PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

仮想通貨GRT(ザ・グラフ)の将来性は?投資リスクや日本で買える取引所・買い方を解説

The Graph(GRT)はブロックチェーンのデータ検索システムを提供する仮想通貨プロジェクトです。
AI関連銘柄が高騰した2023年の年初には、「AI & Big Dataトークン」に分類されるGRTも1か月で4倍近い急騰を見せました。

今回は、仮想通貨GRT(ザ・グラフ)の特徴や将来性・注意点、買い方を分かりやすく解説します。

\ 気になる方はこちら /

ビットバンク

\ 全銘柄が板取引に対応 /

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

仮想通貨GRT(ザ・グラフ/The Graph)とは?

仮想通貨GRT(ザ・グラフ/The Graph)とは?
通貨名The Graph(ザ・グラフ)
シンボルGRT
主な取引所bitbank
現在の価格 約15円
発行日2020年12月
The Graphの開発開始:2017年
発行枚数発行上限:なし
時価総額約1380億円
時価総額ランキング:41位
ツイッターhttps://twitter.com/graphprotocol
Twitterフォロワー数:30万人以上
公式HPhttps://thegraph.com/
※2023年6月時点

The Graph(ザ・グラフ)とは、ブロックチェーンのデータ検索システムを提供するプラットフォームのことです。
The Graphのネットワーク上では仮想通貨GRTが使われます。

The Graphは分散型アプリケーション(DApps)からブロックチェーンのデータを効率的に取得できるAPIを提供しており、様々なDAppsの開発に用いられています。
※API…アプリケーションとプログラムを繋ぎ、情報の交換・機能の拡張ができるインターフェイス

The Graphの共同創業者は、イーサリアム上でDAppsを構築するツールが十分に備わっていないことに気が付いて、The Graphの開発を始めたんだ。

The Graph(GRT)の主な特徴は以下の3つだワン!

ブロックチェーン上の検索システムを提供

ブロックチェーン上の検索システムを提供
出典:The Graph

The Graph(ザ・グラフ)はブロックチェーンデータを効率的に抽出・利用するためのネットワークです。

分散型アプリケーション(DApps)の開発者は、従来は自分でブロックチェーンデータを抽出するか、中央集権的なAPIに依存する必要がありました。
しかし、The Graphによって透明性の高いブロックチェーンデータを効率的に取得できるようになり、多くのプロジェクトでThe Graphが用いられるようになりました。

The Graphとは

ブロックチェーンデータをインデックス化し、検索システムを提供するプロジェクト。イーサリアムなどのネットワークにクエリを実行するためのプロトコル

※インデックス…「索引・見出し」などの意味を持つ

※クエリ…「問い合わせる」などの意味を持つ。データベースから特定の情報を取得するための質問のようなもの

※プロトコル…コンピュータでデータをやり取りする際に定められた手順や約束事

優れた検索機能を提供していることから、The Graphは「ブロックチェーン上のGoogle」とも呼ばれることもあるよ。

検索利用料の支払いに用いられる

検索利用料の支払いに用いられる
データ出典元:Messari

仮想通貨GRTは、The Graphの検索サービスを利用する際に支払いに使われるトークンです。
The Graphを利用する開発者や企業は、検索使用料をGRTで支払います。

また、ネットワーク維持に貢献しているインデクサー・キュレーター・デリゲーターには、報酬としてGRTが与えられます。

The Graphの貢献者

  • インデクサー
    →プラットフォームのインデックス機能を維持するノード。GRTをステーキングする必要がある
  • キュレーター
    →GRTを使用し、何をインデックス化するべきかを決定する
  • デリゲーター
    →自身のGRTをインデクサーに委任し、報酬の一部を得る。ノードのインストールは不要

※ノード…ネットワーク内で活動する個々のコンピュータやデバイス

The Graphのエコシステム内では、様々な参加者が役割を果たしているワン!

サブグラフを作成すると報酬が得られる

サブグラフを作成すると報酬が得られる

The Graphのネットワークでは、特定のブロックチェーンデータを効率よく探せる「サブグラフ」を作成できます。

サブグラフは誰でも自由に作成・公開可能です。
サブグラフの作成者は、作成したサブグラフが利用されるたびに報酬としてGRTトークンを得られます

ブロックチェーンは膨大な量の情報があふれているけど、サブグラフには特定のテーマや目的に沿ったデータが集められているんだ。
サブグラフを参照すれば効率よく情報が得られるよ。

GRTを国内初上場!bitbankの詳細を見る
こちらから

仮想通貨GRT(ザ・グラフ)の価格推移

仮想通貨GRT(ザ・グラフ)の価格推移

GRT(ザ・グラフ)の今までの値動きが知りたいな。

ここからは、仮想通貨GRTの価格推移をチャートで見ていくワン!

仮想通貨GRT(ザ・グラフ)の全期間チャートを確認

仮想通貨GRT(ザ・グラフ)の全期間チャートを確認
データ出典元:CoinMarketCap

仮想通貨GRTの最高値は、2021年2月につけた246円台です。

2020年12月にはバイナンスを含む海外取引所への上場を果たし、2021年にはDeFiブームを受けて価格を上げました。
2022年に大きく下落したものの、2023年2月には価格を上昇させています。

今後も仮想通貨全体の相場が上向けば、GRTも上がるかもしれないね。

2021~2022年の値動き【チャート】

2021~2022年の値動き【チャート】

2021年は仮想通貨市場全体が上昇相場を迎え 、GRTも追い風を受ける形で価格を上昇させました。
2月の高騰はDeFi関連トークンとの連動が要因の1つと考えられており、最高値となる246円台を更新しています。

2022年には仮想通貨市場全体の暴落に影響を受けて下落しました。
なお、価格は低迷したもののThe Graphネットワーク上のサブグラフは増加しており、GRT発行直後の3,800から74,000に増えています

2021年2月の上昇要因として、GRTデリゲートの利回りの良さも考えられているよ。
多くのGRTが預け入れ&ロックされて流通量が減り、希少性が高まった可能性があるんだ。

2022年の仮想通貨の暴落については「仮想通貨が暴落した理由は?ビットコイン下落は買い時?急落の原因と対策を解説」の記事をチェックするワン!

2023年の価格動向【チャート】

2023年の価格動向【チャート】

2023年の年初には、GRTの価格上昇傾向が見られました。
仮想通貨市場が全体的に上昇を見せており、GRTも1か月半で4倍近くまで価格を上げました

The Graphはデータ利用者からの収益が堅調に増えており、2022年第4四半期には前四半期比66%増をつけたことも好材料になったと考えられます。
また、年初のChatGPT人気に伴ってAI系トークンが価格を上昇させており、GRTがCoinMarketCapの「AI & Big Dataトークン」に分類されていることからGRTの買いが入った可能性もあります。

2023年2月には、AI & Big Dateトークンに分類されるRNDR・AGIX・OCEAN・FETなどが軒並み高騰しているよ。
AIへの投資がトレンド入りした際は、GRTもチェックするといいかもしれないね。

\最短即日取引可能/

全37銘柄が板取引に対応!スマホで本格的なテクニカル分析も可能。
「スマホで本人確認」なら最短1日で取引開始できます。

仮想通貨GRT(ザ・グラフ)の将来性・今後の価格予想

仮想通貨GRT(ザ・グラフ)の将来性・今後の価格予想

GRTには今後の将来性はあるのかな?

価格予想と合わせて、GRTの将来性をチェックしてみるワン!

多くのプロジェクトに導入されている

多くのプロジェクトに導入されている

The Graphのデータアクセス機能はブロックチェーンの世界で広く受け入れられており、多くのプロジェクトで活用されています
様々な分野で導入されており、今後も新たな活用方法が生まれる可能性があります。

The Graphの導入例

  • Uniswap
    →取引・流動性プール・ユーザーデータなどの情報を取得
  • Decentraland
    NFTのデータやユーザーが所有する土地の情報を取得
  • Synthetix
    →合成資産の価格データなどを取得

ユースケースが増えればGRTが活発に流通するようになって、GRTの価格に良い影響が出るかもしれないね。

Web3.0のインフラとして期待

Web3.0のインフラとして期待
データ出典元:Cryptorank

The Graphはブロックチェーンデータを効率的に扱えるシステムを提供しており、次世代のインターネット(Web3.0)に欠かせないインフラになる可能性があります。
Web3.0が広く普及すれば、GRTの重要性も増すかもしれません。

なお、The Graphは著名な投資家や投資グループから大規模な出資を受けています
Coinbase VentureやDegital Currency Group(DCG)など、業界で影響力のある投資グループから支援を受けていることから、The Graphの将来性に期待する投資家もいます。

GRTトークンがガバナンスに利用される

DAO(分散型自律組織)とは

The Graphは分散型自律組織(DAO)の仕組みが取り入れられており、GRTはガバナンストークンの役割を持っています

GRT保有者はプロトコルのアップグレードやステーキング報酬率の決定など、プロジェクトの将来に影響を与える投票に参加可能です。

DAO運営でより良いプラットフォーム作りが進めば、GRTの価格にも反映されるかもしれないね!

今後の価格は?仮想通貨GRTの将来価格を予想

2025年2029年
Digital Coin Price0.35ドル0.76ドル
Price Prediction0.28ドル1.12ドル
※2023年6月下旬時点

海外の仮想通貨AI価格予想サイトによる、GRTの価格予想は上記の通りです。

今後の価格上昇を見込んだ、ポジティブな予想が出ています。

2023年の年初に0.05ドル台だったGRTが、6年後には15~22倍くらいに高騰する予想が出ているんだね!

GRTの価格はThe Graphの開発状況だけでなく、金融市場全体の相場にも影響されるんだ。
AI価格予想はあくまでも参考程度にして、冷静に投資判断を行おう。

GRTを国内初上場!bitbankの詳細を見る
こちらから

仮想通貨GRT(ザ・グラフ)の投資リスク・注意点

仮想通貨GRT(ザ・グラフ)の投資リスク・注意点

GRTの注意点も知っておきたいな。

GRTを購入する際のリスクを紹介するワン!

初期の投資ラウンドで安く販売されている

初期の投資ラウンドで安く販売されている
データ出典元:Chainbroker

GRTの初期の投資ラウンドでは、特定の投資家やベンチャーキャピタルに対して非常に安い価格でGRTが販売されました
※投資ラウンド…投資家がスタートアップ企業に対して出資する段階のこと

トークン比率の34%が初期の投資ラウンドに割り当てられており、シードラウンドでは0.00147ドル・シリーズAラウンドでは0.00294ドルで配布されています
2023年初頭のGRT価格は0.05ドル前後となっているため、大口の売りが入る可能性も考慮する必要があります。

初期の投資ラウンドで配布されるGRTはロックアップ期間が設けられていて、現在は毎月5.56%ずつトークンが解放されているよ。

なお、多くの仮想通貨プロジェクトにおいて、初期の投資ラウンドでは安値で販売されているワン!

フロントエンドのアプリではない

The Graphはブロックチェーン技術の裏側で動く「バックエンド」のインフラであり、一般ユーザーが直接触れるフロントエンドのアプリではありません
NFTゲームNFTマーケットプレイスなどのアプリではないため、仮想通貨ユーザーからの注目を集めにくい側面があります。

仮想通貨GRTがトレンド入りする機会は他の銘柄に比べると少ないかもしれません。

BNBチェーンの「PancakeSwap」やSolanaの「STEPN」のように、人気のキラーアプリが登場するわけではないんだね。

The Graphは目立つニュースは少ないかもしれないけど、縁の下の力持ち的な役割を担っていることは覚えておこう。

GRTは発行上限がない

GRTは発行上限がない
データ出典元:Coingecko

GRTには発行上限が設けられておらず、新たなトークンが継続的に供給されます


GRTはインデクサーやキュレーターへの報酬として新たなGRTが発行される仕組みで、発行枚数の調整がうまくいかなければインフレを起こす可能性が考えられます。

ただ、GRTにはインフレーション率が年間3%を超えないようにパラメータが設定されている他、バーン(焼却)によるデフレの仕組みが取り入れられている点もおさえておきましょう。

なお、初期投資家やチーム・財団に割り当てられたトークンはロック解除が進んでいるワン!

値動きの大きさに伴う損失リスク

値動きの大きさに伴う損失リスク

GRTはビットコインなどの主要銘柄に比べ、ボラティリティ(価格の値動き)が大きい金融資産です。
高騰する可能性がある一方で下落幅も大きく、投資タイミングによっては大損につながる恐れがあります。

アルトコイン1銘柄の集中投資はリスクが高いため、他の投資への分散投資を検討するのが望ましいです。
仮想通貨投資に慣れていない方には、BTC・ETHなど時価総額ランキング上位の銘柄を中心にポートフォリオを組むのをおすすめします。

時価総額の小さいアルトコインは、安い時期に入手して大量保有している大口投資家の売りが起こりやすいんだ。
価格が急落するリスクがあることを覚えておこう。

2023年の2月の高値でGRTを20万円分買っていた場合、1か月後には11万円になっている計算だワン。
高値掴みに注意しつつ投資を検討するワン!

GRT・MANA・APEの取扱いあり!bitbankの詳細を見る
こちらから

【実際に買ってみた】仮想通貨GRTの買い方・購入方法

【実際に買ってみた】仮想通貨GRTの買い方・購入方法

GRTは日本の取引所で買えるのかな?

GRTは国内取引所のbitbankで購入できるワン。
実際に買ってみた感想と合わせて、買い方を紹介するワン!

仮想通貨GRTはbitbank(ビットバンク)で購入できる

bitbank公式
bitbankの手数料(クリックで開きます)
取引所名bitbank(ビットバンク)
手数料入金手数料:無料
出金手数料:550円/770円(3万円以上)
送金手数料(BTC):0.0006BTC
取引手数料(販売所)無料
取引手数料(取引所):Maker -0.02%/Taker 0.12%(一部銘柄を除く)
最低購入金額販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
提供サービス販売所・取引所・レンディング
公式HPhttps://bitbank.cc/

2023年6月より、国内取引所のbitbankでGRTを購入できるようになりました。
bitbankは仮想通貨の取引量国内No.1を誇り、高い流動性で快適なトレードが可能です。

※2021年4月末日時点、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)統計データ調べ

NFT関連銘柄のApeCoinや、日本発プロジェクトのAstarOasysなど、様々なアルトコインを取り扱っています。

スマホアプリからGRTを板取引できる、使いやすい取引所だよ。

仮想通貨GRTの買い方・購入方法

仮想通貨取引の始め方

GRTを購入するにはbitbankの口座を開設する必要があります。

購入の流れは以下の通りです。

GRTの買い方

  • 国内取引所で口座開設する(無料)
  • 取引所の口座に日本円を入金する
  • GRTを購入する

取引所への無料登録は5分程度で終わるから、サクッと登録しておこう。

仮想通貨の始め方を詳しく知りたい人は「仮想通貨(ビットコイン)の始め方・やり方まとめ!稼ぐ方法を初心者向けにわかりやすく解説」を見ると良いワン!

GRTを実際に買ってみた【10,000円分】

GRTを実際に買ってみた【10,000円分】

上記画像は実際にbitbankを利用し、GRTを約10,000円分購入*した際の画像です。

bitbankの取引所は0.0001GRTから購入できるため、数十~数百円といったGRTの少額購入も問題なく行えます。

*いろはに投資編集部メンバーまたは担当ライター個人による投資実績

GRTを買ってみた感想

  • 販売所形式だけでなく、取引所形式でも買えるのが良い
  • 主要銘柄よりも流動性が低く、価格が動きやすいと感じた。仮想通貨投資の初心者には、ボラティリティ(値動きの幅)が小さいビットコインなどで取引に慣れた上での投資判断を推奨したい
  • bitbankは新規上場直後に取引手数料無料キャンペーンを行っているのが高印象

これまでは海外取引所を使わないと買えなかったGRTを、日本の取引所で簡単に買えるのは便利だよね。

板取引はちょっと難しそうだけど、販売所スプレッドのコストを避けられるのはうれしいな!

\最短即日取引可能/

全37銘柄が板取引に対応!スマホで本格的なテクニカル分析も可能。
「スマホで本人確認」なら最短1日で取引開始できます。

仮想通貨GRT(ザ・グラフ)に関するQ&A

仮想通貨GRT(ザ・グラフ)に関するQ&A

GRTのよくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、GRTへの疑問を解消するワン!

仮想通貨GRTはステーキングできる?

仮想通貨GRTはステーキングできる?

GRTはデリゲートに対応しており、保有して利回りを得ることができます
※デリゲート…保有するトークンをインデクサーに委任し、間接的にステーキングに参加する

GRTのデリゲートのやり方

  • 仮想通貨ウォレットにGRTを準備
  • The Graphのネットワークにウォレットを接続
  • GRTトークンを委任するインデクサーを選択し、デリゲートを行う

CycGoとGRTトークンの関係は?

CycGoとは自転車に乗ってGRTトークン(Green Ride Token)を稼ぐMove to Earnアプリのことです。

The GraphのGRTとCycGoのGRTはティッカーシンボルが同じですが、別のプロジェクトであり関係性は見つかっていません
間違って購入しないように注意しましょう。

ちなみに、CycGoは2023年上旬からアクセスできなくなっていて、GRT(Green Ride Token)の価値もほぼなくなっているよ。

GRTの最新ニュースを確認する方法は?

The Graph(GRT)に関する最新ニュースは、以下のサイトからチェックできます。

GRTのニュースを確認できるサイト

ホワイトペーパーは「Get Started – The Graph Docs」で確認できるワン!

GRTの現在価格は日本円でいくら?

GRTの価格情報

  • GRTの現在価格
    →上記リアルタイムデータを参照
  • GRTの最高値
    約246円(2021年2月)
  • GRTの最安値
    約12円(2020年12月)

※コインマーケットキャップ参考(データは2023年6月下旬時点)

GRTが安い時期に、何枚か買っておくのも良いかもしれないね!

ガチホ(長期投資)デイトレード(短期投資)など、自分に合った投資手法で利益を狙うと良いワン!

板取引に強い取引所!bitbankの詳細を見る
こちらから

【まとめ】仮想通貨GRT(ザ・グラフ)の将来性・買い方

【まとめ】仮想通貨GRT(ザ・グラフ)の将来性・買い方

GRT(ザ・グラフ)について、よく理解できたよ!

今回はThe Graphの特徴や将来性・注意点、仮想通貨GRTの買い方を解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • ブロックチェーンのデータ検索システムを提供するプラットフォーム
  • UniswapやDecentralandなど様々なDAppsで活用されている
  • 仮想通貨GRTはbitbankで購入できる

GRTはトレーダーに人気の高い国内取引所のbitbankで簡単に購入できます。

Web3.0時代のインフラとして期待されるThe Graph(GRT)を取引して、値上がり益の獲得を目指しましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、サクッと登録しておくワン!
早ければ即日~翌日にはGRTを買えるワン!

ビットバンク

\ 全銘柄が板取引に対応 /

いろはにマネーの投資診断

ブックマークした記事を見る
moonoo banner
Loading...
moonoo banner
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU