PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。

ウィブル証券の評判・口コミは?キャンペーンやメリット・デメリットを解説!

米国株の取り扱いが豊富で、手数料がお得なことから、ウィブル証券は最近投資家の間で人気を集めています。

とはいえ「興味はあるけど、実際に利用すべきか分からない…」「他の証券会社と何が違うの?」と悩み、口座開設に進めない方も多くいるでしょう。

そこで今回はウィブル証券の基本情報から、メリット・口コミまで分かりやすく解説していきます。

この記事を書いた人:末友浩基
この記事を書いた人:末友浩基

2020年6月から副業ライターをスタートし2022年に金融ライターとして独立。
20代投資家。投資歴は3年。米国(S&P500)・日本(高配当株)・米国債券・ロボアドへ投資中。
実体験があるからこそ得られる知識を使い、読みやすく分かりやすい記事を執筆しています。

\プレゼントキャンペーン/

ウィブル証券は新規口座開設で米国株の取引手数料が3ヵ月間0円!
しかも最大113,000円がもらえるキャンペーンも!

ウィブル証券とは

ウィブル証券

ウィブル証券は、米国の金融商品に強みをもつ証券会社です。

そんなウィブル証券の詳細を見ていきましょう。

取扱商品・米国ETF
・米国株式
・国内株式
・米国預託証券(ADR)
・米国オプション市場に上場する個別株オプションおよび株価指数オプション
米国現物株、米国ETF等の手数料約定金額の0.22%(税込)
上限〜20米ドル
国内株式の手数料55円~
NISA対応×
iDeCo対応×
公式サイトhttps://www.webull.co.jp/

米国株の手数料が安いね!

ウィブル証券の魅力はなんといっても、米国株投資のやりやすさと、各種手数料が他の証券会社よりも低いことです。

マネックス証券やSBI証券との比較は「メリット部分」で詳しく記載しているので、参考にしてみてください。

【本音】ウィブル証券の評判・口コミ

本音】ウィブル証券の評判・口コミ

ウィブル証券の評判や口コミが気になるなぁ…

ここでは実際に「ウィブル証券」を利用している方の口コミをまとめていきます。

インターネット上で「ウィブル証券」の評判を調べると、次のような意見が多いようです。

  • 取引時間が長いのでありがたい!
  • 手数料が最安級でお得に投資できる
  • 入出金手数料がかかるのでそこは残念
Twitterの評判を見る(クリックで詳細を確認)

評判や口コミを調査してウィブル証券の人気ぶりがわかったワン!

ウィブル証券のメリット

ウィブル証券のメリット

ウィブル証券を利用するメリットはある?

ここからはウィブル証券のメリットを5つ紹介します。

以下で詳しく解説します。

①米国株関連の取扱銘柄数が多い

ウィブル証券は以下の商品を取り扱っています。

  • 米国株
  • 米国ETF
  • 米国株オプション
  • ADR(米国預託証券)
  • 日本株式

中でも米国株関連の取扱銘柄数が豊富で、取扱銘柄は米国株・米国ETFで約7,000、うち4,000以上の銘柄で単元未満株取引が可能です

最近は米国株に人気があるからありがたいね!

米国株の取り扱いが少ない証券会社であれば、「この銘柄伸びそうだな…」と思って投資したい場面でも、取り扱っていないから投資できないこともあります。

取引可能銘柄が多ければ、それだけ投資機会が増えるのです。

②米国株の取引手数料が安い

ウィブル証券の米国株・米国ETFの取引手数料は0.22%(税込)です。

また、取引手数料だけでなく、為替取引手数料も15銭と低いです。

高いか安いか分からないな…
他の証券会社はどんな感じ?

ここでは主要ネット証券であるマネックス証券、SBI証券、楽天証券の基本手数料と比較してみます。

証券会社名取引手数料(税込)為替手数料
ウィブル証券 約定代金の0.22%(税込)円→ドル:15銭
ドル→円:15銭(※1)
マネックス証券約定代金の0.495%
最低0~最大22米ドル
円→ドル:無料
ドル→円:25銭
SBI証券約定代金の0.495%
最低0~最大22米ドル
円→ドル:25銭
ドル→円:25銭
*住信SBI利用時は6銭
楽天証券約定代金の0.495%
最低0~最大22米ドル
円→ドル:25銭
ドル→円:25銭
※1:株式会社QUICKが提供する為替レートに加減算(アスク+15銭、ビッド-15銭)される為替スプレッド

取引手数料が他よりも圧倒的に安いね!

片道の為替手数料も低水準です。

日本株に比べて米国株などの投資商品は手数料が高くなりがちですが、ウィブル証券であれば他の主要オンライン証券よりも有利に取引できそうです。

\プレゼントキャンペーン/

ウィブル証券は新規口座開設で米国株の取引手数料が3ヵ月間0円!
しかも最大113,000円がもらえるキャンペーンも!

③単元未満株の取引ができる

単元未満株とは、設定された最小取引単位以下の株を取り扱うことを意味します。

日本株だと100株単位で売買する必要がありまとまった資金が必要ですが、単元未満株を取り扱っている証券会社であれば、1株から投資できるため人気を集めています。

単元株と単元未満株の違いの図解

ウィブル証券ではもともと1株単位で売買する米国株の単元未満株取引が可能です。

1株未満でも購入できるようになるため、最低数百円から投資できるのです。

1株って言ってもAppleの株を買うのには2万円近く必要だからありがたいね!

米国株に興味があり、少額から始めてみたい方におすすめです。

④取引ツールが充実

ウィブル証券はユーザーにとって直感的な操作が可能な高機能な取引ツールを提供しています。

ウィブル証券の画面
公式Webサイトより

例えば以下のような分析ができます。

  • 指標の検証
  • チャートにラインを引く
  • 比較
  • デュアルチャートの表示

スマートフォンアプリでは、50以上のテクニカル指標と17種類のチャート編集機能が使えます。

米国株やETF等の様々な銘柄で利用でき、投資家が自分のスタイルに合わせて分析できます。

本格的に米国株投資したい方におすすめな機能だワン!

⑤取引時間が長い

米国株の開場時間は、日本時間だと深夜になります。(23時30分~翌6時、サマータイムは1時間前倒し)

そのため、相場に張り付いて取引するのも難しく、売買タイミングを逃すことも多々あるでしょう。

仕事もあるからこの時間に見るのは難しいね。

ウィブル証券では時間外取引に対応。

通常の取引時間だけでなく、プレマーケットやアフターマーケットでも取引でき、合計16時間もリアルタイム取引が可能です。

各時間の区分プレマーケット通常取引時間アフターマーケット
日本時間18時~23時30分23時30分~翌6時翌6時~翌10時
米国時間4時~9時30分9時30分~16時16時~20時
サマータイム(日本時間)17時~22時30分22時30分~翌5時翌5時~翌9時

ただ、プレマーケット・アフターマーケットでリアルタイム取引が可能なのは指値のみです。

また、通常取引時間以外の時間帯での成行注文、逆指値注文の発注は可能ですが、通常取引時間が始まって以降の約定となります。

これなら売買タイミングを逃さないね!

\プレゼントキャンペーン/

ウィブル証券は新規口座開設で米国株の取引手数料が3ヵ月間0円!
しかも最大113,000円がもらえるキャンペーンも!

ウィブル証券のデメリット

ウィブル証券のデメリット

デメリットはないの?

これから、ウィブル証券のデメリットについて以下の観点から解説していきます。

ウィブル証券の弱みや注意したいポイントをチェックしていきましょう。

①米国株以外の取扱商品が物足りない

ウィブル証券は米国株の取扱銘柄は豊富ですが、他の商品はほとんど取り扱っていません。

ふつうはどんな商品があったっけ?

  • 投資信託
  • IPO
  • 信用取引 など

投資信託は、専門の運用会社が複数の投資家から収集した資金を集め、株式や債券などの各種金融商品に投資する商品です。

投資信託の流れ図解

個別の銘柄を選択するよりもリスクを分散できるため、特に投資初心者に人気です。

ただ、ウィブル証券では米国株式やETFなどの取り扱いしかないため、注意しましょう。

投資信託やIPOの投資もしたい方は「SBI証券」も開いておくのが良いでしょう。

投資信託やIPOの取扱数が業界最高水準であり、いろはに投資が実施したアンケートでもNo.1を獲得しています。

米国株やETFのメイン口座なら、ウィブル証券で十分足りるワン!

②入出金手数料がかかる

ウィブル証券では入出金手数料がかかります。

どれくらいかかるの?

ウィブル証券の入出金手数料は以下の通りです。

  • 入金:金融機関による
  • 出金:110円~550円

どちらも投資家自身が負担する必要があります。

入金は振込手数料が無料のネットバンクなどを利用すれば無料で行えますが、出金は必ず手数料がかかります

楽天証券SBI証券であれば銀行口座と連携していれば無料で入出金できるので、デメリットと言えるでしょう。

なるべく出金は頻度を下げて、手数料を抑えると良いワン!

③NISAに対応していない

NISAとは、投資の利益が非課税になる税制優遇制度の一種です。

2023年ではつみたてNISAと一般NISAの2つがあり、どちらか1つしか選択できませんが、お得に資産形成するためには欠かせない制度です。(2024年から新NISAへ移行します)

そんなお得なNISA制度ですが、ウィブル証券では対応していません

お得な制度なのに利用できないのはもったいないね。

NISA制度の利用を検討している方は別の証券会社を用意しておきましょう。

NISAのおすすめ証券会社については以下の記事を参考にしてみてください。

ウィブル証券で実施中のキャンペーン【最新】

ウィブル証券キャンペーン

お得に投資を始められるキャンペーンはある?

ウィブル証券では初心者でも気軽に利用できるよう、頻繁にキャンペーンを開催しています。

2023年12月現在、実施されているキャンペーンは以下の通りです。

XMAS・友達紹介キャンペーン

キャンペーン名XMAS・友達紹介キャンペーン
キャンペーン期間2023年11月30日(木)17時00分~2023年12月29日(金)16時59分​
特典期間中に友達を紹介すると、条件達成1名につき、6,000円分のAmazonギフトカードをプレゼント​
条件①紹介期間中にキャンペーンページより友達を紹介すること
②キャンペーン期間中に米国株/米国株オプション/ETF/国内株いずれか一回以上の取引をする​

このキャンペーンは、期間中に友達を紹介することでAmazonギフトカードをもらうことができます。

最大で60,000円分のギフトカードを獲得できるので、ぜひチェックしてください。

紹介された人にも特典があるワン!

Xmas・初回入金&取引Wチャンスキャンペーン

キャンペーン名XMAS・初回入金&取引Wチャンスキャンペーン
キャンペーン期間2023年11月30日(木)17時00分~2023年12月29日(金)16時59分​
特典①期間中に下記条件1を達成された方に現金2,000円プレゼント
②期間中に下記すべての条件を達成された方の中からさらに抽選で10名様に現金50,000円、2,013名様に現金5,000円をプレゼント
条件①キャンペーン期間中に初回入金(10,000円以上)が完了すること​
②初回入金日より30日以内における入金額と出金額の差額が+1万円以上であること​
③初回入金日より30日以内に米国株/米国株オプション/ETF/日本株いずれか一回以上のお取引をする​

ウィブル証券で1万円以上を入金し、条件を満たすことで現金プレゼントキャンペーンの対象となります。

しかも、既に口座開設をしていても、入金を一度もしたことがない人は本キャンペーンの対象となります。

抽選日は2月5日を予定しているワン!

米国株・日本株現物取引手数料無料キャンペーン

ウィブル証券キャンペーン
キャンペーン名米国株・日本株の現物取引手数料0円キャンペーン
特典口座開設完了日から3ヶ月間、米国株・日本株現物株式取引手数料が無料
対象者ウィブル証券にて口座開設を完了した方(エントリー不要)
注意事項・本プログラムは、予告なく内容を変更・中止する場合がございます。
・米国株式の売却時にはSEC(米国証券取引委員会)に支払う取引所税(米国現地証券取引所手数料)及びFINRA(米国金融規制機構)に関連した費用が別途かかります。

手数料無料は嬉しいね!

新規口座開設&入金キャンペーンとの併用もできるので、お得な11月中に口座開設するのがおすすめです。

また、新規口座開設だけで以下の特典も受けることができます。

  • 米国板情報サービスが3か月間無料

>>キャンペーンの詳細はこちら

ウィブル証券の口座開設方法

ウィブル証券の口座開設方法

ウィブル証券の口座開設方法を知りたい!

ウィブル証券の口座開設はたった3STEPです。

以下で詳しく解説します。

①必要情報を入力する

ウィブル証券を口座開設するには、「公式サイト」から必要情報を入力しましょう。

ウィブル証券

トップページにある「キャンペーンに参加する」から電話番号と認証コードを入力し、「次へ」をタップします。

口座開設2

ログインパスワードの設定をし、サインアップしましょう。

口座開設3

パスワードは忘れないようにメモ帳などに記載しておこうワン!

②専用アプリをダウンロードする

Google PlayもしくはApp Storeより専用アプリをダウンロードしましょう。

続いて本人確認情報の登録をします。

ウィブル証券で利用できる本人確認書類は以下の通り。

  • 運転免許証(表裏両面) 
  • マイナンバーカード(表面のみ) 
  • 在留カード(表裏両面)※1
  • 特別永住者証明書 ※1

※1:有効期限まで3ヶ月以上の猶予のあるもの

また、マイナンバー確認書類として以下の書類が必要です。

  • マイナンバーカード(表裏両面)
  • 通知カード(表裏両面)
  • 個人番号付き住民票(6か月以内のもの)

③審査完了後取引開始する

通常1~3営業日で口座開設の審査は完了します。

ただし、審査状況によっては通常より開設完了までに日数がかかる場合があるため、早めに口座開設しておきましょう。 

審査が完了したら、サービスを利用できるようになります。

思ったよりも簡単だったね!

ウィブル証券に関するよくある質問

ウィブル証券に関するよくある質問

ウィブル証券についてまだ気になっていたことが残ってる…

ここからはウィブル証券の評判に関するよくある質問にお答えします。

以下で詳しく解説します。

Q.ウィブル証券の特徴は?

ウィブル証券は米国関連の商品に強みを持ち、手数料の安さや単元未満株投資へ対応するなど他の証券会社にはない特徴があります。

プレマーケットやアフターマーケットでも取引できるため、夜はなかなか投資できない人にとってありがたいでしょう。

決算や要人発言のタイミングで売買できると投資タイミングを逃さないね!

Q.ウィブル証券のIPOはどう?

2023年10月時点ではIPOの取扱はしていません。

ただし、募集等に係る株券等の顧客への配分に係る基本方針は設定されています。

もしかしたら今後取り扱いがスタートする可能性もあるね!

Q.ウィブル証券で日本株は取引できる?

2023年6月より日本株も取引できるようになりました。

口座開設をすると日本株板情報が無料で利用でき、多機能チャートや歩み値も見ることができます。

また、大口投資家の売買動向も見れたり、各銘柄の関連ビッグデータをAIが分析して視覚化してくれます。

【まとめ】ウィブル証券の評判・口コミ

【まとめ】ウィブル証券の評判・口コミ

ウィブル証券についてよく分かったよ!

この記事ではウィブル証券の評判やメリット・デメリットを解説しました。

最後に重要なポイントをまとめます。

  • ウィブル証券は米国株投資に強みのある証券会社
  • 手数料は業界最安水準で取引時間が多いため売買タイミングを逃さない
  • NISAに対応しておらず取扱商品が少ないことには注意が必要

ウィブル証券は取引ツールも便利なため、快適な取引ができることから今後さらに人気を集める可能性もあります。

単元未満株取引でき、米国株へは業界最安水準で投資できるため、気になる方は口座開設してみてください。

\プレゼントキャンペーン/

ウィブル証券は新規口座開設で米国株の取引手数料が3ヵ月間0円!
しかも最大113,000円がもらえるキャンペーンも!


ブックマークした記事を見る

証券会社のおすすめ記事

Loading...

興味のあるカテゴリから探す

この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU