PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【次回は2024年】ビットコインの半減期とは?価格への影響をわかりやすく解説

・ビットコインの半減期って何だろう?
・次回の半減期がいつなのか知りたいな…
・半減期が価格にどう影響するのかも知りたい。

ビットコインは2020年に3回目の半減期を迎え、翌年2021年に価格が高騰しました
次回の半減期に向けて、ビットコインの購入を検討する投資家は多くいます。

今回は、ビットコインの半減期の仕組みや、半減期が価格に与える影響を解説します。

ビットコインの価格チャート
1BTCの現在価格=¥5,998,884円(2024年1月1日7時28分時点)

ビットコインの購入におすすめの国内取引所 ▼

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

「いろはにマネー」を運営する株式会社インベストメントブリッジは、20年以上にわたり個人投資家向けに情報提供をしています。100社以上の上場企業のIR活動の支援実績があり、金融や投資のプロフェッショナルが在籍し長年培ったノウハウを活かし当メディアを運営しています。(運営会社情報を見る)

仮想通貨の値動きに影響を与える最新のニュースを、いろはにマネーの「仮想通貨メールマガジン」で受け取れます!

  • 仮想通貨に関する最新のニュース
  • 現役投資家による成功談・体験談
  • 急騰・急落など今注目のコイン

登録は無料・メールアドレスのみで登録できるので、仮想通貨の最新情報を見逃したくない方は以下より会員登録しましょう!

※登録後、配信解除も自由にできます。

[signup-form]

ビットコインの半減期とは?仕組みをわかりやすく解説

半減期とは

ビットコインの半減期とは、マイニング報酬が半分になるタイミングのことです。

マイニング(採掘)とは

  • コンピュータの計算能力を使い、ビットコインの取引を承認する作業のこと
  • マイニングをする人は「マイナー」と呼ばれ、世界中に数多く存在する
  • マイニング作業を一番早く終えて取引を承認したマイナーは、報酬としてビットコインを受け取れる

マイニング報酬をめぐって、世界中のマイナーが競うようにマイニングを行っているよ。

ビットコインの半減期を以下の3つの視点から解説するワン!

発行量の調整が行われる

ビットコインに半減期が設定されているのは、ビットコインの発行量を抑えて価格の安定を保つためです。

ビットコインを1ブロック承認したマイナーには、以下のマイニング報酬が支払われます。

半減期後に発行されるマイニング報酬一覧

  • 初期のビットコイン:50BTC
  • 1回目の半減期後:25BTC
  • 2回目の半減期後:12.5BTC
  • 3回目の半減期後:6.25BTC
  • 4回目の半減期後:3.125BTC

円やドルなどの法定通貨は、大量に発行されると価値が下がってインフレが発生します。
ビットコインも同様で、マイニングによって発行され続けると価格が暴落する恐れがあります

流通量の増加を防ぐため、ビットコインには発行量が減る仕組みがあらかじめプログラムされているのです。

円やドルなどは国が発行量をコントロールしているよね。
ビットコインは中央銀行がない代わりに、ブロックチェーン技術が調整を行うんだ。

マイニングについては「【図解】仮想通貨のマイニングとは?仕組み・やり方をわかりやすく解説」をチェックするワン!

4年に1度のペースで起きている

ビットコインの半減期は「21万ブロックが生成された時」と決められており、おおよそ4年に1度のペースで発生しています

ブロックは10分に1個生成されるように理論上設計されており、10分×21万ブロックが約4年となる計算です。

これまでの半減期を振り返ると、4年より少し早めに半減期が訪れているワン!

マイナーが減る可能性がある

半減期によってマイニング報酬が減ると、マイニングから撤退するマイナーが増えると考えられています。

マイニングは競合が多く、収益性に見合わないマイナーの一部は撤退を選ぶかもしれません。
マイナーが保有中のビットコインを大量に売却し、価格に影響を与える可能性があります。

マイナーへの収益の影響は、半減期を迎えるたびに小さくなっているよ。
将来的には半減期が価格に与える影響も小さくなる可能性があるんだ。

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

【過去10年のチャート】ビットコインの半減期一覧

【過去10年のチャート】ビットコインの半減期一覧

これまでのビットコインの半減期が知りたいな!

過去のビットコイン半減期を、チャートを見ながら振り返るワン!

2012年11月のビットコイン半減期

ビットコインは2012年11月に1回目の半減期を迎えました
マイニングによるブロック報酬は50BTC→25BTCに減少しています。

半減期から4か月後には15倍超、半減期から1年後には100倍以上に高騰するなど、大きな価格高騰を見せています。

2012年の半減期ごろは、1BTCあたり約1,000円程度だったんだ。

2016年7月のビットコイン半減期

半減期②2016年頃

2回目のビットコイン半減期は2016年7月9日に起きました

マイニング報酬は25BTC→12.5BTCに減少しています。

2回目のビットコイン半減期

  • 半減期前の5月頃から価格が上昇
  • 半減期前の6月に暴落
  • 半減期後に徐々に価格が上昇

2016年の半減期ごろのビットコイン価格は、1BTCあたり約60,000円前後だワン。
ビットコインの取引が活発に行われていて、半減期が価格にも影響を与えたと言われているワン!

2020年5月のビットコイン半減期

半減期③2020年頃

3回目のビットコイン半減期は2020年5月11日に発生しました

マイニング報酬は12.5BTC→6.25BTCに半減しています。

3回目のビットコイン半減期

  • 半減期前の3月に価格が暴落
  • 半減期直後は大きな変動なし
  • 2020年の年末から2021年に高騰

2020年の半減期ごろのビットコイン価格は、1BTCあたり約100万円前後だよ。

2020年3月は感染症のパンデミック宣言から、経済が世界的に混乱した時期でもあるワン。
金融緩和が進み、投資家の資金が仮想通貨に流れてきたのも価格高騰につながっているワン!

経済や仮想通貨市場の状況に加えて、半減期が価格に影響を与えた可能性も考えられているんだね!

仮想通貨の値動きに影響を与える最新のニュースを、いろはにマネーの「仮想通貨メールマガジン」で受け取れます!

  • 仮想通貨に関する最新のニュース
  • 現役投資家による成功談・体験談
  • 急騰・急落など今注目のコイン

登録は無料・メールアドレスのみで登録できるので、仮想通貨の最新情報を見逃したくない方は以下より会員登録しましょう!

※登録後、配信解除も自由にできます。

[signup-form]

【次回はいつ?】4回目のビットコイン半減期は2024年か

【次回はいつ?】4回目のビットコイン半減期は2024年か

ビットコインの4回目の半減期は、2024年4月下旬~5月上旬頃だと予想されています
※2023年10月時点

マイニング報酬は6.25BTC→3.125BTCに減少します。
マイニング報酬の半減によって、マイニング撤退を選ぶマイナーが増えるかもしれません。

世界経済や金融政策を踏まえつつ、半減期に備えてビットコイン投資を行いましょう。

2024年に向けて、今から準備を始めたいところだね!

▼2024年、爆上がりする仮想通貨は?

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の購入におすすめの国内取引所 ▼

  • 手数料の安い取引所を使いたい人
    GMOコイン
  • 大手金融グループのサービスを使いたい人
    SBIVCトレード
  • 板取引に強い取引所を使いたい人
    bitbank

【なぜ上がる?】ビットコインの半減期が価格に与える影響

【なぜ上がる?】ビットコインの半減期が価格に与える影響

ビットコインの半減期は、価格にどんな影響を与えるのかな?

これまでの傾向をチェックしておくと良いワン!

半減期前:価格変動が起こる傾向がある

ビットコインの半減期前には、投資家心理の影響で価格変動が起こる可能性があります。

半減期前に価格変動が起こると考えられる理由

  • 発行枚数が減る前にビットコインを購入する人が増える
  • 「買い注文が増えて値上がりする」と考える人がビットコインを購入する
  • 撤退するマイナーによるビットコイン売却が行われる

半減期の1~2か月前は価格変動に気を付けるといいよ。

半減期後:下落後に上昇する可能性がある

半減期を迎えるとビットコインの発行量が減り、マイナーに売却されるビットコインが減るため、売り圧が低下して価格上昇するという予測が出ています。

ただし、半減期を見越して買い注文を行い、半減期直後に売却して利益を狙う動きが増えるかもしれません。
ビットコイン価格は一時的に下落しつつ、長期的に見ると持ち直して緩やかに価格上昇する可能性が考えられています。

2020年の半減期後、2021年にバブル相場を迎えたことを考えると、次の半減期後の価格上昇にも期待したくなるよね!

半減期後はどうなる?ビットコインの価格予想

海外の仮想通貨AI価格予想サイトによる、ビットコインの将来価格予想は以下の通りです。

今後の価格上昇を見込んだ、ポジティブな予想が出ています。

半減期翌年(2025年)の価格予想

※2023年10月の為替レートで計算

2023年10月に約400万円台だったビットコインが、2025年には2~3倍に高騰するというAI価格予想が出ているよ。

あくまでも価格予想だから、市場の状況を加味して投資判断するワン!

【大学教授に聞く】半減期前の今、ビットコインを大量に買うのはおすすめ?

大学教授に聞く半減期前の暗号資産投資

ビットコインの半減期について、専修大学で国際経済論を担当している小川健教授へインタビューを実施しました。

半減期のタイミングで暗号資産投資を始めるか検討している方は、専門家目線の見解も参考にしてみましょう。

小川健(おがわ たけし)教授
小川健(おがわ たけし)教授

専修大学 経済学部所属
1982(昭和57)年12月愛知県名古屋市出身。理学部数学系から大学院より経済学の道に進む。本来の専門は近経貿易理論,水産物貿易(理論)。3年ほど広島の私大で経済数学の教員を務めた後,2015(平成27)年4月より現在の職場に移り,2023(令和5)年4月より教授。担当科目は国際経済論,資源・エネルギー論,数学補充科目,貿易論ほか。教えるための工夫の1つとして暗号資産教育を国際経済論の国際金融パートに一部取り入れる。

半減期が迫った今、暗号資産を大量に買うのはおすすめでしょうか?

投資は自己責任ですので、半減期が迫っているビットコインを大量に買うことを否定することはしません。

しかし、たとえそれだけの資金があったとしても私はそのような選択はしません

理由が説明しにくい以上、たまたまそうなっただけかもしれませんし、次も同じように起こるとは限らないのです。

さらに、無裁定条件*も考慮しなければなりませんし、アノマリーが仮に正しかったとしても、もう遅い(ピークを過ぎている)という可能性まであります。
*無裁定条件:費用0で確実に儲かる方法は存在しないこと。
もし有るならあなたが気付く前に目ざとい人がその部分を持っていき、あなたの目の前に現れる頃には無くなっています。

このような様々な可能性まで理解して仕込む(大量購入する)のであれば否定しませんが、色々なリスクを理解せずに持つのは避けましょう。

他の暗号資産の半減期に関しても、アノマリーはアノマリーとして「そうなる可能性はある」くらいに捉えて冷静に動くのが賢明です。

半減期前に投資家が気を付けるべきことはありますか?

もし「ビットコインの価格は半減期の前に『確実に』値上がりするから、今のうちにたくさん持っておきましょう」などと言う人がいるのであれば、投資初心者の方には警告しておく必要があります。

それは、「私たちがそういうアノマリーで儲けるためにカモになってね」という可能性があるためです。

また、アノマリー(理由を説明しにくい経験則)が仮に正しいとして、「もう遅い」可能性も指摘できます

参考記事:ビットコインなど仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす「半減期」とは、過去の事例から独自考察

上記記事で紹介されている2016(平成28)年当時のビットコインの半減期の場合、「約1ヶ月半前からその価格が上がり始め、3週間前でピークを迎えた後に反落している。」とあります。

同じように分析している2015(平成27)年当時のライトコイン(LTC)の半減期では、「約2ヶ月半前からLTC価格が上昇、1ヶ月半前でピークを迎えた後反落した。」との記載があります。

そして、2017(平成29)年当時のモナコインの半減期では、「約2ヶ月半前から価格を上げ始め、2週間前より下落に転じている。」とされています。

そうすると、この記事を読んでいる段階では「これから上がる」のではなく、ひょっとしたらもう上がり始めていて、これから落ちるばかりである可能性もあるのです。

ビットコインの半減期に利用したい仮想通貨取引所【一覧】

ビットコインの半減期に利用したい仮想通貨取引所【一覧】

半減期が来る前にビットコインを買っておきたいな!

ビットコインの購入におすすめの仮想通貨取引所を紹介するワン!

国内取引所について詳しくは「おすすめの国内取引所を比較」をご覧ください。

GMOコイン

GMOコイン公式

取扱い暗号資産(26銘柄)の詳細(タップで開きます)

コストを少しでも抑えたい方には、オリコン顧客満足度調査で2年連続No.1のGMOコインがおすすめです。
手数料が軒並み無料・取引所形式(板取引)で買える銘柄も多く、取引コストを削減できます。

積立サービスレンディングステーキングなど、様々なサービスに対応している取引所です。

GMOコインのアプリは取引所形式に対応しているよ。
いつでも手軽にビットコインの板取引ができるんだ。

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

SBIVCトレード

SBIVCトレード公式サイト
SBIVCトレードの手数料(クリックで開きます)
取引所名SBIVCトレード
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%
最低購入金額0.000001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ・レンディング・積立・NFTマーケットプレイス
公式サイトhttps://www.sbivc.co.jp/

金融大手のサービスを利用したい方には、SBIグループが運営するSBIVCトレードがおすすめです。

手数料が軒並み無料となっており、コストを抑えて仮想通貨を購入できます。

流行のNFTアートが買えるSBINFTマーケットや、次世代ウォレット「SBI Web3ウォレット」も利用できるよ。

SBIVCトレードについては「SBIVCトレードの口コミ・評判は?口座開設方法やキャンペーンを解説」をチェックするワン!

\ お得に始めるチャンス /

SBIVCトレード新規口座開設キャンペーンバナー

柴犬・ドージコインも買える!銀行・証券など金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

コインチェック

コインチェック公式
取扱い仮想通貨(29銘柄)の詳細(タップで開きます)

仮想通貨を初めて購入する方には、国内大手取引所のCoincheck(コインチェック)がおすすめです。

Coincheckのアプリは初心者向けに作られており、誰でも簡単に仮想通貨を購入できます

積立・レンディング・NFTマーケットプレイスなど、様々なサービスに対応している取引所です。

有望銘柄の「SAND」を国内で唯一取り扱っている取引所だよ。
NFTゲーム系のアルトコインに投資したいならCoincheckに登録しておこう。

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMMBitcoin公式サイト
取扱い仮想通貨(38銘柄)の詳細(タップで開きます)

お得に仮想通貨の取引を始めたい方には、DMM Bitcoinがおすすめです。
口座を開設した全員が即時1,000円を受け取れるキャンペーンを実施しており、お試し感覚でビットコイン取引を始められます。

手数料が軒並み無料でスプレッドが狭いため、初心者にも使いやすい取引所です。


\もれなく即時1,000円プレゼント/

「スマホでスピード本人確認」なら申し込みから最短1時間以内に口座開設可能!
さらに口座開設で1,000円が即時もらえるキャンペーン*も実施中です。
*2024年9月1日(日)午前6時59分まで

bitbank(ビットバンク)

bitbank公式

本格トレードを始めたい方には、上級者に人気のbitbankがおすすめです。
仮想通貨の取引量国内No.1※を誇り、高い流動性で快適なトレードができます。

※2021年2月14日 CoinMarketCap調べ

取扱い銘柄のほとんどが取引所形式(板取引)に対応しており、広いスプレッドを避けられます

日本発の仮想通貨アスターを国内初上場した取引所だワン。
ドージコインポリゴン(MATIC)など、人気アルトコインを多く扱っているワン!

\最短即日取引可能/

全37銘柄が板取引に対応!スマホで本格的なテクニカル分析も可能。
「スマホで本人確認」なら最短1日で取引開始できます。

ビットコイン以外に半減期がある仮想通貨一覧

ビットコイン以外に半減期がある仮想通貨一覧

ビットコイン以外にも、半減期がある仮想通貨が知りたいな!

半減期がある仮想通貨の中でも、知名度が高い銘柄を紹介するワン!

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH)とはビットコインのハードフォーク(通貨の分裂)によって誕生した仮想通貨のことです。
ビットコインに比べて処理スピードが速く、決済手段としての開発が行われています。

ビットコインキャッシュは2020年4月に半減期を迎えており、次回の半減期は2024年頃が想定されています。

ライトコイン(LTC)

ライトコイン(LTC)とは、ビットコインを補完する通貨として開発された仮想通貨のことです。
メジャーな仮想通貨の中ではビットコインの次に歴史が古いとされており、ビットコインとライトコインは金と銀のような関係性だと言われています。

ライトコインは2023年8月に半減期を迎えました。
半減期前の7月初頭に価格が上昇し、半減期当日には価格が下落しています。

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシック(ETC)とは、イーサリアムが分裂して誕生した仮想通貨のことです。
イーサリアムとの違いとして、発行上限あり・マイニングによる取引承認などの点が挙げられます。

イーサリアムクラシックには半減期に近い仕組みが導入されており、500万ブロックが生成されるごとにマイニング報酬が20%減少するように設計されています。

イーサリアムクラシックの詳細は「イーサリアムクラシックとは?今後の将来性やイーサリアムとの違い・買い方を解説」を参考にするワン!

ドージコイン(DOGE)

ドージコインとは、かわいらしい柴犬がモチーフになった犬系コインです。
ビットコインやライトコインをベースに作られたミームコインで、現在は時価総額ランキング上位にランクインするほどの地位を確立しています。

自動車メーカーのテスラ社・高級ブランドのGucciなど、決済手段としてドージコインを導入する事例も増えています。

モナコイン(MONA)

モナコイン(MONA)とは、2ちゃんねるのアスキーアートである「モナー」をモチーフに作られたミームコインです。
日本で初めて誕生した仮想通貨で、ライトコインをベースに発行されています。

約3年で半減期を迎えており、次回の半減期は2023年10月末~11月初頭の予定です。

モナコインについては「モナコイン(MONA)とは?将来性はない?特徴や今後の展望を解説」をチェックするワン!

ビットコインの半減期に関するQ&A

ビットコインの半減期に関するQ&A

ビットコイン半減期のよくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、半減期に関する疑問を解消するワン!

次回のビットコイン半減期は2024年のいつ?

ビットコインの4回目の半減期は、2024年4月下旬~5月上旬頃だと予想されています
※2023年10月時点

これまでの半減期サイクルを見ると、4年より少し早めに半減期を迎えていることが分かります。
前回の半減期は2020年5月に発生したため、2024年の半減期は5月前後か少し前と予想されています

これまでのビットコイン半減期

  • 1回目:2012年11月
  • 2回目:2016年7月
  • 3回目:2020年5月

半減期前後の投資を考えているなら、半減期のカウントダウンサイトで最新の情報を確認しておこう。

ビットコイン半減期のカウントダウンとは?

海外取引所のバイナンスは、ビットコイン半減期のカウントダウンを提供しています。

秒単位で半減期までのカウントダウンが行われている他、現在のブロック高や半減期までのブロックを確認できます。

半減期が気になる人は一度チェックしておくと良いワン!

最後のビットコイン半減期はいつ?

現状のペースで半減期が起こる場合、最後のビットコイン半減期は2140年頃だと想定されています。

ビットコインの半減期は33回行われ、発行枚数2,100万枚に達した時点でビットコインの発行が終わります。

マイニング自体はなくならないよ。
マイニング報酬は無くなるけど、ビットコインを移動させる際の手数料がマイナーに入るんだ。

ビットコイン以外にも半減期はある?

ビットコイン以外にも半減期を迎える仮想通貨は多数存在します。

一方、半減期のない仮想通貨も様々な方法を用いて流通量の調整を行っています。

例として、マイニング自体が存在しないXRP(リップル)はすでにすべての発行を終えており、リップル社によって流通量が調整されています。

イーサリアム(ETH)など、すでに流通している通貨をバーン(焼却)して供給量を減らしている仮想通貨もあるワン!

ビットコインの半減期が早まる可能性は?

ビットコインの半減期の時期は、大幅に早まる可能性は基本的にはありません。

ビットコインのブロック生成時間は平均10分となるように調整されており、大幅に時期がずれる可能性は低いと考えられています。

ハッシュレートの増加・減少によって、半減期の予定が若干動く可能性はあるよ。
※ハッシュレート…マイニングの計算速度を表す単位

ビットコインチャートは過去10年でどう推移した?

ビットコインは2010年に初めて決済に使用され、10,000BTCとピザ2枚が取引されました。

2回目の半減期の翌年となる2017年には、仮想通貨元年と呼ばれるほどの価格急騰を見せました。
年末には前年比20倍となる210万円台を記録しています。

3回目の半減期の翌年となる2021年は、仮想通貨バブルに市場が大きく湧きました。
11月には過去最高値となる約740万円を更新しています。

次の半減期はどんな値動きになるのか楽しみだね!

半減期を迎える前に初心者ができる投資方法は?

半減期に向けて、初心者が取り組みやすいのはビットコインの積立投資です。

取引所の自動積立サービスを使えば、毎月・毎日などの一定間隔で簡単に積み立てられます

投資方法の違い

  • 一括投資
    →安い時期に仕込めばリターンを見込める。初心者は購入タイミングをつかみづらいのが難点
  • 積立投資
    →購入時期を分けて価格変動リスクを分散するため、初心者でも始めやすい

一括投資と積立投資、どっちを選ぶかは人それぞれだよ。
まずは少額だけビットコインを買ってみてから考えるのも有りだね。

次回の半減期を逃さないように、早めに行動するのが良さそうだね!

価格変動が大きい時期には、上級者向けのレバレッジ取引デイトレードも有効だワン。

つみたて投資については「仮想通貨積立とは?やり方やメリット・デメリットを解説」をご覧ください。

仮想通貨の値動きに影響を与える最新のニュースを、いろはにマネーの「仮想通貨メールマガジン」で受け取れます!

  • 仮想通貨に関する最新のニュース
  • 現役投資家による成功談・体験談
  • 急騰・急落など今注目のコイン

登録は無料・メールアドレスのみで登録できるので、仮想通貨の最新情報を見逃したくない方は以下より会員登録しましょう!

※登録後、配信解除も自由にできます。

[signup-form]

【まとめ】ビットコインの半減期とは

【まとめ】ビットコインの半減期とは

ビットコインの半減期について、よく理解できたよ!

今回はビットコインの半減期の仕組みや半減期一覧、半減期が価格に与える影響を解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • ビットコインの半減期とはマイニング報酬が半分になるタイミングのこと
  • 4年に1度のペースで半減期を迎えている
  • 半減期の直前に価格変動が起き、半減期後に価格上昇する傾向がある

半減期前にビットコインを買っておくなら、手数料の安いGMOコインなど好みの取引所を選んで無料登録するのがおすすめです。

半減期に備えてビットコインを購入し、値上がり益の獲得を目指しましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、サクッと登録しておくワン!
早ければ即日~翌日に取引を始められるワン!

ビットコインの購入におすすめの取引所

  • GMOコイン おすすめ!
    公式サイト:https://coin.z.com/jp/
    オリコン満足度調査No.1!手数料を安く済ませたい人におすすめ。
  • Coincheck(コインチェック)
    公式サイト:https://coincheck.com/ja/
    初心者におすすめの取引所!使いやすさに定評あり。
  • DMM Bitcoin
    公式サイト:https://bitcoin.dmm.com/
    口座開設で全員2,000円が即時もらえる!お得なキャンペーンを利用したい人におすすめ。
  • bitbank
    公式サイト:https://bitbank.cc/
    仮想通貨の取引量No.1!トレード上級者におすすめ。

◆全部無料で、お金や投資に関して誰でも簡単に学べます

いろはにマネーの会員(無料)限定サービスでは、

  • お金や投資の最新情報がわかるメールマガジンを受け取れる📧
  • NISAやiDeCoなど資産形成の方法・やり方が初心者でもわかる💡
  • 資産運用したい方に向けて、個別株式やFXなどの投資方法についてもご用意📈

まずはメールアドレスを入力するだけでOK! ぜひともご登録ください。

[signup-form]

いろはにマネーの投資診断

ブックマークした記事を見る
moonoo banner
Loading...
moonoo banner
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU