PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

ライトコインは将来性ない?投資リスクや半減期前の価格チャートを紹介【2023年】

ライトコインはビットコインの欠点を補うために作られた仮想通貨です。
歴史が長くコミュニティに愛されている銘柄で、2023年には半減期を迎えるため注目度が高まっています。

今回は、ライトコインの特徴や将来性・投資リスク、買い方を分かりやすく解説します。

\ 気になる方はこちら /

ライトコインを購入できるおすすめの国内取引所 ▼

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

目次

ライトコイン(仮想通貨LTC)とは?特徴や仕組みを解説

ライトコイン(仮想通貨LTC)とは?特徴や仕組みを解説
通貨名ライトコイン
シンボルLTC
主な取引所GMOコインSBIVCトレードCoincheckbitbank
現在の価格 約13,200円
発行枚数発行上限:8,400万枚
時価総額約9,600億円
時価総額ランキング:11位
ツイッターhttps://twitter.com/litecoin
Twitterフォロワー数:97万人以上
公式HPhttps://litecoin.org/
※2023年6月上旬時点

ライトコイン(LTC)とは、ビットコインが持ついくつかの欠点を補うために作られた仮想通貨のことです。
世界で初めて作られた仮想通貨・ビットコインの欠点を解決するべく、エンジニアのチャーリー・リー氏によって2011年に開発されました。

主要アルトコインの中ではビットコインの次に歴史が古いと言われており、様々な仮想通貨取引所で売買が行われています。

デジタルゴールド(金)と呼ばれるビットコインに対して、ライトコインは銀と呼ばれることがある通貨だよ。

ライトコインの主な特徴は以下の3つだワン!

ビットコインの欠点を補う仮想通貨

ビットコインの欠点を補う仮想通貨
出典:Litecoin

ライトコインはビットコインの欠点である「トランザクション(取引の処理)の遅さ」の改善に取り組む仮想通貨です。

ビットコインのブロックは約10分ごとに生成される仕組みで、日常的な決済にビットコインを使うには待ち時間が長いという問題があります。
一方、ライトコインのブロックは約2.5分で生成されるため、ビットコインよりも高速な決済が可能です。

ビットコインは投資や貯蔵のために使われる資産で、ライトコインは日常の決済に使える実用的な仮想通貨なんだ。

処理速度を上げるSegWitを導入

ライトコインはビットコインの持つスケーラビリティ問題(処理速度の遅延)を解消するために、「SegWit(セグウィット)」と呼ばれる技術を導入しました。

スケーラビリティ問題を解消する方法として「ブロックサイズの拡張」と「取引データサイズの縮小」が挙げられますが、SegWitは取引データサイズを縮小する技術です。
情報の一部をブロックの外に置くことで、取引の処理速度が向上しました。

主要アルトコインの中で、ライトコインはSegWitの導入に初めて成功したんだ。

アップデートでプライバシー機能を実装

アップデートでプライバシー機能を実装
出典:LIitecoin

ライトコインは2022年に大型アップデートが行われ、プライバシー機能「MWEB」が実装されました。

ライトコイン送金時に取引情報の公開の有無を選べるようになり、匿名性の高い取引が可能となっています。

なお、マネーロンダリングを防ぐために設けられた規制を踏まえて、MWEB機能を使ったライトコインの預入・引出に非対応の取引所が多いワン!

入出金・送金手数料無料!GMOコインの詳細を見る
こちらから

【2023年】ライトコインの半減期とは?

【2023年】ライトコインの半減期とは?

2023年にはライトコインの半減期があるって聞いたけど…

半減期の意味や、前回の半減期チャートを紹介するワン!

半減期とは

ビットコインの半減期とは

仮想通貨の半減期とは、マイニング報酬が半分になるタイミングのことです。
ビットコインやライトコインなど、様々な仮想通貨に半減期が設定されています。

※マイニング…コンピュータの計算能力を使い、仮想通貨の取引を承認する作業

半減期によって仮想通貨の発行量が減ることで、インフレを抑制して価格の安定を保ちやすいと考えられています。
半減期前後は価格が動きやすい傾向があるため、価格チャートを追っておくのがおすすめです。

1回目(2015年)の半減期チャート

1回目(2015年)の半減期チャート

ライトコインは4年に1度のペースで半減期を迎えており、2015年と2019年8月の半減期前には価格上昇が見られました
半減期を迎える直前ごろから売り圧が増え、下落に転じています。

2015年には7月10日に914円台をつけ、半減期の8月25日には354円台まで価格を下げました。

ビットコインの値動きと比べて、半減期前のライトコインは価格が大きく変動しているんだ。

2回目(2019年)の半減期チャート

2回目(2019年)の半減期チャート

ライトコインの2回目の半減期は2019年8月5日です。
半減期前の6月23日に15,232円台をつけた後は下落に転じ、半減期の8月5日には9,916円台まで価格を落としています。

次回の半減期は2023年7月29日~8月7日頃が予想されており、ライトコインの半減期前後の値動きに注目が集まっています。

過去の半減期では、半減期前に買って半減期直前で売れば利益を上げられたんだね!

ライトコインの半減期については、カウントダウンサイトの最新情報を確認するワン!

ライトコインの購入におすすめの国内取引所

  • GMOコイン おすすめ!
    公式サイト:https://coin.z.com/jp/
    手数料が安い!オリコン顧客満足度調査No.1の取引所。
  • SBIVCトレード
    公式サイト: https://www.sbivc.co.jp/
    入出金・送金手数料無料!イーサリアムのステーキングも可能。
  • bitbank
    公式サイト:https://bitbank.cc/
    全銘柄が板取引に対応!トレード上級者におすすめ。

ライトコイン(仮想通貨LTC)の価格推移

ライトコイン(仮想通貨LTC)の価格推移

ライトコインの今までの値動きが知りたいな。

ここからは、ライトコインの価格推移をチャートで見ていくワン!

仮想通貨LTCの全期間チャートを確認

仮想通貨LTCの全期間チャートを確認

ライトコインの最高値は、2021年5月につけた42,140円台です。

2013~2016年の間は1,000円以下で推移した時期が長かったものの、2013年12月には前月比10倍となる4,100円台を記録した日もありました。
仮想通貨バブル期の2017年12月には39,500円台に急騰しましたが、1年後の2018年12月には10分の1となる3,300円台をつけています。

2021年には5月に42,140円台・11月に31,820円台まで高騰し、2022年には仮想通貨相場全体の暴落とともに大きく下落しました。

2023年の年初には価格が上昇しているよ。
今後も相場が盛り上がれば、ライトコインも上がるかもしれないね。

2021~2022年の値動き【チャート】

2021~2022年の値動き【チャート】

2021年は仮想通貨相場が全体的に盛り上がりを見せ、ライトコインも追い風に乗って価格を上昇させました。
4月にはライトコインETP(上場投資商品)がイギリスやドイツで取引を開始したニュースなどが好ファンダとなり、最高値の42,140円を記録しています。

2022年には仮想通貨市場全体の暴落に影響を受け、ライトコインの価格も急落しました。
2022年の初頭は16,860円台でしたが、市況の悪さもあり6月には6,000円台を割り込んでいます。

2021年9月には分散型トークン作成プラットフォームの「OmniLite」、2022年には2月には大幅アップグレードの「MimbleWinble」がリリースされているよ。

2022年の仮想通貨の暴落については「仮想通貨が暴落した理由は?ビットコイン下落は買い時?急落の原因と対策を解説」の記事をチェックするワン!

2023年の価格動向【チャート】

2023年の価格動向【チャート】

2023年の年初には、ライトコインの価格上昇傾向が見られました。
仮想通貨市場が全体的に上昇を見せており、ライトコインも1か月半で1.4倍近くまで高騰しました。

2023年7月末~8月初めに半減期を控えていることもあり、2023年の上半期時点では他のアルトコインに比べて上昇傾向が見られます。
新たなトークン規格「LRC-20」の導入など、今後のプロジェクト展開にも注目です。

6月上旬時点では13,100円台をつけているんだね。
9,250円台だった年初から比べて、1.4倍近く上昇しているよ!

ライトコインの板取引に対応!GMOコインの詳細を見る
こちらから

将来性ない?ライトコインの今後と価格予想

将来性ない?ライトコインの今後と価格予想

ライトコインには今後の将来性はあるのかな?

価格予想と合わせて、ライトコインの将来性をチェックしてみるワン!

決済手段としての導入に注目

決済手段としての導入に注目
出典:LIitecoin

ライトコインを決済手段として導入する店舗やサービスが増えれば、ライトコインの需要が増えて価格に良い影響を与える可能性があります。

大手決済サービスのペイパルや、オンライン旅行代理店のTravela.comがライトコイン決済に対応しており、今後のさらなる拡大に注目です。

ライトコイン支払いができるVisaデビットカードも発行されているよ。

PoW採用の銘柄として根強い人気

PoWとPoSの違い

ライトコインはビットコインと同じく、Proof of Work(PoW)と呼ばれるアルゴリズムを採用しています。

近年はイーサリアムがPoSに移行するなど、PoSを採用した銘柄が増えました。
PoWとPoSの銘柄の両方に分散投資したいと考える投資家にとっては、ライトコインの購入が選択肢に入る可能性があります。

SEC(米国証券取引委員会)がPoS銘柄のステーキングに言及した際は、PoS銘柄が全体的に下がったんだ。
ポートフォリオは分散させておくのが無難だね。

PoW銘柄も、環境問題に関する規制ニュース等で価格が動くことがあるから注意だワン!

マイニングに参加しやすい

マイニングの仕組み

ライトコインはビットコインに比べ、マイニングに参加しやすい仮想通貨です。
ビットコインのマイニング(取引の承認作業)には高性能のコンピュータが必要になりますが、ライトコインは一般的なコンピュータでもマイニングできるアルゴリズムを採用しています。

ビットコインのマイニング難易度の上昇や、イーサリアムのPoS移行に伴い、ライトコインのマイニングに注目が集まるかもしれません。
マイニングの分散化が進めばネットワークのセキュリティも高まり、価格への良い影響が期待できます。

マイニングについて詳しくは「【図解】仮想通貨のマイニングとは?仕組み・やり方をわかりやすく解説」をチェックするワン!

LRC-20トークンが登場している

LRC-20が登場している
出典:Litescribe

2023年に登場したビットコインのトークン規格「BRC-20」の技術を応用し、ライトコインにも「LRC-20」というトークン規格が登場しました

ライトコインブロックチェーン上でトークンを発行できるようになり、様々な名前のLRC-20トークンがローンチされています。

ビットコインの新たな技術が、ライトコインに生かされる可能性もあるね。

なお、5月上旬にはBRC-20人気でビットコインの取引手数料が上がり、代替手段としてライトコインを使う人が増えたワン。
ライトコインの取引数が過去最高を記録したワン!

いくらまで上がる?ライトコインの将来価格を予想

2025年2029年
Digital Coin Price321.66ドル685.27ドル
Price Prediction256.57ドル1,057.94ドル
※2023年6月上旬時点

海外の仮想通貨AI価格予想サイトによる、ライトコインの価格予想は上記の通りです。
今後の価格上昇を見込んだ、ポジティブな予想が出ています。

2023年の年初に0.3ドル台だったライトコインが、6年後には9~15倍に高騰する予想が出ているんだね!

ライトコインの今後の価格は、プロジェクトの成功だけでなく市場全体の動向に左右されるんだ。
AI価格予想はあくまでも参考程度にして、冷静に投資判断を行おう。

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の購入におすすめの国内取引所 ▼

  • 手数料の安い取引所を使いたい人
    GMOコイン
  • 大手金融グループのサービスを使いたい人
    SBIVCトレード
  • 板取引に強い取引所を使いたい人
    bitbank

ライトコイン(仮想通貨LTC)の投資リスク・注意点

ライトコイン(仮想通貨LTC)の投資リスク・注意点

「ライトコインはオワコン」って話も聞いたけど…

最近は新しい仮想通貨が続々増えていて、ライトコイン需要が減ることを心配する人もいるワン!

ここからは、ライトコインへの投資リスクや注意点を紹介するよ。

大手取引所が上場廃止したことがある

2022年に実装されたライトコインのプライバシー機能をめぐり、韓国の大手取引所が続々とライトコインの上場廃止を発表しました。
韓国では規制準拠のためにモネロ(XMR)やダッシュ(DASH)などのプライバシー銘柄を上場廃止にした経緯があり、同様の理由でライトコインの取扱いが停止したと見られています。

ライトコインの匿名機能は他のプライバシー銘柄に比べると強固なものではありませんが、今後も上場廃止が懸念される可能性があります。

ちなみに、日本でもモネロやダッシュは上場廃止になったんだけど、現時点ではライトコインを上場廃止した国内取引所はないんだ。

開発状況はそれほど活発でない

Githubのコミット数(開発者によるコードの改善やアップデート)は、他の仮想通貨プロジェクトに比べるとそれほど多くありません

様々な新機能の追加に期待するタイプの投資家からは、ライトコインが投資先に選ばれにくい可能性があります。

新しい仕組みの導入や、パートナーシップ締結を次々に発表する仮想通貨プロジェクトがあると、つい気になっちゃうんだよね。

ライトコインは古くからのファンが多く、コミュニティも形成されているワン。
開発状況だけでなく、通貨自体の人気もチェックしておくワン!

競合プロジェクトの存在

TPS
ビットコイン(BTC)7
イーサリアム(ETH)25
ライトコイン(LTC)56
リップル(XRP)1,500
ポリゴン(MATIC)7,000
ソラナ(SOL)50,000
TPS:1秒あたりのトランザクション処理実行件数

仮想通貨市場は非常に競争が激しく、高速処理や低コストを実現した新たなプロジェクトが登場し続けています

また、仮想通貨の決済分野において、他のプロジェクトがシェアを拡大した場合はライトコインの価格に何らかの影響が出る可能性もあります。

処理性能の高い仮想通貨はたくさんあるんだね。

スピードは劣るけど、ライトコインは分散性が高い点もおさえておこう。

値動きの大きさに伴う損失リスク

値動きの大きさに伴う損失リスク
値動きの変動幅を比較

ライトコインはビットコインなどの主要銘柄と比較すると、時価総額が小さくボラティリティ(価格の値動き)が高いアルトコインです。

高騰する可能性がある一方で下落幅も大きいため、投資タイミングによっては大損につながる恐れがあります。

草コインが大暴落を起こすように、ライトコインも大口の売りが入れば価格が崩れる懸念があるんだ。

入出金・送金手数料無料!GMOコインの詳細を見る
こちらから

ライトコインが買えるおすすめの仮想通貨取引所

ライトコインが買えるおすすめの仮想通貨取引所

ライトコインはどこで買えるのかな?

ライトコインの購入におすすめの国内取引所を紹介するワン!
コストを抑えたい人は、ライトコインを板取引できるGMOコイン・SBIVCトレード・bitbankから選ぶといいワン!

コインチェック|誰でも手軽に始められる取引所

コインチェック公式画像
Coincheckの手数料(クリックで開きます)
取引所名Coincheck (コインチェック)
手数料入金手数料(銀行振込):無料
(銀行振込手数料は自己負担)
出金手数料:407円
送金手数料(BTC):0.0005BTC
取引手数料:無料
最低購入金額販売所:500円相当額
取引所:0.005BTC
提供サービス販売所・取引所・NFTマーケット・積立・貸暗号資産・ステーキング
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/
取扱い仮想通貨(29銘柄)の詳細(タップで開きます)

「初心者に人気のアプリを使いたい!」という方には、アプリダウンロード3年連続No.1※を誇るコインチェックがおすすめです。
洗練されたデザインのアプリは操作性が良く、難しい専門用語なしで失敗なくライトコインを購入できます。

NFTマーケットプレイスの「Coincheck NFT」を利用すれば、NFTメタバース上の土地も取引可能です。

※対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

NFTアートNFTゲームに興味があるなら、一度Coincheck NFTを見に行ってみるといいよ。

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月〜2023年12月 データ協力:App Tweak

GMOコイン|オリコン顧客満足度調査No.1

GMOコイン公式

GMOコインの手数料(クリックで開きます)
取引所名GMOコイン
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%(BTC,ETH,XRP,DAI)
取引手数料(取引所):Maker -0.03%/Taker 0.09%(上記以外)
最低購入金額0.00001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ取引・暗号資産FX・貸暗号資産・積立・ステーキング
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/
取扱い暗号資産(26銘柄)の詳細(タップで開きます)

人気の取引所を利用したい方には、オリコン顧客満足度調査で2年連続No.1のGMOコインがおすすめです。
入出金手数料や送金手数料が無料の上に、20銘柄以上を取引所形式(板取引)で購入できます。

ライトコインを板取引で買える他、コスモス(ATOM)シンボル(XYM)ステーキングサービスも利用できます。

積立レンディングに加え、国内取引所で初となる外国為替FXが利用できるのも特徴だよ。

GMOコインについて詳しくは「GMOコインの評判はやばい?手数料・キャンペーンや買い方を解説」を確認するワン!

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

SBIVCトレード|金融大手で手数料が安い

SBIVCトレード公式サイト
SBIVCトレードの手数料(クリックで開きます)
取引所名SBIVCトレード
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%
最低購入金額0.000001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ・レンディング・積立・NFTマーケットプレイス
公式サイトhttps://www.sbivc.co.jp/

安心感のあるサービスを利用したい方には、金融大手SBIグループが運営するSBIVCトレードがおすすめです。
入出金・送金手数料が無料となっており、コストを抑えて仮想通貨を取引できます。

ライトコインの板取引に対応している他、イーサリアム・ソラナなどのステーキングができるのもポイントです。

自動円転機能を持つSBI Web3ウォレットSBI NFTマーケットなど、独自のWeb3.0事業を進めている取引所だよ。

SBIVCトレードについては「SBIVCトレードの口コミ・評判は?口座開設方法やキャンペーンを解説」をチェックするワン!

\ 手数料無料&人気銘柄が買える /

銀行・証券を運営する金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

bitbank|板取引に強い取引所

bitbank公式
bitbankの手数料(クリックで開きます)
取引所名bitbank(ビットバンク)
手数料入金手数料:無料
出金手数料:550円/770円(3万円以上)
送金手数料(BTC):0.0006BTC
取引手数料(販売所)無料
取引手数料(取引所):Maker -0.02%/Taker 0.12%(一部銘柄を除く)
最低購入金額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
提供サービス販売所・取引所・レンディング
公式HPhttps://bitbank.cc/

仮想通貨の本格トレードを始めたい方には、仮想通貨の取引量国内No.1※を誇るbitbankがおすすめです。
全ての銘柄が板取引に対応しており、販売所スプレッドの高いコストを避けられます。

スマホアプリから板取引しやすく、70種類以上のテクニカル分析が使えるTradingViewも無料で利用可能です。

※2021年4月末日時点、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)統計データ調べ

エイプコイン(APE)アスターネットワークオアシス(OAS)など、アルトコインの取扱いが豊富な取引所だよ。

【実際に買ってみた】ライトコインの買い方・購入方法

ライトコインの買い方が知りたいな!

ライトコインを実際に買ってみた感想と合わせて、購入方法を紹介するワン!

国内取引所で無料口座開設する

仮想通貨取引所の口座開設方法

まずは国内取引所にアクセスして無料口座開設を行います

どの国内取引所でも5~10分程度で登録作業が完了します。登録の流れは以下の通りです。

口座開設の流れ

  • アカウント作成
    →メールアドレス・パスワードの登録
  • 電話番号認証
    →SMS認証・電話認証から選択
  • 基本情報を入力
    →名前・住所・出金先口座情報などを入力
  • 本人確認を行う
    →本人確認書類と顔写真を撮影して提出

国内取引所選びに悩む場合は、手数料の安さで人気のGMOコインをおすすめするよ。
オリコン顧客満足度調査でNo.1の取引所なんだ。

本人確認後、最短で翌営業日には取引を始められるワン!
サクッと登録を済ませておくと良いワン!

GMOコイン銘柄

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

日本円を入金してライトコインを購入する

日本円を入金して仮想通貨を購入

口座開設が完了したら、取引に使う日本円を入金します
入金はアプリ・ブラウザのどちらからでも可能です。入金タブから日本円の入金に進み、振込方法を選んで入金手続きを行いましょう。

入金が反映されたらライトコインを購入します。
コインチェックでは販売所で、GMOコイン・SBIVCトレード・bitbankでは販売所・取引所を使ってライトコインを取引可能です。

ライトコインを実際に買ってみた【10,000円分】

ライトコインを実際に買ってみた【10,000円分】

上記画像は実際にbitbankを利用し、ライトコインを約10,000円分購入*した際の画像です。

bitbankの取引所は0.0001LTCから購入できるため、数百円程度のライトコインの少額購入も問題なく行えます。

*いろはに投資編集部メンバーまたは担当ライター個人による投資実績

ライトコインを買ってみた感想

  • 販売所形式だけでなく、取引所形式でも買えるのが良い
  • ビットコインやXRPよりも流動性が低いと感じた。仮想通貨投資の初心者には、ボラティリティ(値動きの幅)が小さいビットコインなど、少しずつ取引に慣れた上での投資判断を推奨したい
  • 投資経験が無い場合は販売所から始めるのも有りだが、取引所の成行注文は指値注文に比べて比較的分かりやすいので、成行注文から始めるのも良いと思う

板取引はちょっと難しそうだけど、スプレッド分のコストを抑えられるのはうれしいな!

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の購入におすすめの国内取引所 ▼

  • 手数料の安い取引所を使いたい人
    GMOコイン
  • 大手金融グループのサービスを使いたい人
    SBIVCトレード
  • 板取引に強い取引所を使いたい人
    bitbank

ライトコイン(仮想通貨LTC)に関するQ&A

ライトコイン(仮想通貨LTC)に関するQ&A

ライトコインのよくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、ライトコインへの疑問を解消するワン!

ライトコインとビットコインとの違いは?

ビットコインライトコイン
時価総額ランキング1位11位
発行日2009年2011年
発行上限2100万枚8400万枚
ブロック生成時間10分2.5分
時価総額は2023年6月時点

ライトコインとビットコインの違いとして、時価総額の大きさや発行枚数が挙げられます

ビットコインは最も広く認識されている仮想通貨で、流動性も高く多くの人々に取引されています。分散性に優れ、セキュリティが高いのも特徴です。

ライトコインはビットコインを元に作られており、ビットコインを決済手段に利用しやすい仕組みが採用されています。

ライトコインはビットコインのサブ的な存在で、ビットコインの取引手数料が高騰した時にライトコインを使う人もいるんだ。

ライトコインとビットコインキャッシュの違いは?

ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォーク(分岐)して誕生した仮想通貨で、ビットコインのスケーラビリティ(処理能力の低下)問題の解決を目的としています。

ライトコインはビットコインの補完的な役割を持つ他、マイニングに参加しやすい仕組みを導入して分散性を保っています。

時価総額ランキングはライトコインが11位、ビットコインキャッシュが27位だよ。※2023年6月上旬時点

ライトコイン決済が使える店は?

大手決済サービスのペイパルや、オンライン旅行代理店のTravela.comなど、様々なサービスがライトコイン決済に対応しています。

ライトコイン決済に対応しているサービス

  • ペイパル(決済サービス)
  • Travela.com(オンライン旅行代理店)
  • Overstock(オンライン小売業者)
  • eGifter(ギフトカード購入)
  • NordVPN(VPNサービス)

日本でのライトコイン決済拡大に期待だワン!

ライトコインは送金できない?

ライトコインのプライバシー機能「MWEB」は規制の観点より対応していない取引所が多くMWEBを使用した取引所間の送金はできないケースが多くあります
なお、プライバシー機能にこだわらなければ取引所間でも送金可能です。

ただし、国内取引所では2023年6月よりトラベルルールが施行され、一部の取引所間ではライトコインが送金できないケースがあります。
ライトコインを取引所間で送金する際は、各取引所のトラベルルールを確認した上で出庫しましょう。

プライバシー機能を使うには、対応の仮想通貨ウォレットを準備する必要があるんだ。

ライトコインの最新ニュースを確認する方法は?

ライトコインに関する最新ニュースは、以下のサイトからチェックできます。

ライトコインの情報を確認できるサイト

ライトコインの購入を考えている人は、最新情報や相場状況をしっかりチェックするワン!

ライトコインの現在価格は日本円でいくら?

ライトコインの価格情報

  • ライトコインの現在価格
    →上記リアルタイムデータを参照
  • ライトコインの最高値
    約42,140円(2021年5月)
  • ライトコインの最安値
    約148円(2015年1月)

※コインマーケットキャップ参考(データは2023年6月上旬時点)

ライトコインが安い時期に買っておくのも有りかもしれないね!

ガチホ(長期投資)デイトレード(短期投資)など、自分に合った投資手法で利益を狙うと良いワン!

【まとめ】ライトコイン(仮想通貨LTC)の将来性

【まとめ】ライトコイン(仮想通貨LTC)の将来性

ライトコインについて、よく理解できたよ!

今回はライトコインの価格推移や将来性・投資リスク、買い方を解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • ライトコインはビットコインの欠点を補うために作られた仮想通貨
  • 日常の決済手段としての普及を目指している
  • ライトコインは国内取引所で手軽に購入できる

ライトコインの取引には、手数料の安さや板取引銘柄の豊富さで人気のGMOコインがおすすめです。

様々なアルトコインや多彩なサービスをチェックして、仮想通貨取引による利益獲得を目指しましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、サクッと登録しておくワン!
早ければ即日~翌日に取引を始められるワン!

ライトコインの購入におすすめの国内取引所

いろはにマネーの投資診断


ブックマークした記事を見る
moonoo banner
moonoo banner
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU