000円で行使する。

買い手の利益:22,000円-20,000円-1,000円=1,000円

売り手の損失:20,000円-22,000円+1,000円=-1,000円

日経平均株価が下落した場合

日経平均株価:18,000円

買い手はコール・オプションの権利を放棄する。(取引を行わない)

買い手の損失:プレミアムで支払った1,000円

売り手の利益:プレミアムで受け取った1,000円

以上のように、コール・オプションでは日経平均株価の価格によって買い手がオプションの行使/放棄を選択できます

逆に売り手はオプションの行使/放棄の選択は出来ず、買い手の判断に従うのみです。

コール・オプションの取引の結果

コールの買い手と売り手では、利益や損失の幅が違う点には要注意だワン!

利益損失
コールの買い日経平均株価の上昇に連動プレミアムに限定
コールの売りプレミアムに限定日経平均株価の上昇に連動

日経平均株価が上昇するほど、買い手の利益は増えるけど、売り手の損失も拡大しちゃうんだね…

プット・オプションの仕組み

プット・オプションの買いは、日経平均株価が下落すると予想した人が使います。

逆に、プット・オプションの売りは、日経平均株価が一定の株価以下には下落しないと予想した人が使います。

今度は日経平均株価を将来20,000円で売る権利を1,000円で取引したとします。

プット・オプションの取引

この時点でオプションの支払いは行われているので、買い手側には1,000円の損失、売り手側には1,000円の利益が出ています。

このような取引を経て、満期日(実際に取引する日)を迎えた場合、以下の2パターンが考えられます

日経平均株価が下落した場合

日経平均株価:18,000円

買い手はプット・オプションを権利行使価格の20,000円で行使する。

買い手の利益:20,000円-18,000円-1,000円=1,000円

売り手の損失:18,000円-20,000円+1,000円=-1,000円

日経平均株価が上昇した場合

日経平均株価:22,000円

買い手はプット・オプションの権利を放棄する。(取引を行わない)

買い手の損失:プレミアムで支払った1,000円

売り手の利益:プレミアムで受け取った1,000円

プット・オプションの取引の結果
利益損失
プットの買い日経平均株価の下落に連動プレミアムに限定
プットの売りプレミアムに限定日経平均株価の下落に連動

日経平均株価が下落するほど、買い手の利益は増えるけど、売り手の損失も拡大しちゃうんだね…

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加

オプション取引での注意点

オプション取引で絶対に忘れてはいけない注意点があります。

それは、オプション取引を行使するか、しないかを決められるのは買い手側のみという点です。

買い手側が権利を行使した場合は、必ず取引しなければならないので売り手側に選択の権利はありません。

コールかプットによらず、オプションの買い手にしか権利は与えられないワン!

それじゃあオプションの売り手側ってすごく不利じゃん!価格によって、損失も拡大していくし…

一見するとそのように見えますよね。

しかし、売り手側には確実にプレミアムを受け取れるというメリットもあります。

ここで、買い手側と売り手側のメリット・デメリットをまとめておきます。

メリットデメリット
買い手側権利行使を決められる。
プレミアム分以上の損失はない。
確実にプレミアム分の支払いがある。
売り手側確実にプレミアムを獲得できる。買い手が権利を行使したら応じなければならない。
相場の変動によって大損する可能性がある。
別途手数料がかかります

オプション取引を始めるためには?

オプション取引表紙④

オプション取引を始めるためには、以下の2ステップを行なう必要があります。

  • 証券口座を開設する
  • 先物・オプション取引口座を開設する

先物・オプション取引口座の開設には、20歳以上であることや一定額の金融資産を保有していることなどの条件があります。

先物取引を始めてみたい方は、まずご自身が口座開設の基準を満たしているかどうかを確認してみましょう。

オプション取引とは?まとめ

オプション取引表紙⑤

オプション取引の仕組みや種類、始め方などを説明してきました。

最後に、本記事の重要なポイントを3つにまとめます。

  • オプションとは、ある金融商品をあらかじめ定められた期日に、事前に定めた価格で売買できる権利のこと。
  • オプション取引ではプレミアムを支払って権利を買うことができる
  • 商品を買う権利をコール・オプション、商品を売る権利をプット・オプションと呼ぶ。

Podcast

いろはに投資の「ながら学習」 毎週月・水・金に更新しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。