PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。

積立保険とは?選ぶメリットやデメリット、選び方を分かりやすく解説!

アイキャッチ画像

保険は万が一の時に「入っていて良かった」と思うものです。

とはいえ、掛け捨ての保険だと毎月の支払いがもったいなく感じている方も多いはず。

そこで今回は、リスクに備えつつ貯蓄もできる「積立保険」の仕組みやメリット・デメリット、選ぶときのポイントを分かりやすく解説します


  • 積立保険は支払った保険料が毎月積み立てられる保険のこと
  • 掛け捨ての保険と比べて保険料は割高
  • 保険に入る前にはファイナンシャルプランナーに相談するのがおススメ

\保険選びを無料で相談できる/

マネードクターは全国1,700人のFPが保険をはじめ、「お金の専門家」として無料で相談に乗ってくれます。
無料相談でプレゼントも!

保険相談を検討している方は「【危険?】ファイナンシャルプランナー(FP)相談の注意点は?」の記事も読んでみましょう。

▼ この記事は音声でも聞くことが出来ます▼

積立保険とは

そもそも積立保険ってどんなものなの?

積立保険とは、支払った保険料が毎月積み立てられる保険のことです。

積み立てた保険料は、解約返戻金などで支払われたり、年金として受け取ったりできる仕組みとなっています。

支払う保険料のうち一定額を積立・運用に回すことで、保障部分と貯蓄部分を両立しているのです。

積立保険では、解約時に解約返戻金、満期時に満期保険金が受け取れます。

解約返戻金と満期保険金ってどういうもの?

  • 解約返戻金…保険契約を解約する時に契約者が受け取るお金のこと
  • 満期保険金…満期を迎える時に受け取れるお金のこと

積立保険と掛け捨て保険の違い

積立保険と掛け捨て保険の違いについて知りたい!

積立保険と掛け捨て保険の主な違いについてまとめましたので、確認してみましょう。

 積立保険掛け捨て保険
保険料比較的高い比較的安い
満期保険金ありなし
解約返戻金ありなし※1
主な保険の種類終身保険、養老保険、学資保険 など定期保険、収入保障保険、医療保険、がん保険 など
主な加入目的万が一に備えながら、将来に向けての貯蓄も行う毎月の保険料を安く抑えつつ、万が一の場合に備える
※1戻ってくる場合もある

どちらにも優れている部分と、物足りない部分があるため、あなたが保険に入る目的を考えて申し込みを検討しましょう。

ネットの評判だけでなく、自分で考えることが大切だワン!

積立保険の種類

積立保険という名前の保険はなく、終身保険や養老保険などの保険に積立が付帯されているものを指します。

お金を貯めるという意味で「貯蓄型保険」とも呼ばれています。

積立保険の種類

  • 終身保険
  • 養老保険
  • 個人年金保険
  • 学資保険
  • 生命保険
  • 医療保険

聞いたことある保険には全部ついてるね!

積立保険は基本的には契約期間の満期になることによって積み立てたお金を受け取ることができますが、途中解約による「解約返戻金」も受け取ることができます。

積立保険のメリット

積立保険のメリットを知りたいな!

積立保険のメリットを3つご紹介します。

順に解説します。

①途中解約時でもお金が返ってくる

積立保険では、何らかの理由で保険を途中解約しても、支払額に応じて解約返戻金を受け取ることができます。

もちろん、支払った保険金よりも返戻金の方が減少するものの、思っていた以上に解約金がもらえるケースも少なくありません

掛け捨て保険だと、ほとんど返ってこないんだよね!

また、学資保険や養老保険などの保険期間が定まっている保険であれば、満期になった時点で満期保険金を受け取れます。

②資産形成ができる

積立保険はライフプランに合わせて資産形成ができます。

なぜなら、保険の持つ制度を使って計画的に貯蓄できるためです。

例えば、将来の教育資金を確保する目的で学資保険に加入し、子どもの大学進学に合わせて受け取ることができます。

また、そこまでお金が必要にならなかったといった場合に、現在の状況に合わせて老後資金として活用するのもよいでしょう。

積立という半強制的な形で貯蓄ができ、貯金が苦手な人でも資産形成がしやすくなっているので、おすすめです。

手元にお金があると使い込んじゃってお金が貯まらないからありがたい!

③契約者貸付制度が利用できる

契約者貸付制度とは、積立保険の契約を担保にして解約返戻金の一定の範囲内で保険会社からお金を借りられる制度です。

利息は発生しますが、保険契約を解約せず、保障は継続しながらお金を借りられます。

災害時やコロナ禍だと利子の減免制度があったそうね!

つまり、何らかの事情でお金が必要になったとき、保険を解約せずにお金を借りられて、なおかつ保障も続けられるという選択ができるのです。

\加入する前に無料で相談しておこう/

積立保険のデメリット・注意点

でも積立保険にはデメリットもあるんじゃないの?

もちろん、メリットがあればデメリットもあります。

ここからは積立保険のデメリットや注意点を確認しましょう。

順に解説していきますね。

①解約のタイミング次第で元本割れする可能性もある

一般的に、契約したてのころの解約返戻金は少額になったり、全くない場合もあります。

契約してある程度の期間が経過しないと、解約返戻金が支払ってきた保険料を上回ることはないのです。

そのため、支払いに無理のない保険料と保障内容を設定しましょう。

保険料の支払いが困難になり、予定していない時期での解約はできるだけ避けてください

支払いに無理のない保険料と保障内容を設定しようワン!

②掛け捨て型保険と比較して保険料は高い

積立保険は、現在は金利の上昇により、積立保険の保険料は割高となっています。

特に掛け捨て保険を比較すると、積立保険の方があからさまに高いのがわかります。

なぜなら、積立保険の保険料には、将来の契約者の受け取りに備えて運用に回す部分が含まれているためです。

結果、積立保険で大きな保障を準備する場合は、保険料が比較的高くなるので注意しましょう。

掛け捨て保険は最低限の補償だけだから安く入れるんだね!

③資産運用としては投資効率が悪い

資産形成をメインにして積立保険を利用するのであれば、投資効率は悪くなります。

というのも、積立保険には保障や手数料に費用がかかるためです。

積立保険では、支払った保険料から保障に対する費用や手数料などを差し引いて、残った金額で積み立てを行います。

そのため、同じ金融商品に投資したとしても、つみたてNISAiDeCoなどで資産運用するよりも、投資効率が悪くなるのです。

それならつみたてNISAやiDeCoは別で入った方がよさそうね!

積立保険に加入する場合は「資産運用のために加入する」ではなく「長期間保障をされつつ、お金も少し増やしてもらう」程度の感覚で加入しましょう

積立保険に加入する前に無料でFP相談しよう

でも保険ってたくさんあるし、どうやって選べばいいのかな…?

このような悩みがある方は、まずは無料の保険相談窓口でプロに相談するのがおすすめです。

無料保険相談窓口を利用するメリット

  1. 専門知識があるプロから多くの商品やプランを提案してもらえる
  2. 保険の知識がなくてもプロがフォローしてくれる
  3. 保険だけでなく家計の悩みや教育資金、老後資金などお金の悩みを一気に相談できる

以下では、数ある保険相談窓口の中でも、無料で相談できるおすすめのサービスを3つご紹介します。

それぞれの特徴をみていきましょう。

マネードクター

マネードクター

おすすめポイント

  1. お客さま満足度92.9%(2020年12月~2021年4月アンケートより)
  2. いつでも何度でも無料サポートしてくれる充実のアフターフォロー
  3. オンラインでの相談もOK

マネードクターは、保険相談をはじめ、住宅購入や年金のことを考え、あなたのライフプランに合わせたマネープランをアドバイスしてくれます。

お客さま満足度は92.9%と高く、安心して利用できる保険相談サービスのひとつです。

相談は何回でも無料で、オンラインでの相談もできます。

外出しなくていいなら、ちょっとしたスキマ時間で相談できるね!

毎日の時間を有効に使いたい方におすすめのサービスです。

また、無料相談でプレゼントがもらえる限定キャンペーンも実施中。

無料保険相談の予約フォームにて、お好きなプレゼントを選ぶことが出来ます。

マネードクタープレゼント

\保険選びを無料で相談できる/

マネードクターは全国1,700人のFPが保険をはじめ、「お金の専門家」として無料で相談に乗ってくれます。
無料相談でプレゼントも!

FPナビ

FPナビ

おすすめポイント

  1. 「ニッセンライフ認定FP制度」の基準をクリアした経験豊富なファイナンシャル・プランナー在籍
  2. ライフプラン(人生設計)をふまえて、重視すべきリスクに最適な保険を提案
  3. 自宅・ファミレス・WEBなどあらゆる面談方法が選択可能

FPナビはニッセングループが運営している保険等の相談ができるサービスです。

600人以上いるFP(2021年3月現在)から何度でも無料で好きなFPを選んで相談が可能です。

顔写真も掲載されていて、年代や業界歴もチェックすることができるよ。

また、「ニッセンライフ認定FP制度」という独自の基準をクリアしたファイナンシャルプランナーのみ登録しており、十分な知識を有した担当者に相談できるため安心感があります。

WEB面談サービスもスタートして、より手軽に相談できるようになったワン!

\プレゼントキャンペーン実施/

登録FP600人以上、累計相談数1万件以上の実績があるFPナビなら何度でも相談無料!
ライフプランをふまえて最適な保険を提案してくれます。

保険見直しラボ

保険見直しラボ

おすすめポイント

  1. 平均12.1年の経験豊富なコンサルタントが対応
  2. 複数の保険を取り扱っており、あなたに最適な保険をカスタマイズできる
  3. イエローカード制度があるので安心して相談できる

保険の知識が豊富にあり、取り扱っている保険の種類も多いことから、あなたに合わせた最適な保険をカスタマイズできます

また、何度でも無料で相談できるのも魅力です。

万が一、過度な営業行為などがあった場合、コンサルタントの変更をお願いすることもできます。

押し売りされることもなさそうだから安心だね!

また、無料の保険相談を行い、アンケートに答えるとお米など好きな商品を1つもらえる特典も嬉しいですね。

\無料でFPに相談できる/

保険見直しラボなら、あなたが希望する場所に来て相談に乗ってくれます。
しかも今なら無料相談で豪華プレゼントも!

ベビープラネット

ベビープラネット

おすすめポイント

  1. あなたのライフステージに応じた保険プランを提案
  2. 全国の保険代理店にいる優秀なファイナンシャルプランナーが担当
  3. Webでの相談もOK

ベビープラネットは、お母さんのための総合保険相談サイトです。

ベビープラネットと提携しているファイナンシャルプランナーの方は、20社以上の保険会社を取り扱っており、「妊娠・出産・育児」などあなたのライフステージに合わせた保険プランを紹介してくれます

自宅や職場、店舗やオンラインなど、いつでもどこでも相談でき、何度相談しても相談料は無料です。

実際に利用した方の声でも、ママからの評判が良いワン!

\子育て中の方が利用するなら/

積立保険を選ぶ際の4つのポイント

積立保険の選び方が分からない…

初めて保険に加入する方の中には、どの積立保険を選んだら良いのか悩んでしまう方もいるでしょう。

ここでは、積立保険を選ぶ際の4つのポイントをご紹介します。

以下で詳しく解説します。

1.備えるべきリスクを洗い出す

保険の加入を検討する際は、まずは備えたいリスクを把握しましょう

備えたいリスクと言われてもピンと来ないな…

備えるべきリスクとは例えば以下のようなものがあります。

  • 自分に万が一のことがあると、家族が暮らしていけない
  • 子供の教育資金が足りないかもしれない

仮に、貯蓄に余裕があり、上記のようなリスクはないと考えるのであれば、保険に加入する必要性は大きく下がります

ライフステージや家庭の状況に応じて、備えるべきリスクを考えるんだワン!

2.保険料の支払額を考える

毎月、どれくらいの保険料であれば支払いできるのか、あらかじめ計算しましょう。

積立保険は、「生活に負担なく」支払える金額を考えることが大切です。

なぜなら、途中解約してしまうと、満期で受け取る予定だったお金よりも少ない金額でしか返戻されないためです。

払えなくなってしまったら意味ないんだね…!

このとき、ボーナスや残業代も収入に入れると、会社の業績次第で保険料を支払いできなくなる可能性もあります。

そのため、基本給のみで無理なく支払える保険料を算出しておきましょう

3.保障内容・保障期間を確認する

続いて、保障内容と保障期間を決めます。

あなたにとって不要な保障があったり、反対に保障が不足していたりすると、保険料が無駄になるので要注意です。

養老保険や学資保険は満期が設定できるので、解約返戻金の使い道によって保険期間を決定しましょう。

  • 子どもの大学入学時に使う場合:受け取りが子どもの17~18歳となるように設定
  • 自分の老後に使う場合:受け取りが自分の60歳~70歳(退職)となるように設定

保障内容・保障期間が、自分の求めている条件と合致しているのかをきちんと確認したうえで保険に加入しましょう

4.返還率を計算する

解約時や満期時に受け取れる金額が、これまでに支払った金額の何%になるのか、返還率を計算しましょう。

より明確に将来に備えられ、解約時・満期時に損をする確立を減らせます。

とはいえ、保険の種類によっては、為替の変動などによって金額が左右される可能性もあります。

商品と保険会社の特性を確認し、リスクとリターンの幅をあらかじめ認識しておきましょう

【まとめ】積立保険とは

積立保険について、よく理解できたよ!

今回は積立保険のメリット・デメリットや選ぶときのポイントを解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  1. 積立保険は支払った保険料が毎月積み立てられる保険のこと
  2. 掛け捨ての保険と比べて保険料は割高
  3. 保険に入る前にはファイナンシャルプランナーに相談するのがおススメ

保険は万が一の時に「入っていて良かった」と思うものです。

すべての方に保険が必要なわけではありませんが、十分な貯蓄がない場合やパートナーや子供がいる場合は、是非保険の加入を検討しましょう。

\保険選びを無料で相談できる/

マネードクターは全国1,700人のFPが保険をはじめ、「お金の専門家」として無料で相談に乗ってくれます。
無料相談でプレゼントも!


Loading...
MENU