SBI Web3ウォレットとは?評判やデメリット・始め方を分かりやすく解説

SBI Web3ウォレットとは

・SBI Web3ウォレットって何だろう?
・SBI Web3ウォレットの評判が知りたいな…
・SBI Web3ウォレットの始め方も知りたい。

このような悩みを解決します。


この記事の結論


SBI Web3ウォレットは仮想通貨なしでNFTを購入できる、日本初の仮想通貨ウォレットです。
世界標準のブロックチェーンに対応しており、今後のサービス拡大に期待が寄せられています。

今回は、SBI Web3ウォレットの特徴や、使い方・始め方を分かりやすく解説します。

この記事を読めば、SBI Web3ウォレットのデメリットや評判が分かるワン!

\ NFTが日本円で買える /

SBI Web3ウォレットを使えば外部ウォレットなしでNFTが簡単に購入可能!
SBIVCトレードの口座開設ですぐに使えます。

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。

SBI Web3ウォレットとは?特徴やメリットを解説

SBI Web3ウォレットとは?

SBI Web3ウォレットとは、日本円でオンチェーンNFTの売買ができるウォレットのことです。

金融サービスで知られるSBIグループと、仮想通貨ウォレットの開発を手掛けるGincoが共同開発しています。

用語解説

  • NFTとは
    →ブロックチェーンを活用して作られた「替えの効かないトークン」のこと
  • ブロックチェーンとは
    →偽造や改ざんが極めて難しい、分散型のデータベース
ブロックチェーンの用語解説

  • オンチェーン→ブロックチェーン上に記録される取引
  • オフチェーン→ブロックチェーンの外側で取引が行われる
  • パブリックチェーン→イーサリアムなど、誰でも参加できるブロックチェーン。管理者が存在せず、透明性のある取引が可能
  • プライベートチェーン→企業が管理しているブロックチェーン。特定サービス内でのみ利用でき、参加には許可が必要
  • 世界中の誰もが利用できる「パブリックチェーン」上のNFTを、日本円でサクッと買える画期的なサービスだよ。

    SBI Web3ウォレットの主な特徴は以下の3つだワン!

    自動円転機能を搭載

    SBI Web3ウォレットは自動円転機能・自動暗号資産調達機能を持っており、保有中の仮想通貨と円の交換を自動で行ってくれます。

    ※円転…外貨を日本円に換えること

    これまでは、世界で取引されているNFTを購入するには仮想通貨が必要でした。
    しかし、SBI Web3ウォレットを利用すれば、日本円でオンチェーンNFTを売買できます。

    「日本円でNFTを買えるNFTマーケットプレイス」はすでに登場しているけど、日本では企業が管理する「プライベートチェーン」が一般的で、世界で人気のNFTは買えなかったんだ。

    パブリックチェーン上のNFTアートを日本円で買えるのが、SBI Web3ウォレットの強みなんだね!

    SBI Web3ウォレットの運営元については「SBIVCトレードの口コミ・評判は?口座開設方法やキャンペーンを解説」をチェックするワン!

    メタマスク不要で安全に利用できる

    SBI Web3ウォレットを利用すれば、仮想通貨ウォレットメタマスク」なしでNFTを取引できます

    メタマスク(MetaMask)とは

    • イーサリアム系の仮想通貨やNFTを管理できるウォレット
    • 秘密鍵や復元用パスワードの厳重な管理が必要
    • 管理方法を誤ると詐欺被害に遭う可能性が上がる

    メタマスクなどの仮想通貨ウォレットは誰でも利用できる反面、セキュリティ面の正しい知識がないと資金を盗まれるリスクもあるよ。

    SBI Web3ウォレットはSBI VCトレードがウォレットの作成と管理をしてくれるワン。
    NFT取引の記録はすべてパブリックチェーン上に残るワン!

    dAppsとの接続機能を持つ

    SBI Web3ウォレットはdApps(分散型アプリ)への接続機能を持っています。

    将来的にはNFTゲームNFTマーケットプレイスなど、様々なプラットフォームで利用できるようになります。

    現在はSBINFT Marketのみ対応しているよ。
    接続可能なdAppsは今後追加されていく予定なんだ。

    \ NFTが日本円で買える /

    SBI Web3ウォレットを使えば外部ウォレットなしでNFTが簡単に購入可能!
    SBIVCトレードの口座開設ですぐに使えます。

    SBI Web3ウォレットのデメリット

    SBI Web3ウォレットのデメリット

    SBI Web3ウォレットのデメリットも知っておきたいな。

    SBI Web3ウォレットの注意点やデメリットは以下の通りだワン!

    自分で秘密鍵を管理できない

    SBI Web3ウォレットの秘密鍵はSBI VCトレードが管理する仕組みとなっており、利用者が自分で管理することはできません

    そのため、仮想通貨取引所がハッキングを受けたり、顧客資産を悪用したりする行為にさらされるリスクが発生します。

    仮想通貨の世界には「自分の鍵でなければ、自分の暗号資産ではない(not your keys, not your crypto)」という格言があるよ。
    仮想通貨に精通する人の中には、「秘密鍵は自分で管理したい」と考える人も多くいるんだ。

    慣れない初心者が秘密鍵を安全に管理するのは大変だワン。
    信頼できる仮想通貨取引所に管理を任せるのも1つの手だワン!

    利用には取引所への口座開設が必要

    SBIVCトレード公式

    SBI Web3ウォレットを利用するには、SBI VCトレードへの口座開設が必要です。

    個人情報の入力や本人確認を行う必要があり、メタマスクなどの仮想通貨ウォレットとは異なる性質を持っています。

    しかしメタマスクを利用してのNFT購入の際も、取引所から仮想通貨を出庫する必要がありますが、SBIVCトレードは各種手数料(出庫手数料含む)も無料なので、お得にNFT購入が可能な口座と言えるでしょう。

    口座開設自体は無料だし、とても簡単だよ。
    5分ほどで登録作業が終わるんだ。

    メタマスクのように秘密鍵のメモをとる必要が無い分、気軽に始められるワン!

    \ NFTが日本円で買える /

    SBI Web3ウォレットを使えば外部ウォレットなしでNFTが簡単に購入可能!
    SBIVCトレードの口座開設ですぐに使えます。

    現状はSBINFTしか利用できない

    SBINFTマーケット
    出典:SBINFT Market

    SBI Web3ウォレットは、現状はSBIグループが手掛ける「SBINFT Market」でしか利用できません

    接続できるdAppsは追加される予定となっており、今後の開発に期待が寄せられています。

    SBINFT Marketとは

    • イーサリアム・ポリゴン上のNFTが買える
    • 審査制のNFTマーケットプレイス
    • 「nanakusa artists」「SUSHI TOP SHOT」などのNFTが買える

    2022年2月上旬時点、NFT購入に利用できるのはポリゴン(MATIC)に限られているよ。

    SBINFTについて詳しくは「SBINFT Marketとは?特徴や評判・使い方を解説」をチェックするワン!

    SBI Web3ウォレットの評判・口コミ

    SBI Web3ウォレットの評判

    SBI Web3ウォレットの評判はどうなんだろう?

    ツイッター上でのSBI Web3ウォレットの評判を紹介するワン!

    簡単で使いやすい

    仮想通貨に関する知識がない初心者でも、手軽に始められるんだ。

    MetaMaskで必要だった署名の手間も省けるワン!

    Web3の技術ではない

    秘密鍵を取引所が管理する仕組みは一長一短があるんだ。
    ブロックチェーン技術に精通している人にとっては、技術革新とは映らないかもしれないね。

    Web2からWeb3に向かう第一歩として、前向きにとらえている意見も見られたワン!

    一般層への普及に期待

    NFTの世界には詐欺やハッキングのリスクがつきものなんだ。
    初心者にとって、SBI VCトレードが管理してくれるウォレットは安心感があるよね。

    「日本の法規制を遵守したNFT事業を始めたい」と考える企業にとっても、SBI Web3ウォレットは使い勝手がいいかもしれないワン!

    \ NFTが日本円で買える /

    SBI Web3ウォレットを使えば外部ウォレットなしでNFTが簡単に購入可能!
    SBIVCトレードの口座開設ですぐに使えます。

    SBI Web3ウォレットの今後の将来性

    SBI Web3ウォレットの今後の将来性

    SBI Web3ウォレットに今後の将来性はあるのかな?

    SBI Web3ウォレットの最新ニュースとあわせて、将来性をチェックするワン!

    様々なサービスとの接続を予定

    SBI Web3ウォレットは決済市場やゲーム市場など、様々な分野での利用拡大を目指しています。

    ポリゴンネットワーク以外でも利用できるマルチチェーン対応や、複数のNFTマーケットプレイスへの対応が検討されています。

    メタマスクなどの仮想通貨ウォレットとも、NFTをやりとりできるようになる予定だよ。

    NFTマーケットプレイスを作成できるサービスと連携

    SBI Web3ウォレットは、オリジナルのNFTマーケットプレイスを作成できるWebAPI提供サービス「TOKEN CONNECT」と連携予定です。

    TOKEN CONNECTを利用すれば、イーサリアム・ポリゴンチェーンを使ったNFTマーケットプレイスを作成できます
    NFTの発行機能や購入機能が搭載されており、様々な企業がパブリックチェーンのNFT事業に参入しやすくなります。

    NFTが一般の人々に普及するきっかけになるかもしれないワン!

    日本企業のWeb3.0事業参入を促進

    Web3.0事業参入を手助けするツールとして、SBI Web3ウォレットが国内で広く活用される可能性はあります。

    仮想通貨の取り扱いに関する煩雑さを簡略化できる上、パブリックチェーン上での世界的な事業展開を促進できるかもしれません。

    仮想通貨を保有せずに、NFT事業を進められるのはすごいね!

    \ NFTが日本円で買える /

    SBI Web3ウォレットを使えば外部ウォレットなしでNFTが簡単に購入可能!
    SBIVCトレードの口座開設ですぐに使えます。

    SBI Web3ウォレットの始め方・使い方

    SBI Web3ウォレットの始め方・使い方

    SBI Web3ウォレットを使ってみたい!
    始め方が知りたいな。

    ここからは、SBI Web3ウォレットの利用手順を解説するワン!

    SBI VCトレードに無料登録する

    SBIVCトレード公式

    SBI Web3ウォレットの利用には、SBIVCトレードへの口座開設が必要です。

    まずはSBIVCトレードの公式サイトにアクセスし、無料登録を行いましょう。

    口座開設の流れ

    • メールアドレス・パスワードの登録
    • 二段階認証の設定
    • 名前・住所などの基本情報を入力
    • 本人確認書類と顔写真を撮影して提出

    「スマホでかんたん本人確認」を選べば、最短で翌営業日には口座が開設されるよ。

    \ 手数料無料&人気銘柄が買える /

    銀行・証券など金融大手のSBIグループが運営。
    各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

    SBI Web3ウォレットを申し込む

    SBI Web3ウォレットの利用申し込みは、口座開設と同時に行えます

    SBIVCトレードの新規口座開設を行う場合

    • 「SBI Web3ウォレット」の規約を確認
    • 「規約に同意して希望する」にチェックを入れて口座開設する

    すでにSBIVCトレードの口座を持っている場合

    • マイページ下段の「設定」より「プロフィール編集」に進む
    • 規約を確認し、ウォレット作成を申し込む

    口座開設&ウォレット作成完了のメールが届くまで待つワン!

    SBINFT Marketにログインする

    SBINFT

    ウォレット作成完了の通知が届いたら、SBINFT Marketにログインします。

    SBINFTのログイン方法

    • 利用規約・クレジットカード利用に関する特則を確認
    • SBIVCトレードの口座番号・ログイン時のパスワードを入力
    • 2段階認証のコードを入力してログインする

    仮想通貨に慣れていなくても、簡単にウォレットを作れるんだね!

    SBINFTでNFTを購入

    SBINFT
    出典:SBINFT

    購入したいNFTを見つけたら、NFTの詳細ページにアクセスします。

    SBI Web3ウォレットに対応しているNFTであれば、日本円での購入が可能です。

    NFTの購入方法

    • 購入したいNFTの「購入手続きに進む」をクリック
    • 日本円で購入する場合は「口座の暗号資産残高を使う」のチェックマークを外す
    • 利用規約を確認して「購入する」をクリック

    「NFTを購入できました」と表示が出れば、NFTの購入完了だよ。

    SBI Web3ウォレットに対応しているNFTなら、出品・売却もできるワン!

    SBI Web3ウォレットに関するQ&A

    SBI Web3ウォレットに関するQ&A

    SBI Web3ウォレットのよくある質問集をチェックしておきたいな。

    Q&Aを確認して、SBI Web3ウォレットへの疑問を解消するワン!

    SBI Web3ウォレットの手数料は?

    SBI Web3ウォレットの利用手数料は0円です。

    開設も無料なので、利用を検討している方は口座開設を済ませておきましょう。

    手軽に始められるのは嬉しいよね。

    SBI Web3ウォレットで買えるNFTは?

    SBI Web3ウォレットに対応しているのは、SBINFT Marketで取り扱われているNFTの一部です。

    SBI Web3ウォレットで買えるNFT(一例)

    今後、対応可能なNFTやマーケットプレイス・ブロックチェーンは増えていく予定だワン!

    SBI Web3ウォレットがおすすめな人は?

    SBI Web3ウォレットは手軽に作成・管理できるため、初めてNFTを購入したい方におすすめです。

    SBI Web3ウォレットがおすすめな人

    • NFTの購入経験がない人
    • 日本円でNFTを購入したい人
    • 秘密鍵の管理を大手取引所に委ねたい人

    仮想通貨の売買・NFT取引・保管まで、一気通貫でできるワン。
    手間をかけずにNFTを買ってみたい人にも向いているワン!

    今後、SBI Web3ウォレット対応のサービスは増えていく予定だよ。
    OpenSeaなどの世界的なNFTマーケットや、ブロックチェーンゲームに接続できるようになるといいね。

    金融大手のSBIグループが開発しているし、様々な分野でSBI Web3ウォレットが利用されるかもしれないね!

    【まとめ】SBI Web3ウォレットの使い方・始め方

    SBI Web3ウォレットの始め方まとめ

    SBI Web3ウォレットについて、よく理解できたよ!

    今回は、SBI Web3ウォレットのメリット・デメリットや評判、使い方・始め方を解説しました。

    最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

    • SBI Web3ウォレットは日本円でオンチェーンNFTが買える仮想通貨ウォレット
    • 「簡単にNFTを買えた」「一般の人にとって使いやすい」などの口コミ・評判が見られる
    • SBI Web3ウォレットはSBIVCトレードで無料口座開設すれば利用できる

    SBI Web3ウォレットを使ってNFT購入にチャレンジするには、SBIVCトレードへの無料登録が必要です。

    次世代のNFTを取引して、最先端のWeb3サービスを体感してみましょう!

    SBIVCトレードに登録すると、最短で翌営業日に口座が開設されるワン。
    サクッと無料登録を済ませておくワン!

    \ NFTが日本円で買える /

    SBI Web3ウォレットを使えば外部ウォレットなしでNFTが簡単に購入可能!
    SBIVCトレードの口座開設ですぐに使えます。

    LINEのバナー