PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

仮想通貨シンボル(XYM)の将来性は?価格予想や今後の展望・買い方を解説!

・シンボル(XYM)ってどんな仮想通貨なんだろう?
・シンボルに今後の将来性があるのか知りたいな…
・シンボルが買える取引所も知りたい。

シンボル(Symbol)は企業が導入しやすいブロックチェーンを開発しているプロジェクトです。
日本で人気がある仮想通貨で、国内取引所のユーザーが保有する銘柄の中では第4位の保有金額割合を占めています。※2022年調べ

今回は、シンボル(XYM)の特徴や今後の将来性を分かりやすく解説します。

\ 気になる方はこちら /

シンボルの購入におすすめの国内取引所 ▼

  • 手数料の安い取引所を使いたい人
    GMOコイン
  • 板取引に強い取引所を使いたい人
    bitbank
  • XYMの取引量が多い取引所を使いたい人
    Zaif
この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

目次

仮想通貨シンボル(XYM)とは? 3つの特徴を解説

仮想通貨シンボル(XYM)とは? 3つの特徴を解説
プロジェクト名Symbol(シンボル)
ティッカーシンボルXYM(ジム)
現在の価格約4円
主な取引所GMOコインbitFlyerbitbankZaif
発行枚数約225億円
時価総額ランキング:230位台
時価総額発行上限:8,999,999,999枚
ツイッターNEM公式:https://twitter.com/NEMofficial
Twitterフォロワー数:34万人以上
公式HPhttps://docs.symbol.dev/
※2023年8月時点

シンボル(Symbol)とは、企業や公的機関のニーズに特化したブロックチェーンプラットフォームです。

シンボルのブロックチェーン上では仮想通貨XYM(ジム)が用いられます。

仮想通貨XYMは国内取引所で広く扱われているよ。
日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の基準を満たした「グリーンリスト」に該当する銘柄なんだ。

シンボル(XYM)の主な特徴は以下の3つだワン!

ネムをベースに開発されている

シンボル(XYM)は、仮想通貨ネム(NEM/XEM)のアップデートによって誕生したブロックチェーンです。

セキュリティ面や処理能力の向上が図られた上に、様々なニーズに対応できる柔軟性を備えています。

シンボルがローンチされた時には、仮想通貨ネムの保有者に同数のシンボル(XYM)が付与されたんだ。

企業向けのハイブリッドチェーン

ハイブリッドチェーン
出典:Symbol

シンボル(Symbol)はパブリックチェーン・プライベートチェーンの両機能を備えたハイブリッドチェーンで、企業が導入しやすい仕組みを構築しています。

パブリックチェーンプライベートチェーン
管理者なし特定の企業・組織
参加者誰でも参加できる許可が必要
特徴・データの透明性が高い
・セキュリティに優れる
・取引処理が速い
・ルール変更がしやすい
ビットコイン金融機関

パブリックチェーンはセキュリティ・透明性の高さに優れるものの、取引スピードが遅い欠点を抱えています。
一方、カスタマイズ性に優れるプライベートチェーンは企業向けブロックチェーンとして活用されています。

シンボルのハイブリッドチェーンは、パブリックチェーンとプライベートチェーン間で自由に通信できるシステム設計が特徴です。

シンボルは開発のしやすさもメリットだワン。
難しいプログラミング技術が無くても扱いやすいワン!

取引所が導入するセキュリティ技術の「マルチシグ」を標準搭載しているんだね!

複数の取引をまとめて処理する「アグリゲートトランザクション」もシンボルの特徴だよ。

ハーベストができる

ハーベスト
出典:Symbol

仮想通貨シンボル(XYM)は、保有するだけで利回りが得られる「ハーベスト」ができます。

10,000XYMと仮想通貨ウォレットの「Symbol Wallet」があれば誰でも参加可能です。

なお、国内取引所のGMOコインはシンボルのステーキングに対応しているんだ。
手軽に利回りを獲得したい人におすすめだよ。

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

仮想通貨シンボル(XYM)の価格推移

仮想通貨シンボル(XYM)の価格推移

シンボル(XYM)の今までの値動きが知りたいな。

ここからは、仮想通貨XYMの価格推移をチャートで見ていくワン!

シンボル(XYM)の全期間チャートを確認

シンボル(XYM)の最高値は、2021年3月の上場直後につけた75円台です。
ネムのアップデートで誕生したシンボルはネム保有者に配布され、売り圧によって価格を大きく下げました。

2021年の10月~11月には再び高騰したものの、2022年は相場の影響もあり下落しています。

市場に活気が戻ってきたら、シンボル(XYM)も上がるかもしれないね。
買い時を逃さないようにチェックしておこう。

2021~2022年の値動き【チャート】

ネムとシンボルは日本での人気が高く、2021年10月はbitbank・GMOコインでの取扱い開始を契機に取引量が拡大しました。
bitbankが取り扱いを開始した10月5日には、前日比50%以上まで一時高騰しています。

10月~11月のシンボルのニュース

  • bitbank・GMOコインがXYM上場
  • Zaif創業者の朝山貴生氏がシンボルとの提携を示唆
  • シンボルがハードフォーク「キプロス」を実装

ネム(XEM)は日本で人気の高いアルトコインだけど、ネム保有者へのシンボル(XYM)の配布は金融庁や自主規制団体JVCEAの認可が下りず、海外取引所よりも遅れる形で付与されたんだ。

国内取引所への上場や仮想通貨市場の好況を受けて、11月には一時50円台まで高騰したワン!

2022年には仮想通貨暴落Terraの崩壊・FTXの破綻騒動等)に影響を受け、XYMの価格は前年よりも大きく下落しています。

2022年の初頭は22円台でしたが、市況の悪さもあり12月には4円台を割り込みました。

2022年にはXYMを取り扱う取引所が国内外で拡大するなど、明るい話題もあったんだね。

2023年の価格動向【チャート】

2023年の年初には、シンボルの価格上昇傾向が見られました。
仮想通貨市場が全体的に上昇を見せており、XYMも1か月で1.5倍近くに高騰しました。

2023年4月には服薬記録トレーサビリティアプリ「DrugN」にSymbolブロックチェーンが採用されるなど、 シンボルのプロジェクトは広がりを見せています。
フルオンチェーンNFTを手掛ける「NFTDrive」にSymbolブロックチェーンが活用されたニュースも発表されており、今後の展開に注目です。

シンボルのハイブリッドチェーンとしての役割に期待して、XYMを購入する投資家も多いワン!

2022年は下落が続いた分、2023年にはシンボルの上昇に期待したいな!

シンボル(XYM)の将来性・今後の価格予想

シンボル(XYM)の将来性・今後の価格予想

シンボル(XYM)には、今後の将来性はあるのかな?

価格予想と合わせて、シンボル(XYM)の将来性をチェックしてみるワン!

複数の企業での導入実績がある

シンボル(Symbol)ブロックチェーンは複数の企業やプロジェクトで導入実績があり、今後のユースケース拡大が期待されています。

シンボルの導入事例

  • 土木インフラ管理
    →Bimtrazer社と提携。AIとシンボルブロックチェーンの活用
  • ウイスキーのデジタルファンドトークン
    →ケンタッキー州の蒸留所と提携。シンボルプラットフォーム上で実装
  • コロンビア政府の実証実験
    →シンボルブロックチェーンを用いた公共機関向けの実証実験を開始

ワールドカップに向けたホテル建設の技術として、シンボルのブロックチェーンが採用されたニュースも話題になったんだ。

仮想通貨XYMは日本で人気が高い

シンボル(XYM)は日本での人気が高く、今後もコミュニティが盛り上がりを見せる可能性があります。

シンボルは日本で人気が高い

  • 保有量4位の仮想通貨
    →国内取引所のユーザーが保有する銘柄の中で、ビットコインイーサリアムXRPに次いで保有金額割合が大きい※
  • XYM決済ができる
    →20以上の飲食店や通販サイトでXYM決済可能
  • インフルエンサーが注目
    →投資家の与沢翼氏がシンボルのリリース直後から注目している

※参考:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)

2018年には大量のネムがハッキングされるCoincheck事件が起きたけど、ネムもシンボルも日本では人気だワン!

日本生まれのモナコインのように、国内に熱いファンがいるのもシンボルの魅力なんだね!

上がらない?シンボル(XYM)の将来価格を予想

2025年2029年
Digital Coin Price0.11ドル0.22ドル
Price Prediction0.082ドル0.36ドル
※2023年5月上旬時点

海外の仮想通貨AI価格予想サイトによる、シンボル(XYM)の価格予想は上記の通りです。
今後の価格上昇を見込んだ、ポジティブな予想が出ています。

2023年の年初に0.03ドル台だったシンボルが、6年後には7~12倍に高騰する予想が出ているんだね!

XYMの今後の価格は、プロジェクトの成功だけでなく市場全体の動向に左右されるんだ。
AI価格予想はあくまでも参考程度にして、冷静に投資判断を行おう。

XYMの購入におすすめの仮想通貨取引所

  • GMOコイン おすすめ!
    公式サイト:https://coin.z.com/jp/
    手数料が安い取引所!シンボルのステーキングもできます。
  • bitbank(ビットバンク)
    公式サイト:https://bitbank.cc/
    仮想通貨の取引量No.1!トレード上級者におすすめ。
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
    公式サイト:https://bitflyer.com/ja-jp/
    セキュリティに定評のある取引所を使いたい人におすすめ。

各取引所の評判やデメリットについては「【比較】おすすめの仮想通貨取引所10社を徹底解説!」をご覧ください。

どこで買う?シンボル(XYM)の購入におすすめの仮想通貨取引所

シンボル(XYM)の購入におすすめの仮想通貨取引所

シンボル(XYM)はどこで買えるのかな?

取引所形式(板取引)の使いやすさセキュリティ体制・XYMの取引量を比較した結果、以下の取引所をおすすめするワン!

取引所評判特徴入出金手数料送金手数料(BTC)取引手数料最低取引額(BTC)取引所形式
GMOコイン 評判を見る手数料が安い
仮想通貨の種類が多い
無料 無料 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%/Taker 0.05%
販売所:0.00001BTC
取引所:0.0001BTC
あり
bitFlyer評判を見る 初めてのビットコイン購入におすすめ
IEOを予定している
入金:無料
出金:220円~770円
0.0004BTC販売所:無料
取引所:約定数量×0.01~0.15%
販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
あり
bitbank評判を見るスマホアプリで板取引できる
アスターAXSを国内初上場
入金:無料
出金:550円/770円(3万円以上)
0.0006BTC販売所:無料
取引所:Maker -0.02%/Taker 0.12% (一部銘柄を除く)
販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
あり
Zaif評判を見る・めずらしいトークンが買える
・独自のサービスを展開
入金:無料
出金:385~770円
0.0001〜 0.01BTC販売所:無料
取引所:Maker 0%/Taker 0.1%
販売所:0.0001BTC
取引所:0.001BTC
あり
右にスクロールできます

GMOコイン|オリコン顧客満足度調査No.1

GMOコイン公式

取扱い暗号資産(26銘柄)の詳細(タップで開きます)

手数料を少しでも抑えたい方は、入出金・送金手数料が無料のGMOコインがおすすめです。
XYMの板取引に対応しており、販売所の広いスプレッドを避けて取引できます。

積立・ステーキング・レンディングなど、様々な投資手法を利用できる取引所です。

GMOコインを使えば、手続き不要で簡単にシンボルのステーキングができるんだ。

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

bitbank(ビットバンク)|板取引に強い取引所

bitbank公式

本格トレードを始めたい方には、上級者に人気のbitbankがおすすめです。
仮想通貨の取引量国内No.1※を誇り、高い流動性で快適なトレードができます。

※2021年2月14日 CoinMarketCap調べ

取り扱う全ての銘柄が取引所形式(板取引)に対応しており、スマホアプリからいつでも取引可能です。

ポリゴン(MATIC)アバランチ(AVAX)ドージコインなど、有望なアルトコインや草コインを多く扱っているよ。

\最短即日取引可能/

全37銘柄が板取引に対応!スマホで本格的なテクニカル分析も可能。
「スマホで本人確認」なら最短1日で取引開始できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)|セキュリティに定評のある取引所

bitflyer公式サイト画像

安心感のある取引所を使いたい方には、大手取引所のbitFlyerがおすすめです。
最新のセキュリティ技術を次々に導入し、業界最長の7年以上ハッキング0を継続しています

セキュリティやKYC(本人確認)施策で業界をリードしており、強固なセキュリティと使いやすさの共存を目指している取引所です。

Braveブラウザ連携bitFlyerクレカなど、大手ならではのサービスに定評があるワン!

\口座開設最短10分/

bitFlyerなら各種手数料無料&セキュリティ対策も万全!
1円から気軽に売買できるので仮想通貨投資デビューにおすすめです。

Zaif(ザイフ)|XYMの取引量が多い

Zaif公式

XYMのトレードが活発な取引所を利用したい方にはZaif(ザイフ)がおすすめです。
Zaifは2021年5月からいち早くXYMの取扱いを開始しており、現在も多くのユーザーがZaifでXYMを売買しています

自動売買サービスやソーシャルチップなど、様々なサービスを利用できる取引所です。

Zaifの創業者は、ネムやシンボルを活用した事業展開を掲げているワン!

\ 独自通貨を買いたいならココ /

Zaifのみ取り扱いのトークンが豊富!
毎月1,000円から始められる「Zaifコイン積立」も大人気。

仮想通貨シンボル(XYM)の買い方・購入方法

仮想通貨シンボル(XYM)の買い方・購入方法

シンボル(XYM)の購入方法を詳しく知りたいな。

bitbankを使って、実際にシンボル(XYM)を1万円分買ってみたワン。
買い方とあわせて紹介するワン!

シンボル(XYM)の買い方・購入方法

仮想通貨取引の始め方

シンボル(XYM)は以下の手順で購入できます。

シンボル(XYM)の買い方

  • 国内取引所で口座開設する(無料)
  • 取引所の口座に日本円を入金する
  • シンボル(XYM)を購入する

取引所への無料登録は5分程度で終わるから、サクッと登録しておくといいよ。
最短で翌日~翌日には口座が開設されるんだ。

仮想通貨の始め方を詳しく知りたい人は「仮想通貨(ビットコイン)の始め方・やり方まとめ!稼ぐ方法を初心者向けにわかりやすく解説」を見ると良いワン!

シンボル(XYM)を実際に買ってみた【10,000円分】

bitbankを利用

上記画像は実際にbitbankを利用し、シンボル(XYM)を約10,000円分購入*した際の画像です。

bitbankの取引所は0.0001XYMから購入できるため、数十~数百円といったXYMの少額購入も問題なく行えます。

*いろはに投資編集部メンバーまたは担当ライター個人による投資実績

シンボル(XYM)を買ってみた感想

  • 販売所形式だけでなく、取引所形式でも買えるのが良い
  • 主要銘柄よりも流動性が低いのが気になった。仮想通貨投資の初心者には、ボラティリティ(値動きの幅)が小さいビットコインなどで取引に慣れた上での投資判断を推奨したい
  • 1万円購入して取引手数料が11円だった。販売所スプレッドは5~10%前後(1万円の購入で500~1,000円程度)の取引所が多く、販売所で買うよりもかなり安く済んだ
  • スマホアプリのインジケーターが60種類以上利用できるのが便利。外出先でもチャートを確認しつつ購入できる

板取引はちょっと難しそうだけど、販売所スプレッドのコストを避けられるのはうれしいな!

\最短即日取引可能/

全37銘柄が板取引に対応!スマホで本格的なテクニカル分析も可能。
「スマホで本人確認」なら最短1日で取引開始できます。

仮想通貨シンボル(XYM)に関するQ&A

仮想通貨シンボル(XYM)に関するQ&A

シンボル(XYM)のよくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、シンボル(XYM)購入の参考にするといいワン!

ネムとシンボルの違いは?

ネムは個人の開発者向けのブロックチェーンで、シンボルは企業や公的機関向けのブロックチェーンです。

名称ネムシンボル
通貨XEM/NEMXYM
ブロックチェーンパブリックハイブリッド
特徴・開発者のサンドボックス
(安全性を確認する仮想環境)
・企業や公的機関のニーズに特化
・セキュリティや処理速度が向上

ちなみに、2023年1月上旬時点の時価総額ランキングはネムが90位台、シンボルが120位台だよ。

シンボル(XYM)はバイナンスに上場する?

シンボル(XYM)は大手の海外取引所であるBybitやKuCoinに上場しており、バイナンスにも上場する可能性はあります

なお、バイナンスが日本参入を視野に入れて買収した「サクラエクスチェンジ」では、シンボル(XYM)が取り扱われています。
バイナンスのサクラエクスチェンジ買収ニュースによって、シンボル(XYM)の価格は一時高騰しました。

シンボル(XYM)を上場している取引所は国内・海外ともに増えてきているよ。
バイナンス上場にも期待だね。

コインチェックでシンボルは買えない?

2023年5月時点、コインチェックではシンボルを購入できません

ネムの保有者にシンボルが付与されたものの、シンボルの購入や売却には非対応です。
シンボル(XYM)を購入したい方は、GMOコインなど別の取引所を利用しましょう。

コインチェックではシンボルのレンディングは利用できるよ。
いつ上場されるかは未定だけど、シンボルが取引できるようになるといいね。

仮想通貨XYMは将来性ない?

2022年にはXYMの価格が下落したものの、仮想通貨市場が上昇相場を迎えれば価格が上がる可能性はあります。

シンボルのプロジェクトを定期的にチェックして、アップデートや企業との提携といった値上がりタイミングを逃さないようにするのが大切です。

2022年の暴落で「仮想通貨は将来性ない」という意見も増えたワン。
とはいえ、XYMに将来性がないと決めつけるのは早計だワン!

シンボル(XYM)の最新ニュースを確認する方法は?

シンボル(XYM)に関する最新ニュースは、以下のサイトからチェックできます。

シンボルの最新ニュースを確認できるサイト

ホワイトペーパーは「symbol.github.io」で確認できるワン!

シンボル(XYM)の現在価格は日本円でいくら?

シンボル(XYM)の価格情報

  • シンボル(XYM)の現在価格
    →上記リアルタイムデータを参照
  • シンボル(XYM)の最高値
    約75円(2021年3月)
  • シンボル(XYM)の最安値
    約3.8円(2022年12月)

※コインマーケットキャップ参考(データは2023年1月上旬時点)

シンボル(XYM)が安いうちに、何枚か買っておくのも良いかもしれないね!

ガチホ(長期投資)やデイトレード(短期投資)など、自分に合った投資手法で利益を狙うと良いワン!

【まとめ】シンボル(XYM)の今後の将来性

【まとめ】シンボル(XYM)の今後の将来性

シンボル(XYM)について、よく理解できたよ!

今回はシンボル(XYM)の特徴や今後の将来性、買い方について解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • シンボル(Symbol)は企業や公的機関のニーズに特化したブロックチェーン
  • 日本での人気が高く、将来性に期待する投資家が多い
  • 取引所を比較した結果、手数料が安いGMOコインでの購入がおすすめ

シンボル(XYM)を購入する際は、板取引に強いGMOコインなど用途に合った取引所に無料登録するのがおすすめです。

日本で人気のあるシンボル(XYM)を取引して、トレードや運用による利益獲得を狙いましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、サクッと登録しておくワン!
早ければ即日~翌日にはシンボルを買えるワン!

XYMの購入におすすめの仮想通貨取引所

【消費者庁・金融庁提供】暗号資産投資に関する注意喚起

いろはにマネーの投資診断

moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU