PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【いつもらえる?】コカコーラ株の配当金推移や今後の株価見通しについてわかりやすく解説!

・コカコーラ株の配当はいくら?
・コカコーラ株は買った方が良い?

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • コカコーラ株は60年間連続増配している
  • 業績が安定しており、景気後退局面に強いのが魅力
  • マーケティングへの積極投資、事業ポートフォリオの選択と集中が今後の注目ポイント

清涼飲料水でお馴染みのザ コカ・コーラ カンパニー。

60年連続増配を記録しており、高配当株として人気です。

また、ウォーレン・バフェットが古くから投資していた銘柄としても有名です。

今回の記事では、コカコーラの配当や業績、そして今後の注目ポイントについて解説していきます。

この記事を読めば、コカコーラ株について理解できるワン!

コカ・コーラ株を買うのにおすすめのネット証券

  • SBI証券
    公式サイト:https://www.sbisec.co.jp/
    住信SBI銀行との連携で米ドルの為替手数料が安くなります。
  • moomoo証券
    公式サイト:https://www.moomoo.com/jp
    大手証券と比較して格安の取引手数料で人気。
  • マネックス証券
    公式サイト:https://www.monex.co.jp/
    米国株の時間外取引にも対応しています。
  • 楽天証券
    公式サイト:https://www.rakuten-sec.co.jp/
    楽天ポイントで米国株に投資ができます。
  • IG証券
    公式サイト:https://www.ig.com/jp
    CFD取引でレバレッジ取引可能!当サイト限定タイアップキャンペーン実施中です。
この記事は音声でも聞くことが出来ます

個別株投資に関する最新情報を、いろはにマネーの「株式投資 メールマガジン」で受け取れます!

  • 日本株、アメリカ株、ETFなど最新の注目銘柄
  • NISAの成長投資枠で活用したい!高配当株・株主優待のお得情報
  • 当社所属アナリストによる市況解説・注目セクターの紹介

登録は無料・メールアドレスのみで登録できるので、個別株投資で成功したい方は以下より受取登録しましょう!


※登録後、配信解除も自由にできます。

コカコーラ株とは?【基本情報】

コカコーラ1

まずは、コカコーラ社がどんな事業を行っているのか、そして投資対象としてどんな魅力があるのかを見ていきましょう。

コカコーラ社の事業内容

ザ コカ・コーラ カンパニーの企業概要は以下のようになっています。

会社名The Coca-Cola Company
ティッカーKO
株式市場NYSE(ニューヨーク証券取引所)
主な事業内容清涼飲料水の製造、販売

ザ コカ・コーラ カンパニーは、世界最大の飲料企業です。

1892年、エイサ・キャンドラー(後のアトランタ市長)がジョージア州アトランタにて設立しました。

現在、同社は“concentrate operations”と”finished product operations”の2つのセグメントで事業を展開しています。

清涼飲料水の製造販売だけじゃないの?

2つのセグメントについて、詳しく見ていきましょう。

concentrate operations

1つ目の事業は、濃縮原液事業になります。

濃縮されたシロップ等をボトラーに販売しています。

こちらがコカコーラ社の主力事業となっています。

コカコーラ社から原液を仕入れ、水や炭酸水で薄めてパッケージするのがボトラーの役割だワン!

finished product operations

2つ目の事業は、完成品事業になります。

ジュースやミネラルウォーターなど、パッケージされた商品を販売しています。

こちらの事業は収益性が低いから、コカコーラ社はボトリング事業を積極的に切り離しているよ!

コカコーラ社はボトリング事業のフランチャイズ化を進め、利益率の向上を進めてきました。

2017年ごろから、濃縮原液事業への集中戦略をとっているワン!

コカコーラ株の配当金はいつ?いくら?

コカコーラ2

高配当株として人気を博しているコカコーラ株。

配当貴族指数にも採用されています。

配当貴族指数とは、S&P500のうち25年間以上連続増配を達成している銘柄で構成される指数だワン!

配当金は年4回(4月、7月、10月、12月)

コカコーラ株を保有すれば、年4回配当金を受け取ることができます。

2022年は、四半期毎に0.44ドルの配当がありました。

年1.76ドルで、利回りは約3%だね!

60年間の連続増配

直近7年間のコカコーラ株の配当金(1株あたり)、配当利回りは以下の通りです。

コカコーラ社は増配を60年間も続けています

新型コロナウルスの影響で株価が急落した2020年も0.01ドルの増配を行なっており、その経営の安定性が伺えますね。

連続増配60年は、米国史上第10位の記録だワン!

コカコーラ株の業績は?

コカコーラ3

次に、同社の業績と今後の見通しについて見ていきましょう。

直近の2022年3Q決算は、以下の通りです。

(単位:百万ドル)FY12/21 3QFY12/22 3Q増減率
営業収益10,04211,063+10%
営業利益2,8983,088+7%
親会社の所有者に帰属する当期利益2,4712,825+14%
2022 3Q Earnings Releaseより

売上、利益ともに堅調に推移しています。

昨今のドル高は同社にマイナスの影響を与えており、オーガニックベースでは16%ほど売上高の成長が見られました。

外食需要の伸びがプラスに作用したと考えられます。

業績推移

直近5年間の業績推移は以下の通りです。

コカコーラ業績
同社資料より作成

2020年は新型コロナウイルスの影響で業績の落ち込みが見られたものの、2021年には回復しています。

さすがの安定性だね!

株価と財務分析

まず、同社の株価推移を見ていきましょう。

リーマンショックやコロナショックにも耐え、比較的堅調に推移しています。

しかし2000年前後は下落傾向が続いていました。

これはコカコーラ社の人権侵害問題に端を発しています。

労働組合からの人権侵害の申し立てや水質・土壌汚染の問題が表面化し、同社の株価に大きく影響を与えました。

2010年代に入ると、株価は上昇傾向に転じています。

世界的な健康志向の高まりを受け、ノンシュガー飲料やミネラルウォーターなどに注力した同社の方針転換が功を奏したのでしょう。

コロナショックによる下落幅も、S&P500等と比べて小さいワン!

また、同社はROEが40%を超えており、効率性の高さがうかがえます。

これにはデメリットもあるのですが、詳しくは後述します。

コカコーラ株は買い?

コカコーラ4

コカコーラの株式は今買ってもいいのかな?

ここからは、コカコーラの株価、配当、業績などの今後注目すべきポイントについてまとめていきます。

ポイントは、以下の3つです。

  • 景気後退局面に強いディフェンシブ銘柄
  • アメリカの金利上昇による債務負担の増加
  • マーケティング戦略

景気後退局面に強いディフェンシブ銘柄

各国の金利が上昇する中、今後の景気後退が予想されます。

相場の4サイクルのうち、逆業績相場に入るでしょう。

4つの相場サイクル

金融引き締めの影響で企業の業績が悪化し、株価が下がる相場だワン!

そのため、食品・インフラ・ヘルスケアといった景気に左右されないディフェンシブ銘柄への投資がおすすめです。

コカコーラ株は代表的なディフェンシブ銘柄であり、これまでも景気後退局面で良いパフォーマンスを発揮してきました。

利上げムードの今、コカコーラ株のパフォーマンスにも期待ができるでしょう。

アメリカの金利上昇による債務負担の増加

コカコーラ社は、354億ドルもの有利子負債を抱えています。(2022年9月末時点)

自己資本比率も24.66%と低水準で、レバレッジを効かせている状況です。

アメリカの金利が上昇し続ければ、債務負担はより一層重くなり、経営リスクも高まります。

同社は業績の安定性ゆえに効率的な経営を可能にしているようですが、今後この負債が経営を圧迫しないか懸念が残りますね。

マーケティング戦略

コカコーラ社は例年世界企業ブランドランキング上位に位置しているように、世界有数のブランド力を有しています。

世界中の人々が知っているコカコーラは、知名度や信頼の面で他清涼飲料水メーカーを圧倒しています。

同社の業績の安定性は、このブランド力も一因となっていますね。

そんな同社ですが、2022年にジョンマーフィーCFOが「マーケティング支出を倍増させていく」と発表しました。

消費者ニーズの特定や商品の質の向上に注力するようだよ!

個別株投資に関する最新情報を、いろはにマネーの「株式投資 メールマガジン」で受け取れます!

  • 日本株、アメリカ株、ETFなど最新の注目銘柄
  • NISAの成長投資枠で活用したい!高配当株・株主優待のお得情報
  • 当社所属アナリストによる市況解説・注目セクターの紹介

登録は無料・メールアドレスのみで登録できるので、個別株投資で成功したい方は以下より受取登録しましょう!


※登録後、配信解除も自由にできます。

コカコーラ株を買うのにおすすめの証券会社は?

コカコーラ5

コカコーラ株をはじめとして、米国株に投資できる証券会社は数多くあります。

以下ではその中でも、手数料・取扱銘柄数・取引ツールの観点からおすすめの証券口座を4つご紹介します

SBI証券【取扱銘柄が多い】

SBIキャンペーン

SBI証券は、米国株の取り扱い銘柄数が約6,000銘柄と証券会社の中でも取り扱い数が多いネット証券です。

日本円でも米ドルでもどちらでも購入することができます。

米ドルの為替手数料は1ドルあたり25銭ですが、住信SBIネット銀行を活用すれば1ドルあたり6銭まで抑えることが出来ます

SBI証券で口座を開設するのであれば、併用して住信SBIネット銀行を開設するとお得に米国株投資ができますよ。

SBI証券の特徴

  • 6,000銘柄以上の米国株を取り扱い(2022年6月現在)
  • 円貨決済も外貨決済も可能
  • 最低取引手数料が0円〜(上限は税込22USD・税込0.495%)
  • 為替手数料は住信SBI銀行経由で1ドルあたり6銭
  • 米国株の貸株サービスで金利を得られる

\住信SBI銀行と連携すればお得に/

moomoo証券【次世代の投資アプリ】

moomoo証券

moomoo証券を初めて聞く方が大半なのではないでしょうか?

ナスダック上場企業であるFutu Holdings Limitedのグループ会社で、利用者は世界200ヶ国と地域、2,000万人以上に及んでいます。

moomoo証券の読み方は「モーモー」ではなく、「ムームー」です。

moomoo証券の最大の魅力は、アプリ「moomoo」です。

どんなアプリなんだろう?

moomooを一言で表すと、「次世代投資アプリ」です。

「次世代」と言われる理由には、従来の金融・投資情報アプリを上回る、60以上のテクニカル指標を備えた高機能チャートやどこよりも早い米国株式ニュース機能があげられます。

また、バフェット氏などの大口投資家売買動向や、空売りデータ、板情報などの一歩先行く情報でライバルと差を付けられる証券会社です。

アプリから証券口座を開設すれば、業界最多水準の7000銘柄以上の米国株式を取引することもでき、その際の手数料も大手ネット証券の約1/6と格安の水準となっています。

実際の利用画面

コカ・コーラ_アプリ画面

機関投資家と個人投資家のどちらがどれだけ売買しているのか明確になり、今後の戦略を立てやすくなります。

また、業績予想を一目でみることができたり、様々な財務指標を確認することが出来るためスマホ1つでテクニカル分析・ファンダメンタル分析が手軽に行え、便利です。

moomoo証券ではまもなく日本株の取引機能もリリース予定だワン!

アプリは無料でダウンロードできるので、まずは以下のボタンからダウンロードしてみましょう。

\口座開設キャンペーン実施中/

moomoo証券のキャンペーン

moomoo証券では、人気の米国株が当たるキャンペーンを実施中!
入金をすると抽選で最大10万円相当の米国株がもらえるほか、米国株の取引手数料が2ヶ月間無料になります。

*アプリダウンロード&登録は無料です。

マネックス証券【買付時の為替手数料0円】

マネックス証券

マネックス証券は米国株取引で時間外取引もできるネット証券で、多様な注文方法に対応しています。

例えば株価の上昇幅、または下落幅に合わせて逆指値注文のトリガーとなる価格をリアルタイムで自動修正する「トレールストップ注文」など、ほかの証券会社には無い注文方法があります。

米国株は日本時間で深夜の取引が中心だから、時間外取引ができるのは嬉しいね!

標準時間で23時30分から翌6時の取引時間に加えて、22時~23時30分の「プレマーケット」、6時~10時の「アフターマーケット」の時間帯も取引が可能です。

マネックス証券の特徴

  • 時間外取引が可能
  • 最低取引手数料が0円〜(上限は税込22USD・税込0.495%)
  • 買付時の為替手数料が無料
  • 「銘柄スカウター」で分析が可能

\期間限定キャンペーン実施中/

マネックスのキャンペーン

クイズに正解&新規口座開設等で、もれなくdポイント2,000円相当をプレゼント!
さらにNISA口座開設で最大4,000円相当のdポイントがもらえます。

口座開設(無料)はスマホで簡単にできるので、早めに申し込みましょう。

楽天証券【2か月間手数料0円】

楽天証券No.1画像

口座開設をしてから2か月間は取引手数料が0円に加えて、ポイントバックがあるのが楽天証券のおすすめポイントです。

楽天銀行との連携「マネーブリッジ」により、銀行預金から直接、米国株を購入することができます。

購入時に証券口座に資金が不足している場合は、自動入出金(スイープ)にも対応しているため、銀行口座から投資資金を捻出できます。

中には毎月2万ポイント貯めて、そのまま積み立てNISAに使っている人もいるワン!

楽天証券の特徴

  • 取引手数料100円ごとに1ポイント付与
  • 口座開設から2か月間取引手数料が0円
  • 最低取引手数料が0円〜(上限は税込22USD・税込0.495%)
  • 楽天銀行との連携「マネーブリッジ」採用

\楽天ポイントでも投資できる/

IG証券【CFDで下落相場でも利益が出せる】

IG証券の画像

45年以上の歴史を持ち、世界中で約31万人以上が利用する大手証券会社のIG証券。

IG証券ではVTIを始め、17,000以上の銘柄のCFD取引を行えます。

さらに、「ノックアウトオプション」が利用できるため、少額取引が可能で短期間で利益を出せる可能性もあるため高い資金効率が期待できます。

さらに、学習コンテンツ「IGアカデミー」や、ニュース分析レポートなども揃っているため、CFD初心者からプロまで満足できるでしょう。

IG証券の特徴

  • 取扱金融商品が豊富に用意されている
  • CFD取引が魅力的
  • FXでも人気を集めている
  • IGアカデミーという充実した投資学習サービスが無料で利用できる

\当サイト限定のレポート/

「いろはにマネー」経由で口座開設&取引をすると、「2024年 投資戦略のいろは」を手に入れることが出来ます。
株価推移や商品価格など、2024年の投資戦略に役立てましょう!

IG証券タイアップキャンペーン画像

【まとめ】コカコーラ株の配当はいつもらえる?

コカコーラ6

年4回、4月・7月・10月・12月に配当金がもらえるんだね!

今回は、コカコーラの配当や業績、今後の注目点について解説しました。

最後に、この記事の重要な点をおさらいしましょう。

コカコーラとはどんな企業?

アメリカのジョージア州アトランタに本社を置く、世界最大の飲料メーカーです。

現在は、濃縮原液及び完成品の製造・販売事業を行なっています。

コカコーラの配当は?

現在の配当利回りはおよそ3%です。

業績が非常に安定しており、60年連続増配を達成しています。

ボトリング事業を切り離し、高収益体制化を進めているコカコーラの今後に注目です。

長期投資を考えている初心者の方は、ネット証券の開設から始めてみましょう。

コカ・コーラ株を買うのにおすすめのネット証券

  • SBI証券
    公式サイト:https://www.sbisec.co.jp/
    住信SBI銀行との連携で米ドルの為替手数料が安くなります。
  • moomoo証券
    公式サイト:https://www.moomoo.com/jp
    大手証券と比較して格安の取引手数料で人気。
  • マネックス証券
    公式サイト:https://www.monex.co.jp/
    米国株の時間外取引にも対応しています。
  • 楽天証券
    公式サイト:https://www.rakuten-sec.co.jp/
    楽天ポイントで米国株に投資ができます。
  • IG証券
    公式サイト:https://www.ig.com/jp
    CFD取引でレバレッジ取引可能!当サイト限定タイアップキャンペーン実施中です。
いろはにマネーの投資診断

moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU