PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

tsumiki証券×エポスカードの評判・口コミは?メリットや注意点などをご紹介!

・エポスカードとtsumiki証券の積立投資の評判は?
・どのエポスカードがおすすめ?

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • エポスカード×tsumiki証券で積立投資ができる
  • 積立年数によって還元率が上昇する
  • 投資信託は5商品から選べる

クレジットカード積立は、投資をしながらポイントを貯められるため、資産形成に興味がある方から人気を集めています。

現金で投資するよりもお得だもんね!

そこで今回はクレジットカード積立のひとつであるエポスカード×tsumiki証券の特徴について解説します

メリットや注意点、お得なキャンペーン情報などもご紹介するので、お得にクレジットカード積立を始めたい方は参考にしてください。

この記事を書いた人:末友浩基
この記事を書いた人:末友浩基

2020年6月から副業ライターをスタートし2022年に金融ライターとして独立。
20代投資家。投資歴は3年。米国(S&P500)・日本(高配当株)・米国債券・ロボアドへ投資中。
実体験があるからこそ得られる知識を使い、読みやすく分かりやすい記事を執筆しています。

\2,000円分のポイントがもらえる/

エポスカードの特徴

まず最初に、エポスカードの特徴を見ていきましょう。

カードの種類エポスカードVisaエポスゴールドカードエポスプラチナカード
年会費永年無料5,000円(年間50万円以上の利用で永年無料) 30,000円(100万円以上の利用で永年20,000円)
還元率0.5%0.5%0.5%
ボーナスポイントなし年間50万円以上:2,500円相当
年間100万円以上:10,000円相当
年間100万円以上の利用で2万円相当
最大1,500万円以上の利用で10万円相当
貯まるポイントエポスポイントエポスポイントエポスポイント
ブランドVisaVisaVisa
公式サイトhttps://www.eposcard.co.jp/cm2014/ https://www.eposcard.co.jp/goldcard/ https://www.eposcard.co.jp/platinum/

エポスカードは3種類から選ぶことができ、どのカードも基本還元率は0.5%です。

なら年会費のかからないノーマルカードが良いの?

ただ、ゴールドカードやプラチナカードは、年間の支払額に応じてボーナスポイントが付与されます

たとえばゴールドカードで年間100万円以上利用すると、1万円相当のポイントがもらえるため、

5,000ポイント(通常還元)+10,000ポイント(ボーナスポイント)=15,000ポイント

となり、実質還元率は1.5%となります。

貯まったポイントはショッピングで利用したり、後ほど紹介するポイント投資でも利用できます。

まずは自分が毎年どれくらい使うか確認してみようワン!

エポスカードを使ってtsumiki証券で積立投資ができる

クレジットカード積立はポイントを貯められるので、普通に投資するよりもお得に投資できます。

実はエポスカードでも、tsumiki証券でクレジットカードを使った積立投資ができます

項目内容
対象カードエポスカードが発行するクレジットカード
対象商品tsumiki証券で積立買付ができる投資信託(5銘柄)
買付のタイミング原則第2週の平日
最低積立金額100円以上1円単位
毎月積立上限5万円
ポイント還元率年間の積立金額の
0.1% (初年度)
0.2% (2年目)
0.3% (3年目)
0.4% (4年目)
0.5% (5年目以降)
年会費無料

tsumiki証券って聞いたことないな…

tsumiki証券は丸井グループ 100%子会社で、エポスカード(エポスポイント)からの投資信託販売を専門とする証券会社です。

月100円と少額から投資でき、 一度設定すれば後は自動で引き落としされるので、投資初心者でも気軽に資産形成を始められます

エポスカード積立投資のメリット

エポスカード積立は他のサービスと何が違うの?

エポスカード積立のメリットは主に以下の4つです。

それぞれ解説していきます。

エポスポイントが段階的に貯まる

エポスカードを使って積立投資をすると、1年間の積立額に応じたポイントが付与されます。

どれくらい付与されるの?

エポスポイントは積立年数によって付与率が上がり、最大0.5%まで上昇します。

積立年数ポイント付与率
初年度年間積立額の0.1%
2年目0.2%
3年目0.3%
4年目0.4%
5年目以降0.5%

例えば、月1万円積立投資をすると、初年度は120ポイント、2年目は240ポイント・・・5年目以降は600ポイントと、積立金額は同じでももらえるポイントは増えていきます。

来年はもっとお得になる!と考えたら積立投資も継続しやすいね!

ボーナスポイントの対象

ゴールドカードのボーナス年間利用額特典

エポスゴールドカードとプラチナカードには、年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえます。

積立投資に回したお金も年間利用額に含まれるの?

年間利用額に含まれないクレジットカードもありますが、エポスカードの積立投資では年間利用額に含まれます

そのため、ボーナスポイントを手に入れやすくなるのです。

利用金額に対するボーナスポイント(タップすると見れます)

カード年間利用額ボーナスポイント
ゴールド50万円以上2,500ポイント
100万円以上10,000ポイント
プラチナ100万円以上20,000ポイント
200万円以上30,000ポイント
300万円以上40,000ポイント
500万円以上50,000ポイント
700万円以上60,000ポイント
900万円以上70,000ポイント
1,100万円以上80,000ポイント
1,300万円以上90,000ポイント
1,500万円以上一律 100,000ポイント

仮にエポスゴールドカードで、月3万円積み立てると、年間36万円の支払いが確定します。

ボーナスが年間50万円まであと12万円(月1万円)となるなど、ボーナスまでのハードルを下げることができますよ。

\2,000円分のポイントがもらえる/

5種類の投資対象から選ぶだけ

tsumiki証券で投資できるのは5種類に厳選された投資信託です。

投資信託ってなんだっけ?

投資信託とは、多くの投資家から集めた資金を、投資家の代わりに資産運用のプロが投資・運用する金融商品です。

少額から投資できたり、分散投資でリスクを抑えられたりするなど、特に投資初心者におすすめです。

投資信託について詳しく知りたい方は「【初心者向け】投資信託とは?仕組みや種類も図解で丸わかり」の記事を参考にしてください。

tsumiki証券で取り扱っている投資信託は5種類で、そのうち4つは、非課税優遇制度であるつみたてNISAの対象です。

ちなみにどんな銘柄があるの?

エポスカード×tsumiki証券で取り扱っている投資信託は以下の5つ。

銘柄つみたてNISAの対象かどうか
セゾン・バンガード・ グローバルバランスファンド対象
セゾン資産形成の 達人ファンド対象
コモンズ30ファンド対象
ひふみプラス対象
まるごとひふみ15対象外

公式サイトにて各銘柄のレポートを公開していますので、投資する前に必ず確認しておきましょう。

つみたてNISAの対象となる=金融庁が長期積立・分散投資に適した投資信託として選んでいるということになるため、極端に手数料が高い「ぼったくり」と呼ばれるファンドはありません

ポイント投資もできる

クレジットカードを使った投資だけでなく、日ごろ支払いで貯めたポイントで投資することもできます

ポイント投資なら始めやすいかも!

  • 100ポイントから利用できる
  • 好きなタイミングで投資信託が買える

損するのが怖くて投資をはじめられていない…という方は、ポイント投資から始めてみることをおすすめします。

\ポイントで気軽に投資を始めるなら/

エポスカード積立投資の注意点

注意しないといけない点もある?

エポスカードで積立投資を行うにあたって2つの注意点があります。

それぞれの注意点を見ていきましょう。

選べる投資信託が5種類しかない

日本で販売されている投資信託は、5,000種類を超えています。

投資初心者にとって、選べる投資信託が少ないのはメリットですが、もっと多くの選択肢から選びたい方にとってはデメリットです

選択肢があると、自分のリスク許容度に応じて、自分好みの投資信託を組み合わせることもできます

でも僕は、投資にそんなに詳しくないから投資信託が限定されている方がありがたいな!

このように選べる投資信託が少ないことは一長一短ですので、あなたに合った証券会社を選択することをおすすめします。

tsumiki証券の使い勝手がよくない

大手ネット証券であるSBI証券や楽天証券と比較すると、tsumiki証券の使い勝手はよくありません。

というのも、tsumiki証券では株式投資ができず、優待はもちろん企業から分配される配当金をもらうこともできないためです。

投資信託を使って慣れていこうと考えている方にはおすすめですが、投資に慣れた人だと物足りなさを感じるでしょう。

投資に慣れた人はSBI証券や楽天証券などを利用してみるといいワン!

あわせて読みたい:SBI証券と楽天証券どっちがおすすめか18項目で徹底比較!NISAつみたてはどっちが良い?

エポスカード×tsumiki証券の投資がおすすめな人

じゃあどんな人におすすめなの?

ここまでのメリット・デメリットを振り返ると、エポスカードでの積立投資は以下のような方におすすめです。

  • これから投資を始める人
  • エポスポイントを効率的に貯めたい人

エポスカードを使った積立投資は、年間利用額に含まれるので、ボーナスポイントまでのハードルを下げてくれます。

そのため、エポスポイントを効率的に貯めたい人にはおすすめできます。

ただ、エポスポイントを貯めているわけではなく、ポイントが貯まるクレカ積立を探しているだけであれば、他のクレカ積立をおすすめします。

ポイントの還元率や信託報酬の面からみても、自分に合ったより良い証券会社を探すことはできます

あくまで初めての人が投資しやすく、エポスカード利用者が手軽に始められるところが魅力的です。

\エポスポイントを効率的に貯めるなら/

おすすめのクレカ積立

エポスカード×tsumiki証券以外にも、クレジットカード積立のサービスを提供しているところは多くあります。

その中でもおすすめのクレジットカード積立としては、以下の3つ。

より詳しく知りたい方はクレカ積立におすすめ証券会社の記事をチェックだワン!

エポスカード×tsumiki証券の評判

エポスカード×tsumiki証券の評判はどうなの?

エポスカード×tsumiki証券の実際の口コミをSNSから紹介します。

口コミをまとめた結果は以下の通りです。

  • エポスポイントが貯まってお得!
  • 貯金をするイメージで積立投資ができる!
  • 選べる投資信託が少ないから初心者でも迷わずに済む!
エポスカード×tsumiki証券の口コミを見る(クリックで開きます)
https://twitter.com/ruru_chami/status/1231562320985251841?s=20&t=4ygbhZRkyf1RemmXP0Gh7Q

ポイントが貯まりやすくなる点を評価する声が多い一方で、投資信託の数を指摘する声もありました。

とはいえ、投資初心者には何十個も比較するのが難しいことを考えると、投資信託が5種類であることはメリットであると考えられます。

エポスカードのキャンペーン【最新】

2022年12月現在、エポスカードでは入会特典としてWebから入会すると2,000円相当のエポスポイントが付与されます

具体的な申し込み方法は以下の通り。

  1. 公式サイトの「お申し込みはこちら」をクリック
  2. デザインを選択し、規約に同意する
  3. 住所などの個人情報を入力する
  4. 勤め先や借り入れ状況を入力する
  5. 審査の上、問題なければカード発送

指示に従い操作すれば、簡単に申し込みできます。

審査期間は人によって違いますが、店舗や施設へ行けば最短で即日で受け取ることができますよ。

スマホ・PCどちらからでも申し込めるよ!

\2,000円分のポイントがもらえる/

【まとめ】エポスカード×tsumiki証券の評判・口コミ

他のクレカ積立と比較してみるよ!

この記事では、エポスカードの積立投資のメリットや注意点、キャンペーン情報について解説してきました。

最後に、重要なポイントを3つにまとめました。

  • エポスカード×tsumiki証券で積立投資ができる
  • 積立年数によって還元率が上昇する
  • 投資信託は5商品から選べる

クレカ積立はクレジットカードから自動的に投資が出来るうえ、ポイントが貯められるのが最大の魅力です。

エポスカードの積立投資をしたい方は、まずはエポスカードの申し込みをして積立を始めましょう!

\2,000円分のポイントがもらえる/


ブックマークした記事を見る
Loading...
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU