PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

仮想通貨が暴落する理由は?ビットコイン下落は買い時?急落の原因と対策方法を解説

仮想通貨が暴落する原因と対策

  • 大国の規制強化や株式市場・為替市場との連動、取引所のハッキング被害などで暴落が発生
  • その他、著名人の発言や急騰後の反動でも暴落が起こり得る
  • 下落相場ではリスクを減らして資金を貯め、次のチャンスに備えて情報を集めるのが良い
  • 小額から積立投資を始めるのも選択肢の1つ

下落相場では無理に利益を狙うよりも、大きな損失を出さないように立ち回るのが大切です。冬の時代をじっと耐えて、次のチャンスを探りましょう。

今回は、過去に仮想通貨が暴落した理由や、暴落への対策方法を分かりやすく解説します。

\暴落のきっかけは?/

ビットコインの価格チャート
1BTCの現在価格=¥5,998,884円(2024年1月1日7時28分時点)

▼ この記事は音声でも聞くことが出来ます▼

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

なぜ暴落?仮想通貨が下落した理由【2022年から学ぶ】

2022年に仮想通貨が暴落した理由

2022年に仮想通貨が暴落したのはどうしてだろう?

5月の大暴落は、2つの理由が重なって引き起こされたんだ。

11月には取引所関連で仮想通貨市場が暴落しているワン!

FTXの流動性逼迫報道

FTT

アメリカ発の取引所「FTX」が流動性逼迫に陥り、負債総額が70億ドルに達している状況となりました。

この状況を受けて、世界最大の大手取引所「binance」は保有している約2300万ものFTTトークンを全て売却することを明らかにし、仮想通貨市場全体は暴落。

binanceがFTXの買収に合意したとの報道がありましたが、その後断念したと報じられて下落に拍車がかかりました。

参考:バイナンスがFTXの買収案を白紙撤回、暗号通貨市場に衝撃|Forbes JAPAN

CEOのサム・バンクマンフリード氏が逮捕されたのは衝撃的だったよ。

アメリカの金融引き締め政策による市場の冷え込み

アメリカのFRB(連邦準備制度理事会)が利上げ(金融引き締め)の動きを見せ、金融市場から多数の資金が引き上げられました。その結果、株式市場とともに仮想通貨市場も下落しています

2021年はコロナ禍に伴う金融緩和が実施され、金融市場に大量の資金が流れ込みました。しかしアメリカではインフレが急速に進行し、金融政策の転換が進んでいます。

アメリカのインフレは、コロナによる物品供給網の混乱や、ウクライナ情勢に伴う原油高などが要因として挙げられるよ。

アメリカの金融政策が、まわりまわって仮想通貨市場にも影響を与えるんだね。

ステーブルコインUSTとテラの大暴落

Terra/UST

5月上旬、ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」の機能が崩壊し、仮想通貨市場に激震が走りました。

USTと結びついたTerra(LUNA)は99%以上急落しています。

時価総額ランキングでトップ10に入るLUNAや、ステーブルコインの時価総額で3位まで昇りつめたUSTの崩壊によって、仮想通貨市場全体に信用不安が広がりました。

ビットコインをはじめとする全ての仮想通貨が、USTに引きずられる形で大暴落したワン…

LUNAやUSTに投資をして、破産に追い込まれた人が続出したんだ。
仮想通貨の歴史に残る事件だよ。

逆風・暴落時こそチャンス!口座開設しておきたい仮想通貨取引所

仮想通貨・ビットコインが暴落する主な原因

仮想通貨・ビットコインが暴落する主な原因

仮想通貨が暴落するきっかけや、原因が知りたいな。

仮想通貨暴落の主な原因として、以下の5つが挙げられます。

大国の規制強化

アメリカ・中国など、大国における仮想通貨の規制強化には要注意です。ビットコインを筆頭に仮想通貨の需要が減り、価格が暴落する可能性があります。

2021年9月、中国は仮想通貨を使った決済や関連サービスを全面的に禁止しました。全面禁止の発表後、ビットコイン価格は9%前後下落しています。

また、2020年12月にはリップル社がSECからの提訴を受け、価格暴落につながっています。

2021年5月のマイニング禁止令も暴落を引き起こしたよ。
世界トップシェアだった中国のビットコインマイニング終了が決まったんだ。

中国政府は仮想通貨への規制を進めているんだね。

株式市場・為替市場との連動

株式市場や為替市場の下落と連動し、仮想通貨市場が下落するケースも見られます。

大国の金融政策に伴って投資熱が冷え込むと、金融市場から資金が抜けていきます。金融資産の売りが強くなり、株価と同様の動きを見せながら仮想通貨も下落するのです。

ウクライナ情勢など、世界経済の停滞も市場に影響を与えているワン…

仮想通貨のハッキング被害

仮想通貨のハッキング事件は、仮想通貨市場全体の暴落を引き起こす原因となります。
2014年に起きたマウントゴックス事件によって、ビットコインの価格は大きく暴落しました。

2022年3月にNFTゲームの「アクシーインフィニティ」がハッキングを受けた際は、ビットコインが一時10%ほど下落しました。

ハッキング事件が起こると、確かに心配だよね…。

不安感が広がって、投げ売りに走る人が増えてしまうんだ。

著名人の発言

アメリカFRBのパウエル議長や、テスラ社CEOのイーロン・マスク氏など、著名人の発言によって仮想通貨の価格が暴落することがあります。

2021年5月には、イーロン・マスク氏がビットコイン決済の停止を発表し、ビットコインの大幅な下落につながりました。

サービス終了の発表・規制への動きなど、市場は敏感に察知するんだワン!

急騰後の反動

仮想通貨の価格が急騰すると、反動で大きく下落するケースが多々あります。

適正価格よりも高騰すると売却の流れが生まれ、ある程度のところで価格が安定します。

モナコイン柴犬コインなどの草コインは、急騰後の反動が顕著だよ。
一時的な盛り上がりが終了すると、大きく価格を落とすんだ。

逆風・暴落時こそチャンス!口座開設しておきたい仮想通貨取引所

仮想通貨の暴落ランキング

仮想通貨の暴落ランキング

仮想通貨の暴落ランキングが知りたいな。

時価総額ランキング上位の銘柄のうち、特に騰落率が大きかった仮想通貨を紹介するワン!

2022年の暴落ランキング

2022年に大きく暴落したのはTerraとFTTです。
TerraはステーブルコインUSTの崩壊、FTTは海外取引所FTXの破綻に起因します。

また、FTTと関連の深いSolanaも価格を大きく下げました。

2022年の暴落ランキング

  • Terra(LUNA):-99%
  • FTXトークン(FTT):-98%
  • Solana(SOL):-93%

なお、Solanaは2023年に入って強い値動きを見せているよ。
2023年12月上旬時点では、年初価格から500%の上昇を記録しているんだ。

2023年の暴落ランキング

2023年にはNFT関連の仮想通貨が下落傾向にありました。ビットコインやイーサリアムなどの主要銘柄が上昇したのに対し、BLURやエイプコインは下落しました。
SUIは2023年5月のローンチ後、価格が伸び悩んでいます。

2023年の暴落ランキング

  • BLUR:-89%
  • SUI:-62%
  • エイプコイン(APE):-56%

※2023年12月5日時点

イーサリアムの価格は上昇したけど、NFT市場は低迷が続いているワン。
2024年の動向にも注目だワン!

仮想通貨の暴落理由【ソラナを例に解説】

仮想通貨の暴落理由【ソラナを例に解説】

仮想通貨が暴落した理由について、もう少し具体的な事例を見てみたいな。

時価総額ランキング上位の「ソラナ」が暴落した、主な事例を紹介するワン!

支援者の失脚

2022年11月、Solanaとの関係が深かったFTX元CEOサム・バンクマンフリード氏が失脚し、Solanaエコシステムに厳しい視線が向けられました。
FTXの崩壊時、ソラナの価格は4日間で約60%の暴落を記録しています。

中央集権的な性質の強いネットワークの場合、中心人物の不祥事によって価格に大きな影響が出る恐れがあるため注意が必要です。

プロトコルの問題発覚

2022年6月、ソラナで2番目に大きいDeFiの「Solend」において危機が発生し、1週間で約30%の暴落を記録しました。

Terraの崩壊で相場全体が暴落する中、Solendの大口投資家が清算の危機に直面したことで、Solendが破綻寸前に追い込まれました。
直前で清算が回避されたものの、ガバナンスにおけるSolendの中央集権性が露呈した事件です。

Solendは大口投資家の清算を避けるために、緊急権限をSolend Labsに付与するガバナンス投票を行っているよ。
提案自体も物議を醸した上に、大量のトークンを持っていた1人の投票によってガバナンス投票が可決されたんだ。

分散性をうたうDeFiで中央集権的な動きが起きたことに、仮想通貨界隈から様々な声が寄せられたワン。

規制当局からの締め付け

2023年6月、米証券取引委員会(SEC)がソラナを含む複数の仮想通貨を証券と見なしたことで、SOLの価格は大きく暴落しました。
SECに名指しされたソラナ・ポリゴン・エイダコインは数時間で25%急落しています。

米人気アプリのロビンフッドもソラナのサポートを終了しており、市場縮小の懸念から売りが加速したと見られています。

証券認定されるとこれまでのような取引ができなくなってしまうから、SECの動向は注視する必要があるよ。

【対策】さらなる逆風・暴落に備える方法

【対策】さらなる逆風・暴落に備える方法

いつまで暴落するのかな…すごく不安だよ。

さらなる暴落に備えて、事前にできる対策を紹介するよ。

リスクを減らして損失を抑える

下落相場において、無理な投資は大きな損失につながる恐れがあります。相場が安定するまでは、投資額を抑えるのが無難です。

また、保有している仮想通貨を現金化するのも1つの手です。海外の取引所を利用している方は、ステーブルコインとの交換も検討しましょう。

USDCやUSDTなどのステーブルコインに避難しつつ、レンディングサービスを使って利回りを得るのも有りだワン!

下落相場では「退場しないこと」が重要だよ。冬の時期を乗り切れば、またチャンスがやってくるんだ。

損切りラインを決める

損切りとは、持っている仮想通貨を売って損失を確定させることだワン!

仮想通貨は価格の振れ幅が非常に大きく、暴落時は50%以上の急落を記録することもあります。

この価格帯まで値下がりしたら売却する」という損切りラインを事前に設定し、損失の拡大を抑えましょう。

損をしたくない気持ちはあるけど、急落しそうな銘柄をいつまでも持っているのもリスクが大きいよね…

ビットコインや仮想通貨のリスクを知りたい方は、「仮想通貨投資のリスクとは?」の記事をご覧ください。

NFTアートやNFTゲームを楽しむ

下落相場だと気分も暗くなりがちだけど、普段とは違う分野を開拓してのんびり過ごすのも有りだよ。

仮想通貨への投資を重視していた方は、NFT市場に目を向けてみるのも1つの手です。イーサリアムなどのNFT関連銘柄が下落しているため、普段よりもNFTを安く購入できる可能性があります。

NFTマーケットで掘り出し物のNFTアートを探したり、遊んで稼げる「Play to Earn」が実装されたNFTゲームをプレイしたりして、下落相場を乗り切りましょう。

初期費用の高いNFTゲームは、下落相場だと始めやすいかもしれないね。

最近では歩いて稼ぐ「Move to Earn」のNFTゲームが人気だワン!トレンドをチェックしながら、次のチャンスを待つといいワン!

第二のSTEPNと呼ばれるAgletの始め方・遊び方も読んでみてください。

逆風・暴落時こそチャンス!口座開設しておきたい仮想通貨取引所

仮想通貨の暴落中・暴落終了までにやっておきたいこと

暴落終了までにやっておきたいこと

下落相場が終わるまでに、やっておくと良いことは何だろう?

暴落終了までにやっておきたいのが、チャンスに備えて以下3つのような準備を行なっておくことです。

チャンスの局面でしっかりと利益を狙うためにも、それぞれ確認していきましょう。

資金を貯める

次のチャンスに備え、コツコツと資金を貯めておくのがおすすめです。

暴落中は投資額を抑えつつ、相場状況が良いタイミングで仮想通貨を購入できるように準備しておきましょう。

投資できないからといって、日常生活で散財するのはやめておくワン!

相場が回復する時期に種まきできれば、数年後に大きく成長してくれるかもしれないよ。

情報収集をする

下落相場の時こそ、情報収集が肝心です。市場の動向をチェックし、相場が転換するタイミングを逃さないようにしましょう。

また、銘柄選定のための情報収集も大切です。開発の進み具合・資金調達の状況・コミュニティの様子などを確認し、投資先の候補を絞っておくのがおすすめです。

プロジェクトのロードマップやdiscordをチェックするといいワン!

Twitterで最新の情報を探すのも良さそうだね!

少額購入・買い増しする

長期投資を考えている方は、少額購入・買い増しを始めるのも選択肢の1つです。リスク管理を徹底した上で、少額から購入してみましょう。

また、小額から積立投資を始めるのも有効です。安い時期にはたくさんの枚数を購入でき、高い時期には高値掴みを避けられるため、リスクを抑えつつ資産を形成できます。

仮想通貨は100円単位でも買えるから、無理のない範囲で購入しよう。

仮想通貨の少額投資については、「ビットコインの少額投資は儲からない?」をチェックするワン!

逆風・暴落時こそチャンス!口座開設しておきたい仮想通貨取引所

【買い時?】逆風・暴落時に買う銘柄の選び方

【買い時?】逆風・暴落時に買う銘柄の選び方

価格が暴落しているし、今が買い時なのかも?

暴落時に仮想通貨を買う場合、銘柄選びが重要だよ。

価格変動が小さい銘柄を選ぶ

相場が不安定な時は、ボラティリティ(価格変動率)の小さい銘柄を選ぶのがおすすめです。ビットコインイーサリアムはボラティリティが比較的低く、大暴落しにくい銘柄といえます。

時価総額が高く、活用が進んでいる銘柄を選ぶと安心です。

値動きが激しい銘柄は、下落相場だと大きな損失につながりやすいワン!

\取扱い通貨が国内最多/

今後の将来性が期待できる銘柄を選ぶ

長期的に上昇が見込める銘柄を選び、ガチホ(長期保有)するのも有効です。

将来性が期待できる銘柄を購入し、価格が上がるまでじっくりと待ちましょう

5年後・10年後に残っている銘柄はほんの一握りかもしれないよ。
ビットコインなど、市場規模が大きい銘柄を選ぼう。

草コイン投資は慎重に行う

草コインとは、時価総額の小さい銘柄のことだワン!

草コインは価格変動が大きく、ハイリスク・ハイリターンな投資先です。

特に下落相場においては価格が急落しやすいため、投資は慎重に行いましょう。

草コインは持っている人が限られているから、たった1人の大口投資家が一気に売るだけで暴落することがあるんだ。

投げ売りされやすい草コインよりも、ビットコインやイーサリアムなど信頼性の高い銘柄の方がリスクを抑えられるね!

逆風・暴落時こそチャンス!口座開設しておきたい仮想通貨取引所

仮想通貨の購入におすすめの取引所

仮想通貨の購入におすすめの取引所

仮想通貨はどの取引所で買うといいのかな?

おすすめの取引所を厳選して紹介するワン!

取引所特徴 取扱い銘柄数主なサービス 入出金手数料送金手数料取引手数料
Coincheck・初心者向け
・手軽に買える
アプリダウンロード数No.1
全29銘柄
・販売所:26
・取引所:8
・積立
・NFTマーケット
・レンディング
・ステーキング
入金:無料
出金:407円
変動手数料制無料
DMM Bitcoin・初心者向け
キャンペーンがお得
・レバレッジ銘柄数No.1
全27銘柄
・販売所(現物):20
・レバレッジ:25
・レバレッジ取引
・BitMatch取引
無料無料無料
※BitMatch取引手数料を除く
bitbank・中級者向け
・板取引に強い
取引量国内No.1
全29銘柄
・販売所:29
・取引所:29
・レンディング入金:無料
出金:550円/770円(3万円以上)
BTC:0.0006BTC販売所:無料
取引所:Maker -0.02%/Taker 0.12%
(一部銘柄を除く)
BitTrade(ビットトレード)・上級者向け
・板取引銘柄が豊富
取扱い銘柄数No.1
「全39銘柄
・販売所:37
・取引所:28」
・レバレッジ取引
・レンディング
入金:無料
出金:330円~
BTC:0.0005BTC販売所:無料
取引所:銘柄により変動
2022年8月上旬時点/右にスクロールできます

その他、おすすめの取引所については「仮想通貨取引所ランキング」をご覧ください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック公式
取扱い仮想通貨(29銘柄)の詳細(タップで開きます)

投資初心者におすすめなのは、国内大手取引所のCoincheckです。シンプル設計のアプリが使いやすく、迷うことなく仮想通貨を購入できます。

また、仮想通貨の自動積立サービスを利用できるのもポイントです。下落相場のうちに積立を始めたい方は、Coincheckに登録しておきましょう。

NFTマーケットプレイスやレンディングなど、いろいろなサービスを利用できるのが魅力だよ。

アプリダウンロード数No.1を誇る、利用者の多い取引所だワン!

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

ビットフライヤー

bitflyer公式サイト画像

ビットコインを長期的に保管したい方には、セキュリティ施策で業界をリードしているビットフライヤーがおすすめです。

最新のセキュリティ技術を導入しており、業界最長の7年以上ハッキング0を継続しています。

ビットコインが貯まるbitFlyerクレカや、広告カットできるBraveブラウザとの連携機能など、多彩なサービス展開が特徴だよ。

ビットフライヤーについては「ビットフライヤーの評判・手数料を他の取引所と比較」をチェックするワン!

\口座開設最短10分/

bitFlyerなら各種手数料無料&セキュリティ対策も万全!
1円から気軽に売買できるので仮想通貨投資デビューにおすすめです。

SBIVCトレード

SBIVCトレード公式サイト

金融大手のサービスを利用したい方には、SBIグループが運営するSBIVCトレードがおすすめです。

手数料が軒並み無料となっており、コストを抑えて仮想通貨を購入できます。

流行のNFTアートが買えるSBINFTマーケットや、次世代ウォレット「SBI Web3ウォレット」も利用できるよ。

SBIVCトレードについては「SBIVCトレードの口コミ・評判は?口座開設方法やキャンペーンを解説」をチェックするワン!

\ お得に始めるチャンス /

SBIVCトレード新規口座開設キャンペーンバナー

柴犬・ドージコインも買える!銀行・証券など金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

DMM Bitcoin

DMMBitcoin公式サイト
取扱い仮想通貨(38銘柄)の詳細(タップで開きます)

コストを抑えて仮想通貨を買ってみたい方には、DMM Bitcoinがおすすめです。様々な手数料が無料となっており、出費を抑えられるのがメリットです。

さらに、口座を開設するだけで2,000円がもらえるキャンペーンが実施されています。元手ゼロから仮想通貨を買えるので、お試し感覚で利用できます。

5分ほどで簡単に口座開設できるから、キャンペーンを逃さずに登録すると良いワン!

\キャンペーン実施中/

DMM Bitcoinなら、口座開設完了で即時に1,000円プレゼント* スマホで簡単に受け取りが可能!
2024年3月1日(金)午前7時00分~2024年9月1日(日)午前6時59分

bitbank(ビットバンク)

bitbank公式
取引所名bitbank(ビットバンク)
手数料入金手数料:無料
出金手数料:550円/770円(3万円以上)
送金手数料(BTC):0.0006BTC
取引手数料(販売所)無料
取引手数料(取引所):Maker -0.02%/Taker 0.12%(一部銘柄を除く)
取扱銘柄数販売所:37銘柄
取引所:37銘柄
提供サービス販売所・取引所・レンディング
公式HPhttps://bitbank.cc/

板取引(取引所形式)が使いやすい取引所を探しているなら、bitbankがおすすめです。国内No.1の仮想通貨取引量を誇り、トレードが成立しやすいのが特徴です。

スマホアプリ・PC版ともに高機能ツールが用意されており、本格的なトレードにも向いています。最先端のセキュリティを整えた、トレーダーに人気のある取引所です。

板取引は少し難しいけど、コストを抑えられるんだ。
仮想通貨の取引に慣れてきたら挑戦するといいよ。

\ 取引量国内No.1 /

BitTrade

BitTradeの公式サイト

板取引銘柄の多い取引所を使いたい方には、海外大手のHuobiグループが手掛けるBitTradeがおすすめです。

2023年12月時点で39銘柄が板取引に対応しており、続々と取扱い銘柄を増やしています。

なお、取引所トークンのフォビトークン(HT)を持っていると、手数料の割引が受けられます。海外取引所に近いシステムが利用できるので、仮想通貨のスキルを上げたい方にぴったりです。

Huobi Globalは海外取引所の中でもトップ10に入る規模を誇るワン!
BitTradeのさらなる拡大にも期待だワン!

\ 銘柄ペア数国内No.1 /

仮想通貨の暴落に関するQ&A

仮想通貨の暴落に関するQ&A

仮想通貨の暴落について、よくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、仮想通貨に関する疑問を解消するワン!

仮想通貨の暴落はいつまで続く?

仮想通貨は様々な要因に影響を受けて価格が激しく動くため、暴落がいつまで続くかを予測するのは非常に困難です。

投資家心理や世界経済・金利政策の変化など、金融市場全体の動向や最新情報を常にチェックするのが大切です。

仮想通貨の価格は一気に下落することも多々あるんだ。
リスクを許容できる範囲での投資を心掛けないといけないよ。

仮想通貨の暴落理由は?

仮想通貨の暴落理由として、大国による仮想通貨への規制強化や、ハッキング・取引所破綻などの大規模な事件が引き金となるケースがあります。

また、世界経済の状況によって金融市場全体が停滞すると、仮想通貨市場も冷え込む可能性があります。

2021年にはイーロンマスク氏の発言がトリガーとなって、価格が動いたケースもあったワン!

仮想通貨の暴落ランキングは?

2023年の年初から4月上旬までの下落率が最も高かったのは、Huobiの取引所トークンであるHT(Huobi Token)です。

仮想通貨の暴落ランキング

  • HT(Huobi Token):約29%
  • LUNC(Terra Classic):約17%
  • TWT(Trust Wallet Token):約12%
  • BSV(Bitcoin SV):約12%
  • TON(Toncoin):約4%

CoinMarketcapの2023年年初~2023年4月11日までのデータ参考

99%以上の大暴落を経験した仮想通貨はたくさんあるけど、有名なのはLUNA(現LUNC)やTITANだね。

仮想通貨はいつ暴落するのか?

仮想通貨は他の金融市場が下落したタイミングで、連動して暴落するケースが見られます。
また、仮想通貨取引所のハッキング・プロトコルの崩壊など、何らかの事件を引き金にして連鎖的に下落が進むこともありました。
アメリカや中国など、大国の規制強化を機に暴落することもあります。

様々な要因が価格に影響を与えているから、仮想通貨ニュースをできるだけチェックしておくと良いワン!

仮想通貨が暴落したらどうなるのか

仮想通貨が大暴落すると、市場からの仮想通貨に対する警戒感が強まり、新しい投資家が参入しにくくなる可能性があります。
暴落に伴う連鎖倒産によって、規制当局が新たな規制を導入する可能性も考えられます。
仮想通貨は新興の分野であるため、今後の暴落にも注意が必要です。

相場が冷え込んでくると、大きな損失を出す人が続出したり、プロジェクトの縮小・撤退を選ぶ企業が増えたりするんだ。

暴落による損失を回避し続けるのは、どんな熟練トレーダーでも不可能です。
そのため、損失を出しても一発退場にならない投資の仕方が大切になります。

執筆者から一言

「よし、投資をしよう」と決意したとしても、投資資金の全額を1つの銘柄につぎ込むのはあまりにも危険な行為です。
投資を行うタイミングについて計画を立てた上で、複数の銘柄に分散して投資を行うのが望ましいです。
初心者の方は少額からのビットコイン積立など、できるだけリスクを抑えた投資を行ってください。

【まとめ】仮想通貨暴落の原因と対策

【まとめ】仮想通貨暴落の原因と対策

仮想通貨が暴落した原因や対策方法がよく理解できたよ!

今回は2022年に仮想通貨が暴落した理由や、暴落中の過ごし方について解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  1. 仮想通貨が2022年5月に大暴落したのは、アメリカの金融引き締めとUSTの崩壊が大きな原因
  2. 下落相場ではリスクを減らして資金を貯め、次のチャンスに備えて情報を集めるのが良い
  3. 仮想通貨への投資を行うなら、国内大手取引所のCoincheckがおすすめ

仮想通貨を購入するなら、初心者向けのコインチェックや、金融大手のSBIVCトレードがおすすめです。

次の上昇相場に備えて、用途に合った取引所の口座開設を行っておきましょう!

不定期で口座開設キャンペーンを行っているワン。期間や詳細は公式サイトで確認してほしいワン!

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

いろはにマネーの投資診断

ブックマークした記事を見る
moonoo banner
moonoo banner
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU