PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

仮想通貨の注目ニュース(11/29ver.)

毎週水曜日に更新する『仮想通貨の注目ニュース』では、いろはにマネー会員様に向けて、仮想通貨市場の出来事や筆者の投資体験談をお伝えします。

今週は、仮想通貨担当ライターの南茂がお届けします。

マウントゴックス、債権者への返済を開始する見込み

ビットコインの価格チャート

2014年に経営破綻した日本の仮想通貨取引所「マウントゴックス(Mt.GOX)」が、年内にも債権者への返済を開始する可能性が出てきました。

マウントゴックスはかつてビットコイン取引量の70%以上を占めていた取引所ですが、ビットコインの管理体制の甘さにより470億円相当(当時レート)のハッキング被害を受け、その後破綻しました。

マウントゴックスの返済が始まった場合、資金を取り戻した債権者によるビットコイン売却が開始し、大きな売り圧力になると懸念する声が見られます

2019年時点でマウントゴックスは14万BTC以上(現在レート7,700億円相当)を保有していると報告しており、相当量のビットコインが市場で動く可能性があります。

10~11月にかけて上昇傾向が見られるビットコインですが、年末に向けての価格変動は注意深く追っておくのが良さそうです。

仮想通貨取引所BinanceのCEO退任

BNBの価格チャート

海外の仮想通貨取引所で最大手のBinance(バイナンス)において、CEOのCZ(Changpeng Zhao)氏が退任しました。

バイナンスはマネーロンダリング規制違反などの疑いで米証券取引委員会(SEC)と米商品先物取引委員会(CFTC)から提訴されており、43億ドル(約6400億円)の罰金支払いに合意しています。
CZ氏は規制違反を認め、5000万ドル(約74億円)の罰金を支払うことにも同意しました。

長らく仮想通貨業界を牽引してきたCZ氏の退任によって、「バイナンスショックが起こるか?」という声もありましたが、現時点ではFTX破綻のような大暴落は発生していません。

なお、バイナンスが手掛ける仮想通貨のBNBは、一連の事件を受けて価格を下げています。
11月22日には前日比11.3%安に急落しました。

筆者の投資失敗談:欲に負けて草コインで大損

最後に、筆者の投資話を記して締めようと思います。
私の失敗を反面教師にしていただければ幸いです。

仮想通貨投資に興味を持ちだした初期の頃、草コインを買って大損した苦い経験があります
草コイン…時価総額が小さく、知名度も低い仮想通貨

様々な仮想通貨を調べていたら「ビットコインよりも送金スピードが速い」という謳い文句の草コインが多く、「ビットコインは時代遅れ?」という認識を持ってしまったことがあります。
結果、著名人とのコラボを行っていた仮想通貨に熱を上げてしまい、大きな損失を出してしまいました。

今から仮想通貨を買う人に伝えるなら、「まずはビットコイン、どうしても他に手を出したいならイーサリアムまで、それ以外の仮想通貨は慣れてから」と言いたいですね。
著名人とのコラボや、大企業との提携をアピールする仮想通貨は要警戒です。

おすすめの仮想通貨取引所

  • bitbank(ビットバンク)
    →筆者のメイン取引所。全銘柄が板取引に対応、アプリでの板取引もしやすい。
  • GMOコイン
    →出庫手数料無料。ビットコインやイーサリアムを出庫したいときに活用できる。
  • SBIVCトレード
    →イーサリアムのステーキングに対応、長期保有に活用できる。出庫手数料無料だが出庫できない仮想通貨がある点に注意


moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU