PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

Visa LINE Payクレジットカード(P+)は還元率最大5%!特徴や違いを徹底解説!

・Visa LINE Payクレジットカード(P+)の特徴は?
・従来カードとの違いは何?

このような疑問を解決します。


この記事の結論

  • Visa LINE Payクレジットカード(P+)はチャージ&ペイで最大5%ポイント還元
  • 5%還元は毎月500ポイントまでで、それ以上はチャージ&ペイを使っても貯まらない
  • 従来のVisa LINE Payクレジットカードと併用がおすすめ

LINEに特化した高還元クレカ「Visa LINE Payクレジットカード」に加え、2022年11月以降、新たに「Visa LINE Payクレジットカード(P+)」が登場しました。

Visa LINE Payクレジットカード(P+)なら使い方次第で、最大5%のポイント還元を受けられます。

※5%還元はコード支払い(チャージ&ペイ)利用のみ対象となります。(オンライン支払い、請求書支払いはポイント対象外)
※チャージ&ペイ5%還元の付与上限は500ポイント/月となります。

今回はVisa LINE Payクレジットカード(P+)の詳しい内容と、従来カードとの違いや注意点についても解説します。

今 Visa LINE Payクレジットカードを使っている人も申し込めるので、気になっている人はぜひ参考にしてくださいね。

\LINEポイントが貯まる/

LINE Payの支払いに登録しチャージ&ペイを使うとLINEポイント5%還元!*
年会費永年無料で使えて最短10秒で発行対応可能です。

※ポイントの還元には、事前にLINE Payアカウントへの登録が必須となります。
※ オンライン支払い、請求書支払いは対象となりません。
※ 上限500ポイント/月
※即時発行ができない場合があります。

※即発受付時間;9:00-19:30

Visa LINE Payクレジットカード(P+)の特徴

VisaLINEPayクレジットカード(P+)公式

年会費永年無料
還元率0.5%
チャージ&ペイの還元率最大5%
(月間500ポイントまで)
ブランドVisa
公式サイトhttps://www.smbc-card.com/camp/lpaypplus/index.jsp

Visa LINE Payクレジットカード(P+)は、LINEと三井住友カードが提携して発行するクレジットカードで、(P+)は「ポイントプラス」と読みます。

通常の還元率は0.5%とやや低めですが、LINE Payに登録して使う「チャージ&ペイ」なら最大5%ポイント還元を受けられることが最大の特徴です。

チャージ&ペイで5%還元されるのは毎月500ポイントが上限のため、金額にすると1万円までの利用が対象となります。

毎月500ポイント貯めれば、年間で6,000ポイントも貯められるワン!

※5%還元はコード支払い(チャージ&ペイ)利用のみ対象となります。(オンライン支払い、請求書支払いはポイント対象外)
※チャージ&ペイ5%還元の付与上限は500ポイント/月となります。

LINE Payでよくお買い物をする人なら、持っておくのがおすすめです。

Visa LINE Payクレジットカードと2枚持ちも可能なので、チャージ&ペイはVisa LINE Payクレジットカード(P+)、クレカ決済はVisa LINE Payクレジットカードで使い分ければ、どんどんLINEポイントを貯められるでしょう。

Visa LINE Payクレジットカードを持っている人も、Visa LINE Payクレジットカード(P+)を発行できるよ!

この記事を書いた人:西本衣里
この記事を書いた人:西本衣里

クレジットカード・お得系情報を得意とするフリーランスwebライター。Web企画・運営を5年間経験。
楽天カードやイオンカード、三井住友カード ゴールド(NL)、リクルートカードなどクレカ20枚を所有し、一番お得な決済方法を常に模索。
仕事用ではアメックス・ビジネスグリーンカードを利用している。
キャッシュレス決済・電子マネーもスマホに15個ダウンロード。FP3級を取得し、現在はクレカでつみたてNISAも実践中。

\LINEポイントが貯まる/

LINE Payの支払いに登録しチャージ&ペイを使うとLINEポイント5%還元!*
年会費永年無料で使えて最短10秒で発行対応可能です。

※ポイントの還元には、事前にLINE Payアカウントへの登録が必須となります。
※ オンライン支払い、請求書支払いは対象となりません。
※ 上限500ポイント/月
※即時発行ができない場合があります。

※即発受付時間;9:00-19:30

Visa LINE PayクレジットカードとVisa LINE Payクレジットカード(P+)の比較

Visa LINE Payクレジットカードと、Visa LINE Payクレジットカード(P+)の違いはなんだろう?

Visa LINE Payクレジットカード(P+)と、従来のVisa LINE Payクレジットカードの違いをまとめた表は以下の通りです。

内容Visa LINE Payクレジットカード(P+)Visa LINE Payクレジットカード
年会費永年無料永年無料
還元率0.5%1%
チャージ&ペイ5%
(月間500ポイントまで)
0.5%
ブランドVisaVisa
年齢18歳~
※20歳未満は保護者の同意が必要
(高校生は除く)
18歳~
※20歳未満は保護者の同意が必要
(高校生は除く)
即時発行
付帯保険海外旅行:最大2,000万円
ショッピング:年間100万円
海外旅行:最大2,000万円
ショッピング:年間100万円

Visa LINE PayクレジットカードとVisa LINE Payクレジットカード(P+)は両方とも年会費無料で、国際ブランドはVisaのみ対応しています。

付帯補償など全体的な内容は同じですが、一番の違いは還元率です。

Visa LINE Payクレジットカードはチャージ&ペイ0.5%還元に対し、Visa LINE Payクレジットカード(P+)は月に500ポイントまで5%相当のLINEポイントが貯まります。

Visa LINE Payクレジットカード(P+)はチャージ&ペイでのポイント加算は毎月500ポイントまでで、それ以上は貯まらないワン!

※5%還元はコード支払い(チャージ&ペイ)利用のみ対象となります。(オンライン支払い、請求書支払いはポイント対象外)
※チャージ&ペイ5%還元の付与上限は500ポイント/月となります。

ただしクレカ決済の還元率は0.5%となり、Visa LINE Payクレジットカードの半分に落ちるので注意してくださいね。

チャージ&ペイを使わない人なら、従来のVisa LINE Payクレジットカードの方がお得です。

クレカ決済とチャージ&ペイの還元率をしっかり知って、うまく使い分けよう!

Visa LINE Payクレジットカードと Visa LINE Payクレジットカード(P+)のどちらが良いか迷ったら、チャージ&ペイを使うかどうかで判断すると良いでしょう。

Visa LINE Payクレジットカード(P+)のメリット

Visa LINE Payクレジットカード(P+)はチャージ&ペイで最大5%ポイント還元が特徴ですが、ほかにも以下の4つほどメリットがあります。

※5%還元はコード支払い(チャージ&ペイ)利用のみ対象となります。(オンライン支払い、請求書支払いはポイント対象外)
※チャージ&ペイ5%還元の付与上限は500ポイント/月となります。

①年会費が条件無しで永年無料

Visa LINE Payクレジットカード(P+)は、従来のVisa LINE Payクレジットカードと同様、年会費は一切かかりませんよ。

しばらく使わない時も、年会費を気にすることなく気軽に持ち続けられます。

使わなくても、年会費がかかる心配は無いんだね。

年会費無料でもチャージ&ペイを毎月使えば、年間で最大6,000ポイントも貯められます。

LINE Payを使う人であれば、コスパは最強と言えるでしょう。

②最短10秒の即時発行に対応

Visa LINE Payクレジットカード(P+)は、最短10秒※でスマホからカード番号がわかる「即時発行」に対応しています。

※即時発行ができない場合があります。

※即発受付時間;9:00-19:30時発行ができない場合があります。

Apple PayやGoogle Payに登録すれば、街の「Visaのタッチ決済」や「iD」の対応店舗でも利用可能。

即時発行は、コンサートチケットなどすぐ使いたい物がある人は便利だよ!

スタンダードデザインを選べば、即時発行した後1週間程度でプラスチックのカードも郵送で届きます。

審査内容によっては即時で発行できない場合もあることを覚えておきましょう。

すぐに発行できるクレカは、「即日発行できるクレジットカード」をチェックだワン!

\LINEポイントが貯まる/

LINE Payの支払いに登録しチャージ&ペイを使うとLINEポイント5%還元!*
年会費永年無料で使えて最短10秒で発行対応可能です。

※ポイントの還元には、事前にLINE Payアカウントへの登録が必須となります。
※ オンライン支払い、請求書支払いは対象となりません。
※ 上限500ポイント/月
※即時発行ができない場合があります。

※即発受付時間;9:00-19:30

③ポイントの有効期限が伸ばせる

LINEポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得した日から180日後です。

約6ヶ月間しか期限がなく、延長するためには常にLINEポイントを貯め続ける必要があります。

ですがVisa LINE Payクレジットカード(P+)を使えば、毎月LINEポイントが貯まり、その度に期限が延長されます。

使っている限りは、実質的にLINEポイントが無期限になると言えるでしょう。

期限切れでうっかり失効させる心配がないね。

④家族カード・ETCカードを追加可能

Visa LINE Payクレジットカード(P+)は、家族カードも発行手数料や年会費無料です。

家族と一緒に使いたい人も気軽に持てますし、請求が1つの口座にまとめられ、家計を管理しやすくなりますよ。

家族カードなら家族が使った分のポイントも、一緒に貯められるワン!

また高速道路を使う機会がある人は、ETCカードも追加可能です。

ETCカードは通常550円(税込)ですが、初年度は無料です。

また、前年度に一度でもETC利用の請求があった方は年会費がかかりません。

⑤利用したら、すぐにLINEで通知が届く

Visa LINE Payクレジットカード(P+)を使うと、LINEウォレットのトーク画面から即時で利用通知が届きます。

もし身に覚えのない利用があった時も、通知によりすぐわかるため不正利用の対策に最適です。

通知が多ければ「最近使いすぎかも」と気づけるので、日々の節約にも効果的でしょう。

他社でも利用通知が来るクレカはありますが、日常的に使うLINEから通知が来るのは、Visa LINE Payクレジットカード(P+)の大きなメリットと言えます。

いつも使ってるLINEで通知が来るから、何かあってもすぐに気づけるね!

\LINEポイントが貯まる/

LINE Payの支払いに登録しチャージ&ペイを使うとLINEポイント5%還元!*
年会費永年無料で使えて最短10秒で発行対応可能です。

※ポイントの還元には、事前にLINE Payアカウントへの登録が必須となります。
※ オンライン支払い、請求書支払いは対象となりません。
※ 上限500ポイント/月
※即時発行ができない場合があります。

※即発受付時間;9:00-19:30

Visa LINE Payクレジットカード(P+)の審査

Visa LINE Payクレジットカード(P+)の審査は厳しいの?

Visa LINE Payクレジットカード(P+)の加入は、結論から言うとそこまで厳しくないと考えられます。

公式サイトによると、本カードの加入条件は以下通り。

Visa LINE Payクレジットカード【Visa LINE Payクレジットカード(P+)含む】の申込み資格は?

満18歳以上(高校生は除く)の方がお申し込みいただけます。

※20歳未満の方は保護者の同意が必要です

※所定の審査があります

LINE 公式サイト

Visa LINE Payクレジットカード(P+)では、高校生を除く18歳以上という指定はあるものの、収入に関しては記載されていません。

そのため大学生や専業主婦(夫)の方など、本人に収入がなくても加入の対象になります。

気軽に申し込んで大丈夫そうだワン!

ですが、成人年齢が18歳以上となった今も本カードでは、20歳未満でも保護者の同意が必要です。

他社カードでは、18歳以上なら保護者の同意無しで加入できることが多いですが、Visa LINE Payクレジットカード(P+)では必要なので気をつけましょう。

\LINEポイントが貯まる/

LINE Payの支払いに登録しチャージ&ペイを使うとLINEポイント5%還元!*
年会費永年無料で使えて最短10秒で発行対応可能です。

※ポイントの還元には、事前にLINE Payアカウントへの登録が必須となります。
※ オンライン支払い、請求書支払いは対象となりません。
※ 上限500ポイント/月
※即時発行ができない場合があります。

※即発受付時間;9:00-19:30

Visa LINE Payクレジットカード(P+)の注意点

Visa LINE Payクレジットカード(P+)の特徴やメリットについて紹介しましたが、以下の2つの注意点もあります。

加入後に慌てないよう、注意点もしっかり知っておきましょう。

①オンライン支払いや請求書支払いは5%の対象外

Visa LINE Payクレジットカード(P+)の「チャージ&ペイ」で5%還元されるのは、コード支払いを使った場合のみです。

請求書支払いやオンラインショップなどの利用は対象外となっており、通常の0.5%しか還元されないため注意してください。

具体的には以下でLINE Payのチャージ&ペイを使っても、5%還元は受けられませんよ。

5%還元の対象外となる例

  • 電気代や携帯代を請求書払いで支払った
  • ネットショッピングをして、LINE Payで支払った

請求書支払いでチャージ&ペイを使う人は多いから、気をつけて欲しいワン!

スーパーや飲食店、コンビニなどでQRコード使った場合のみ、毎月1万円までが5%還元の対象となります。

LINE Payの請求書払いやオンライン決済がメインの人であれば、クレカ決済で1%還元される、従来の「Visa LINE Payクレジットカード」の方がおすすめです。

②チャージ&ペイで500ポイント以上は還元を受けられない

Visa LINE Payクレジットカード(P+)のチャージ&ペイでは、月間で500ポイント以上獲得できません。

金額にすると月に1万円を超えた場合、チャージ&ペイをいくら使ってもポイント還元はされないことになります。

1万円以上使っても、ポイントが貯まらなくて損しちゃうね。

Visa LINE Payクレジットカードではチャージ&ペイの還元率が0.5%ですが、獲得ポイントの制限は無いため、残念な点と言えるでしょう。

チャージ&ペイで月に1万円を超えたら、Visa LINE Payクレジットカードに設定を変更して使うのがおすすめです。

Visa LINE Payクレジットカードとうまく使い分けがおすすめだワン!

③クレカ決済のポイント付与対象外が多め

Visa LINE Payクレジットカード(P+)はクレジットカードの決済で使うと0.5%還元されますが、ポイント付与対象外となる利用が多めです。

具体的には以下の項目が、ポイントの対象外となります。

  • 電子マネー・プリペイドカード・Walletサービスなどへのチャージ
  • Kyash・MIXI Mなどでの利用
  • キャリア決済(ドコモ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払いなど)
  • 送金
  • ギフトカードの購入
  • バリューカードの購入
  • 金融商品の購入
  • 公営機関や施設への支払い
  • 慈善事業団体への支払い
  • 郵便局での支払い
  • 国民年金保険料
  • ふるさと納税
  • 年会費
  • 手数料
  • キャッシング

ふるさと納税や、郵便局も対象外なのか。

nanaco・Suicaなどの電子マネーチャージを始め、ギフトカードの購入、病院や博物館などの利用も付与対象外です。

なお従来のVisa LINE Payクレジットカードも、上記の利用はポイント付与の対象外となっています。

もしVisa LINE Payクレジットカード(P+)が合わないと感じたら、「年会費無料のクレジットカードおすすめランキング!」で最適なクレカを探してくださいね。

Visa LINE Payクレジットカード(P+)のよくある質問

Visa LINE Payクレジットカード(P+)について、もっとよく知りたい。

Visa LINE Payクレジットカード(P+)について、よくある質問をまとめました。

LINE Payにチャージできますか?

Visa LINE Payクレジットカード(P+)は、LINEのチャージ&ペイに登録して使えますが、LINE Pay残高に直接チャージすることはできません。
従来のVisa LINE Payクレジットカードでも同様、LINE Pay残高にチャージは非対応となっています。

LINE Payの残高チャージは、どうやるの?

LINE Payにチャージする方法は、詳しくは以下のものに限られます。

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • LINE Payカード
  • Famiポート
  • オートチャージ

上記の通り、LINE Payにチャージできるのは銀行口座やセブン銀行ATMなどです。
クレジットカードからの残高チャージは非対応なので注意しましょう。

Visa LINE Payクレジットカードと併用できますか?

Visa LINE Payクレジットカード(P+)と、従来のVisa LINE Payクレジットカードは、2枚同時で持って併用することも可能です。
そのため、用途に応じてその都度使い分けるのがおすすめです。

クレカ決済ならVisa LINE Payクレジットカードで1%還元、チャージ&ペイを使う時はVisa LINE Payクレジットカード(P+)で5%還元を受けられますよ。

両方とも年会費無料だよ!

公共料金の支払いでポイントは貯まりますか?

Visa LINE Payクレジットカード(P+)は、公共料金をクレジット決済すると0.5%のポイント還元を受けられます。
ただし公共料金をチャージ&ペイの請求書支払いで支払った場合、ポイント還元は無いので注意しましょう。

公共料金のクレジット決済だけが、ポイント還元の対象なのね。

LINE Payクレジットカードなら、公共料金のクレジット決済で1%還元されるため、Visa LINE Payクレジットカード(P+)の2倍ポイントを貯められます。
なお税金や保険料の支払いは、クレジット決済でそれぞれ毎月5万円分までがポイント還元の対象となります。

ほかのLINE系カードとの違いがわかりません。

LINEが発行するカードはVisa LINE Payクレジットカード(P+)の他に、「LINE Payカード」「Visa LINE Payプリペイドカード」など様々な種類があります。

似たような名前でわかりにくいよ!

それぞれのカードは、クレジット機能や使い道に違いがあります。
具体的な違いを以下の表にまとめました。

カード名クレジット機能特徴
LINE Payカード無し・LINE Payの残高にチャージしてJCB加盟店で使える
・2020年12月に発行終了
Visa LINE Payプリペイドカード無し・LINE Payのチャージ残高から支払えるVisaのプリペイドカード
LINEプリペイドカード無し・コンビニや家電量販店で買える
・LINE STOREでスタンプなどに使える
LINE Payでは使えない
Visa LINE Payクレジットカード有り・三井住友カード発行のVisaのクレジットカード
・クレカ決済で1%還元
Visa LINE Payクレジットカード(P+)有り・三井住友カード発行のVisaのクレジットカード
・チャージ&ペイで最大5%還元

クレジット機能はついたものは、2種類のみだワン!

5種類のカードの中でクレジット機能が付いたものは、Visa LINE PayクレジットカードとVisa LINE Payクレジットカード(P+)の2つのみです。

クレカ機能付きの2種類があれば、ふだんのお買い物を始めLINE内のサービスにもつかえるため、基本的にはほかのカードを持つ必要は無いでしょう。

Visa LINE Payクレジットカード(P+)まとめ

Visa LINE Payクレジットカード(P+)について、良くわかった!

Visa LINE Payクレジットカード(P+)の特徴や還元率、注意点についても解説しました。

最後にこの記事の重要な点を3つにまとめます。

  • Visa LINE Payクレジットカード(P+)はチャージ&ペイで最大5%還元
  • 5%還元は毎月500ポイントまでで、それ以上はチャージ&ペイを使っても貯まらない
  • 従来のVisa LINE Payクレジットカードと併用がおすすめ

Visa LINE Payクレジットカード(P+)は、LINE Payでお買い物をする人におすすめです。

ただし請求書払いやオンライン決済では、5%還元の対象外なので注意しましょう。

従来のVisa LINE Payクレジットカードと一緒に持てば、効率よくポイントを貯められますよ。

\LINEポイントが貯まる/

LINE Payの支払いに登録しチャージ&ペイを使うとLINEポイント5%還元!*
年会費永年無料で使えて最短10秒で発行対応可能です。

※ポイントの還元には、事前にLINE Payアカウントへの登録が必須となります。
※ オンライン支払い、請求書支払いは対象となりません。
※ 上限500ポイント/月
※即時発行ができない場合があります。

※即発受付時間;9:00-19:30

いろはにマネーの投資診断

ブックマークした記事を見る
Loading...
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU