PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

DEXとは?分散型取引所のおすすめ7選や始め方をわかりやすく解説!

・DEX(分散型取引所)って何だろう?
・おすすめのDEXが知りたいな…
・DEXを使う時におすすめの取引所も知りたい。

このような悩みを解決します。


この記事の結論


DEX(分散型取引所)は手数料の安さと利回りの良さが特徴の金融システムです。
従来の取引所に比べ、効率よく資金を運用できる可能性があります。

今回は、DEXの特徴やメリット・デメリット、おすすめのDEXを紹介します。

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

▼ この記事は音声でも聞くことが出来ます▼

仮想通貨の値動きに影響を与える最新のニュースを、いろはにマネーの「仮想通貨メールマガジン」で受け取れます!

  • ビットコインのトレンド ◀注目度激高!
  • 仮想通貨に関する最新のニュース
  • 現役投資家による成功談・体験談
  • 急騰・急落など今注目のコイン

登録は無料・メールアドレスのみで登録できるので、仮想通貨の最新情報を見逃したくない方は以下より会員登録しましょう!

※登録後、配信解除も自由にできます。

[signup-form]

DEX(分散型取引所)とは?従来の取引所との違いやメリットを解説

DEX(分散型取引所)とは?

DEX(Decentralized Exchanges/分散型取引所)とは、管理者なしでユーザー同士が直接取引できる取引所のことです。

ブロックチェーンの「スマートコントラクト」によって、分散型(非中央集権)の金融システムが実現しました。

用語解説

  • ブロックチェーン
    →分散型のデータベースで、偽造や改ざんが極めて難しい
  • スマートコントラクト
    →契約を自動的に実行する仕組み。イーサリアムなどの仮想通貨に実装されている
  • DeFi
    →分散型の金融サービス全般を指す言葉。代表的なDeFiとして、DEXやレンディングプラットフォームが挙げられる

DEXを使いこなすには、ある程度の仮想通貨の知識が必要だよ。
CEXよりも上級者向けのサービスと言えるね。

DEXの特徴として、以下の3つが挙げられるワン!

手数料が安い

DEXは通常の取引所に比べ、手数料が安く済むメリットがあります。

中央集権型取引所(CEX)の場合は管理者の仲介を挟む分、余計な仲介手数料が発生してしまいます。
一方、DEXはブロックチェーン技術によって当事者同士で直接取引できるため、手数料を削減可能です。

コストを抑えられる分、資金を投資に回しやすくなるんだね。

本人確認なしで利用できる

DEXは個人情報を登録する必要がなく、誰でも利用できるのも特徴です。

仮想通貨ウォレットを準備すれば、年齢や住所を問わずDEXにアクセスできます。

仮想通貨ウォレットもメールアドレスがあれば作成できるワン。
本人確認書類を提出しなくても利用できるワン!

イールドファーミングができる

イールドファーミングとは、仮想通貨をプラットフォームに預け入れて利息を受け取る運用方法のことです。

DEXに流動性を提供する見返りに報酬が得られる仕組みで、借り手が支払った金利手数料の一部を受け取れます。

DEXは管理者の仲介がない分、高い利回りが受け取れるんだ。

DEX(分散型取引所)のリスク・デメリット

DEXのデメリット

DEXはリスクもあるって聞いたけど…

DEXは便利だけど危険性もあるワン。
主なデメリットは以下の3つだワン!

自己責任で資産を管理する必要がある

DEXには中央集権的な管理者がいない分、もしもの時には自己責任で対応しなければなりません

ウォレットの秘密鍵管理やセキュリティ対策など、自分で資産を守る意識が必要です。

DEXは仮想通貨のリスクを踏まえた上で利用しないと、悪意ある詐欺師やハッカーに資産を奪われる恐れがあるよ。

日本円で取引できない

DEXは仮想通貨同士を交換(スワップ)するシステムとなっており、日本円では取引できません

DEX上に資金を用意するには、従来の取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

国内取引所は日本円での取引に対応しているワン。
DEXを利用するには、まず国内取引所の口座を用意する必要があるワン!

確定申告が煩雑化する

仮想通貨取引は様々な場面で課税タイミングが発生しますが、DEXで受け取れる手数料報酬は損益計算が難しい取引の1つです。

ウォレットのトランザクションデータを整理する必要があり、税金計算の難易度が上がります。

DeFi取引対応の損益計算ツール「クリプタクト」などを導入するのも1つの手だね。

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月〜2023年12月 データ協力:App Tweak

【一覧】おすすめのDEX(分散型取引所)7選【TVLランキング順に解説】

おすすめのDEX一覧

DEXはたくさんあるらしいね!
どれを使えばいいのかな?

おすすめのDEXを厳選して紹介するワン。
TVL(預かり資産)が多い順に紹介するワン!※2022年11月時点

なお、DEXは金融庁から認可を受けたサービスではないから、余剰資金での取引を徹底しよう。

名称独自トークンブロックチェーン
UniswapUNIイーサリアム
Curve FinanceCRVイーサリアム
PancakeSwapCAKEBSC
BalancerBALイーサリアム
dYdXDYDXイーサリアム
SushiSwapSUSHIイーサリアム
QuickSwapQUICKPolygon

Uniswap(ユニスワップ)

Uniswap
出典:Uniswap

Uniswapは2018年にリリースされたDEXです。
イーサリアムブロックチェーン上に構築されており、DEXの代表格として人気を集めています。

Uniswapが採用したAMM(自動マーケットメイカー)の仕組みによって、ユーザーは高い利回りを得られるようになりました。

Uniswapのオープンソースコードを元に、数多くのDEXが生まれているよ。

Curve Finance(カーブファイナンス)

Curve Finance
出典:Curve

Curve Financeはステーブルコインの取引に強いDEXです。※ステーブルコイン…法定通貨などの価格と連動したトークン

Curveを利用すれば、コストを抑えつつステーブルコイン同士を交換できます
ステーブルコインを使ったステーキング・ファーミングを行いたい人に多く利用されています。

USDTDAIなどのステーブルコイン同士を、安い手数料で交換できるワン!

PancakeSwap(パンケーキスワップ)

PancakeSwap
出典:PancakeSwap

PancakeSwapはBSC(バイナンススマートチェーン)上に構築されたDEXです。
イーサリアムネットワークのDEXと比較して、安い手数料(ガス代)で利用できます

仮想通貨をペアにしてプールに預け入れれば、利回りとして独自トークンのCAKEを受け取れます。

ステーキング・ファーミングやNFTの売買など、様々なサービスを利用できるよ。

Balancer(バランサー)

Balancer
出典:Balancer

Balancerはイーサリアムネットワーク基盤のDEXです。
3種類の流動性プールが用意されており、他の取引所よりも流動性提供の自由度が高い特徴があります。

最大8種類のトークンを自由な比率で預け入れることができ、DeFiサービスで発生する損失(インパーマネントロス)を抑えられます。

DEXの中でも独自性が強い上に、手数料も安いワン!

dYdX(ディーワイディーエックス)

dYdX
出典:dYdX

dYdXは2017年にリリースされたDEXで、証拠金取引に強みを持つのが特徴です。
2~25倍のレバレッジを効かせた、ハイリスク・ハイリターンなレバレッジ取引ができます。

「StarkWare」との提携によってレイヤー2に移行しており、低コストかつスピーディな取引を実現しました。

日本の取引所のレバレッジ倍率は最大で2倍なんだ。
dYdXは上級者向けのDEXと言えるね。

SushiSwap(スシスワップ)

SushiSwap
出典:Sushi

SushiSwapはUniswapを元に作られた、イーサリアム基盤のDEXです。
現在はUniswapとは違った独自性を打ち出しており、多くのユーザーに利用されています。

スワップ・ステーキング・ファーミングに加え、レンディングやIDO(DEXで行われるIEO)などのサービスを備えています。

NFTマーケットプレイスを提供しているのも特徴だワン!

QuickSwap(クイックスワップ)

Quickswap
出典:QuickSwap

QuickSwapはポリゴンットワーク上に構築されたDEXです。
イーサリアムネットワークのDEXに比べ、手数料(ガス代)が安く済むメリットがあります。

ポリゴンネットワーク上で利用できるMATICを入手できるため、NFTアートの取引などに幅広く活用されています。

Uniswapを元に作られているから、操作性も良いんだ。

DEXを利用する際におすすめの国内取引所【一覧で比較】

DEXを利用する際におすすめの取引所

DEXを使う時におすすめの国内取引所が知りたいな!

ここでは、送金に便利な取引所やセキュリティ対策に定評のある取引所を紹介していきます。

万が一の場合、DEX上の資産を取引所に避難させることになるから、セキュリティ面の施策が万全な取引所を選ぶと良いワン!

取引所取引手数料入出金手数料送金手数料(BTC)最低取引額(BTC)取引所形式
bitFlyer販売所:無料
取引所:約定数量×0.01~0.15%
入金:無料
出金:220円~770円
0.0004BTC販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
あり
GMOコイン 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%/Taker 0.05%
無料 無料 販売所:0.00001BTC
取引所:0.0001BTC
あり
SBIVCトレード販売所:無料
取引所:Maker -0.01%/Taker 0.05%
無料無料販売所:0.0001BTC
取引所:0.000001BTC
あり
bitbank販売所:無料
取引所:Maker -0.02%/Taker 0.12% (一部銘柄を除く)
入金:無料
出金:550円/770円(3万円以上)
0.0006BTC販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
あり
2022年11月時点の特徴・手数料/右にスクロールできます

国内取引所について詳しくは「国内のおすすめ取引所を比較」した記事をご覧ください。

Coincheck(コインチェック)|初心者におすすめ

コインチェック公式画像
取扱い仮想通貨(29銘柄)の詳細(タップで開きます)

仮想通貨を初めて購入する方には、国内大手取引所のCoincheck(コインチェック)がおすすめです。

アプリはわかりやすい設計となっており、販売所での売買や送金なども迷うことなく可能。

ビットコインやイーサリアムなど、好きな通貨で積立購入もすることが出来るよ!

SANDなど注目銘柄も取り扱っているワン!

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月〜2023年12月 データ協力:App Tweak

bitFlyer|セキュリティ施策で業界をリード

bitflyer公式サイト画像

利用者の多い取引所を使いたい方には、大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです。
最新のセキュリティ技術を次々に導入し、業界最長の7年以上ハッキング0を継続しています。

3大メガバンクや大企業と提携して事業を展開しており、抜群の信頼性を誇る取引所です。

取引所(板取引)で買える銘柄は少なめだけど、イーサリアム(ETH)は板取引で買えるワン!

\口座開設最短10分/

bitFlyerなら各種手数料無料&セキュリティ対策も万全!
1円から気軽に売買できるので仮想通貨投資デビューにおすすめです。

GMOコイン|送金・入出金手数料が無料

GMOコイン公式

取扱い暗号資産(26銘柄)の詳細(タップで開きます)

コストを少しでも抑えたい方には、オリコン顧客満足度調査で2年連続No.1のGMOコインがおすすめです。
送金手数料が無料となっており、仮想通貨ウォレットへの送金にかかるコストを抑えられます

手数料が軒並み無料で販売所スプレッドも狭い上に、20種類以上の仮想通貨を取引所形式(板取引)で購入できるのもポイントです。

預かり資産のコールドウォレット管理・サイバー攻撃対策など、セキュリティに関する施策も幅広く実施されているよ。

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

SBIVCトレード|時価総額ランキング上位の銘柄が豊富

SBIVCトレード公式サイト

金融大手のサービスを利用したい方には、SBIグループが手掛けるSBIVCトレードがおすすめです。
入出金・送金手数料が無料となっており、コストを抑えて仮想通貨を購入できます。

ポリゴンネットワーク上で利用できるMATICを国内で初めて上場しており、2022年11月には入出庫にも対応予定です。

コールドウォレットによる保管やマルチシグの導入など、ハッキング対策も万全なんだ。

\ 手数料無料&人気銘柄が買える /

銀行・証券を運営する金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

bitbank|仮想通貨の取引量国内No.1

bitbank公式

トレード上級者に人気の取引所を探している方にはbitbank(ビットバンク)がおすすめです。
仮想通貨の取引量国内No.1※を誇り、板取引を利用した快適なトレードができます

※2021年2月14日 CoinMarketCap調べ

第三者機関による調査で国内No.1のセキュリティ評価※を受けており、現在も最新のセキュリティ施策を講じています。

※2018年10月3日 ICORating調べ

スマホアプリで板取引がしやすい上に、チャート分析に役立つTradingViewも利用できるワン!

\最短即日取引可能/

全37銘柄が板取引に対応!スマホで本格的なテクニカル分析も可能。
「スマホで本人確認」なら最短1日で取引開始できます。

DEX(分散型取引所)の始め方・使い方

DEXの始め方

DEXを実際に使ってみたいな!

ここからは、DEX(分散型取引所)の始め方を解説するワン!

国内取引所で仮想通貨を購入する

DEXを利用する際は、プラットフォームに応じた仮想通貨を用意する必要があります
まずは欲しい仮想通貨を購入できる国内取引所に無料登録しましょう。

口座が開設できたら日本円を入金し、希望の仮想通貨を購入してください。

【比較表】国内取引所で買える仮想通貨一覧

国内取引所で買える銘柄一覧は以下の通りだよ。
DEXのネットワーク上で利用できるトークンかどうかは、各取引所の公式サイトから確認しよう。

取引所名 銘柄数 販売所 取引所 BTC ETH XRP BCH LTC DOT XLM BAT ADA MATIC LINK ETC ENJ MONA OMG QTUM XEM XYM IOST XTZ DOGE SHIB MKR LSK BNB SOL AVAX TRX JASMY ONT DAI ATOM WBTC ARB OP COT ASTR SAND MANA BOBA CHZ KLAY BSV PLT DEP MV ROND MBX ZPG AXS FLR APE GALA OAS IMX NEAR GRT RNDR FIL EOS HBAR XDC ALGO TON GXE TSUGT FCR FNCT NIDT FTT HT FNSA FSCC CICC NCXC ZAIF CMSX CMSE XCP
bitbank 37 37 37
BitTrade 38 36 25
GMOコイン 26 21 24
DMM Bitcoin 38 38 - ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1
bitFlyer 22 22 6
Coincheck 29 27 8
Zaif 22 13 22
BIT Point 21 21 11
SBIVCトレード 23 23 7
コイントレード 14 14 -
LINE BITMAX 7 7 1

◎販売所・取引所/○取引所のみ/△販売所のみ/※1レバレッジ取引のみ

仮想通貨ウォレットを準備する

MetaMask
出典:MetaMask

DEXの利用には仮想通貨ウォレットが必要です。


イーサリアム系のDEXに接続する場合は、広く利用されている「MetaMask(メタマスク)」をおすすめします。

MetaMaskをインストールし、取引所で購入した仮想通貨を送金しましょう。

MetaMaskの始め方については、「メタマスク(MetaMask)とは?スマホ版・PC版の登録方法や使い方を解説」を参考にするワン!

その他の仮想通貨ウォレットについては、「仮想通貨ウォレットおすすめまとめ」をチェックするといいいよ。

DEXとウォレットを連携させる

ウォレットの用意ができたら、利用するDEXにウォレットを接続します

多くのDEXは日本語に対応していないため、英語が苦手な方はGoogle翻訳機能などを使いながら利用しましょう。

なお、有名DEXを騙った偽サイトの詐欺に注意が必要だよ。
Google検索で探すよりも、公式のTwitter・Discordなどのリンクから飛ぶようにしよう。

DEX(分散型取引所)に関するQ&A

DEXに関するQ&A

DEXのよくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、DEXを始める際の参考にするといいワン!

DEXとCEXの違いは?

DEXとCEXのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
DEX(分散型取引所)・手数料が安い
・利回りが高い
・本人確認が不要
・自己責任での利用が必要
・日本円に対応していない
・仮想通貨の知識が必要
CEX(中央集権型取引所)・難しい知識なしで利用できる
・カスタマーサポートがある
・利用者が多い
・手数料がやや高い
・本人確認が必要
・国内取引所は取扱い銘柄が少ない

仮想通貨の初心者なら、国内取引所で取引に慣れてからDEXに挑戦するのが良さそうだね。

DEX利用時の注意点は?

DEXを使う際の注意点は以下の通りです。

DEXの問題点

  • 初心者には利用ハードルが高い
    →ブロックチェーン知識やネットリテラシー、英語の読解力が求められる
  • ハッキングリスクがある
    →スマートコントラクトの脆弱性を突いた事件が相次いでいる
  • ラグプル(詐欺)の危険性
    →数千%の高年利をうたって資金を集め、資金を持ち逃げする詐欺が発生している

DEXは魅力的なシステムだけど、リスクも高いんだ。
余剰資金での運用を徹底しよう。

時価総額ランキング上位のDEX関連銘柄は?

時価総額の大きいDEX関連銘柄は以下の通りです。

時価総額ランキング上位のDEX系銘柄

  • Uniswap(UNI)
    →時価総額ランキング17位
  • PancakeSwap(CAKE)
    →時価総額ランキング67位
  • Curve DAO Token(CRV)
    →時価総額ランキング82位

※2022年11月下旬時点

DEX関連銘柄は価格変動が激しいから、取引タイミングには注意が必要だワン!

【まとめ】DEX(分散型取引所)おすすめ一覧

DEXまとめ

DEXについて、よく理解できたよ!

今回はDEX(分散型取引所)の特徴や始め方、おすすめのDEXを解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • DEXとは管理者なしでユーザー同士が取引できるサービスのこと
  • おすすめのDEXはUniswap・Curve・PancakeSwapなど
  • コスト面で比較した結果、DEX利用時におすすめの取引所はGMOコイン

DEXを利用する際は、手数料の安いGMOコインなど好みの取引所を選んで無料登録するのがおすすめです。

DEX上で取引や運用を行って、報酬や利回り益の獲得を目指しましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、サクッと登録しておくワン!
早ければ即日~翌日には取引を始められるワン!

DEXを利用する際におすすめの取引所

  • Coincheck(コインチェック) おすすめ!
    公式サイト:https://coincheck.com/ja/
    利用者の多い大手取引所!初心者におすすめ。
  • bitFlyer(ビットフライヤー) おすすめ!
    公式サイト:https://bitflyer.com/ja-jp/
    セキュリティ施策で業界をリード!安心感のある大手取引所を使いたい人におすすめです。
  • GMOコイン 
    公式サイト:https://coin.z.com/jp/
    送金&出金手数料が無料!20種類以上の仮想通貨を板取引できます。
  • bitbank(ビットバンク)
    公式サイト:https://bitbank.cc/
    仮想通貨の取引量No.1!トレード上級者に人気のある取引所です。
いろはにマネーの投資診断

ブックマークした記事を見る
Loading...
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU