PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

SBIVCトレードの評判は?手数料・ステーキングやキャンペーン情報を解説!

SBIVCトレードは有望なアルトコインを購入できる仮想通貨取引所です。
時価総額ランキング上位の仮想通貨を多数扱っている他、ステーキング対応銘柄数は業界No.1を誇ります。※2023年10月時点

今回は、SBIVCトレードの口コミや評判、特徴や使い方を分かりやすく解説します。

\ 気になる方はこちら /

SBIVCトレード

\ 各種手数料が無料! /

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

目次

SBIVCトレードとは?3つの特徴を解説

SBIVCトレードとは?3つの特徴を解説
取引所名SBIVCトレード
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%
最低購入金額0.000001BTC
取扱銘柄数20銘柄(BTC・ETH・XRP・LTC・BCH・DOT・LINK・ADA・DOGE・XLM・XTZ・SOL、AVAX、MATIC、FLR、OAS、XDC、SHIB、DAI、ATOM)
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ・レンディング・ステーキング・積立 ・SBIWeb3ウォレット
公式サイトhttps://www.sbivc.co.jp/
2023年10月時点

SBIVCトレードとは、金融サービスの大手「SBIグループ」が手掛ける仮想通貨取引所です。

オンライン証券・銀行・保険などの金融事業において実績があり、これまでに築いた信頼をもとにユーザー数を拡大しています。

SBIVCトレードは、SBIVCトレード株式会社とTAOTAO株式会社が合併して提供されているサービスだよ。
2022年6月にサービスが統合されて、本格的な運営が始まったんだ。

SBIVCトレードの特徴として、以下の3つが挙げられるワン!

各種手数料が安い

SBIVCトレード

SBIVCトレードでは手数料が軒並み無料となっており、コストを抑えて仮想通貨を購入できます。

SBIVCトレードで無料の手数料

  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • ロスカット手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 入出庫手数料

入出金や送金にかかる手数料を気にせずに取引できるんだ。

堅牢なセキュリティ

SBIVCトレード

国内最大級のインターネット総合金融企業・SBIグループのノウハウを生かし、堅牢なセキュリティ対策が講じられています。

SBIVCトレードのセキュリティ対策(一例)

  • コールドウォレットで保管
    →仮想通貨を外部インターネットから遮断
  • マルチシグネチャアドレスを採用
    →1つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てる
  • フィッシング対策の強化
    →世界統一の厳格な審査基準で発行されるEV SSL証明を採用

サイバー攻撃に対して徹底した防御策をとるために、セキュリティ面への投資を積極的に行っているワン!

ステーキング対応銘柄が豊富

銘柄名ステーキング実績ステーキング手数料差し引き後年率
イーサリアム(ETH)3.6%2.7%
ソラナ(SOL)7.4%5.5%
ポルカドット(DOT)16.2%12.1%
エイダコイン(ADA)2.7%2.0%
テゾス(XTZ)5.7%4.3%
アバランチ(AVAX)7.8%5.8%
オアシス(OAS)7.4%5.6%
XDC7.8%5.8%
コスモス(ATOM)16.0%12.0%
フレア(FLR)
SBIVCトレードのステーキング/報酬額(見込み)は2024年2月時点
ステーキング手数料:25%

SBIVCトレードはステーキングサービスに力を入れており、国内取引所の中でもトップクラスのステーキング対応銘柄数を誇ります。
※ステーキング…仮想通貨を保有して利回りを得られる仕組み

特別な手続きなしで、買って保有するだけでステーキングが可能です。

仮想通貨の複利運用を手軽に始められるため、仮想通貨の長期投資を検討している方に向いています。

下記はSBIVCトレードの実際のアプリ画面だワン。
初心者にも分かりやすい作りで、ビットコインやイーサリアムを手軽に買えるワン!

SBIVCトレード・実際の取引画面

SBIVCトレードの良い口コミ・評判

SBIVCトレードの良い口コミ・評判

SBIVCトレードの口コミや評判はどうなんだろう?

まずは、SBIVCトレードの良い口コミ・評判を紹介するワン!

アルトコインの品ぞろえが良い

SBIVCトレードでは、2022年8月に人気アルトコインを5銘柄上場しました

エイダコイン・ドージコイン・Solanaなど、他の取引所では取扱いの少ない銘柄が増えました。
時価総額ランキング上位の銘柄が多く、「有望なアルトコインを購入できる」と評判です。

時価総額合計No.1を達成できているのは、厳選された仮想通貨を取り扱っているからだね。

送金手数料無料が嬉しい

取引画面が操作しやすいこと、見やすいこと、入出金手数料が無料なこと。

出典:オリコン顧客満足度

SBIVCトレードは手数料のほとんどが無料となっており、特に送金手数料無料は大きなメリットといえます。

他の取引所の多くは、ビットコインの送金に0.0005BTC前後(2023年10月のレートで約2,000円)の手数料が発生します。
このため、送金を行う際はSBIVCトレードを使えばコストカットできます。

海外取引所への送金など、仮想通貨を移動させる予定のある人にぴったりの取引所ワン!

電話でカスタマーセンターに相談できる

サポートに連絡したらそれなりに詳しく対応はしてくれた。

出典:オリコン顧客満足度

SBIVCトレードはフォームによる問い合わせの他、電話での問い合わせにも対応しています。

受付時間は平日の10~17時となっており、カスタマーサポートに直接相談が可能です。

仮想通貨の取引に不安があるなら、電話で相談できるSBIVCトレードが安心だね。

自動積立サービスが便利

SBIVCトレードの口コミ評判の中には、積立サービスが便利」という声がありました。

毎日・毎週・毎月の少額積立に対応しており、500円から始められる手軽さが魅力です。
手間をかけずに自分に合ったペースで積立できるため、忙しい方におすすめです。

まとまったお金がなくても、少額からほったらかし投資ができるのは嬉しいね!

レンディングで手軽に運用できる

SBIVCトレードの貸コイン(レンディング)とは、保有する仮想通貨を貸し出して賃借料を受け取れるサービスです。

銘柄によっては高い利回りが設定されているので、仮想通貨を運用して利益を狙いたい方は利用を検討しましょう。

銀行よりも利率がかなり高いワン。
貸出期間や数量は募集ごとに異なるから、公式からのお知らせをチェックすると良いワン!

\ 新規口座開設キャンペーン実施中 /

SBIVCトレード口座開設キャンペーンバナー

銀行・証券など金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

SBIVCトレードの悪い口コミ・評判

SBIVCトレードの悪い口コミ・評判

SBIVCトレードの悪い口コミや評判も気になるな。

SBIVCトレードにはデメリットもあるから、チェックしておくといいワン!

販売所スプレッドが広い

SBIVCトレードでは、販売所を利用するとスプレッドがかかります

スプレッドとは

売値と買値の価格差のことで、一種の手数料に近い。どの取引所でも、販売所のスプレッドは高めに設定されている

販売所を使えば手軽に購入できますが、スプレッドが広い点には注意が必要です。

コストを少しでも抑えたい方は、取引所で仮想通貨を買うのがおすすめです。

まずは販売所を使った少額購入に挑戦して、慣れてきたら取引所にチャレンジするのも有りだワン!

取扱い銘柄が少ない

SBIグループの取引所で信頼できるのと、初心者でも安心して投資できると思い、一度利用してみたいと思いました。専用アプリで実際に取引してみると、画面はシンプルで見やすいですし、手数料の負担も少なく、スマホで気軽に少額から投資できるのが良いと思いました。カスタマーサポートやセキュリティーも充実してますし、検索すれば多くの情報が出てきて、分からないことも大体解消します。但し、取扱い銘柄が少ないため、初心者以外の人や、他の種類の通貨も取引してみたい人にはお勧めしないですね。

出典:みん評

SBIVCトレードの口コミ評判の中には、「取扱い銘柄が少ない」という意見が見られました。
取扱い銘柄数は2023年10月時点で20銘柄です。

国内取引所の中には25種類以上の銘柄を扱う取引所もあるため、SBIVCトレードはやや銘柄数が少ないと言えます。

2022年8月に5銘柄が追加されているし、仮想通貨の種類は積極的に増やしている印象だよ!

昼間に定期メンテナンスがある

SBIVCトレードは、毎週水曜日の午後12時から13時まで定期メンテナンスを実施しています。

メンテナンスの延長・臨時メンテナンスなども含め、「メンテナンス時間が多い」という口コミ評判が見られました。

短期トレードで「今すぐ取引したい!」という時に、メンテナンス中だと機会損失につながる可能性があるんだ。

買った仮想通貨をガチホ(長期保有)したい人は、そこまで心配しなくていいかもしれないね。

SBIVCトレードと他の取引所を比較

SBIVCトレードと他の取引所を比較

SBIVCトレードの手数料は高いのかな?

手数料やサービスの違いを、他の取引所と比較してみるワン!

【一覧】SBIVCトレードの手数料を他の取引所と比較

取引所入出金手数料送金手数料取引手数料
SBIVCトレード無料無料販売所:無料
取引所:Maker -0.01%/Taker 0.05%
Coincheck入金:無料
出金:407円
BTC:0.0005BTC無料
DMM bitcoin無料無料無料
※BitMatch取引手数料を除く
bitbank入金:無料
出金:「550円/770円(3万円以上)
BTC:0.0006BTC販売所:無料
取引所:Maker -0.02%/Taker 0.12%
(一部銘柄を除く)

SBIVCトレードの手数料はほとんどが無料となっており、他の取引所と比較しても安い水準です。

入出金や送金時に手数料が発生しないため、コストカットしたい方に向いています。

他の取引所だとビットコインの送金に数千円単位の手数料が発生するけど、SBIVCトレードなら無料で送金できるんだね!

他の取引所とのサービス内容の違いSBIVCトレードの

取引所名主なサービス 取り扱い銘柄数販売所形式取引所形式
SBIVCトレード・積立
・レンディング
・レバレッジ取引
全20銘柄
・販売所:20
・取引所:7
Coincheck積立
NFTマーケット
レンディング
ステーキング
全26銘柄
・販売所:23
・取引所:7
DMM bitcoinレバレッジ取引
・BitMatch取引
全33銘柄
・販売所(現物):23
・レバレッジ:31
×
bitbank・レンディング全31銘柄
・販売所:31
・取引所:31
2023年10月時点

SBIVCトレードは積立やレンディングなどのサービスに対応しています。

金融大手の取引所を使いたい方や、様々な運用方法を試したい方にはSBIVCトレードがおすすめです。

なお、SBIVCトレードは他の取引所よりも取扱い銘柄が少ないんだ。
色々な仮想通貨から選びたい人は、他の取引所もあわせて検討すると良いよ。

他の銘柄やサービスが気になる人には、以下の取引所がおすすめだワン!

SBIVCトレードとの併用におすすめの取引所

  • Coincheck(コインチェック)
    →アプリダウンロード数No.1の大手取引所。取り扱い銘柄が多く、NFTマーケットプレイスも利用できる
  • DMM Bitcoin
    →手数料が軒並み無料。口座開設するだけで2,000円もらえるキャンペーンがお得
  • bitbank
    →国内取引所でトップクラスの取扱い銘柄数を誇る。全銘柄が板取引に対応

国内取引所について詳しくは「仮想通貨取引所おすすめ徹底比較!人気11社の手数料や特徴を紹介」をご覧ください。

SBIVCトレードのキャンペーン情報

お得なキャンペーンはやっているのかな?

SBIVCトレードでは、以下のキャンペーンを実施中です。

また、過去には以下のキャンペーンも実施されていました。

SBIVCトレードの過去のキャンペーン情報

  • 新規口座開設キャンペーン ~1,000円相当額のビットコインをプレゼント!はじめてみよう暗号資産~
    ※2023年12月1日(金)~2023年12月26日(火)
  • ソラナ(SOL)の12月分ステーキング手数料無料キャンペーン
    ※2023年12月1日(金)~2023年12月31日(日)
  • 紹介プログラム ~家族や友達を紹介した人、紹介された人にもそれぞれ現金1,000円プレゼント~
    ※2024年8月1日まで
  • SBIグループ×XDC Network合弁会社設立発表記念キャンペーン~XDC購入の約定代金に応じて最大100万円相当のXDCプレゼント~
    ※2023年10月16日(月)まで
  • 「鷲見玲奈さんスペシャルNFT」プレゼントキャンペーン
    ※2023年9月30日(土)AM5:30まで
  • 【Ava Labs Inc.との業務提携記念】AVAXのステーキング手数料無料キャンペーン
    ※2023年9月30日(土)AM6:59まで
  • 新規口座開設キャンペーン ~新規口座開設で1,000円相当額の新銘柄をプレゼント!~
    ※2023年6月30日まで
  • 大感謝祭キャンペーン~取引すればするほどお得!最大2%現金キャッシュバック~
    ※2023年3月31日まで
  • 【Winter GIFT】レバレッジ取引キャンペーン~鷲見玲奈さんが選んだマフラーをプレゼント~
    ※2023年1月16日まで
  • SBIVCトレード×新生銀行 暗号資産交換券プレゼントキャンペーン
    →新生銀行の口座開設&所定の取引を達成すると、最大で8,000円相当の暗号資産交換券がもらえる(BTCかXRPから選択可能)※2022年10月31日まで
  • 銘柄追加記念キャンペーン
    →販売所でADA・DOGE・XLM・XTZ・SOLを購入すると、約定代金10万円ごとに1,000円相当の取引暗号資産がもらえる※2022年10月1日まで
  • レバレッジ取引キャッシュバックキャンペーン
    →約定金額合計に応じて500円~1,000円をキャッシュバック(上限100万円)※2022年10月3日まで

不定期で様々なキャンペーンを実施しているので、詳細はキャンペーンページで確認するワン!

\ 新規口座開設キャンペーン実施中 /

SBIVCトレード口座開設キャンペーンバナー

銀行・証券など金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

SBIVCトレードで利用できる主なサービス

SBIVCトレードで利用できる主なサービス

SBIVCトレードではどんなサービスを利用できるのかな?

SBIVCトレードの主なサービスを抜粋して紹介するワン!

ステーキング

ステーキング

SBIVCトレードのステーキングサービスは、対象銘柄を保有しているだけで利回りが得られる仕組みです。
特別な申し込みや手続きは不要で、保有枚数に応じて毎月自動で報酬が受け取れます。

ステーキングの途中でも、いつでも対象銘柄を売却できるのもポイントです。

国内初となるイーサリアムのステーキングについては、「【簡単】イーサリアムステーキングのやり方!日本で利回りを得られる取引所を紹介」をチェックしよう。

フレアのデリゲート

フレアのデリゲート
出典:PR TIMES

SBIVCトレードは仮想通貨フレア(FLR)のデリゲートに対応しています。
※デリゲート(委任)…保有中のフレアトークンを運用できる仕組み

本来はFlareネットワークにアクセスする必要がありますが、SBIVCトレードがデリゲート作業を代行してくれるため、難しい知識がなくてもFLRのエアドロップを受け取れます。

貸コイン(レンディング)

貸コイン(レンディング)

貸コイン(レンディング)は保有中の仮想通貨を貸し出して利回りを得られるサービスです。

レンディング中は仮想通貨を引き出せなくなるため、価格変動リスクを踏まえた上で利用しましょう。

レンディングの年率(例)

  • ビットコイン:年率0.1%
  • イーサリアム:年率3%
  • チェーンリンク:年率0.1%

※28日間の場合/2023年5月時点

SBI Web3ウォレット

SBI Web3ウォレットとは、日本円でオンチェーンNFTの売買ができるウォレットのことです。
自動円転機能・自動暗号資産調達機能を持っており、保有中の仮想通貨と円の交換を自動で行ってくれます。

現時点ではSBINFT Market上で流通するポリゴンチェーンのNFTに対応しており、オンチェーンNFTを日本円で手軽に購入できます。

「日本円でNFTを買えるNFTマーケットプレイス」はすでに登場しているけど、日本では企業が管理する「プライベートチェーン」が一般的で、世界で人気のNFTは買えなかったんだ。

パブリックチェーン上のNFTアートを日本円で買えるのが、SBI Web3ウォレットの強みなんだね!

SBI Web3ウォレットの詳細は「SBI Web3ウォレットとは?評判やデメリット・始め方を分かりやすく解説」を確認するワン!

SBINFTマーケット

SBINFTマーケット
出典:SBINFT Market

SBINFTマーケットは、パブリックブロックチェーンに対応したNFTマーケットプレイスです。
厳正な審査を通過したアーティストやプロジェクトによる、クオリティの高い安全なNFTを購入できます。

SBI Web3ウォレットを利用すれば、仮想通貨不要でポリゴンのNFTを取引可能です。

SBINFTはローソンやレコチョクなどの様々な企業と提携しているよ。

SBINFTについて詳しくは「SBINFT Marketとは?特徴や評判・使い方を解説」をチェックするワン!

SBIVCトレードでステーキングできる仮想通貨

SBIVCトレードでステーキングできる仮想通貨が知りたいな。

SBIVCトレードでは以下の仮想通貨をステーキングできるワン!

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)は時価総額ランキング2位の仮想通貨です。
スマートコントラクト(契約の自動執行)」の機能を有しており、DeFiNFTなどの様々な分野で活用が進んでいます。

大型アップデートが順調に行われており、今後の将来性が有望視されているのもポイントです。

ポルカドット(DOT)

ポルカドット(DOT)は、異なるブロックチェーン同士をつなぐ「相互運用性」に特化したプロジェクトです。

中央集権的な仕組みを打破した分散型の時代(web3)の実現を目指しています。

エイダコイン/カルダノ(ADA)

エイダコイン(ADA)はカルダノブロックチェーン上で用いられる仮想通貨です。

オンラインカジノのプラットフォームとして用いられる他、国際プロジェクトや教育システムなどの用途で活用されています。

テゾス(XTZ)

テゾスは2017年にローンチされたブロックチェーンプラットフォームです。

従来のブロックチェーンとは異なる仕組みの「LPoS」を導入しており、他のPoSチェーンに比べて取引の承認や送金が早く済みます。
また、テゾスはブロックチェーンをアップグレードした際、ハードフォークが不要という特徴があります。

ソラナ(SOL)

ソラナ(Solana/SOL)高速処理と手数料の安さで人気のある、レイヤー1ブロックチェーンです。
イーサリアムチェーンの課題であるスケーラビリティ問題(手数料の高騰・取引の遅延)を解消したチェーンとして、投資家からの注目を集めています。

アバランチ(AVAX)

アバランチ(AVAX)は処理能力の高さと分散性をあわせ持つブロックチェーンです。

独自のアルゴリズムを採用しており、DEXブロックチェーンゲームなど様々なDAppsの開発も進められています。

コスモス(ATOM)

コスモス(ATOM)は異なるブロックチェーン同士の相互運用性を実現するためのブロックチェーンです。
「Internet of Blockchains(ブロックチェーンのインターネット)」の構築を目指しています。

なお、コスモスはポルカドットは比較されることの多いプロジェクトですが、現在はコスモス・ポルカドットを連携させる開発も行われています。

オアシス(OAS)

Oasys(オアシス)とは、ゲームに特化した日本発のブロックチェーンプロジェクトのことです。
スクエニ・バンダイナムコなどの大手ゲーム企業が参加しており、クオリティの高いNFTゲーム制作が期待されています。

手数料の安さや処理速度の速さに強みがあり、プレイヤーが快適に利用できるゲーム環境を整えているのも特徴です。

XDC(エックスディーシー)【国内初上場】

XDCは貿易金融の効率化を目指しているプロジェクトで、企業や金融機関などのエンタープライズ(企業・法人)向けに特化したブロックチェーンを開発しています。
パブリックチェーンとプライベートチェーンの技術を活用したハイブリッドブロックチェーンとして設計されているのが特徴です。

SBIVCトレードが国内初上場となる銘柄で、ステーキング対応も開始しました。

フレア(FLR)

フレア(FLR)はXRP保有者に対してエアドロップされた暗号資産になります。
eラーニングのスタートアップ企業ともパートナーシップを締結するなど、今後の需要の拡大を含めた将来性が期待されています。

\ 新規口座開設キャンペーン実施中 /

SBIVCトレード口座開設キャンペーンバナー

銀行・証券など金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

SBIVCトレードで買える注目の仮想通貨

SBIVCトレードで買える注目の仮想通貨

SBIVCトレードで買える仮想通貨について知りたいな!

注目の仮想通貨をピックアップして紹介するワン!

ビットコイン(BTC)

ビットコインは世界で初めて生まれた仮想通貨で、時価総額ランキングで不動の1位をキープしています。

仮想通貨の中では値動きが安定しており、暴落時の価格変動幅が他の銘柄よりも小さい傾向にあるため、初めて仮想通貨投資をする方におすすめです。

リップル(XRP)

リップル(XRP)は国際送金に特化した仮想通貨です。
低コストかつスピーディな決済に強みを持ち、わずか数秒で取引の処理が完結します。

リップル社はSEC(米国証券取引委員会)と裁判を行っている最中で、裁判の展開によっては価格が大きく動く可能性があります。

ポリゴン(MATIC)

ポリゴン(MATIC)はイーサリアムのスケーラビリティ問題改善に取り組んでいる、レイヤー2のブロックチェーンプロジェクトです。
ガス代(手数料)が非常に安く、NFTゲームなど様々なプラットフォームでの需要が拡大しています。

なお、SBIVCトレードで購入できるポリゴンは、ポリゴンネットワークに対応したネイティブトークンです。
ポリゴンブロックチェーン上のプラットフォームで使えるため、NFTアートやNFTゲームなどの用途に利用できます。

ポリゴンについて詳しくは「仮想通貨ポリゴン(MATIC)とは?将来性や買い方を解説」を確認するといいワン!

ドージコイン(DOGE)

ドージコインはかわいらしい柴犬がモチーフの仮想通貨です。
元々はジョーク通貨として作られたミームコインでしたが、現在は時価総額ランキング上位にランクインするほどの地位を確立しています。

自動車メーカーのテスラ社・高級ブランドのGucciなど、決済手段としての導入事例も増えています。

ステラルーメン(XLM)

ステラルーメン(XLM)は国際送金に特化した「ブリッジ通貨」として利用される仮想通貨です。

国際送金にかかる手数料が安い上に送金スピードも非常に速く、約5秒の送金速度・1円以下の手数料で送金できます。

DAI

DAIは仮想通貨担保型の米ドルステーブルコインです。
イーサリアムなどの仮想通貨を担保に発行されており、価格の安定性を保つために仮想通貨メイカー(MKR)が用いられています。

非営利団体の「MakerDAO」が開発した通貨で、DAO(自律分散型組織)によって運営されています。

1万円相当のDAIを発行するには、1.5~2万円相当の仮想通貨を担保にする必要があるんだ。

柴犬コイン(SHIB)

柴犬コイン(SHIB)はドージコインをモチーフに生まれた仮想通貨です。
イーサリアムブロックチェーンの技術が使われており、DeFiNFTメタバースなど様々な開発が進められています。

2021年には1年間で約50万倍という、天文学的な爆上げを記録した仮想通貨です。

\ 新規口座開設キャンペーン実施中 /

SBIVCトレード口座開設キャンペーンバナー

銀行・証券など金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

SBIVCトレードを使った仮想通貨の買い方・購入方法

SBIVCトレードを使った仮想通貨の買い方・購入方法

SBIVCトレードの使い方や買い方が知りたいな。

実際にSBIVCトレードへの登録をやってみたワン。
口座開設も購入方法も簡単だワン!

SBIVCトレードで無料口座開設する

SBIVCトレード公式サイト

まずはSBIVCトレードの公式サイトにアクセスし、無料口座開設を行います。

口座開設の流れ

  • アカウント作成
    →メールアドレス・パスワードの登録
  • 電話番号認証
    →SMS認証・電話認証から選択
  • 基本情報を入力
    →名前・住所・出金先口座情報などを入力
  • 本人確認を行う
    →本人確認書類と顔写真を撮影して提出

「スマホでかんたん本人確認」を選べば、審査が終わり次第すぐに利用できるよ。

写真撮影がうまくいかない場合は、公式サイトの指示に従うと良いワン。
別のブラウザを使うのも手だワン!

日本円を入金する

日本円を入金する

口座開設が完了したら、取引に使う日本円を入金します

アプリの入金方法

  • ホーム画面より「資産/入出金」を選択
  • 「JPY」→「日本円を入金」をタップ
  • 入金額と振込元の銀行を選択し、入金手続きを行う

SBIVCトレードでは、振込手数料無料のクイック入金に対応しているワン。
土・日・祝日を含めた24時間リアルタイムで即時入金できるワン!

欲しい仮想通貨を購入する

欲しい仮想通貨を購入する

入金が反映されたら、希望の仮想通貨を購入します

販売所を使った仮想通貨の買い方

  • ホーム画面より「販売所」をタップ
  • 希望の仮想通貨をタップし、「買う」をタップ
  • 「今すぐ注文」「価格指定注文」を選択
  • 希望の数量を入力して注文する
欲しい仮想通貨を購入する

取引所を使った仮想通貨の買い方

  • ホーム画面より「メニュー」をタップ
  • 「取引所」→希望の仮想通貨をタップ
  • 「指値」「成行」を選択
  • 希望の数量を入力して注文する

販売所を使えば、初心者でも簡単にビットコインを買えるね!

コストを減らせる取引所形式も用意されているから、好きな方を選んで取引を始めよう。

\ 新規口座開設キャンペーン実施中 /

SBIVCトレード口座開設キャンペーンバナー

銀行・証券など金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

SBIVCトレードに関するQ&A

SBIVCトレードに関するQ&A

SBIVCトレードのよくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、SBIVCトレードに関する疑問を解消するワン!

SBIVCトレードの口座開設にかかる時間は?

SBIVCトレードの口座開設にかかる時間は、登録時の本人確認方法によって大きく変わります。

SBIVCトレードの審査にかかる時間

  • スマホによるオンライン本人確認
    最短で翌営業日
  • 郵送による本人確認
    →本人確認提出から1週間程度

運転免許証かマイナンバーカードがあれば、簡単にスマホで本人確認できるよ。

SBIVCトレードのメリット・デメリットは?

SBIVCトレードのメリット・デメリットは以下の通りです。

SBIVCトレードのメリット

  • 各種手数料が安い
  • 大手SBIグループの安心感がある
  • 有望なアルトコインを多く扱っている

SBIVCトレードのデメリット

  • 取扱い銘柄が少ない
  • 販売所スプレッドが広い
  • 昼間に定期メンテナンスがある

取扱い銘柄の数は少ないけど、時価総額ランキングで上位に入るアルトコインを多く扱っているのは魅力だね!

Solanaやドージコインを買えるのがポイントだワン!
手数料のほとんどが無料だし、利用者が一気に増えそうな取引所だワン!

SBIVCトレードの安全性・セキュリティはどう?

SBIVCトレードでは、安全性を向上させるための様々な施策が講じられています。

SBIVCトレードの安全への取り組み(一例)

  • サイバー攻撃および内部犯行対策
  • 暗号資産の盗難対策
  • 適切な管理の徹底
  • 資産を守るための分別管理
  • 二要素認証の導入

参考:SBIVCトレード

金融大手・SBIグループのセキュリティ対策は安心感があるよね。

SBIVCトレードの販売所と取引所の違いは?

仮想通貨取引所における販売所と取引所の違いは以下の通りです。

販売所と取引所の違い

  • 販売所
    →仮想通貨取引所が提示した価格で売買を行う。スプレッド分のコストが発生するが、初心者でも迷わずに購入できる
  • 取引所
    →ユーザー同士で売買を行う。取引に関する知識が必要になるが、販売所スプレッドを避けて購入できる

詳しくは「販売所と取引所の違い」の記事をチェックするワン!

SBIVCトレードで仮想通貨を出金できない理由は?

SBIVCトレードでは、一部の仮想通貨の出庫対応を行っていません。

2023年10月時点、ソラナ・ドージコイン・ステラルーメン・テゾス・コスモス・シバイヌ・チェーンリンクの出庫ができないため注意が必要です。

その他、仮想通貨を出金できない理由として以下のケースが考えられます。

仮想通貨を出金できない原因

  • 出庫予約の確認メールが迷惑メールに分類されている
  • 出庫先の情報が正確に入力されていない
  • 約款上、暗号資産を送付することができない先だった
  • 出庫予約中にロスカットとなり資産がマイナスになった

原因が分からない場合は、カスタマーサポートに連絡してみよう。

【まとめ】SBIVCトレードの口コミ評判・使い方

【まとめ】SBIVCトレードの口コミ評判・使い方

SBIVCトレードについて、よく理解できたよ!

今回はSBIVCトレードの口コミ・評判や購入方法について解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • SBIVCトレードは金融大手のSBIグループが手掛ける仮想通貨取引所
  • 手数料が軒並み無料、Solanaやドージコインを扱う数少ない取引所
  • ステーキング対応銘柄が非常に多い

信頼性の高い取引所で有望なアルトコインを購入したい方は、SBIVCトレードに無料登録して値上がり益の獲得を目指しましょう!

時期によってはキャンペーンが開催されているワン!
期間や詳細については公式サイトで確認してほしいワン!

\ 新規口座開設キャンペーン実施中 /

SBIVCトレード口座開設キャンペーンバナー

銀行・証券など金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

いろはにマネーの投資診断

moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU