PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【図解】仮想通貨のマイニングとは?仕組み・やり方を初心者向けにわかりやすく解説

仮想通貨のマイニングは計算作業を行って取引を承認し、報酬として仮想通貨を得られる仕組みです。
ビットコインやライトコインなどの仮想通貨で行われており、個人や企業が競い合うようにマイニングを実施しています

今回は、マイニングの仕組み・やり方や、マイニングに関連する仮想通貨を分かりやすく紹介します。

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

\ 気になる方はこちら /

マイニング関連の仮想通貨を購入できる国内取引所 ▼

仮想通貨の値動きに影響を与える最新のニュースを、いろはにマネーの「仮想通貨メールマガジン」で受け取れます!

  • ビットコインのトレンド ◀注目度激高!
  • 仮想通貨に関する最新のニュース
  • 現役投資家による成功談・体験談
  • 急騰・急落など今注目のコイン

登録は無料・メールアドレスのみで登録できるので、仮想通貨の最新情報を見逃したくない方は以下より会員登録しましょう!

※登録後、配信解除も自由にできます。

[signup-form]

目次

【図解】仮想通貨(ビットコイン)のマイニングとは?わかりやすく解説

【図解】仮想通貨(ビットコイン)のマイニングとは?わかりやすく解説

仮想通貨のマイニングとは、ブロックチェーンに新しいブロックを作り出し、報酬として仮想通貨を得る仕組みのことです。

ブロックを生成するには、高度な計算作業を行って仮想通貨の取引を承認する必要があります。

例えるなら、マイニングは「ビットコインの世界でのお金を作るために、パズルを解くゲーム」というイメージだよ。
一番早く問題を解いた人がビットコインをもらえるんだ。

仮想通貨のマイニングについて、3つの観点から分かりやすく解説するワン!

マイニングの仕組み

マイニングの仕組み

ビットコインのマイニングとは、取引の記録を「ブロックチェーン」というデジタル台帳に追加する作業のことです。

ブロックチェーンの各ブロックには「いつ、誰が、どれくらいの量を取引したか」などの情報が納められています。
マイニングを行う人たち(マイナー)は、複雑な計算問題を解くことで新しいブロックを作成し、報酬としてビットコインを受け取ります

マイニングによってビットコインの取引内容が正確かつ安全に記録され、ネットワーク全体が維持される仕組みです。

新しいブロックを鎖のようにつなげる仕組みだから、ブロックチェーンと呼ばれるんだ。

コンセンサスアルゴリズムの種類

PoWとPoSの違い
名称特徴主な通貨
PoW(プルーフ・オブ・ワーク)計算問題を解くマイニングが行われる・ビットコイン
・ライトコイン
PoS(プルーフ・オブ・ステーク)通貨の保有量や保有期間に基づいて、報酬を得る権利が与えられる・イーサリアム
・エイダコイン
DPoS(デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク)トークン保有者が代表者を選び、代表者が検証作業を行う・トロン
・リスク
PoC(プルーフ・オブ・コンセンサス)企業や組織が選んだ承認者が取引を承認する・リップル
PoH(プルーフ・オブ・ヒストリー)時間の概念を導入して取引を承認する・ソラナ

コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーンネットワーク内で参加者が合意を形成し、取引の正確さを確認する仕組みのことです。

現在も新しいコンセンサスアルゴリズムが開発されており、様々なシステムが登場しています。

ざっくり言えば、コンセンサスアルゴリズムは「ブロックの作り方」というイメージだよ。

ちなみに、イーサリアムはPoWからPoSに移行しているワン!

半減期を迎えるとマイニング報酬が減る

ビットコインの半減期とは

ビットコインには「半減期」が設けられており、一定期間ごとにマイニング報酬が半分になります
半減期によってビットコインの発行速度を緩やかにし、供給量の増えすぎによるインフレを抑える仕組みです。

半減期が訪れるたびにマイナーが得られる報酬は減少するため、マイニングの競争が激しくなり、効率的なマイニング機器や方法が追求されるようになります。

ビットコインの現在のマイニング報酬は6.25BTCで、次回の半減期後は3.125BTCになる予定だよ。

【儲からない?】ビットコインマイニングのやり方

【儲からない?】ビットコインマイニングのやり方

ビットコインのマイニングは儲からないのかな?
やり方が知りたいな。

現在のビットコインマイニングで利益を出すのは難しいワン。
やり方をざっくり解説するワン!

個人でビットコインマイニングを始める方法

個人でビットコインマイニングを始める方法

ビットコインマイニングを個人で始めるには、高い計算能力を持った専用のマイニングマシンが必要です。
家庭用パソコンに内蔵されているCPUでは性能が不十分なので、高度な演算処理を得意とするGPU(グラボ)やASICが用いられます。

マシンの準備後はマイニングソフトウェアのインストール・マイニングプールへの登録といった手順を踏み、マイニングを実施します。

他のマイナーと協力してマイニングを行う「マイニングプール」に参加すると、効率的にマイニングできる可能性があるよ。

マイニングにはマシンへの初期投資や電気代がかかる

ビットコインマイニング用のマシンの価格は数万円~数百万円と幅広く、初期投資が必要になるため注意が必要です。
また、マイニングマシンは高い計算能力を有する分、電気代がかさんで赤字になる可能性も考慮しなければなりません。

初期投資や電気代に見合うだけのマイニング報酬が得られるかどうか、しっかりと考えた上で参加を検討するワン!

現在のビットコインマイニングに個人が参入するのは難しい

かつては個人でも参入しやすかったビットコインマイニングですが、現在は大規模なマイニング企業が競争を優位に進めています。

専用の高性能マイニングマシンや電気代などのコストがかかる上に、マイニングの難易度が年々上昇しているため、個人で利益を上げるのは困難です

今からビットコインマイニングに個人で参入しても、あまり儲からないかもしれないね…。

イーサリアムのマイニングは終了

以前はマイニングが行われていたイーサリアムは、大型アップデート「マージ」によってPoWからPoSに移行し、マイニングによる収益化は見込めなくなりました

イーサリアムマイニングを行っていた多くのマイナーが撤退し、国内でもマイニングマシン(グラボ)の投げ売りが発生しました。

他のPoW銘柄のマイニングに移行するマイナーもいるけれど、イーサリアムに比べると採算が取れないのが現状なんだ。

マイニング以外で利益を得られる運用方法

マイニング以外で利益を得られる運用方法

マイニング以外にも仮想通貨で利益を得る方法はあるのかな?

今からでも始められる運用方法を紹介するワン!

ステーキング

仮想通貨のステーキングとは

ステーキングとは、仮想通貨を特定のプラットフォームやウォレットに保有し、利回りを得る仕組みのことです。
イーサリアムエイダコインなどのPoS銘柄がステーキングに対応しています。

ブロックチェーンのネットワーク上で直接ステーキングを行う方法の他、国内取引所の提供するステーキングサービスを使って手軽に利回りを得る方法もあります。

国内取引所のSBIVCトレード・GMOコイン・コイントレードはステーキングサービスに対応しているよ。

レンディング

仮想通貨のレンディングとは?

レンディングとは、保有している仮想通貨を貸し出して利回りを得る投資手法です。
購入した仮想通貨を一定期間貸し出せば、数量や期間に応じた利息が得られます。

国内取引所のレンディングサービスは大半の仮想通貨銘柄に対応しており、ビットコインを貸し出して利回りを得ることもできます。

SBIVCトレード・GMOコイン・bitbankなど、多くの取引所がレンディングに対応しているよ。

長期目線なら積立投資もあり

仮想通貨の積立投資とは

取引所の積立サービスを利用し、一定頻度・一定金額の仮想通貨を自動買い付けするのも1つの手です。
長期間の積立投資によって、仮想通貨の値上がり益を期待できます。

積立は価格が安い時には多く購入でき、高い時には購入量が減るため高値掴みを避けられるのが特徴です。

マイニング銘柄の将来性・注意点

マイニング銘柄の将来性・注意点

マイニング関連の仮想通貨に将来性はあるのかな?

PoW銘柄の将来性や注意点を紹介するワン!

分散性が高くセキュリティ面に優れる

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)は多くの人々によって取引の確認・記録が行われており、分散性に優れるメリットがあります。

十分な分散化が進めば取引記録の改ざんが非常に難しくなり、ハッキングや不正取引のリスクが下がります。

悪意を持ってデータを改ざんするよりも、マイニングで報酬を得た方が経済的メリットが得られる仕組みになっているんだ。

半減期の前後に価格が動く傾向がある

ビットコインの半減期とは、マイニング報酬が半分になるタイミングのことです。
半減期はビットコインの発行量を抑え、価格の安定を保つために発生します。

4年に一度のペースで訪れる半減期の前後には、ビットコインの価格が大きく変動する傾向があります。

半減期後の高騰を見込んで、PoW銘柄を仕込んでいる投資家も多くいるワン!

電力消費の多さに伴う環境問題が指摘される

PoWの問題点として、消費電力の多さが挙げられます。
高性能なマシンを大量に使って計算処理を行うため電力消費量が多く、環境への影響が指摘されています。

2022年にはEU議会の仮想通貨法案「MiCA」において、PoW銘柄を禁止する条項が検討されました。
PoW銘柄の規制・法整備に関するニュースには注意が必要です。

「マイニングの電力コストに課税を検討」といったニュースも、PoW銘柄の価格に影響を与える可能性があるんだ。

リスクヘッジでPoW・PoS銘柄に投資するのも手

PoW銘柄が規制強化に関するニュースによって価格が下落するのと同じく、PoS銘柄も法規制ニュースによる価格変動リスクがあります。
2023年2月に米SEC(証券取引委員会)がPoS銘柄に「証券の可能性」を指摘した際は、PoS銘柄を中心に相場が下落しました。

複数の銘柄への投資を検討する際はPoW・PoS方式の両方に投資することで、リスク分散につながります

ポートフォリオを組む際は、1つのカテゴリーに偏りすぎないように気を付けよう。

【PoW】仮想通貨のマイニング関連銘柄【一覧】

【PoW】仮想通貨のマイニング銘柄【一覧】

マイニングに関連する仮想通貨が知りたいな!

国内取引所で購入できるPoW銘柄を紹介するワン!

ビットコイン(BTC)

ビットコインは世界で初めて生まれた仮想通貨で、時価総額ランキングで不動の1位をキープしています。
マイニング報酬が減る半減期が4年に一度のペースで発生しており、次回の半減期は2024年頃が予想されています。

仮想通貨の中では値動きが安定しており、暴落時の価格変動幅が他の銘柄よりも小さい傾向にあるため、初めて仮想通貨投資をする方におすすめです。

ドージコイン(DOGE)

ドージコインとは、かわいらしい柴犬がモチーフになった犬系コインです。
ビットコインやライトコインをベースに作られたミームコインで、現在は時価総額ランキング上位にランクインするほどの地位を確立しています。

自動車メーカーのテスラ社・高級ブランドのGucciなど、決済手段としての導入事例も増えています。

ライトコイン(LTC)

ライトコイン(LTC)とは、ビットコインを補完する通貨として開発された仮想通貨のことです。
メジャーな仮想通貨の中ではビットコインの次に歴史が古いとされており、ビットコインとライトコインは金と銀のような関係性だと言われています。

ビットコインに比べてブロック生成時間が早く、迅速な取引が可能です。

ライトコインの半減期は2023年の夏が想定されているワン!

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシック(ETC)とは、イーサリアムが分裂して誕生した仮想通貨のことです。
イーサリアムとの違いとして、発行上限あり・マイニングによる取引承認などの点が挙げられます。

半減期に近い仕組みが導入されており、500万ブロックが生成されるごとにマイニング報酬が20%減少するように設計されています。

イーサリアムクラシックの詳細は「イーサリアムクラシックとは?今後の将来性やイーサリアムとの違い・買い方を解説」を参考にしよう。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH)とはビットコインのハードフォーク(通貨の分裂)によって誕生した仮想通貨です。
ビットコインに比べて処理スピードが速く、決済手段に利用しやすい特徴を持っています。

ビットコインキャッシュは2020年4月に半減期を迎えており、次回の半減期は2024年頃が想定されています。

モナコイン(MONA)

モナコイン(MONA)とは、2ちゃんねるのアスキーアートである「モナー」をモチーフに作られたミームコインです。
日本で初めて誕生した仮想通貨で、ライトコインをベースに発行されています。

約3年で半減期を迎えており、次回の半減期は2023年10月頃の予定です。

モナコインについては「モナコイン(MONA)とは?将来性はない?特徴や今後の展望を解説」をチェックしよう。

マイニング銘柄が買えるおすすめの仮想通貨取引所

マイニング銘柄が買えるおすすめの仮想通貨取引所

マイニング関連の仮想通貨はどこで買えるんだろう?

PoW銘柄の購入におすすめの国内取引所を紹介するワン!

SBIVCトレード|金融大手で手数料が安い

SBIVCトレード公式サイト
SBIVCトレードの手数料(クリックで開きます)
取引所名SBIVCトレード
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%
最低購入金額0.000001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ・レンディング・積立・NFTマーケットプレイス
公式サイトhttps://www.sbivc.co.jp/

安心感のあるサービスを利用したい方には、金融大手SBIグループが運営するSBIVCトレードがおすすめです。
入出金・送金手数料が無料となっており、コストを抑えて仮想通貨を取引できます。

ビットコインやライトコインの板取引に対応している他、イーサリアム・ソラナなどのステーキングができるのもポイントです。

自動円転機能を持つSBI Web3ウォレットSBI NFTマーケットなど、独自のWeb3.0事業を進めている取引所だよ。

SBIVCトレードについては「SBIVCトレードの口コミ・評判は?口座開設方法やキャンペーンを解説」をチェックするワン!

\ 手数料無料&人気銘柄が買える /

銀行・証券を運営する金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

GMOコイン|オリコン顧客満足度調査No.1

GMOコイン公式

GMOコインの手数料(クリックで開きます)
取引所名GMOコイン
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%(BTC,ETH,XRP,DAI)
取引手数料(取引所):Maker -0.03%/Taker 0.09%(上記以外)
最低購入金額0.00001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ取引・暗号資産FX・貸暗号資産・積立・ステーキング
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/
取扱い暗号資産(26銘柄)の詳細(タップで開きます)

人気の取引所を利用したい方には、オリコン顧客満足度調査で2年連続No.1のGMOコインがおすすめです。
入出金手数料や送金手数料が無料の上に、20銘柄以上を取引所形式(板取引)で購入できます。

ビットコインやモナコインを板取引で買える他、コスモス(ATOM)シンボル(XYM)のステーキングサービスも利用できます。

GMOコインは国内取引所の中でもイーサリアムの取引量が多いんだ。
外国為替FXが利用できるのも特徴だよ。

GMOコインについて詳しくは「GMOコインの評判はやばい?手数料・キャンペーンや買い方を解説」を確認するワン!

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

コインチェック|誰でも手軽に始められる取引所

コインチェック公式画像
Coincheckの手数料(クリックで開きます)
取引所名Coincheck (コインチェック)
手数料入金手数料(銀行振込):無料
(銀行振込手数料は自己負担)
出金手数料:407円
送金手数料(BTC):0.0005BTC
取引手数料:無料
最低購入金額販売所:500円相当額
取引所:0.005BTC
提供サービス販売所・取引所・NFTマーケット・積立・貸暗号資産・ステーキング
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/
取扱い仮想通貨(29銘柄)の詳細(タップで開きます)

「初心者に人気のアプリを使いたい!」という方には、アプリダウンロード3年連続No.1※を誇るコインチェックがおすすめです。
洗練されたデザインのアプリは操作性が良く、難しい専門用語なしで失敗なく仮想通貨を購入できます。

NFTマーケットプレイスの「Coincheck NFT」を利用すれば、NFTメタバース上の土地も取引可能です。

※対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

NFTアートNFTゲームに興味があるなら、一度Coincheck NFTを見に行ってみるといいよ。

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月〜2023年12月 データ協力:App Tweak

bitbank|板取引に強い取引所

bitbank公式
bitbankの手数料(クリックで開きます)
取引所名bitbank(ビットバンク)
手数料入金手数料:無料
出金手数料:550円/770円(3万円以上)
送金手数料(BTC):0.0006BTC
取引手数料(販売所)無料
取引手数料(取引所):Maker -0.02%/Taker 0.12%(一部銘柄を除く)
最低購入金額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
提供サービス販売所・取引所・レンディング
公式HPhttps://bitbank.cc/

仮想通貨の本格トレードを始めたい方には、仮想通貨の取引量国内No.1※を誇るbitbankがおすすめです。
全ての銘柄が板取引に対応しており、販売所スプレッドの高いコストを避けられます。

スマホアプリから板取引しやすく、70種類以上のテクニカル分析が使えるTradingViewも無料で利用可能です。

※2021年4月末日時点、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)統計データ調べ

ドージコイン・アスターネットワークオアシス(OAS)など、アルトコインの取扱いが豊富な取引所だよ。

仮想通貨のマイニングに関するQ&A

仮想通貨のマイニングに関するQ&A

仮想通貨のマイニングに関する、よくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、マイニングへの疑問を解消するワン!

マイニングの利益に税金はかかる?

マイニングで得た利益には税金が発生します

マイニングで仮想通貨を受け取ったタイミングと、マイニングで得た仮想通貨を売却したタイミングにおいて、利益が発生したとみなされます。
それぞれの利益が発生した時点で損益を把握し、確定申告に備えるのが大切です。

マイニングで仮想通貨を得たタイミングも利益とみなされる点には注意だよ。

流動性マイニングとは?

DeFiで利用できる流動性マイニングとは、プラットフォームに自分の仮想通貨を預けて流動性を提供し、その代わりに報酬を得るサービスです。
報酬は取引手数料や新たに発行されるトークンなど、様々な形で支払われます。

新しいビットコインを生み出すビットコインマイニングに対し、流動性マイニングは既存の仮想通貨をプラットフォームに提供して報酬を得る方法です。

スマホでできるマイニングアプリとは?

最近ではスマホでマイニングができるアプリも登場しており、初期投資なしでマイニングを始められます

手軽に利用できる一方、利益率の低さやバッテリーの消耗といったデメリットも存在します。
また、中には悪意を持って作られたアプリもあるため、利用する際は事前のリサーチを徹底した上でインストールしましょう。

マイニングアプリは手軽だけど、あまり儲からないんだね。

手軽さを重視したいなら「仮想通貨はほったらかしでOK!ビットコインを放置する注意点や投資方法を解説」の記事を読むといいワン!

【まとめ】マイニングとは?やり方や仕組みを解説

【まとめ】マイニングとは?やり方や仕組みを解説

仮想通貨のマイニングについて、よく理解できたよ!

今回はマイニングの仕組み・やり方やマイニング関連の仮想通貨を解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • マイニングとは取引の記録をブロックチェーンに追加する作業のこと
  • ビットコイン・ドージコイン・ライトコインなどの仮想通貨はマイニングが行われている
  • マイニング関連銘柄は国内取引所で購入できる

マイニング関連銘柄への投資を考えている方には、金融大手グループが運営するSBIVCトレードの利用がおすすめです。

半減期の高騰が期待されるPoW銘柄を取引して、値上がり益の獲得を目指しましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、サクッと登録しておくワン!
早ければ即日~翌日に取引を始められるワン!

\ 手数料無料&人気銘柄が買える /

銀行・証券を運営する金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

いろはにマネーの投資診断


ブックマークした記事を見る
moonoo banner
moonoo banner
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU