【株価】アップル(AAPL)の株は買い?配当金やチャート、買い方を分かりやすく解説!

アップル株

・アップル株は今後どうなるの?
・アップル株は買った方が良い?

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • アップルは成長余力がまだある
  • アップルは世界で初めて時価総額3兆円を達成した
  • アップルは日本のネット証券で投資できる

パソコンの「Mac」やスマートフォンの「iPhone」で有名なアメリカ大手IT企業のアップル。

ブランド力の高さや収益力の強さから、投資家からも人気を集めている優良企業です。

近年では「Apple Watch」や「Air Pods」など、ウェアラブルデバイスの売り上げも拡大しています。

今回はそんなアップル社の株を購入するべきか、今後の予想や日本からの買い方をご紹介します。

この記事を読めば、アップル株について理解できるワン!

アップル株を買うのにおすすめのネット証券

アップル株とは【基本情報】

TradingViewより

アップルは、iPhoneの会社ってイメージだけど…?

「アップル(Apple)」という名前はほとんどの人が知っているかと思いますが、iPhoneやMacだけの会社ではありません。

まずは企業概要を見ていきましょう。

会社名APPLE.inc
銘柄名AAPL
株式市場NASDAQ(ナスダック)
株価135.35米ドル(約18,272円)
配当利回り0.68%
主な事業内容・スマートフォン、パソコン、ウェアラブルアクセサリーの設計・製造・販売
・上記に関連するソフトウェアの開発
・App StoreやApple TVなどの提供
2022年6月24日時点。為替は1ドル135円換算。

Appleはアメリカを代表するIT企業で、「GAFA」と呼ばれるアメリカ人気株の1つです。

GAFAとは

Google、Amazon、Facebook、Appleの頭文字を取った造語。

現在ではMicrosoftも加わり、「GAFAM」と呼ばれることも。

アップルはiPhoneやMacといったデバイスだけでなく、以下のような収益源も持っています。

  • AirpodsやApple Watchといったウェアラブル端末の販売
  • ケーブルやケースなどアクセサリの販売
  • App Storeの手数料
  • Apple TVやゲーム、iCloudなどのサブスクリプション

iPhoneなどのデバイスを起点に、周辺サービスも提供して稼いでいるんだワン!

アップルの配当金推移

アップルに投資した場合、期待できるリターンとしては「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」が挙げられます。

2つのリターン

  1. インカムゲイン:株を所有していると、企業から「配当金」がもらえること。
  2. キャピタルゲイン:株価が値上がりすると得られる利益のこと。

アップルは年4回配当を出しており、配当金の推移は以下の通りです。

配当支払日金額
2022年5月12日$0.23
2022年2月10日$0.22
2021年11月11日$0.22
2021年8月12日$0.22
2021年5月13日$0.22
2021年2月11日$0.205
Apple公式サイトより作成

1株当たり、年間で0.8ドルくらいもらえるんだね!

アップル株を買うために必要な資金

必要資金

実際にアップル株を購入するためには、どのくらいの資金が必要なのかな?

2022年6月24日現在の価格

  • 1株あたりの価格:約18,272円
  • 100株の価格:約183万円

*為替は1ドル135円換算

2022年6月24日の段階でアップルの株価は 135.35米ドルなので、日本円では約18,272円です。

10株で約18万円、100株で約183万円の資金が必要となります。

この金額に加えて、証券会社の手数料がかかるワン!

183万円!?結構高いね…

日本の単元株と異なり、米国株は1株から購入できます。

そのため、アップルに投資したい場合、1株の約1万8千円から投資できるので安心してくださいね。

アップル株の買い方【買い注文】

買い方

海外の株ってどうやって購入するのかな?

アップルの株は、米国株を取り扱っている証券口座で買うことが可能です。

この記事の後半で紹介する大手ネット証券であれば、基本的に米国株の取り扱いをしています。

米国株投資も基本的に日本の株を購入する方法と変わりは無いので、以下の4つがあればOKですよ。

準備するもの4つ

  • インターネット環境
  • 投資資金
  • 銀行口座
  • ネット証券の口座(米国株取引用の口座)

証券口座がある場合は、以下の手順で進めていけば問題なく購入できるでしょう。

  • 投資したい金額を証券口座に入金(日本円)
  • 円を米ドルに交換する
  • 証券会社のサイトで「アップル」又は「AAPL」を検索
  • 銘柄の「買い注文」を行う
  • 買い注文区分を設定する
  • 注文内容を確認し、「購入」する

買い注文区分とは

以下の通り区分を設定できます。

注文方法成行注文/指値注文
口座区分一般口座/特定口座
決済方法円貸決済/外貨決済

アップル株の売り方【売り注文】

売り方

アップルの株価が上がり、利益を確定できると思った場合は売り注文を出しましょう。

米国株を売る際の手順は、以下の通りです。

  • 証券会社のサイトで米国株取引を選択
  • 「注文」を選ぶ
  • 持っている株式から「アップル(AAPL)を選択
  • 売りから注文画面にいき、「確定」
  • 売却利益を必要に応じて出金する

買付も売却も意外と簡単だね!

アップル株投資におすすめのネット証券

アップル株を購入するときの注意点

注意点

アップル株を含め、米国株を購入するときの注意点は以下の通りです。

利益が20万円を超えると確定申告が必要

売却利益が20万円を超えると「確定申告」が必要になります。

ここでポイントが3つ。

  • 米国株の投資利益は基本的に日本で課税
  • 売り注文が成立してはじめて利益がでる
  • 源泉徴収ありの特定口座の場合、原則確定申告不要

SBI証券やマネックス証券などは源泉徴収ありの特定口座に対応しているワン!

米国株式の売却益は「米国内」では課税されませんが、配当金は米国と日本で課税されてしまいます。

アップル株は配当金があり、米国内の課税もあるため二重課税となります。

米国内の課税日本の課税
売却益なし20.315%
配当金・分配金10%20.315%

外国税額控除

米国株式の配当所得に関しては、現地で10%が源泉徴収された後、日本で20.315%の課税となるので、二重課税となります。

確定申告で外国税額控除を使えば、外国で課税された税額を日本国内の所得税額から一定の範囲で控除できます。

※国内で非課税とされた配当所得(NISA口座で保有している株式の配当金)については二重課税とならないので、外国税額控除の適用を受けることができません。

取引時間に注意

米国株の取引は、基本的にアメリカの取引所の時間が基準となります。

証券会社によって多少の差はありますが、日本で取引できる時間は以下の通りです。

標準時間サマータイム
取引時間23時30分~翌6時22時30分~翌5時
注文受付時間8:00~翌6:008:00~翌6:00
楽天証券の例。2022年のサマータイムは3月13日(日)~11月6日(日)。

取引時間と注文受付時間の違いは何?

注文受付時間は売り買いの予約ができる時間、取引時間は実際に取引が出来る時間です。

今後のアップルの株価【どこまで上がる?】

今後のアップル株

アップル株は今後どうなるのかな?

以下のチャートからも分かるように、アップル株は過去10年間で8倍ほど値上がりしていて、大きなリターンを享受した投資家も多いです。

ですが、「今から買っても遅くないか?」「これから値下がりしないか?」と気になる人も多いですよね。

結論を先に言えば、アップルの株価は調整局面でありながらも、今後さらに値上がりする可能性はあります。

過去の株価推移からも、今後の高値は170~200ドル程度が目途と考えられるでしょう。

以下では、その理由とアップル社の業績が今後どうなるかを予想してみましょう。

投資に絶対は無いから、値下がりする可能性もあるワン!

多くのユーザーを囲い込むブランド力

Appleは元々「iMac」や「iPod」といった製品から人気を集めてきました。

その後、スマートフォンの先駆けとなる「iPhone」やクリエイターに人気の「Macbook」など、革新的な製品を世に送り出し続けています。

コア事業でもあるPCやスマートフォンで安定した収益を出しながら、AirPodsやApple Watchといった周辺デバイスも開発し、収益源をどんどん多角化。

Apple Watchの出荷台数は2019年に3,070万台と、スイス製の時計の出荷台数(2,100万台)を上回り出荷台数世界一位の腕時計となりました。

私の友達もApple Watch付けている人が多くなってきたよ!

音楽サービス「Apple Music」、オンデマンド配信「Apple TV」、電子決済サービス「Apple Pay」といったソフト面でのサービスも開発し、ユーザーを囲い込む戦略も成功しています。

Apple製品のユーザーを軸にプラットフォーマーとして新たな収益源を増やすことで、今後も収益の成長・株価の成長が期待されているのです。

確かに「Apple」ってだけで欲しくなっちゃうよね!

電気自動車(EV)への参入

Appleは自動運転に対応した電気自動車(EV)の開発も着手していて、早ければ2025年にも発売すると言われています。

まだ計画段階のため本当に実現するかは分かりませんが、高いデザイン力、Appleブランド、ソフトウェア開発といった強みを活かして大きく成長する可能性を秘めています。

「先進的な電気自動車」と言えばテスラが有名だけど、アップルが参入すれば勝てる可能性もあるワン!

コロナが追い風に

新型コロナウイルスでロックダウンが広がり、アメリカも自宅にいる時間が増えました。

そんな中、在宅ワークのPC需要や学校に行けない子供の在宅学習などでApple製品は人気を集めました。

高性能なMacbookやiPhone、Apple Watchの売上は増え、Appleの株価も右肩上がりに。

その結果、2022年1月にアップルの時価総額は一時3兆ドルを超えました。

時価総額が3兆ドルを超えたのは、世界初だよ!

現在は2兆ドル付近まで時価総額が下がっていますが、一度3兆ドルを達成したことで、今後も3兆ドルを回復する可能性は大いにありますね。

今はFRBの利上げやインフレなど、株式市場に逆風が吹いている影響もあるワン!

以上のような理由から、アップルはまだまだ高成長のポテンシャルを秘めていて、長期的には株価の上昇が期待できます。

アップル株を買うのにおすすめの証券会社は?

おすすめの証券口座

アップル株にお得に投資する方法はある?

アップル株をはじめとして、米国株に投資できる証券会社は数多くあります。

以下ではその中でも、手数料・取扱銘柄数・取引ツールの観点からおすすめの証券口座をを3つご紹介します

SBI証券【取扱銘柄が多い】

SBI証券

SBI証券は、米国株の取り扱い銘柄数が約6,000銘柄と証券会社の中でも取り扱い数が多いネット証券です。

日本円でも米ドルでもどちらでも購入することができます。

米ドルの為替手数料は1ドルあたり25銭ですが、住信SBIネット銀行を活用すれば1ドルあたり4銭まで抑えることが出来ます

SBI証券で口座を開設するのであれば、併用して住信SBIネット銀行を開設するとお得に米国株投資ができますよ。

SBI証券の特徴

  • 6,000銘柄以上の米国株を取り扱い(2022年6月現在)
  • 円貨決済も外貨決済も可能
  • 最低取引手数料が0円〜(上限は税込22USD・税込0.495%)
  • 為替手数料は住信SBI銀行経由で1ドルあたり4銭
  • 米国株の貸株サービスで金利を得られる

\住信SBI銀行と連携すればお得に/

楽天証券【2か月間手数料0円】

楽天証券HP

口座開設をしてから2か月間は取引手数料が0円に加えて、ポイントバックがあるのが楽天証券のおすすめポイントです。

楽天銀行との連携「マネーブリッジ」により、銀行預金から直接、米国株を購入することができます。

購入時に証券口座に資金が不足している場合は、自動入出金(スイープ)にも対応しているため、銀行口座から投資資金を捻出できます。

中には毎月2万ポイント貯めて、そのまま積み立てNISAに使っている人もいるワン!

楽天証券の特徴

  • 取引手数料100円ごとに1ポイント付与
  • 口座開設から2か月間取引手数料が0円
  • 最低取引手数料が0円〜(上限は税込22USD・税込0.495%)
  • 楽天銀行との連携「マネーブリッジ」採用

\楽天ポイントでも投資できる/

マネックス証券【買付時の為替手数料0円】

マネックス

マネックス証券は米国株取引で時間外取引もできるネット証券で、多様な注文方法に対応しています。

例えば株価の上昇幅、または下落幅に合わせて逆指値注文のトリガーとなる価格をリアルタイムで自動修正する「トレールストップ注文」など、ほかの証券会社には無い注文方法があります。

標準時間で23時30分から翌6時の取引時間に加えて、22時~23時30分の「プレマーケット」、6時~10時の「アフターマーケット」の時間帯も取引が可能です。

米国株は日本時間で深夜の取引が中心だから、時間外取引ができるのは嬉しいね!

マネックス証券の特徴

  • 時間外取引が可能
  • 最低取引手数料が0円〜(上限は税込22USD・税込0.495%)
  • 買付時の為替手数料が無料
  • 「銘柄スカウター」で分析が可能

\米国株の時間外取引にも対応/

【まとめ】アップル株の今後・買い方

まとめ

アップルはまだまだ期待できる米国株なんだね!

今回はアップル株を購入するための方法や、今後のアップル株の動向について解説しました。

最後に、この記事の重要な3点をまとめます。

  1. アップルは成長余力がまだある
  2. アップルは世界で初めて時価総額3兆円を達成した
  3. アップルは日本のネット証券で投資できる

アップル株は利上げやインフレの影響で株価の調整が続いていますが、今後も成長可能性の高い優良企業です。

EVへの参入や新製品の発売など、今後も株価上昇のイベントは盛りだくさん。

いつでも投資が出来るように、今のうちに証券口座は作っておきましょう!

アップル株を買うのにおすすめのネット証券

友だち追加