PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

投資初心者向け注目ニュース(12/4ver.)

毎週月曜日に更新する『投資初心者向け注目ニュース』では、いろはにマネー会員様に向けて、先週の振り返りや今週の注目トピックを分かりやすくお伝えします。

今週は、いろはにマネー編集長の曽根原がお届けします!

新NISAのクレカ積立、初回締切は?

ドルコスト平均法の例
ドルコスト平均法の説明

2024年から始まる新NISAで、1月からクレカ積立を始めるための各証券会社の期日を調べてみました。

毎月積立投資をすることで、ドルコスト平均法を実践できます。

証券会社クレカ積立の設定期限実際の買付日
SBI証券23年12月10日
*毎月10日
24年1月4日
*毎月1日
楽天証券23年12月12日
*毎月12日
24年1月4日or1月9日
*毎月1日or8日
マネックス証券24年1月9日
*毎月10日の1営業日前
24年1月17日
*毎月20日の3営業日前
auカブコム証券23年12月7日
*毎月9日の2営業日前
24年1月5日
*毎月第1営業日の翌営業日
各証券会社Webサイトを元に作成。

上記の「設定期限」までにクレカ積立を設定しないと、1月からのクレカ積立投資を始められないため注意しましょう。

間に合わない場合は焦らず、2月から積み立てましょう!

また、各社で使えるクレカ・還元率もまとめました。

証券会社使えるカード還元率
SBI証券三井住友カード通常:0.5%
ゴールド:1.0%
プラチナ:2.0%
プラチナプリファード:5.0%
楽天証券楽天カード通常:0.5%
ゴールド:0.75%
プレミアム:1.0%
マネックス証券マネックスカード1.1%
auカブコム証券au PAYカード1%
各証券会社Webサイトを元に作成。

SBI証券のプラチナプリファードがダントツで高いですよ!
年会費無料のカードなら、マネックス証券が一番還元率高いです。

💪まだ口座がない人は…

  • 総合的にはSBI/楽天どちらかおすすめ
    • どちらも新NISA口座での手数料が無料、商品も豊富。
    • NISAの使い勝手もよく、利用者もトップクラス。
    • 曽根原はSBI証券を利用中。
  • 年会費無料のクレカでポイント還元率が良い証券なら、マネックス証券がおすすめ
    • 新NISA口座での手数料は無料。商品も豊富。
    • SBI/楽天に比べると若干マイナーだが、ファンも多い証券会社
  • 普段auを使う人ならauカブコム証券がおすすめ
    • 「auマネ活プラン」でポイント還元率アップ

各社の公式サイトのリンクを以下に貼っておきますね。
何か質問がある場合は、本記事にコメント頂ければ回答します!

▼各社、キャンペーン情報も掲載されています。

ウォーレン・バフェットをご存知でしょうか?

2023年11月28日、米投資・保険会社「バークシャー・ハサウェイ」の副会長を務めた”チャールズ・マンガー”氏が死去したという報道がありました。

「バークシャー・ハサウェイ」では“ウォーレン・バフェット”という著名投資家が会長兼最高経営責任者(CEO)を務めています。

マンガー氏はバフェット氏の右腕として有名でした。

投資初心者の方の中には”ウォーレン・バフェット”を知らない方もいるかもしれませんが、同氏は世界三大投資家として有名なので、これを機会に少し学んでおくと良いでしょう。

世界三大投資家のうち他2人は、ジョージ・ソロス、ジム・ロジャーズ氏です。

バフェット氏の投資哲学は多くの個人投資家から支持されていますので、投資のヒントになりますよ。


moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU