PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【図解】ビットコインとは?初心者向けにわかりやすく簡単に仕組み・使い方を解説

ビットコインはわずか10数年で100万倍以上に高騰した仮想通貨です
「仮想通貨は何だか怪しい」という声が見られる一方、ビットコインの画期的な技術に将来性を期待する投資家も多くいます。

今回は、ビットコインの特徴や仕組み、デメリットや買い方を分かりやすく解説します。

ビットコインの価格チャート
1BTCの現在価格=¥5,998,884円(2024年1月1日7時28分時点)

\ 気になる方はこちら /

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の購入におすすめの国内取引所 ▼

  • 手数料の安い取引所を使いたい人
    GMOコイン
  • 大手金融グループのサービスを使いたい人
    SBIVCトレード
  • 板取引に強い取引所を使いたい人
    bitbank
この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

▼ この記事は音声でも聞くことが出来ます▼

目次

ビットコインとは?初心者向けにわかりやすく解説

ビットコインとは?
通貨名Bitcoin(ビットコイン)
シンボルBTC
主な取引所GMOコイン・SBIVCトレード・Coincheck・bitbank
現在の価格 約410万円
発行枚数発行上限:2100万枚
時価総額約89兆円
時価総額ランキング:1位
HPhttps://bitcoin.org/ja/
※2023年10月時点

ビットコイン(BTC)とは、2009年に登場した世界初の仮想通貨のことです。

2008年にサトシ・ナカモトという謎の研究者がビットコインの論文を発表し、現在では「デジタルゴールド」と呼ばれるほどに高い価値を持つ金融資産になりました。

サトシ・ナカモトは日本人のような名前ではあるけれど、正体は一切分かっていないんだ。

ビットコインの主な特徴をわかりやすく解説するワン!

ビットコインはネット上のデジタル資産

ネット上のデジタルな通貨

ビットコインはネット上に存在するデジタルなお金で、100円玉のような硬貨・1万円札のような紙幣は存在しません
日本円やドル・ユーロなどの通貨とは異なり、世界共通でどこでも・誰でも利用できます。

また、銀行やクレジットカード企業などを間に通さず、ビットコインを送りたい相手に直接送金できるのも特徴です。

銀行を通さずにお金を送るのは、どんなメリットがあるのかな?

銀行を通した送金は送り主に届くまで時間がかかる上に、高い手数料も発生するんだ。
ビットコインを使えばスピーディな送金ができるよ。

電子マネーと違って価格が変わる

ビットコインと電子マネーの違い

ビットコインは一般的な電子マネーとは異なり、価格が秒単位で変わるのも特徴です。

「ビットコインに価値がある」と考える人が増え、ビットコインの需要が増えれば、ビットコインの価格は上がります。
反対に、ビットコインの1枚あたりの価格が1日で大きく下がることもあります。

ビットコインは決済や送金に使える他、値動きの大きさから投資対象として注目されているワン!

ブロックチェーンの技術が使われている

ブロックチェーンの技術が使われている

ビットコインには「ブロックチェーン」という新しい技術が使われています。
ブロックチェーンは複数の暗号化技術が組み合わされており、偽造や改ざんが非常に難しいのが特徴です。

また、ビットコインのやり取りの情報は1つの場所に集められているのではなく、全世界のノードに分散されて保存されています。
※ノード…ネットワークに参加しているコンピューター

仮に1つのノードが攻撃を受けたとしても、ノードが1万以上に分散されているため、ビットコインのシステムが保たれる仕組みです。

ブロックチェーンは所有を証明する技術だよ。
デジタル上での資産の所有を証明できる画期的な仕組みなんだ。

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

ビットコインの仕組みとは?簡単に解説

ビットコインの仕組み

ビットコインの仕組みについて知りたいな。

ビットコインの画期的な技術について紹介するワン!

中央管理者がいない

中央管理者がいない

ビットコインには、中央銀行や企業などの中央管理者が存在しません

円やドルなどの通貨には中央銀行が存在し、通貨の発行量を調整しています。
一方、ビットコインは世界中に散らばる1万以上のコンピューター(ノード)が、ビットコインの取引を検証する仕組みです。

1つの会社・団体や政府が管理する「中央集権型」に対し、ビットコインは「分散型」と呼ばれています。
分散型の仕組みによって、ビットコインは中央の管理者に依存せずに利用できます。

例えば法定通貨の場合「中央銀行が通貨を大量に発行してインフレが起こる」というケースがあるけど、ビットコインは特定の管理者の一存で制御されることはないんだ。

ビットコインはデータが世界中に分散されているから、1つのコンピューターが攻撃されたとしてもシステム全体が破壊されることはないワン!

取引履歴が全ての人に公開されている

取引履歴が全ての人に公開される
データ出典元:Blockchain.com

ビットコインはすべての取引が公開される「ブロックチェーン(分散型台帳技術)」を用いており、取引の履歴を誰でも見られる仕組みです。
ビットコインの取引はアドレスによって行われており、「どのアドレスがどのアドレスにビットコインを送ったか」「送った日時やビットコインの量」が分かります。

誰でも取引履歴を確認できるため送金の流れに透明性があり、不正取引の防止に役立ちます

特定のアドレスから大量のビットコインが移動したときは、ビットコインの価格が動くことがあるワン。
投資判断のためにビットコインの取引履歴を追っている投資家も多くいるワン!

枚数に限りがある

ビットコインは枚数に限りがある

ビットコインの最大発行量は2100万枚に設定されており、無限に発行できない仕組みです。

無限に発行できる通貨の場合、大量に発行されるとインフレ(通貨の価値が下がる)が発生します。
一方、ビットコインは数量が限られているため、金(ゴールド)のような希少性を有しています。

激しいインフレが進む国に住む人の中には、インフレヘッジとしてビットコイン保有を選ぶ人もいるんだ。

おすすめの国内取引所 ▼

何に使える?ビットコインのメリットとは

ビットコインのメリット

ビットコインは何に使えるのかな?
ビットコインのメリットも知りたい。

ビットコインの主なメリットを紹介するワン!

世界中のどこにでも直接送金ができる

【世界どこでも】直接送金できる

ビットコインは世界中のどこにでも、国境を越えて送金できるメリットがあります。

銀行を使って法定通貨を送る場合、中継銀行などの処理を待つ時間が発生するため1週間前後の日数がかかってしまいます。

しかし、ビットコインで送金を行う場合は、送り先のビットコインアドレスに送金するだけでOKです。
10分~1時間前後で、送りたい相手に直接ビットコインを送金できます

法定通貨を海外に送る場合、送金手数料や海外中継銀行手数料などのコスト負担も大きいんだ。
ネットワークの混雑状況にもよるけど、ビットコインは中央銀行や金融機関を通さない分、手数料を抑えられるよ。

海外で出稼ぎ労働をしている人の中には、母国の家族に送金するためにビットコインを使う人もいるワン!

両替なしで世界中で決済に使える

【両替いらず】世界中で買い物に使える

ビットコインは世界共通の通貨であり、両替せずに決済に使えるのも特徴です。

円やドルなどの法定通貨は、国を移動するたびに両替をする必要があり、その都度両替手数料が発生します。
一方、ビットコインは別の国でも同じ価値を持つため、国境を越えて使えるメリットがあります。

ビットコイン決済できる店舗は少しずつ増えている他、海外ではビットコイン決済ができる「Cash App」「Strike」などのアプリも広がりを見せているよ。

価格の値上がりが期待されている

【資産価値あり】価格上昇が期待されている
データ出典元:TradingView

ビットコインは将来的な価格の値上がりが期待されており、投資対象として注目を集めています。

ビットコインは発行枚数が2100万枚に制限されており、金(ゴールド)のような希少性があると考える投資家が多くいます。
ビットコインの利便性や価値が広く認められ、需要が拡大すればビットコインの価格がさらに上昇するかもしれません。

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の購入におすすめの国内取引所 ▼

  • 手数料の安い取引所を使いたい人
    GMOコイン
  • 大手金融グループのサービスを使いたい人
    SBIVCトレード
  • 板取引に強い取引所を使いたい人
    bitbank

ビットコインのデメリットとは?

ビットコインのデメリット

ビットコインのデメリットも知っておきたいな。

ビットコインのデメリットとして、以下の3つが挙げられるワン!

決済・送金速度が遅い

決済・送金速度が遅い

ビットコインには「決済・送金速度が遅い」というデメリットがあり、特にビットコインのネットワークが混雑しているときは時間がかかります。
ビットコインの取引(トランザクション)がブロックチェーンの記録されるまで待つ必要があり、大量の取引が行われている場合は待ち行列が発生する仕組みです。

一方で、ビットコインの取引速度を上げるための「ライトニングネットワーク」の開発も進んでいます。
ビットコインのネットワーク上に新たなネットワーク層を追加し、少額取引を素早く処理する技術のことで、今後の技術革新や実装に期待が寄せられています。

ライトニングネットワークが実装されれば、ビットコインの取引はほぼリアルタイムで行われ、手数料も大幅に安くなると言われているんだ。

間違って送ったビットコインは取り戻せない

間違って送ったビットコインは取り戻せない

ビットコインの送り先を間違って送ってしまった場合、取り戻せない点に注意が必要です。
ブロックチェーンに記録されたデータは後から改ざんや削除ができない特性があり、間違った送金をキャンセルすることはできません

誰も使っていないアドレスに送ってしまった場合、送ったビットコインは事実上永遠に使えなくなります。
また、間違った人に送金した場合も、相手が良心的に返金してくれるとは限りません。

ビットコインを送金する時は、送り先のアドレスを必ず確認しよう。

大きな金額を送る場合は、少額のテスト送金をしてから送金する方が良いワン!

環境問題が指摘されている

環境問題が指摘されている

ビットコインには大量の電力が消費されており、環境保護団体や国際機関から環境問題に対する指摘を受けています

ビットコインの取引記録をブロックチェーンに追加するマイニング」という作業は、何万台ものコンピューターを稼働させて行われます
マイニングを行う事業者が増えるほど高性能なマシンが必要です。

EU主要機関の欧州議会ではビットコインの利用禁止案が提言されたこともあり、環境面による規制が実施される可能性もあります。

規制を懸念し、再生可能エネルギーが利用できる国に移動したマイニング事業者もあるんだ。

ビットコインに関する規制は、価格に大きな影響を与える可能性があるワン。
最新ニュースをしっかり追うワン!

オリコン顧客満足度調査No.1!GMOコインの詳細を見る
こちらから

ビットコインの価格の値動き

ビットコインの価格の値動き

ビットコインの価格はいくらなんだろう?

ここからは、ビットコインのこれまでの値動きを解説するワン!

ビットコイン(BTC)の現在価格チャート

ビットコインは2009年1月に誕生し、初めて価格が提示されたのは2009年10月の「1BTC=約0.07円」です。

2021年11月には760万円台に到達し、2022年に大きく下落したものの、今後のさらなる上昇を見込んでいる投資家が多くいます。

ビットコインの価格推移

  • 2010年:アメリカのプログラマーがピザ2枚を10,000BTCで購入
    →初のビットコイン決済(1BTC=約0.2円)
  • 2010年:世界初のビットコイン取引所「Mt.Gox(マウントゴックス)」がサービス開始
    →1BTC=約7円
  • 2011年:初のビットコインバブル期
    →1BTC=約1,500円
  • 2017年:アメリカの先物取引所「CME」がビットコインの先物取引開始
    →1BTC=約200万円
  • 2021年:仮想通貨バブル期(DeFiNFTの普及/ビットコイン先物ETFの承認)
    →11月に最高値(約760万円台)を更新

たった10数年で、100万倍以上の価格に高騰したんだね!

【2023年10月最新】ビットコインの値動き

ビットコインの価格チャート
1BTCの現在価格=¥5,998,884円(2024年1月1日7時28分時点)

2023年の年初には210万円台をつけていたビットコインですが、2023年上半期の終わりには440万円台まで上昇しています。
3月にはアメリカのシリコンバレー銀行破綻に伴う金融不安によって、法定通貨のインフレ懸念が広がり、希少性のあるビットコインが買われて価格が上がる場面が見られました。

6月にはアメリカの大手資産運用会社がビットコインETF申請を続々と行っており、ビットコイン価格の上昇への期待が高まっています。

GMOコイン銘柄

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

ビットコインの購入におすすめの仮想通貨取引所

初心者におすすめの仮想通貨取引所

ビットコインを買ってみたい!
おすすめの仮想通貨取引所が知りたいな。

初心者も簡単にビットコインを買える、おすすめの国内取引所を紹介するワン!

GMOコイン|オリコン顧客満足度調査No.1

GMOコイン公式

GMOコインの手数料(クリックで開きます)
取引所名GMOコイン
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%(BTC,ETH,XRP,DAI)
取引手数料(取引所):Maker -0.03%/Taker 0.09%(上記以外)
最低購入金額0.00001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ取引・暗号資産FX・貸暗号資産・積立・ステーキング
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/
取扱い暗号資産(26銘柄)の詳細(タップで開きます)

手数料の安い取引所を利用したい方には、オリコン顧客満足度調査で2年連続No.1のGMOコインがおすすめです。
仮想通貨の取引にかかる「入出金手数料」や「送金手数料」が無料の上に、20種類以上の仮想通貨がコストの安い取引所形式で購入できます。

数十円~数百円からビットコインを取引できるため、少額からビットコインを買ってみたい方におすすめです。

国内取引所で初となる外国為替FXを開始していて、米ドル&日本円などの取引もできるんだ。

GMOコインについて詳しくは「GMOコインの評判はやばい?手数料・キャンペーンや買い方を解説」を確認するワン!

\2年連続オリコン顧客満足度No.1/

各種手数料が無料!20銘柄以上の板取引に対応&ステーキングや外国為替FXなどサービスも豊富。
24時間いつでも最短10分で口座開設・取引開始できます。

※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

SBIVCトレード|金融大手で手数料が安い

SBIVCトレード公式サイト
SBIVCトレードの手数料(クリックで開きます)
取引所名SBIVCトレード
手数料入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):Maker -0.01%/Taker 0.05%
最低購入金額0.000001BTC
提供サービス販売所・取引所・レバレッジ・レンディング・積立・NFTマーケットプレイス
公式サイトhttps://www.sbivc.co.jp/

安心感のあるサービスを利用したい方には、金融大手SBIグループが運営するSBIVCトレードがおすすめです。
入出金・送金手数料が無料となっており、コストを抑えて仮想通貨を取引できます。

次世代技術のNFTを取引できるサービス「SBI NFTマーケット」など、独自のWeb3.0事業を進めている取引所です。

日本円だけでNFTを買えるSBI Web3ウォレットや、人気銘柄のイーサリアムステーキングで利回りを得られるサービスなどに特色があるんだ。

SBIVCトレードについては「SBIVCトレードの口コミ・評判は?口座開設方法やキャンペーンを解説」をチェックするワン!

\ 手数料無料&人気銘柄が買える /

銀行・証券を運営する金融大手のSBIグループが運営。
各種手数料が無料、スマホから簡単に口座開設&取引できます。

コインチェック|誰でも手軽に始められる取引所

コインチェック公式画像
Coincheckの手数料(クリックで開きます)
取引所名Coincheck (コインチェック)
手数料入金手数料(銀行振込):無料
(銀行振込手数料は自己負担)
出金手数料:407円
送金手数料(BTC):0.0005BTC
取引手数料:無料
最低購入金額販売所:500円相当額
取引所:0.005BTC
提供サービス販売所・取引所・NFTマーケット・積立・貸暗号資産・ステーキング
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/
取扱い仮想通貨(29銘柄)の詳細(タップで開きます)

「初心者に人気のアプリを使いたい!」という方には、アプリダウンロード3年連続No.1※を誇るコインチェックがおすすめです。

販売所形式で仮想通貨を買えるアプリの操作性が良く、難しい専門知識がなくても手軽に仮想通貨を購入できます。
仮想通貨の自動積立サービス「Coincheckつみたて」を利用すれば、忙しい人でも簡単にほったらかし投資を始められます。

※対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

NFTマーケットプレイスの「Coincheck NFT」では、NFTゲームに関連するアイテムを購入できるんだ。
ブロックチェーンゲームに興味がある人におすすめだよ。

最短5分で申し込み完了

約500円から購入でき積立やNFTの取引も可能!
アプリダウンロード数No.1*で人気の大手取引所です。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月〜2023年12月 データ協力:App Tweak

bitbank|板取引に強い取引所

bitbank公式
bitbankの手数料(クリックで開きます)
取引所名bitbank(ビットバンク)
手数料入金手数料:無料
出金手数料:550円/770円(3万円以上)
送金手数料(BTC):0.0006BTC
取引手数料(販売所)無料
取引手数料(取引所):Maker -0.02%/Taker 0.12%(一部銘柄を除く)
最低購入金額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
提供サービス販売所・取引所・レンディング
公式HPhttps://bitbank.cc/

仮想通貨の本格トレードを始めたい方には、仮想通貨の取引量国内No.1※を誇るbitbankがおすすめです。
全ての銘柄が板取引に対応しており、販売所で発生するスプレッド分のコストを避けられます。

60種類以上のテクニカル分析ができるスマホアプリが用意されており、外出先からでもストレスなくビットコインを売買できます。

※2021年4月末日時点、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)統計データ調べ

アスターネットワークオアシス(OAS)The Graph(GRT)など、アルトコイン(ビットコイン以外の銘柄)の取扱いが豊富な取引所だよ。

\最短即日取引可能/

全37銘柄が板取引に対応!スマホで本格的なテクニカル分析も可能。
「スマホで本人確認」なら最短1日で取引開始できます。

【実際に買ってみた】ビットコインの買い方・購入方法

【実際に買ってみた】ビットコインの買い方・購入方法

ビットコインの買い方が知りたいな!

手数料の安いGMOコインを例に、ビットコインの買い方を解説するワン!

国内取引所に無料登録する

仮想通貨取引所の口座を開設する方法

まずは国内取引所のホームページにアクセスして無料口座開設を行います

どの国内取引所でも5~10分程度で登録作業が完了します。登録の流れは以下の通りです。

口座開設の流れ

  • アカウント作成
    →メールアドレス・パスワードの登録
  • 電話番号認証
    →SMS認証・電話認証から選択
  • 基本情報を入力
    →名前・住所・出金先口座情報などを入力
  • 本人確認を行う
    →本人確認書類と顔写真を撮影して提出

国内取引所選びに悩む場合は、手数料の安さで人気のGMOコインをおすすめするよ。
対応サービスや仮想通貨の種類が豊富で、多くのユーザーに利用されているんだ。

無料登録後に審査が行われて、最短で即日~翌日には取引を始められるワン。
サクッと本人確認まで済ませておくワン!

オリコン顧客満足度調査No.1!GMOコインの詳細を見る
こちらから

口座に日本円を入金する

口座に日本円を入金

口座開設が完了したら、取引に使う日本円を入金します

入金はアプリ・ブラウザのどちらからでも可能です。
入金タブから日本円の入金に進み、振込方法を選んで入金手続きを行いましょう。

パソコンがなくても、登録・入金・購入まで全部スマホからできるんだね!

ビットコインを購入する

ビットコインを購入する

口座に入金が反映されたらビットコインを購入します。

手軽に購入したい人は「販売所」、コストを安く済ませたい人は「取引所」を使って取引を行いましょう

販売所を使ったビットコインの買い方

  • 「販売所」をタップし、ビットコイン(BTC)を選択
  • 「トレード」をタップし、購入したい金額を入力
  • 「購入」をタップし、注文確定する

取引所を使ったビットコインの買い方

  • 「取引所 現物」をタップし、ビットコイン(BTC)を選択
  • 「注文」から成行・指値を選び、取引数量などを設定
  • 確認画面から注文を確定する

仮想通貨の始め方を詳しく知りたい人は「仮想通貨(ビットコイン)の始め方・やり方まとめ!稼ぐ方法を初心者向けにわかりやすく解説」を見ると良いワン!

実際にビットコインを買ってみた【1万円分】

ビットコインを実際に買ってみた

上記画像はbitbankの板取引(取引所形式)を利用し、実際にビットコインを10,000円分購入*した際の画像です。

bitbankの取引所は0.0001BTCから購入できるため、数百円~千円といったビットコインの少額購入も問題なく行えます。

*いろはに投資編集部メンバーまたは担当ライター個人による投資実績

ビットコインを買ってみた感想

  • 他の銘柄に比べて取引が活発に行われており、安定して取引が成立する
  • 板取引は一見難しそうに見えるが、慣れればそれほど難しくない。まずは成行注文から始めると分かりやすいように思う
  • 他の仮想通貨よりも比較的値動きが安定しているので、初めて仮想通貨を購入するならビットコインが良いと感じた(アルトコインは値動きが激しく、購入タイミング次第で大損につながりやすい)

意外と簡単にビットコインを買えるんだね!

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の購入におすすめの国内取引所 ▼

  • 手数料の安い取引所を使いたい人
    GMOコイン
  • 大手金融グループのサービスを使いたい人
    SBIVCトレード
  • 板取引に強い取引所を使いたい人
    bitbank

ビットコイン・仮想通貨用語に関するQ&A

ビットコイン・仮想通貨用語に関するQ&A

ビットコインに関する用語集を確認したいな!

ビットコイン・仮想通貨用語に関するQ&Aをチェックすると良いワン!

ビットコインのマイニングとは?

マイニングとは

ビットコインのマイニングとは、取引の記録を「ブロックチェーン」というデジタル台帳に追加する作業のことです。

ブロックチェーンの各ブロックには「いつ、誰が、どれくらいの量を取引したか」などの情報が納められています。
マイニングを行う人たち(マイナー)は、複雑な計算問題を解くことで新しいブロックを作成し、報酬としてビットコインを受け取ります

マイニングによってビットコインの取引内容が正確かつ安全に記録され、ネットワーク全体が維持される仕組みです。

新しいブロックを鎖のようにつなげる仕組みだから、ブロックチェーンと呼ばれるんだ。

マイニングについては「【図解】仮想通貨のマイニングとは?仕組み・やり方をわかりやすく解説」をチェックするワン!

ビットコインの半減期とは?

半減期とは

ビットコインの半減期とは、マイニング報酬が半分になるタイミングのことです。

ビットコインには4年に1度のペースで半減期が設けられているため、徐々に発行速度が緩やかになり、供給量の増えすぎによるインフレを抑えられます。
半減期が訪れるたびにマイナーが得られる報酬は減少するので、マイニングの競争が激しくなり、効率的なマイニング機器や方法が追求されるようになります。

半減期については「ビットコインの半減期とは?価格への影響をわかりやすく解説」をチェックするワン!

ビットコインのレンディングとは?

仮想通貨のレンディングとは

レンディングとは、保有している仮想通貨を貸し出して利回りを得る投資手法です。
購入した仮想通貨を一定期間貸し出せば、数量や期間に応じた利息が得られます。

ビットコインの運用を考えている方は、破綻リスクの低い大手取引所のレンディングサービス利用を検討してみましょう。

仮想通貨のステーキングとは?

仮想通貨のステーキングとは?

ステーキングとは、仮想通貨を特定のプラットフォームやウォレットに保有し、利回りを得る仕組みのことです。
ブロックチェーンのネットワーク上で直接ステーキングを行う方法の他、国内取引所の提供するステーキングサービスを使って手軽に利回りを得る方法もあります。

ビットコインは国内取引所のステーキングサービスに対応していないため、ステーキングを気軽に始めたい方はイーサリアムなど別銘柄の利用を検討しましょう。

国内取引所では、SBIVCトレードGMOコインコイントレードがステーキングサービスに対応しているよ。

ステーキング・レンディング・積立サービスを利用できる!SBIVCトレードの評判を見る
こちらから

仮想通貨のハッキングとは?

仮想通貨ウォレットのハッキング

仮想通貨のハッキングとは、悪意のあるハッカーが不正アクセスを行い、仮想通貨を盗む行為のことです。
仮想通貨は管理方法に穴があると、ハッカーの標的になる恐れがあります。

仮想通貨取引所は預かり資産が多くハッカーに狙われやすいので、セキュリティ対策が徹底された取引所を利用しましょう
個人の仮想通貨ウォレットでビットコインを保管する場合も、十分なセキュリティ対策を行ってください。

仮想通貨のハッキングについては「【一覧】仮想通貨のハッキング事件まとめ!手口や対策方法・おすすめの取引所を紹介」をチェックしよう。

仮想通貨のトラベルルールとは?

仮想通貨取引所のトラベルルール対応まとめ

仮想通貨のトラベルルールとは、取引所の利用者が仮想通貨を送金する際に、送金元の取引所が受取側の取引所に一定の事項を通知するルールのことです。

2023年6月のトラベルルールの実施に伴い、情報通知システムの異なる取引所間では仮想通貨の相互送金ができなくなりました
国内取引所・海外取引所間だけでなく、国内取引所間で送金できないケースもあります。

参考:金融庁|暗号資産の移転に際しての移転元・移転先情報の通知等(トラベルルール)について

トラベルルールはテロリストなどの犯罪者が仮想通貨を悪用することを防ぎ、不正利用があった場合に追跡できるようにする狙いがあるんだ。

おすすめの国内取引所 ▼

【初心者向け】ビットコイン・仮想通貨の取引に関するQ&A

【初心者向け】ビットコイン・仮想通貨の取引に関するQ&A

ビットコインの取引について、よくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、ビットコインへの疑問を解消するワン!

ビットコインでできることは何か?

ビットコインの使い道

ビットコインの使い道として、送金・決済・寄付などの用途が挙げられます。

ビットコインでできること

  • 送金:世界中のどこにでも直接送金できる
  • 決済:ドルやユーロなどに換金せずに決済可能
  • 寄付:緊急災害時など、支援を求めている人や団体に素早く寄付できる
  • 投資:値上がりを期待して購入する
  • 運用:レンディングなどのサービスを使って利回りを得る

中央管理者を挟まずに直接やり取りできる、新しい金融資産としての広がりに期待されているよ。

ビットコインはメルカリで買える?

メルカリの売上金・ポイントでビットコインを買える

フリマアプリのメルカリは2023年3月から「メルコイン」を開始しており、メルカリアプリ内でビットコインを買えるようになりました。

メルカリで得た売上金やポイントを活用し、1円からビットコインを購入できます。

サービス開始からたった3か月で、利用者数が50万人を突破しているのはすごいね!

ビットコインを日本円に換金するにはいくらかかる?

ビットコインの換金にかかる手数料は、販売所形式と取引所形式のどちらを使うかによって異なります。
コストを安く済ませたい方は、取引所形式を使って換金しましょう

また、換金した日本円を自分の銀行口座に出金する際は、数百円の出金手数料が発生します。
出金を何度も行う予定がある方には、出金手数料が無料のGMOコインやSBIVCトレードの利用がおすすめです。

ビットコインの換金にかかる手数料

  • 販売所
    →広いスプレッドが発生。1万円分の取引で200~800円程度発生する可能性がある
  • 取引所
    →取引手数料が発生。1万円分の取引で数十円程度発生する可能性がある

仮想通貨が暴落する理由は?

2022年の仮想通貨暴落

仮想通貨暴落の原因として、大国の仮想通貨に関する規制強化が挙げられます。
アメリカによる規制の示唆、中国による仮想通貨サービスの禁止令など、様々なニュースに影響を受けて仮想通貨の価格は暴落・高騰を繰り返してきました。

また、金融市場全体の停滞と連動する形で仮想通貨市場が冷え込んだり、ハッキングなどの事件を引き金に暴落したりすることもあります。

仮想通貨の暴落については「仮想通貨が暴落した理由は?ビットコイン下落は買い時?急落の原因と対策を解説」の記事をチェックしよう。

仮想通貨投資のリスクとは?

ビットコインは価格の値動きが激しく、投資タイミングによっては大損するリスクがあります。
上記画像はビットコインと金の価格変動率で、ビットコインの値動きの大きさを表しています。

すべての投資に言えることですが、投資は余剰資金(失っても生活に影響の出ない資金)の範囲で行ってください
また、ビットコインは各国の規制強化やハッキング事件などの影響で下落するケースもあるため、最新ニュースはできるだけチェックしましょう。

ビットコインにかかる手数料は?

仮想通貨取引所で発生する手数料

ビットコインに関する手数料として、主に取引手数料や送金手数料が挙げられます。

ビットコインの手数料

  • 入金・出金手数料
    →仮想通貨取引所の口座に日本円を入金・出金する際に発生
  • 取引手数料
    →ビットコインを売買する際に発生
  • 送金手数料
    →保有中のビットコインを他の取引所やウォレットに送る際の手数料
  • スプレッド
    →買値と売値の価格差のこと。販売所形式を利用すると広いスプレッドが発生する

ビットコインは少額では儲からない?

ビットコインは数年かけて大きく価格が上昇しており、長期投資を前提とするなら少額購入でも儲かる可能性があります
値動きを繰り返しながら価格を上げてきた過去があり、「ビットコインを数千円~数万円買って、数年後に儲かった」という声も多く見られます。

ビットコインは決済事例の増加・法定通貨化・ETF申請など、様々な側面から将来性が期待される金融資産です。
今後の価格動向にも注目が集まっています。

仮想通貨の少額投資については「ビットコインは少額で儲からないは誤解!儲かるコツや投資方法を紹介」を参考にするワン!

【まとめ】ビットコインとは?初心者向けに分かりやすく解説

【まとめ】ビットコインとは?初心者向けに分かりやすく解説

ビットコインについて、よく理解できたよ!

今回はビットコインの特徴や仕組み・デメリットや購入方法を解説しました。

最後に、本記事の重要なポイントをまとめます。

  • ビットコインはネット上のデジタル資産で、送りたい相手に直接送金できる特徴がある
  • 発行枚数に限りがあり、将来の値上がりに期待して購入する投資家が多く存在する
  • ビットコインは国内取引所を使って簡単に購入できる

ビットコインの購入に挑戦したい方には、手数料が安いGMOコインの利用をおすすめします。

長期的な価格上昇が期待されるビットコインを購入して、値上がり益の獲得を目指しましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、本人確認までサクッと済ませておくワン!
早ければ即日~翌日に取引を始められるワン!

おすすめの仮想通貨取引所

いろはにマネーの投資診断

ブックマークした記事を見る
Loading...
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU