PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【株価】アップル(AAPL)の株は買い?配当金やチャート、買い方を分かりやすく解説!

・アップル株は今後どうなるの?
・アップル株は買った方が良い?

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • アップルはサービス部門が好調で成長している
  • アップルはGAFAMと比べると近年の業績の伸びは芳しくないが、株主還元に積極的である
  • アップル株を買うならネット証券であるSBI証券・楽天証券がおすすめ

パソコンの「Mac」やスマートフォンの「iPhone」で有名なアメリカ大手IT企業のアップル。

ブランド力の高さや収益力の強さから、投資家からも人気を集めている優良企業です。

近年では「Apple Watch」や「AirPods」など、ウェアラブルデバイスの売り上げも拡大しています。

今回はそんなアップル社の株を購入するべきか、今後の予想や日本からの買い方をご紹介します。

この記事を読めば、アップル株について理解できるワン!

いつでも投資が出来るように、今のうちに証券口座は作っておきましょう!

アップル株を買うのにおすすめのネット証券

  • SBI証券
    公式サイト:https://www.sbisec.co.jp/
    住信SBI銀行との連携で米ドルの為替手数料が安くなります。
  • moomoo証券
    公式サイト:https://www.moomoo.com/jp
    大手証券と比較して格安の取引手数料で人気。
  • マネックス証券
    公式サイト:https://www.monex.co.jp/
    米国株の時間外取引にも対応しています。
  • 楽天証券
    公式サイト:https://www.rakuten-sec.co.jp/
    楽天ポイントで米国株に投資ができます。
  • IG証券
    公式サイト:https://www.ig.com/jp
    CFD取引でレバレッジ取引可能!当サイト限定タイアップキャンペーン実施中です。
この記事は音声でも聞くことが出来ます

アップル株とは【基本情報】

apple 見出し1

アップルは、iPhoneの会社ってイメージだけど…?

「アップル(Apple)」という名前はほとんどの人が知っているかと思いますが、iPhoneやMacだけの会社ではありません。

まずは企業概要を見ていきましょう。

会社名APPLE.inc
銘柄名AAPL
株式市場NASDAQ(ナスダック)
株価185.85米ドル(約27,506円)
配当利回り0.51%
主な事業内容・スマートフォン、パソコン、ウェアラブルアクセサリーの設計・製造・販売
・上記に関連するソフトウェアの開発
・App StoreやApple TVなどの提供
2024年2月2日時点。為替は1ドル約148円換算。

Appleはアメリカを代表するIT企業で、「GAFA」と呼ばれるアメリカ人気株の1つです。

GAFAとは

Google、Amazon、Facebook、Appleの頭文字を取った造語。

現在ではMicrosoftも加わり、「GAFAM」と呼ばれることも。

アップルの事業内容

apple 見出し2

iPhoneの販売以外にどんなことをしているんだろう?

アップルの事業は、「プロダクト部門」と「サービス部門」の二つに分けることが出来ます。

プロダクト部門

以下のプロダクトを開発・販売しています。

  • iPhone
  • iPad
  • MacBook
  • ウェアラブルデバイス(Apple Watchシリーズ、Apple TVシリーズ、AirPodsやAirTagなど、上記以外のApple製品)

サービス部門

以下に代表される様々なサービスを提供しています。

  • Apple Music:9,000万曲以上が聴き放題の音楽ストリーミングサービス
  • Apple TV+:オリジナルの映画、ドラマ、アニメ、ドキュメンタリー番組などが独占配信される定額動画配信サービス
  • iCould:データのバックアップや共有を可能にするクラウドサービス
  • App Store:ゲームや音楽、映画、書籍など多数のアプリケーションをダウンロードすることができるサービス

Appleの製品は独自のOSでデバイス間の親和性が高いから、リピート率が上がったり、「Apple信者」と言われる熱狂的なファンもいるんだワン!

これまでのようなデバイスの製造・販売に限らず、現在は利益率の高いプラットフォームビジネスの展開が進んでいます。

実はいろはにマネーもアップルが提供するPodcastで配信をしているよ!

以下では、時代に則して成長を続ける同社の業績を見てみましょう。

アップルの業績推移

apple 見出し3

まずは、アップルの売上高、純利益の推移を見てみましょう。

アップル売上高・利益
同社資料を基に作成

コロナ禍や米中貿易問題などの苦境に立たされましたが、売上高・純利益ともに順調に増加しました。

近年は売上高・純利益ともに横ばいとなっています。

Appleはどのように売上を上げているんだろう?iPhoneの販売?

アップルはiPhoneを販売する企業として有名ですが、収益構造はそれだけではありません。

アップル部門別売上
2024年第1四半期のデータより

iPhoneの売上は全体の約6割を占めており、MacやiPadなどのその他のデバイスの売上は全体の約1/4を占めています。

残りはサービス事業が占めており、同事業の割合は増加傾向にあります。

米JPモルガンの予想では、Apple Musicの売上高は25年までに約70億ドルを達成すると見込まれています。

アップルの業績はGAFAMで比べるとどうなんだろう?

2023年度売上高成長率(前期比)
Apple3832億8500万ドル-2.8%
Google(Alphabet)3073億9400万ドル8.6%
Meta(旧Facebook)1349億200万ドル15.7%
Amazon5747億8500万ドル11.8%
Microsoft2119億1500万ドル6.8%

アップルを除く他4社が前期比で順調な成長率を見せているのに対し、アップルのみ成長率がマイナスとなっています。

2023年4Q時点でアップル売上高は四半期連続のマイナス成長となっており、中国との競争激化などが影響していると考えられます。

なお、最近では、BIG8(GAFAM&テスラ、ネットフリックス、エヌビディア)に注目度が高まっています。

FY24年1Q決算まとめ

2月1日、2024年1Q(10〜12月期)決算が発表されました。

まず、各数値を見ていきましょう。

2024 1Q前年同期比
売上高1195億7500万ドル+2%
営業利益403億7300万ドル+12%
純利益339億1600万ドル+13%

結果は5四半期ぶりの増収、3四半期連続の増益を記録しました。

また、売上高及びEPSは、市場予想を上回りました。

どの製品がよく売れたんだろう?

商品別でみてみると、9月に最新の「15」シリーズを投入したiPhoneの売上高は6%増の697億200万ドルで全体の58%を占めました。

Macは1%増の77億8000万ドルとなり、前四半期の減収から回復しました。

最新型iPhoneの売上が年末にかけて好調だったようだね。

iPadは25%減の70億2300万ドルとなりました。

これはiPadの新モデルが登場していないことが大きな要因として挙げられます。

2023年は初めて新機種が発表されない年となりました。

サブスクなどのサービスは11%増の231億1700万ドルという結果になりました。

収益性の高いサービス部門は順調に成長しています。

Appleの今後は大丈夫?

2023年のマイナス成長から一転、2024年1Qでは増収を確保しました。

その一方で、業績の伸びはGAFAMの他社と比べると劣っています。

これは中国における業績不振が大きな要因とされています。

Microsoftの生成AIサービスなどが好調である中、Appleの今後の対応に期待がかかります。

また、対外的には中国企業との競合が今後更に加速していくと予想され、その動向に注目です。

アップル株の買い方・売り方

apple 見出し4

実際に、米国株を購入するにはどうすればいいんだろう?

アップル株のような米国株を購入するのにアメリカの証券会社を利用する必要はありません。

日本の大手ネット証券会社であれば、だいたい米国株の取り扱いをしているので、口座を開設すれば売買できます。

証券会社によって取り扱い銘柄が異なるので、よく比較検討しましょう。

準備するもの4つ

  • インターネット環境
  • 投資資金
  • 銀行口座
  • ネット証券の口座

基本的に、日本の株と購入する方法は変わりません。

以下の手順で進めていけば問題なく購入できます。

  • 投資したい金額を証券口座に入金(日本円で構いません)
  • 円を米ドルに両替する
  • 証券会社のサイトで「アップル」又は「AAPL」を検索
  • 銘柄の「買い注文」を行う
  • 買い注文で各区分を設定する※
  • 注文内容を確認し、「購入」する

※買い注文区分とは

注文する際には各区分を指定する必要があります。

注文方法成行注文/指値注文
口座区分一般口座/特定口座
決済方法円貸決済/外貨決済

日本株と同じ方法でアップル株も買えそうだね!

アップル株の価値が上がり、自分の中で納得できる売却利益が出ると判断した場合は、売り手続きをしましょう。

売る手順は以下の通りです。

  • 証券会社のホームページで米国株式を選択
  • 「注文」を選ぶ
  • 持っている株式から「アップル(AAPL)を選択
  • 売りから注文画面にいき、「確定」
  • 売却利益を「出金」する

日本株と同じような手順だから、心配いらないね!

アップル株は買いか?

apple 見出し5

アップルの株価はまだ上がるのかな?今買っていいのかな?

ここからは、アップル株についていくつかのトピックに分けて考察していきます。

株価と財務分析

アップルの株価は順調に推移してきましたが、2020年以降、特に大きく上昇しました。

というのも、コロナ禍で音楽配信などサービス部門の需要や、リモートワーク拡大による製品需要が拡大したためです。

また、2023年上半期にも株価の大きな上昇が見られます。

これは新型iPhone15への期待感や、安定感を求める投資家たちの人気が高まったためと考えられます。

今の株価は割高なのかな?

PERやPBRなどの指標を用いてGAFAMで比較すると、以下のようになります。

PERPBRROE配当利回り
Google(Alphabet)11.2倍2.9倍26.0%0%
Amazon51.9倍7.8倍15.1%0%
Meta19.9倍5.1倍25.5%0%
Apple27.4倍42.8倍156.1%0.5%
Microsoft35.0倍12.3倍35.1%0.8%
2023年4Q時点のデータより作成

Appleは5社の中で、PERでは中位、PBRは最も高くなっており、割高感があります。

一方、経営効率を表すROEは圧倒的に高くなっています。

また、Google,Amazon,Facebookは配当を実施していませんが、アップルでは配当を出しています。

株主還元(配当金・株主優待)

アップルは年4回配当を出しており、配当金の推移は以下の通りです。

配当支払日金額
2024年2月15日$0.24
2023年11月16日$0.24
2023年8月17日$0.24
2023年5月18日$0.24
2023年2月16日$0.23
2022年11月10日$0.23
2022年8月11日$0.23
Apple公式サイトより作成

1株当たり、年間で1.0ドルくらいもらえるんだね!

アップルの配当金は11年連続の増配となっています。

配当利回りは減少傾向にありますが、株価が増配率以上に上昇しているためです。

配当利回り及び配当性向は以下のようになっています。

配当利回り0.5%
配当性向15.2%
2023年4Q時点

配当利回り、配当性向ともに減少傾向にあり、決して高い水準とは言えません。(米国企業の配当性向の平均は30~40%程度)

ですが、裏を返すと、アップルは更なる成長に向けて利益を再投資しているのです。

またアップルの株主優待はありません。

米国企業は基本的に株主優待を行っていないのですが、その代わりに年4回など配当回数が多く、配当利回りが高くなる傾向があります。

アップル株を買うのにおすすめのネット証券

  • SBI証券
    公式サイト:https://www.sbisec.co.jp/
    住信SBI銀行との連携で米ドルの為替手数料が安くなります。
  • moomoo証券
    公式サイト:https://www.moomoo.com/jp
    大手証券と比較して格安の取引手数料が人気です。
  • マネックス証券
    公式サイト:https://www.monex.co.jp/
    米国株の時間外取引にも対応しています。
  • 楽天証券
    公式サイト:https://www.rakuten-sec.co.jp/
    楽天ポイントで米国株に投資ができます。
  • IG証券
    公式サイト:https://www.ig.com/jp
    CFD取引でレバレッジ取引可能!当サイト限定タイアップキャンペーン実施中です。

今後のアップルの株価【どこまで上がる?】

今後のアップル株

アップル株は今後どうなるのかな?

これまでアップル株は過去10年間で10倍ほど値上がりしていて、大きなリターンを享受した投資家も多いです。

ですが、「今から買っても遅くないか?」「これから値下がりしないか?」と気になる人も多いですよね。

結論を先に言えば、アップルの株価は調整局面でありながらも、今後さらに値上がりする可能性はあります。

以下では、その理由とアップル社の業績が今後どうなるかを予想してみましょう。

投資に絶対は無いから、値下がりする可能性もあるワン!

多くのユーザーを囲い込むブランド力

Appleは元々「iMac」や「iPod」といった製品から人気を集めてきました。

その後、スマートフォンの先駆けとなる「iPhone」やクリエイターに人気の「MacBook」など、革新的な製品を世に送り出し続けています。

コア事業でもあるPCやスマートフォンで安定した収益を出しながら、AirPodsやApple Watchといった周辺デバイスも開発し、収益源をどんどん多角化。

Apple Watchの出荷台数は2019年に3,070万台と、スイス製の時計の出荷台数(2,100万台)を上回り出荷台数世界一位の腕時計となりました。

私の友達もApple Watch付けている人が多くなってきたよ!

音楽サービス「Apple Music」、オンデマンド配信「Apple TV」、電子決済サービス「Apple Pay」といったソフト面でのサービスも開発し、ユーザーを囲い込む戦略も成功しています。

Apple製品のユーザーを軸にプラットフォーマーとして新たな収益源を増やすことで、今後も収益の成長・株価の成長が期待されているのです。

確かに「Apple」ってだけで欲しくなっちゃうよね!

「投資の神様」も大量に投資している

「投資の神様」と言われるウォーレン・バフェットが会長兼CEOを務めるバークシャー・ハサウェイ(BRK.B)の保有株式が公開されています。

バークシャー・ハサウェイのポートフォリオで最も多くの43%を占めるのが、アップルです。

ウォーレン・バフェットはアップルを「彼が知る中で最良の企業」と位置づけているのです。

AI開発

24年1Q業績発表後の会見で、ティム・クックCEOによるAIについての言及がありました。

クック氏によれば、より賢いバージョンのSiriが早ければ来年にも完成する見通しとのことです。

次のiOS18にAIが組み込まれる可能性が高く、年内に発表があればそれを受けて株価が上昇する可能性があります。

6月のWWDCで発表があるかもしれないね!

新作発表会の影響

アップルは毎年の新作発表会で新型iPhoneなどの新製品を発表します。

これまでは新製品発表後、業績向上の期待が高まり、株価は上昇する傾向にあります。

投資家の期待を超えた新作が発表されるのか、注目だワン!

以上の理由から、アップルはまだまだ高成長のポテンシャルを秘めていて、長期的には株価の上昇が期待できます。

アップル株を買うのにおすすめの証券会社は?

おすすめの証券口座

アップル株にお得に投資する方法はある?

アップル株をはじめとして、米国株に投資できる証券会社は数多くあります。

以下ではその中でも、手数料・取扱銘柄数・取引ツールの観点からおすすめの証券口座を5つご紹介します

SBI証券【取扱銘柄が多い】

SBIキャンペーン

SBI証券は、米国株の取り扱い銘柄数が約6,000銘柄と証券会社の中でも取り扱い数が多いネット証券です。

日本円でも米ドルでもどちらでも購入することができます。

米ドルの為替手数料は1ドルあたり25銭ですが、住信SBIネット銀行を活用すれば1ドルあたり6銭まで抑えることが出来ます

SBI証券で口座を開設するのであれば、併用して住信SBIネット銀行を開設するとお得に米国株投資ができますよ。

SBI証券の特徴

  • 6,000銘柄以上の米国株を取り扱い(2022年6月現在)
  • 円貨決済も外貨決済も可能
  • 最低取引手数料が0円〜(上限は税込22USD・税込0.495%)
  • 為替手数料は住信SBI銀行経由で1ドルあたり6銭
  • 米国株の貸株サービスで金利を得られる

\住信SBI銀行と連携すればお得に/

moomoo証券【次世代の投資アプリ】

moomoo証券

moomoo証券を初めて聞く方が大半なのではないでしょうか?

ナスダック上場企業であるFutu Holdings Limitedのグループ会社で、利用者は世界200ヶ国と地域、2,000万人以上に及んでいます。

moomoo証券の読み方は「モーモー」ではなく、「ムームー」です。

moomoo証券の最大の魅力は、アプリ「moomoo」です。

どんなアプリなんだろう?

moomooを一言で表すと、「次世代投資アプリ」です。

「次世代」と言われる理由には、従来の金融・投資情報アプリを上回る、60以上のテクニカル指標を備えた高機能チャートやどこよりも早い米国株式ニュース機能があげられます。

また、バフェット氏などの大口投資家売買動向や、空売りデータ、板情報などの一歩先行く情報でライバルと差を付けられる証券会社です。

アプリから証券口座を開設すれば、業界最多水準の7000銘柄以上の米国株式を取引することもでき、その際の手数料も大手ネット証券の約1/6と格安の水準となっています。

実際の利用画面

機関投資家と個人投資家のどちらがどれだけ売買しているのか明確になり、今後の戦略を立てやすくなります。

また、業績予想を一目でみることができたり、様々な財務指標を確認することが出来るためスマホ1つでテクニカル分析・ファンダメンタル分析が手軽に行え、便利です。

moomoo証券ではまもなく日本株の取引機能もリリース予定だワン!

アプリは無料でダウンロードできるので、まずは以下のボタンからダウンロードしてみましょう。

\口座開設キャンペーン実施中/

moomoo証券のキャンペーン

moomoo証券では、人気の米国株が当たるキャンペーンを実施中!
入金をすると抽選で最大10万円相当の米国株がもらえるほか、米国株の取引手数料が2ヶ月間無料になります。

*アプリダウンロード&登録は無料です。

マネックス証券【買付時の為替手数料0円】

マネックス証券

マネックス証券米国株取引で時間外取引もできるネット証券で、多様な注文方法に対応しています。

例えば株価の上昇幅、または下落幅に合わせて逆指値注文のトリガーとなる価格をリアルタイムで自動修正する「トレールストップ注文」など、ほかの証券会社には無い注文方法があります。

米国株は日本時間で深夜の取引が中心だから、時間外取引ができるのは嬉しいね!

標準時間で23時30分から翌6時の取引時間に加えて、22時~23時30分の「プレマーケット」、6時~10時の「アフターマーケット」の時間帯も取引が可能です。

マネックス証券の特徴

  • 時間外取引が可能
  • 最低取引手数料が0円〜(上限は税込22USD・税込0.495%)
  • 買付時の為替手数料が無料
  • 「銘柄スカウター」で分析が可能

\期間限定キャンペーン実施中/

マネックスのキャンペーン

クイズに正解&新規口座開設等で、もれなくdポイント2,000円相当をプレゼント!
さらにNISA口座開設で最大4,000円相当のdポイントがもらえます。

口座開設(無料)はスマホで簡単にできるので、早めに申し込みましょう。

楽天証券【2か月間手数料0円】

楽天証券No.1画像

口座開設をしてから2か月間は取引手数料が0円に加えて、ポイントバックがあるのが楽天証券のおすすめポイントです。

楽天銀行との連携「マネーブリッジ」により、銀行預金から直接、米国株を購入することができます。

購入時に証券口座に資金が不足している場合は、自動入出金(スイープ)にも対応しているため、銀行口座から投資資金を捻出できます。

中には毎月2万ポイント貯めて、そのまま積み立てNISAに使っている人もいるワン!

楽天証券の特徴

  • 取引手数料100円ごとに1ポイント付与
  • 口座開設から2か月間取引手数料が0円
  • 最低取引手数料が0円〜(上限は税込22USD・税込0.495%)
  • 楽天銀行との連携「マネーブリッジ」採用

\楽天ポイントでも投資できる/

IG証券【CFDで下落相場でも利益が出せる】

IG証券の画像

45年以上の歴史を持ち、世界中で約31万人以上が利用する大手証券会社のIG証券。

IG証券ではVTIを始め、17,000以上の銘柄のCFD取引を行えます。

さらに、「ノックアウトオプション」が利用できるため、少額取引が可能で短期間で利益を出せる可能性もあるため高い資金効率が期待できます。

さらに、学習コンテンツ「IGアカデミー」や、ニュース分析レポートなども揃っているため、CFD初心者からプロまで満足できるでしょう。

IG証券の特徴

  • 取扱金融商品が豊富に用意されている
  • CFD取引が魅力的
  • FXでも人気を集めている
  • IGアカデミーという充実した投資学習サービスが無料で利用できる

\いろはに投資限定キャンペーン実施中!/

キャンペーン情報はこちら:IG証券の最新キャンペーン情報!キャッシュバックや限定キャンペーン開催中

【まとめ】アップル株の今後

まとめ

アップルはまだまだ期待できる米国株なんだね!

今回はアップル株を購入するための方法や、今後のアップル株の動向について解説しました。

最後に、この記事の重要な3点をまとめます。

  1. アップルはサービス部門が好調で成長している
  2. アップルはGAFAMと比べると近年の業績の伸びは芳しくないが、株主還元に積極的である
  3. アップル株を買うならネット証券であるSBI証券・楽天証券がおすすめ

アップル株は中国での業績悪化などで下落傾向が見られたものの、今後も成長可能性の高い優良企業です。

特にAI関連の新商品発表など、今年はAppleへの注目度が大きく高まる年になりそうです。

いつでも投資が出来るように、今のうちに証券口座は作っておきましょう!

アップル株を買うのにおすすめのネット証券

  • SBI証券
    公式サイト:https://www.sbisec.co.jp/
    住信SBI銀行との連携で米ドルの為替手数料が安くなります。
  • moomoo証券
    公式サイト:https://www.moomoo.com/jp
    大手証券と比較して格安の取引手数料で人気。
  • マネックス証券
    公式サイト:https://www.monex.co.jp/
    米国株の時間外取引にも対応しています。
  • 楽天証券
    公式サイト:https://www.rakuten-sec.co.jp/
    楽天ポイントで米国株に投資ができます。
  • IG証券
    公式サイト:https://www.ig.com/jp
    CFD取引でレバレッジ取引可能!当サイト限定タイアップキャンペーン実施中です。
いろはにマネーの投資診断

moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU