Web3.0とは?問題点や具体例・ブロックチェーン技術の将来性や仮想通貨の関連銘柄をわかりやすく簡単解説

Web3.0とは

・Web3.0って何だろう?
・Web3.0の課題や具体例が知りたいな…
・Web3.0に関連する仮想通貨も気になる。

このような悩みを解決します。


この記事の結論

  • Web3.0とは「非中央集権型のインターネット」という意味で用いられる言葉
  • 個人間でやり取りできるため、管理者に払っていた手数料の負担が減る
  • 大企業がWeb3.0分野に参入しており、市場の拡大が見込まれる

GoogleやMetaなどの巨大企業が個人情報を独占し、広告ビジネスによる利益を上げている現在のインターネット時代は、Web3.0の到来によって変化を迎えるかもしれません

今回は、Web3.0の特徴や具体例、今後の将来性をわかりやすく解説します。

この記事を読めば、Web3.0の問題点や、おすすめのWeb3.0関連銘柄が分かるワン!

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

▼ この記事は音声でも聞くことが出来ます▼

Web3.0とは?3つの特徴を簡単に解説

Web3.0とは

Web3.0とは、「分散型(非中央集権型)のインターネット」という意味で用いられることの多い言葉です。

まだ明確な定義は定まっていませんが、「ブロックチェーン技術を活用した新しいインターネット」という意味で広く使われています。

Web1.0からWeb3.0の流れ

  • Web1.0:ホームページを見られる(一方向的)
  • Web2.0:SNSによる発信やコミュニケーションができる(双方向的)
  • Web3.0:中央集権的な管理者がおらず、ユーザー同士が情報を分散管理する

「見るだけのWeb1.0」から「発信できるWeb2.0」になったのはわかるけど、Web3.0はどう違うんだろう?

現状のWeb2.0は、巨大企業が個人情報を独占している問題があるんだ。
Web3.0の時代が来れば、仲介手数料やプライバシーの問題を打破できるかもしれないよ。

Web3.0の主な特徴として、以下の3つが挙げられるワン!

ユーザー自身がデータを所有できる

Web2.0時代はGoogleやAmazonなど、「GAFA」と呼ばれる巨大プラットフォームが個人情報を独占しています。

しかし、ブロックチェーン技術の活用が進めば、個人情報を複数のユーザー同士で管理できるようになります。

ブロックチェーン技術を活用するメリット

  • 情報の改ざんが極めて難しい
  • セキュリティ性能が向上する
  • 個人間で直接やり取りできる

Facebookで5億人以上の個人情報が流出して問題になったんだ。
Web3.0の時代では、巨大プラットフォームに個人情報を渡さなくても、個人間でのやり取りができるようになるよ。

検索履歴などの個人情報を使った広告ビジネスによって、巨大企業に富が集中している現状が変わる可能性もあるワン!

仲介役が不要になり手数料の負担が減る

巨大企業のプラットフォームを利用する場合、様々な場面で手数料が課せられます

プラットフォーム利用時に起こること

  • Amazon
    →10~15%前後の販売手数料が発生
  • YouTube
    →メンバーシップの月額料金の30%前後はYouTubeに支払われる
  • Apple
    →アプリ内課金などの有料コンテンツに15~30%前後の手数料が発生

ブロックチェーン技術を活用したWeb3.0なら、仲介役のプラットフォームへの手数料負担が軽減するんだ。

プラットフォームに手数料を支払う必要がなくなれば、販売者側は助かるよね。
より良い製品やサービスが買えるようになって、購入者側にもプラスになりそうだよ!

誰でもブロックチェーン上のコンテンツを利用できる

中央集権の組織が存在しない分散型ブロックチェーンのネットワークには、承認なしで誰でも参加できます

国境や思想で差別されず、世界中の人々がサービスにアクセス可能です。

政府による検閲制限が行われている国でも、ブロックチェーン技術が広がる可能性があるワン!

Web3.0の課題や問題点をわかりやすく解説

Web3.0の問題点

Web3.0の問題点も知っておきたいな。

Web3.0の抱える課題や危険性について、分かりやすく解説するワン!

使いにくいサービスが多い

ブロックチェーンに関する知識が薄い人にとって、Web3.0に関するサービスはまだまだ使いにくいのが現状です。

仮想通貨ウォレットDApps(分散型アプリ)などは利用ハードルがやや高いため、今後の各プロジェクトによる開発が期待されています。

日本語ではないサービスが多いんだね。
誰でも手軽に利用できるようになるといいな。

詐欺行為が発生している

資金をだまし取ろうとする詐欺行為が発生しており、自分の資金を守るためのリテラシーが必要です。

仮想通貨ウォレットを怪しいサイトに接続したり、公式を装った詐欺師にだまされたりしないように注意しましょう。

技術革新が進む時は、悪質な詐欺もつきものだワン…。
くれぐれも気を付けるワン!

法的な整備が追い付いていない

ブロックチェーンやWeb3.0はまだ新しい概念であり、法律の整備が追い付いていない側面があります。

日本の税制がネックとなり、将来性のあるWeb3.0関連企業の海外流出が後を絶ちません。

ブロックチェーン技術はどんどん開発が進んでいるから、日本が他の国に出遅れてしまう恐れがあるんだ。

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

【何ができる?】Web3.0の事例を紹介

Web3.0の事例を紹介

Web3.0って、具体的に何が変わるんだろう?
できることが知りたいな。

ここからは、Web3.0の具体的な事例を紹介するワン!

仮想通貨

仮想通貨とは、電子データのみでやり取りされる通貨のことです。

銀行などの第三者を挟まずに、個人同士で直接送金できます。

最も有名な仮想通貨のビットコインは、決済手段としての導入が進んでいるよ。
法定通貨としてビットコインを採用する国もあるんだ。

NFT

nonfungible

NFTとは代替不可能なトークン」という意味を持つ言葉です。

改ざんが難しいブロックチェーン技術によって、アートや動画などのデジタルデータに固有の価値が付くようになりました。

NFTの替えが効かない性質を活用して、NFTアートNFTゲームが誕生したんだ。

遊んで稼げる「Play to Earn」、歩いて稼げるMove to Earnアプリなど、ブロックチェーンゲームは急速に発展しているワン!

DeFi

CeFiとDeFiの違い

DeFiとは「分散型金融」という意味を持ち、銀行などの仲介役なしで個人間の直接取引ができるシステムを指しています。

従来の金融システムに比べて手数料が非常に安く、運用時の利回りの高さで人気を集めています。

イーサリアムのUniswapやSolanaRaydiumなど、ブロックチェーンごとに様々なDeFiが開発されているよ。

DAO

トップダウン式とDAO

DAOとは「分散型自律組織」と訳される言葉で、中央管理者なしで管理・運営される組織のことです。

ブロックチェーン上で運営されるのが一般的で、透明性が高く誰でも参加できます。

ガバナンストークンを持っていれば、運営方針に関する多数決に参加できるワン!

メタバース

メタバースとは、アバターを用いて行動できる三次元の仮想空間のことです。

メタバース上ではゲームやコミュニケーションを楽しめる他、ビジネスでの活用も進められています。

メタバースの定義は人によって様々なんだ。
最近ではブロックチェーンやNFT技術を活用した「The Sandbox」が注目されているよ。

Web3.0の今後の将来性

Web3.0の将来性

Web3.0やWeb3.0関連の仮想通貨は、今後伸びていくのかな?

Web3.0の現状や、今後の将来性をチェックしておくワン!

  • 大手企業がNFT市場に参入を進めている
  • 日本政府がWeb3.0を推進している
  • 仮想通貨取引を行う投資家が増えている

大手企業がNFT市場に参入を進めている

大手企業や著名人が続々とNFT市場に参入しており、日本国内でもNFTが一気に普及する可能性があります。

NFT市場に参入した企業の例

  • LINE
    NFTマーケットプレイスの「LINE NFT」や、LINEの仮想通貨を買える仮想通貨取引所「LINE BITMAX」を運営
  • スクウェア・エニックス
    →NFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」をリリース
  • 吉本興業
    →芸人のネタ動画コンテンツ「よしもとNFTシアター」を開始

NFT市場は2021年の1年間で20,000倍の規模に成長しているワン!

日本政府がWeb3.0を推進している

日本政府はWeb3.0関連事業を推進する方針を示し、規制・制度改革に前向きな姿勢を打ち出しています。

経済産業省は「Web3.0政策推進室」を設置し、Web3.0に関連する事業環境の整備に取り組んでいます。

海外の技術革新に遅れないよう、日本でも開発しやすい環境が整うといいね。

仮想通貨取引を行う投資家が増えている

仮想通貨市場は2021年に高騰し、投資対象として仮想通貨に注目が集まりました。

仮想通貨は少額から簡単に購入できるため、長期投資(ガチホ)積立投資を始める利用者も多くいます。

ビットコインは2021年の1年間で、約60%近く値上がりしたんだ。

2022年は下落傾向にあるから、買い時を逃さないようにしたいね!

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

Web3.0関連の仮想通貨おすすめ銘柄【一覧】

Web3.0のおすすめ銘柄

Web3.0に関連するおすすめの仮想通貨を知りたいな。

ここからは、おすすめのWeb3.0関連銘柄を紹介するワン!

銘柄名時価総額ランキング時価総額1枚あたりの価格
ポルカドット10位約1.2兆円約1,050円
ベーシックアテンショントークン73位約708億円約50円
ファイルコイン34位約2,310億円約840円
ICP33位約2,320億円約910円
アスターネットワーク237位約188億円約5円
※2022年9月上旬時点

ポルカドット(DOT)

ポルカドット(DOT)は、異なるブロックチェーン同士をつなぐ「相互運用性」に特化したプロジェクトです。

中央集権的な仕組みを打破した分散型の時代(web3)の実現を目指しています。

Web3.0 という言葉は、ポルカドット創設者のギャビン・ウッド氏が提唱したんだ。

ベーシックアテンショントークン(BAT)

ベーシックアテンショントークン(BAT)は、広告ブロック機能を持つ次世代Webブラウザ「Braveで利用される仮想通貨です。

Braveブラウザを利用すると、Web上の広告・YouTube広告や行動追跡のトラッカー機能をブロックできます。

Braveが提供する広告配信を受け取ると、対価としてBATがもらえるワン!

ファイルコイン(FIL)

ファイルコイン(FIL)は分散型ストレージサービスを手掛けるプロジェクトです。

クラウド上へのファイル保存にブロックチェーン技術を活用し、データの分散化を実現しています。

ストレージの空きスペースを貸し出すと、ファイルコインが受け取れる仕組みだよ。

ICP

ICPクラウドサービスの仕組みをブロックチェーン上で実現させるプロジェクトです。

現在の中央集権的なクラウドサービスに代わる、分散型サービスの構築を目指しています。

クラウドサービスはAmazon・Microsoft・Googleなどが独占しているワン。
分散型インターネット時代のWeb3.0に向けて、ICPに期待が寄せられているワン!

アスターネットワーク(ASTR)

アスター(ASTR)は日本人の渡辺創太氏が代表を務める、日本発のブロックチェーンプロジェクトです。

ポルカドットのパラチェーンに選ばれており、異なるブロックチェーン同士をつなぐ役割を担っています。

開発者にやさしい「Build to Earn」の仕組みを採用した、注目のプロジェクトだよ。

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

Web3.0に関するQ&A

Web3.0に関するQ&A

Web3.0のよくある質問集をチェックしておきたいな。

Web3.0のQ&Aを確認して、疑問を解消するワン!

Web3.0とWeb3の違いは?

現状では「Web3.0」「Web3」という2つの呼び名が使用されていますが、使い方の違いや定義などは特に定められていません
最近ではバズワードの1つとして、メディアに取り上げられる機会も増えています。

インターネットに関する文脈で使われる際は、Web1.0・Web2.0の表記に合わせて「Web3.0」が利用されるケースが多く見られます。

仮想通貨やブロックチェーンの技術に関する文脈だと、「Web3」の表記が用いられることがあるよ。

Web3.0関連銘柄の買い方は?

Web3.0関連銘柄の買い方は以下の通りです。

Web3.0関連銘柄の買い方

  • 仮想通貨取引所で無料口座開設する
  • 取引口座に日本円を入金する
  • 希望の仮想通貨を購入する

仮想通貨の購入におすすめの取引所

迷ったら、初心者でも使いやすいコインチェックに無料登録すると良いワン。
最短即日~数日で仮想通貨の購入を始められるワン!

Web3.0のメリットとデメリットは?

Web3.0のメリットとデメリットは以下の通りです。

Web3.0のメリット

  • 個人がデータを所有・管理できる
  • 仲介役に払っていた手数料の負担が減る
  • 分散管理によって、サイバー攻撃時の流出リスクを軽減できる

Web3.0のデメリット

  • サービスの使いやすさに課題がある
  • 詐欺行為が発生している
  • 法的な整備が追い付いていない

Web3.0の技術は世界で急速に進んでいるから、一般層に普及するまでにそれほど時間はかからないかもしれないよ。

誰でも手軽に利用できるサービスが登場すれば、日本でも一気に広がる可能性があるね!

【まとめ】Web3.0とは

Web3.0まとめ

Web3.0について、よく理解できたよ!

今回はWeb3.0の特徴や今後の将来性、Web3.0関連銘柄について解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • Web3.0とは「分散型(非中央集権型)のインターネット」という意味で用いられる
  • 個人間でやり取りできるため、管理者に払っていた手数料の負担が減る
  • 大企業がWeb3.0分野に参入しており、市場の拡大が見込まれる

Web3.0の技術を体感するには、少額から仮想通貨を買ってみるのがおすすめです。
実際にブロックチェーン技術に触れることで、Web3.0に関する知識を吸収しやすくなります。

最先端のWeb3.0をチェックして、今後のトレンドをいち早くつかみましょう!

取引所によっては不定期でお得なキャンペーンが開催されているワン。
期間や詳細は公式サイトで確認してほしいワン!

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

LINEのバナー