PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

退職金運用の注意点を5つ紹介!おすすめの運用先や始め方を解説

退職金運用の注意点を5つ紹介!おすすめの運用先や始め方を解説

[PR]アドバイザーナビ株式会社

まとまったお金が手に入る退職金。

退職金を元手に運用をスタートしようか悩んでいる方もいるでしょう。

退職金を派手に使わずに運用に回すのは賢明な判断です!

ただ、とくにこれまで運用してこなかった方がいきなり大金を運用に回すのは注意が必要です。

この記事では退職金を運用する際の注意点を中心に、おすすめの相談先や運用方法を紹介します。

退職金の運用に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職金の運用について不安があるなら一度専門家へ相談するのがおすすめ!

退職金の相談なら>>退職金ナビ

※相談は無料で、IFAというお金のプロに相談できます。

退職金を運用する際の5つの注意点

退職金を運用する際の5つの注意点

まずは退職金を運用する際の注意点を5つ紹介します。

詳しく見ていきましょう。

退職してすぐに投資を始めない

退職金というまとまったお金があったら、すぐに運用をした方が良いと考える方もいるでしょう。

しかし退職後の初期段階では、すぐに投資を開始するのはおすすめできません。

それよりも、まずは自分の家計状況を見直しましょう!

退職するとライフスタイルや収入が変化し、リスク許容度も比較的低くなります。

失敗できない分、急いで投資を開始するのではなく、より長期的な視点で賢明な運用計画を立てられるようにしましょう。

金融機関の営業を受けたままに投資を始めない

対面型の金融機関では親身になって話をしてくれます。

その金融機関でそのまま投資を始めようとする方もいますが、それはおすすめできません。

というのも、ネット証券に比べると手数料が高く投資できない銘柄も多いためです。

手数料は少ない方が良いもんね。

例で先進国株式に投資する投資信託を見ていきましょう。

それぞれの信託報酬は次の通り。

証券会社信託報酬(年率・税込)
ゆうちょ銀行0.22%
SBI証券0.1023%以内
マネックス証券0.1023%以内
楽天証券0.1023%以内

でも0.1%しか変わらないのか…

投資信託は基本的に長期間運用するものなので、信託報酬における0.1%は大きな違いです。

また、対面型の銀行では個別株投資ができないワン!

全額を投資しない

退職金をもらって運用をスタートする際、全額は投資せず生活防衛費を貯めるようにしましょう。

生活防衛費とは急な病気や事故、失業などのリスクに備えて設けられる費用のことを指します。

資産運用にはリスクがつきものであるため、生活防衛資金は必ず貯めておきましょう。

具体的な金額はライフスタイルや家庭の状況によりますが、一般的には生活費の3~6ヶ月分を目安に設定しましょう!

貯金の目安

まずは毎月どれくらい支出があるのかをチェックだワン!

ハイリスクな投資を避ける

投資の種類によってリスクとリターンの大きさは変わりますが、基本的には以下のような関係性となります。

  • リスクの高い商品は、リターンが大きくなる
  • リスクの低い商品は、リターンが小さくなる

つまり大きなリターン(利益)が狙える商品は損失が出やすく、一方でリスクが低すぎる商品は利益が少ない傾向です。

まずは「なぜ自分は資産運用を始めたいのか?」を明確にして、相性の良い投資先を選ぶようにしましょう。

特に退職金で運用するならハイリスクな投資は避けようワン!

元本割れするリスクがある

退職金で株式などに投資した場合、当初の購入代金を下回ってしまう「元本割れ」を起こすリスクもあります

資産運用は自己責任となるため、もし損失が出たとしても補償はもらえません。

とはいえ「長期投資」であれば収益率が安定しやすい傾向があります。

退職金を使って数十年先を見据えて運用する場合は高い投資成果を生み出す可能性があります。

貯金は元本割れリスクはないものの、インフレ時に資産が目減りしてしまうワン!

退職金を運用しない注意点もある

退職金を運用しない注意点もある

「退職金は運用せず、貯金に回した方がいいのでは?」と考える方もいるでしょう。

結論、運用しなくてもゆとりをもって生活できるお金が準備できているなら、運用は必要ないかもしれません。

どれくらいが必要なの?

家賃や食費など毎月の支出額を計算し約30万円が必要なら、30万円×12か月×35年で1億2,600万円になります。

け、けっこういるんだね…

年金などの収入も含めこの金額に到達しないのであれば、退職金を使った運用は始めるべきだと言えます

資産運用で一時的に損失が出ても、世界経済は持続的に成長しているため、長期的に投資すれば資産は着実に育てられます。

多くの方が退職金の運用は必要だと言えます!
以下で退職金運用の始め方を紹介しますね。

退職金の運用について不安があるなら一度専門家へ相談するのがおすすめ!

退職金の相談なら>>退職金ナビ

※相談は無料で、IFAというお金のプロに相談できます。

注意点を理解した上での退職金の運用方法

注意点を理解した上での退職金の運用方法

退職金の運用って何からしたらいいの?

ここでは退職金運用の始め方を紹介します。

詳しく見ていきましょう。

まずは投資の勉強をする

退職金をいきなり運用に回すのではなく、まずは投資の勉強を行いましょう。

投資の勉強方法としては、次のような方法があります。

  • 書籍やインターネットで勉強する
  • セミナーに参加する

最低限、投資の勉強をするだけでも成功に近づくね!

まずは本やネットで最低限の知識を付けて、セミナーを活用するのがおすすめだワン!

いろはにマネーを活用しよう!

運用する目的を明確にする

運用する目的を明確にすると、具体的な投資目標や戦略を立てられます。

目的に応じた適切な投資先を選び、自身の運用の方向性を定めましょう。

孫の教育資金を出してあげたい!

僕は物価上昇に負けない資産づくりをしたい!

目的によって投資対象は異なります。

資産運用をする際には、運用する目的を明確にし、それに基づいて適切な投資戦略を立てましょう。

目的に適した運用を行う

あなたの目的に適した資産運用を行うためにも、金融商品の基本的な特徴は理解しておきましょう。

基礎的なコトってどんなこと?

各金融商品のリスクリターンなどは覚えておくと良いでしょう。

運用方法リスクとリターンの高さ
①株式投資★★★☆☆
②投資信託★★☆☆☆
③ETF(上場投資信託)★★☆☆☆
④債券(国債・社債)★☆☆☆☆
⑤REIT★★★☆☆
⑥金(ゴールド)★★★☆☆
⑦FX★★★★★
⑧仮想通貨★★★★☆

退職金を使った投資をするならミドルリスク・ミドルリターンくらいまでの運用方法を活用するのがおすすめだワン!

退職金運用におすすめの相談先

退職金運用におすすめの相談先

老後資金を確保するためには、自分で決めなければならないことが多くあります。

自分で決めるのは怖いな…

そのような方は、専門家に相談することをおすすめします。

中でもおススメなのはIFAサービス。

IFAは特定の金融機関に所属せず、独立して金融のアドバイスを提供する専門家のことを指します。

保険の見直しや相続など、お金に関する相談ができるだけでなく、具体的な金融商品の購入からその後の運用まで一気通貫でサポートしてくれます。

IFAはお金にまつわるお悩みの相談を受けて(診察)、的確なアドバイス(治療)をしてくれるお金のお医者さんのような人なのです!

IFAは中立的

IFAに相談することで、安心して長期的な資産形成や投資戦略を立てられそうだね!

以下でおすすめの無料サービスを紹介するワン!

退職金ナビ

退職金ナビ

おすすめポイント

  1. あなたに合った退職金アドバイザーが見つかる
  2. 紹介費用は一切かからず無料で利用可能
  3. 日本経済新聞など大手有名メディアで取り上げられている

退職金についての相談をするならまさに退職金ナビがおすすめです。

退職金ナビは、退職金を受け取った・受け取り予定の方を対象に、退職金の使い道や運用などを相談できるプロの退職金相談アドバイザーを紹介してくれるサービスです。

アドバイザーはどんな人達なの?

IFA(独立系金融アドバイザー)」と呼ばれる内閣総理大臣の登録を受けて、証券会社や銀行と業務提携をしている「金融商品仲介業者所属の登録外務員」がアドバイザーとして加盟しています。

そのため専門的な知識を有しており、退職金に関する自身の考え方をふまえた提案を実施してもらことが可能です。

提案や相性が良ければ今後の相談パートナーとして付き合っていくことができるため、親身に相談に乗ってくれる相手を探したい方はサービスを利用してみてください!

まずは公式サイトで60秒診断をやってみると良いワン!

\退職金相談におすすめ/

退職金の使い道相談なら「退職金ナビ」がおすすめ!
公式サイトの診断であなたの意向に合った提案をしてくれるプロがすぐに見つかります。

退職金のおすすめ運用ランキング

退職金のおすすめ運用ランキング

自分で運用もできる?

結論、退職金を使って自分で資産運用をすることもできます。

ここからは個人で資産運用をする際のおすすめの資産運用方法を3つ紹介します。

以下で詳しく解説します。

投資信託

投資信託の特徴

  • 投資のプロに運用を任せられる
  • 商品1つで手軽に分散投資できる
  • コストとなる信託報酬は年0.09%~1.0%程度

投資信託は「ファンドマネージャー」と呼ばれる投資のプロが投資家に代わって運用してくれる投資商品です。

そのため購入する商品と金額さえ決めれば、投資の深い知識がなくても安心して資産運用を進められます

銘柄分析などの難しい作業も、プロに任せられちゃうんだ!

投資信託は毎月定額をコツコツ積み立てる手法が定番で、以下のネット証券では100円から積み立てが可能です。

  • SBI証券
    公式サイト:https://www.sbisec.co.jp/ETGate
    →取扱本数は2,600本以上と、業界トップクラス。いろはに投資限定で、口座開設するだけで「元証券ディーラー『たけぞう』直伝!2023年の投資戦略」レポートもプレゼント
  • 楽天証券
    公式サイト:https://www.rakuten-sec.co.jp/
    →楽天ポイントが貯まり、全銘柄で買付手数料が無料

投資信託の詳細は「【初心者向け】投資信託とは?仕組みや種類も図解で丸わかり」の記事にてまとめたので、併せてご覧ください。

不動産投資型クラウドファンディング

不動産投資型クラファンの特徴

  • 最低1万円から気軽に投資できる
  • 登記など複雑な手続きが不要
  • 運用にかかる手間やコストが少ない

不動産クラウドファンディングはその名の通り、出資金の用途が不動産の運用に特化しています

集めた資金をもとに運営会社が不動産を購入・運用することで、その利益が出資者に分配される仕組みです。

不動産クラウドファンディングの仕組み

運用期間終了時には、物件が売却され売却金が出資者への償還金に充てられます。

不動産クラウドファンディングの中でもおススメなのは「CREAL」と「COZUCHI」です。

  • CREAL
    公式サイト:https://creal.jp/
    2023年8月30日現在、元本割れが一度もない
    今なら投資家登録&投資額に応じてAmazonギフト券最大5万円分プレゼント!
  • COZUCHI
    公式サイト:https://cozuchi.com/
    収益性の高い都心部のマンションを中心に投資できる
    過去の案件では283%という高リターンも!

不動産投資型クラウドファンディングに関しては、関連記事「不動産投資型クラウドファンディングのおすすめランキング!選ぶ時のポイントも解説」を参考にしてみてください。

ロボアド投資

ロボアドバイザーの特徴

  • 手間をかけずにプロ同様の投資が可能
  • 資産配分を調整するリバランスを自動で行ってくれる
  • 下落局面でも損失を抑えてくれる機能がある

ロボアドバイザーとは、投資家に代わりITテクノロジーを駆使し自動で資産運用してくれるサービスです。

投資信託と同様に手間や時間をかけることなく投資ができるため、投資初心者からも人気を集めています。

投資信託よりも幅広い投資先があるから、分散しやすいね!

最近は数多くのロボアドサービスが登場していますが、中でも投資家の満足度が高いのは以下3社。

  • ウェルスナビ
    公式サイト:https://www.wealthnavi.com/
    →預かり資産と運用者数が業界No.1*のロボアド
    ※一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2023年3月末現在)『ラップ業務』『投資一任業 』」を基にネット専業業者を比較 ウエルスアドバイザー社調べ(2023年6月時点)
  • ROBOPRO
    公式サイト:https://folio-sec.com/robopro
    →長期運用者の99%以上の通算損益がプラスに
  • SUSTEN(サステン)
    公式サイト:https://susten.jp/
    →手数料が成果報酬型だから無駄なコストがかからない

中でもウェルスナビ」は預かり資産と運用者数で業界No.1*の実績を誇る、圧倒的人気のサービスです。
*一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2023年3月末現在)『ラップ業務』『投資一任業』」を基にネット専業業者を比較 ウエルスアドバイザー社調べ(2023年6月時点)

ロボアドバイザーについての詳細は、「ロボアドバイザーのおすすめ10選比較ランキング!手数料や選び方も紹介」の記事をご覧ください。

退職金運用の注意点に関するよくある質問

退職金運用の注意点に関するよくある質問

退職金運用に関して、まだ気になっていたことが残ってる…

ここでは退職金運用の注意点に関するよくある質問に答えていきます。

以下で詳しく解説します。

Q.退職金の安全な運用方法は?

定期預金や国債などが比較的安全な運用方法と言えます。

また、値上がり益を狙いたい場合は株式や不動産なども混ぜて、分散投資をするのも良いでしょう。

株式一辺倒だとリスクが高いので、必ず分散投資がおすすめです!

Q.退職金を運用するなら何がいい?

退職金のおすすめの運用先は、リスク許容度と投資目的に応じて異なります。

数十年の投資期間を設けられるのであれば、インデックス投資がおすすめです。

インデックスファンドは、特定の市場指数に連動するように設計されており、分散投資が可能です。

また、中リスク・中リターンを目指す場合は、バランス型ファンドやリートがいいでしょう。

【まとめ】退職金運用の注意点を理解して適切にスタートしよう

【まとめ】退職金運用の注意点を理解して適切にスタートしよう

退職金運用の注意点を理解できたよ!

この記事では、退職金運用の注意点やおすすめの運用方法などを解説しました。

最後にこの記事の重要なポイントをまとめます。

  1. 退職金運用には元本割れするなどの注意点もある
  2. まずは勉強して運用する目的をたてよう
  3. 運用が不安なら専門家(退職金ナビ)に相談してみよう

退職金の運用に失敗すると、老後が思ったよりも苦しい生活になる可能性もあります。

そうならないためにも、一度専門家に相談してみると良いでしょう。

退職金の運用について不安があるなら一度専門家へ相談するのがおすすめ!

退職金の相談なら>>退職金ナビ

※相談は無料で、IFAというお金のプロに相談できます。


moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU