PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【仮想通貨】板取引の見方・やり方|板読み・手数料やアプリで板取引できる取引所を紹介

仮想通貨の板取引って何だろう?
・板の見方や板取引のやり方が知りたいな…
・板取引におすすめの仮想通貨取引所も知りたい。

このような悩みを解決します。


この記事の結論


難しいイメージを持たれがちな板取引ですが、実は意外と簡単に利用できます
コストを抑えて売買できるため、覚えておきたい取引方法です。

今回は、仮想通貨の板取引の見方・やり方や、板取引におすすめの仮想通貨取引所を解説します。

この記事を読めば、板読みのやり方・板取引のコツが分かるワン!

板取引におすすめの仮想通貨取引所

  • Coincheck(コインチェック) おすすめ!
    公式サイト:https://coincheck.com/ja/
    ビットコインの取引手数料が無料!仮想通貨デビューにおすすめ。
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
    公式サイト:https://bitflyer.com/ja-jp/
    ビットコインの取引量が多い!プロ向け取引所も利用できます。
  • GMOコイン
    公式サイト:https://coin.z.com/jp/
    様々な仮想通貨を買える取引所。マイナス手数料が導入されています。

各取引所の評判やデメリットについては「おすすめの国内仮想通貨取引所を徹底比較」した記事をご覧ください。

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

仮想通貨の板取引とは?特徴やメリットを解説

仮想通貨の板取引とは?特徴やメリットを解説
仮想通貨の板取引

板取引の板(いた)とは、価格ごとの買い注文・売り注文の一覧表のことです。

板取引は一目で相場感を把握できるので、売買の希望価格や数量の適切な判断に役立てることが出来ます。

仮想通貨取引所では「販売所形式」と「取引所形式」の売買ができるけど、板取引ができるのは取引所形式の方なんだ。

仮想通貨の板取引について、特徴やメリットを解説するワン!

取引所形式で利用できる

取引所形式で利用できる

仮想通貨の板取引は、ユーザー同士が直接取引を行う「取引所形式」で利用できます

もう一方の販売所形式はユーザーと運営会社が取引を行う仕組みで、運営会社が提示した価格で売買を行います。

販売所と取引所の違いは以下の通りです。

販売所取引所
取引相手運営会社ユーザー同士
対応銘柄多い少ない
難易度簡単難しい
手数料スプレッド取引手数料
メリット誰でも簡単に買えるコストカットできる
デメリットスプレッドが広い取引が成立しないことがある

販売所は手軽に買えるメリットがあるけど、その分コスト負担が大きくなってしまうんだ。

販売所と取引所の違いについては「【どっちがいい?】仮想通貨取引所と販売所の違いとは?」をチェックするワン!

成行・指値注文ができる

成行・指値注文ができる

板取引の注文方法には「成行注文」・「指値注文」の2通りがあります。
成行・指値の最も大きな違いは「約定を希望する価格を指定する/しない」という点です。

板に並んでいる価格で約定(売買が成立)するのが成行注文です。
一方、指値注文は板に注文を並べ、約定を待つ仕組みとなっています。

成行注文は比較的すぐに約定するワン。
指値注文は約定までに時間がかかったり、約定しないこともあるワン!

販売所のスプレッドを避けられる

販売所で売買する場合、手数料相当のコストとして広いスプレッドが設定されています。

※スプレッド…買値と売値の価格差

取引所の板取引を使えば、仮想通貨の販売所特有のコストを避けられます

販売所と取引所の手数料の違い

  • 販売所:広いスプレッドが発生。2~10%前後の設定が多く、 1万円分の取引で200~1,000円程度発生する可能性がある
  • 取引所:取引手数料が発生。0.01~0.1%前後の設定が多く、1万円分の取引で数十円程度発生する可能性がある

販売所は手軽だけど、気が付かないうちにコストが発生するんだね!

スプレッドについては「【10社比較】仮想通貨のスプレッドとは?」をチェックしよう。

メイカー・テイカー手数料がある

メイカー・テイカー手数料がある

板取引の取引手数料は「メイカー手数料」と「テイカー手数料」に分かれており、取引所によってはメイカー手数料にマイナス手数料が導入されています。

用語解説

  • メイカー手数料
    →取引板に並ぶ注文を行った際に発生する手数料。指値注文のうち、取引板に並んだ注文が該当
  • テイカー手数料
    →取引板に並んでいる注文を約定させた際に発生する手数料。成行注文はすべてテイカー注文となる
  • マイナス手数料
    →本来かかるはずだった手数料が、報奨金としてもらえる仕組み

報奨金がもらえるなら、マイナス手数料が発生する可能性がある指値注文だけを使えばいいのかな?

指値注文は取引が成立しないケースがあることを覚えておこう。
相場の暴落時に約定せずに、損切りタイミングが遅れてしまう可能性もあるんだ。

なお、マイナス手数料を導入している取引所として、GMOコイン・SBIVCトレード・bitbankが挙げられるワン!

手数料が軒並み無料!GMOコインの詳細を見る→こちらから

仮想通貨の板情報の見方

仮想通貨の板情報の見方

仮想通貨の板の見方が知りたいな。

ここからは、板情報の見方を解説するワン!

仮想通貨の板の見方

仮想通貨の板の見方

仮想通貨の板の中心には、気配値(けはいね)と呼ばれる注文価格が並んでいます。

中央には最終取引価格が表示されており、上に売り注文(売りたい人が出す注文)、下に買い注文(買いたい人が出した注文)が並びます

気配値は上から順に高い価格が表示されているよ。

板に記載された価格はマッチングの相手を待っている状態だワン。
成行注文を出せば、すぐに約定するワン!

成行注文の見方

成行注文の見方

成行注文は希望価格を指定しない注文方法です。
板に並んでいる注文の中で、最も条件の良い注文で売買が行われます。

板にある注文量を上回る注文を行った場合は、注文量を消化するまで次点で条件の良い価格にて約定します。

成行注文は板に並んでいる注文を取り去るイメージだよ。
成行注文が板に並ぶことはないんだ。

注文を取る(Take)という意味から、「テイカー(Taker)」とも呼ばれるワン!

指値注文の見方

指値注文の見方

指値注文は希望価格を指定する注文方法です。
注文は板に並び、取引の成立を待つことになります。

すでに板にある価格で指値注文を入れた場合は、板の注文数に追加される形で並びます。

指値注文は板に注文を作る(Make)意味合いから「メイカー(Maker)」とも呼ばれるよ。
ただし、指値注文=Maker注文とは限らないんだ。

別のユーザーが同じ価格で売りのMaker注文を先に出し、数秒後に同価格で買いを入れた場合は、Taker注文として成立するワン!

板取引におすすめの仮想通貨取引所

  • Coincheck(コインチェック) おすすめ!
    公式サイト:https://coincheck.com/ja/
    ビットコインの取引手数料が無料!
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
    公式サイト:https://bitflyer.com/ja-jp/
    大手の安心感!プロ向け取引所も完備。
  • GMOコイン
    公式サイト:https://coin.z.com/jp/
    最短10分で取引開始!手数料が安い取引所。

【初心者向け】仮想通貨の板取引のコツ

【初心者向け】仮想通貨の板取引のコツ

初めての板取引、ちょっと不安だな…。

知っておきたい板取引のコツを紹介するワン!

少額から始めてみる

株式やFXの経験がない場合、板取引は難易度が高いように見えるかもしれません。
まずは少額で板取引の使い方を練習し、慣れていくのがおすすめです。

成行注文と指値注文のうち、比較的分かりやすいのは成行注文です
指値注文は約定するまでに時間がかかる可能性があるため、不安な方は成行注文から始めてみましょう。

一度やってみると、意外と簡単に売買できることに気付けるはずだよ。

板の厚い仮想通貨を取引する

「板が厚い」とは、指値注文が多く入っていている状態のことです。
板が厚い仮想通貨は流動性が高い(取引が成立しやすい)ため、希望価格で約定しやすくなります。

板の薄い草コインは希望価格が通りにくく、思わぬ価格で約定する可能性があるため注意が必要です。

ビットコインやイーサリアム(ETH)など、活発に取引されている仮想通貨でチャレンジしてみよう。

流動性の高い取引所を利用する

仮想通貨取引所ごとに流動性は異なります。
できるだけ流動性の高い取引所を利用すれば、希望価格が通りやすくなります。

各取引所によって流動性の高い銘柄は異なるため、取引予定の銘柄に合った取引所を選ぶのも有効です。

流動性の高い取引所

利用者が多い、人気の取引所を使うのがおすすめだワン!

\口座開設最短10分/

bitFlyerなら各種手数料無料&セキュリティ対策も万全!
1円から気軽に売買できるので仮想通貨投資デビューにおすすめです。

【仮想通貨】板読みのやり方・基礎知識

【仮想通貨】板読みの基礎知識・やり方

仮想通貨の板読みって何だろう?

板読みとは、板情報から売買タイミングを読み解くスキルのことだよ。
デイトレードなど、短期投資に挑戦するなら身につけたい力だね。

板読みの基礎知識をざっくり解説するワン!

1つの銘柄で値動きに慣れる

板のスピードは銘柄だけでなく、時間帯や相場全体の状況によっても変わります。
まずは1つの銘柄に絞り、板・歩み値・チャートをチェックしてみましょう。

※歩み値…取引が成立した値段を時系列に並べたもの

同じ銘柄を追い続けて、相場の変化する雰囲気を感じられるようになるのが理想だよ。

板読みには地道な練習が必要なんだワン!

キリの良い価格は板が厚くなりやすい

「210,000円」「50.000円」など、キリの良い数字は注文が入りやすい傾向があります。

指値注文を入れたい場合は「210,001円で買い指値」「49.999円で売り指値」など、少し妥協した注文を入れると取引が成立しやすくなる可能性があります。

確かに、ちょうどいい数字で取引したくなる気持ちも分かるよ!

見せ板に注意

見せ板とは、価格操作を目的とした投資家による 「売買をするつもりがないのに指値を入れた注文」のことです。

大口注文が取り消されたり、別の価格で何度も再注文されたりしている場合は、投資家心理を惑わす目的があるのかもしれません。

「こんな大きな注文が入っているなら、少し妥協した価格で売ってしまおう」という判断を誘っているのかもしれないね。

見せ板は禁止行為だワン。
だまされないように経験を積む必要があるワン!

板取引におすすめの仮想通貨取引所

  • Coincheck(コインチェック) おすすめ!
    公式サイト:https://coincheck.com/ja/
    ビットコインの取引手数料が無料!
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
    公式サイト:https://bitflyer.com/ja-jp/
    大手の安心感!プロ向け取引所も完備。
  • GMOコイン
    公式サイト:https://coin.z.com/jp/
    最短10分で取引開始!手数料が安い取引所。

【一覧】各取引所で板取引できる仮想通貨を比較

【一覧】各取引所で板取引できる仮想通貨を比較

取引所ごとに買える仮想通貨が知りたいな。

以下は取引所ごとの銘柄一覧だよ。
販売所でしか買えない銘柄もあるから、事前にチェックしておくといいよ。

取引所名 銘柄数 販売所 取引所 BTC ETH XRP BCH LTC DOT XLM BAT ADA MATIC LINK ETC ENJ MONA OMG QTUM XEM XYM IOST XTZ DOGE SHIB MKR LSK BNB SOL AVAX TRX JASMY ONT DAI ATOM WBTC ARB OP COT ASTR SAND MANA BOBA CHZ KLAY BSV PLT DEP MV ROND MBX ZPG AXS FLR APE GALA OAS IMX NEAR GRT RNDR FIL EOS HBAR XDC ALGO TON GXE TSUGT FCR FNCT NIDT FTT HT FNSA FSCC CICC NCXC ZAIF CMSX CMSE XCP
bitbank 37 37 37
BitTrade 38 36 25
GMOコイン 26 21 24
DMM Bitcoin 38 38 - ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1
bitFlyer 22 22 6
Coincheck 29 27 8
Zaif 22 13 22
BIT Point 21 21 11
SBIVCトレード 23 23 7
コイントレード 14 14 -
LINE BITMAX 7 7 1

◎販売所・取引所/○取引所のみ/△販売所のみ/※1レバレッジ取引のみ/※2パーペチュアル取引のみ

様々なアルトコインを板取引でトレードしたい人には、取扱い銘柄が豊富&手数料が安いGMOコインがおすすめだワン!

仮想通貨の板取引におすすめの取引所

仮想通貨の板取引におすすめの取引所

板取引におすすめの仮想通貨取引所が知りたいな!

ここからは、板取引におすすめの仮想通貨取引所を紹介するよ。

取引所選びに迷う人は、メイカー・テイカー手数料を気にせずにビットコインを買えるコインチェックがおすすめだワン!

コインチェック|ビットコインの取引手数料が無料

コインチェック公式画像
Coincheckの手数料(クリックで開きます)
取引所名Coincheck (コインチェック)
手数料入金手数料(銀行振込):無料
(銀行振込手数料は自己負担)
出金手数料:407円
送金手数料(BTC):0.0005BTC
取引手数料:無料
最低購入金額販売所:500円相当額
取引所:0.005BTC
提供サービス販売所・取引所・NFTマーケット・積立・貸暗号資産・ステーキング
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/
取扱い仮想通貨(29銘柄)の詳細(タップで開きます)

「人気の取引所を使いたい!」という方には、アプリダウンロード数3年連続No.1※を誇るコインチェックがおすすめです。

ビットコインの取引手数料が無料となっている数少ない取引所で、メイカー・テイカー手数料を気にせずに板取引を始められます。

※対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

利用者が多く、ビットコインの流動性も高い取引所だよ。

コインチェックについて詳しくは「コインチェックの評判・口コミは?手数料やデメリットを紹介」を確認するワン!

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月〜2023年12月 データ協力:App Tweak

ビットフライヤー|ビットコインの取引量が多い

bitflyer公式サイト画像
bitFlyerの手数料(クリックで開きます)
取引所名bitFlyer
手数料入金手数料:無料
出金手数料:220円~770円
送金手数料:0.0004BTC
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):約定数量×0.01~0.15%
最低購入金額1円
提供サービス販売所・取引所・bitFlyer Lightning・レバレッジ取引・積立・ステーキング・bitFlyerクレカ・Braveブラウザ連携
公式サイトhttps://bitflyer.com/ja-jp/

ビットコインの取引に強い取引所を使いたい方には、ビットコイン取引量3年連続国内No.1※のビットフライヤーがおすすめです。

プロ向け取引所のbitFlyer Lightningが用意されており、ビットコインFXや先物取引も利用できます。

※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

セキュリティ施策に定評があり、業界最長の7年連続ハッキング0を継続しているよ。

ビットフライヤーについては「ビットフライヤーの評判・手数料を他の取引所と比較」をチェックするワン!

\口座開設最短10分/

bitFlyerなら各種手数料無料&セキュリティ対策も万全!
1円から気軽に売買できるので仮想通貨投資デビューにおすすめです。

GMOコイン|イーサリアムの取引に強い

GMOコイン公式

GMOコインの手数料(クリックで開きます)
取引所名GMOコイン
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%(BTC,ETH,XRP,DAI)
取引手数料(取引所):Maker -0.03%/Taker 0.09%(上記以外)
最低購入金額0.00001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ取引・暗号資産FX・貸暗号資産・積立・ステーキング
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/
取扱い暗号資産(26銘柄)の詳細(タップで開きます)

コストを抑えてイーサリアムを購入したい方には、オリコン顧客満足度調査2年連続No.1のGMOコインがおすすめです。

入出金・送金手数料が無料となっているため、NFTアート売買のためにイーサリアムを用意したい方に向いています。

GMOコインについて詳しくは「GMOコインの評判はやばい?手数料・キャンペーンや買い方を解説」を確認するワン!

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

SBIVCトレード|手数料の安い取引所

SBIVCトレード公式サイト
SBIVCトレードの手数料(クリックで開きます)
取引所名SBIVCトレード
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%
最低購入金額0.000001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ・レンディング・積立・NFTマーケットプレイス
公式サイトhttps://www.sbivc.co.jp/

金融大手のサービスを利用したい方には、SBIグループが運営するSBIVCトレードがおすすめです。

手数料が軒並み無料となっており、コストを抑えて仮想通貨を購入できます。

流行のNFTアートが買えるSBINFTマーケットや、次世代ウォレット「SBI Web3ウォレット」も利用できるよ。

SBIVCトレードについては「SBIVCトレードの口コミ・評判は?口座開設方法やキャンペーンを解説」をチェックするワン!

\ 手数料無料&人気銘柄が買える /

銀行・証券を運営する金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

bitbank|仮想通貨の取引量No.1

bitbank公式
bitbankの手数料(クリックで開きます)
取引所名bitbank(ビットバンク)
手数料入金手数料:無料
出金手数料:550円/770円(3万円以上)
送金手数料(BTC):0.0006BTC
取引手数料(販売所)無料
取引手数料(取引所):Maker -0.02%/Taker 0.12%(一部銘柄を除く)
最低購入金額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
提供サービス販売所・取引所・レンディング
公式HPhttps://bitbank.cc/

株やFXなどのトレード経験がある人には、板取引に強いbitbankがおすすめです。

仮想通貨の取引量国内No.1※を誇り、高い流動性で快適なトレードができます。

※2021年4月末日時点、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)統計データ調べ

アスターネットワークフレア(FLR)など、取扱い銘柄の大半が板取引で買えるんだ。
オアシス(Oasys)も取扱い予定だよ。

\最短即日取引可能/

全37銘柄が板取引に対応!スマホで本格的なテクニカル分析も可能。
「スマホで本人確認」なら最短1日で取引開始できます。

【実際にやってみた】仮想通貨の板取引のやり方

【実際にやってみた】仮想通貨の板取引のやり方

板取引の具体的なやり方が知りたいな!

実際に板取引を使って、ビットコインを1万円分買ってみたワン。
板取引のやり方と合わせて紹介するワン!

板取引の始め方

仮想通貨FLR(フレア)の買い方
bitbankを利用

仮想通貨の板取引を始める際は、仮想通貨取引所の口座開設が必要です。

ビットコインの板取引を始めるまでの流れ

  • 国内取引所で口座開設する(無料)
  • 取引所の口座に日本円を入金する
  • ビットコインを板取引で購入する

登録方法を詳しく知りたい人は「仮想通貨(ビットコイン)の始め方」の記事をチェックするといいよ。

最短で即日~翌日には口座が開設されて、取引を始められるワン!

板取引のやり方

板取引の際は、成行注文・指値注文を選択して取引を行います

板取引(成行注文)のやり方

  • 注文画面で「成行」と「買い」を選択
  • 「数量」を指定して注文に進む
  • 注文を確認して実行する
    →売り板の最も安い価格から、上の価格に向けて順番に約定する

板取引(指値注文)のやり方

  • 注文画面で「指値」と「買い」を選択
  • 「価格」と「数量」を指定して注文に進む
  • 注文を確認して実行する
    →市場価格が注文価格に到達すれば注文が約定する

※注文が成立しない場合はキャンセル可能

成行・指値注文のどちらも、数量を指定する必要があるよ。
日本円換算での数量が分かりやすく表示される取引所が多いから、まずは試してみよう。

指値注文の場合は「価格」の入力も必要だワン。
板に並んでいる価格をタップすると、価格がそのまま反映される取引所が多いワン!

指値注文でなかなか約定しない場合は、慌てずにキャンセルすればいいんだね!

板取引でビットコインを実際に買ってみた【10000円分】

板取引のやり方

実際にビットコインを約10,000円分(9,713円)、成行注文で買ってみたよ。
取引手数料は11円で、即座に約定したんだ。

板取引の取引手数料はそこまで大きな額ではないから、まずは取引しやすい成行注文から試すのも手だワン!

板取引はちょっと難しそうだけど、販売所スプレッドを気にせずに済むのは嬉しいな!
少しずつ板取引に挑戦してみるよ!

板取引におすすめの仮想通貨取引所

  • Coincheck(コインチェック) おすすめ!
    公式サイト:https://coincheck.com/ja/
    ビットコインの取引手数料が無料!
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
    公式サイト:https://bitflyer.com/ja-jp/
    大手の安心感!プロ向け取引所も完備。
  • GMOコイン
    公式サイト:https://coin.z.com/jp/
    最短10分で取引開始!手数料が安い取引所。

仮想通貨の板取引に関するQ&A

仮想通貨の板取引に関するQ&A

仮想通貨の板取引について、よくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、板取引の疑問を解消するワン!

アプリで板取引できる仮想通貨取引所は?

仮想通貨の板取引

アプリで板取引しやすい仮想通貨取引所はビットフライヤー・GMOコイン・bitbankです。

ホーム画面からすぐに板取引にアクセスできるため、急な価格変動にも慌てずに対応できます。

取引所アプリの注意点

  • ビットフライヤー
    →ビットコイン・イーサリアム以外の銘柄はスマホでの板取引に対応しておらず、ブラウザ版からアクセスする必要がある
  • SBIVCトレード
    →メニュータブの中に「取引所」が用意されている
  • コインチェック
    →「ディスカバー」→「FAQ」→最下段の「ビットコイン取引所」の順で進むと、ブラウザ版に近い板取引が利用できる

スマホアプリをメインに板取引をしたいならビットフライヤーがおすすめだワン。
2023年2月にアップデートが入って、チャート・板・注文量が見やすくなったワン!

\口座開設最短10分/

bitFlyerなら各種手数料無料&セキュリティ対策も万全!
1円から気軽に売買できるので仮想通貨投資デビューにおすすめです。

板取引のPost-Onlyとは?

注文オプションの「Post Only」とは、Maker注文がTaker注文になることを防いでくれる仕組みです。
手数料のMaker注文だけが通るようになり、不意のテイカー手数料を避けられます。

なお、Post Onlyを有効にした場合、板に一部でも約定する反対注文がある場合はキャンセルされる仕組みです。

メイカー手数料を確実に受け取りたい時に便利なオプションだよ。

価格暴落時に急いで損切りしたい時など、すぐにでも成行注文を入れたい場合はチェックを外すワン!

仮想通貨の板取引のデメリットは?

板取引は販売所での購入に比べ、取引方法がやや難しいのが難点です。

また、指値注文の場合は約定までに時間がかかったり、約定しなかったりする可能性があります。

板取引のデメリット

  • 販売所よりも難易度が高い
  • 取引が成立しない場合がある
  • 販売所よりも銘柄が少ない

NFTWeb3.0に興味があって仮想通貨を始める人の中には、板を見てびっくりする人もいるかもしれないね。

株式やFXの経験がない人は、まずは販売所でトレードに慣れるのも手だワン。
ビットコインの取引がしやすいコインチェックをおすすめするワン!

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月〜2023年12月 データ協力:App Tweak

【まとめ】仮想通貨の板取引の見方・やり方

【まとめ】仮想通貨の板取引の見方・やり方

仮想通貨の板取引について、よく理解できたよ!

今回は仮想通貨の板取引の見方・やり方や、板取引におすすめの仮想通貨取引所を解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • 板取引はユーザー同士が直接取引を行う仕組みで、販売所の広いスプレッドを避けられる
  • 成行注文と指値注文があり、希望数量や価格を設定して取引する
  • 仮想通貨の板取引には、ビットコインの取引手数料が無料のコインチェックや、取引量が多いビットフライヤーがおすすめ

取引所選びに悩む方には、取引手数料を気にせずに取引できるコインチェックがおすすめです。

販売所のコストをカットできる板取引を利用して、少しでも多くの値上がり益獲得を目指しましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、サクッと登録しておくワン!
早ければ即日~翌日には取引を始められるワン!

板取引におすすめの仮想通貨取引所


ブックマークした記事を見る
Loading...
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU