PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【4項目比較】オルカンとS&P500はどっちがおすすめ?

・オルカンとS&P500ってよく聞くけど、どっちが良いのかな?
・人気のインデックス投資について知りたいな…

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • オルカンとS&P500は米国インデックスファンドの中でも人気の商品
  • 現状は、オルカンに比べてS&P500の方がパフォーマンスが良い
  • リスク分散の観点からはオルカンがおすすめ!

2024年1月よりスタートした新NISAでは、インデックスファンド、アクティブファンド、個別株など幅広い投資が可能です。

その中でも、世界に分散投資ができる「オルカン(通称)」やアメリカの主要な500銘柄の時価総額をもとに算出される「S&P500」など投資信託の人気が高まっています

とはいえ、どちらも非常に優秀なファンドであるため、「オルカンとS&P500のどちらに投資すべきか悩む…」と困っている方も多いはず。

今回は人気投資信託であるオルカンとS&P500の違いについて、現役投資家の筆者が分かりやすく解説します。

商品選びで必須の比較ポイント4項目を紹介したから、自分にピッタリの商品が見つかるワン!

▼1分で記事内容を理解

執筆:いろはにマネー編集部
執筆:いろはにマネー編集部

いろはにマネーは、20年以上にわたり投資家向けサービスを提供する株式会社インベストメントブリッジが運営しています。
株式や投資信託などの投資経験があるメンバー、仮想通貨投資経験者、20枚以上のクレカ保有者、アナリスト試験合格者など、それぞれの記事領域に見識の深いメンバーが運営しています。
X(旧Twitter):@IrohaniMoney

\人気No.1

SBI証券 タイアップバナー

まだ証券口座を持っていない方は、当社の独自調査でも人気No.1だったSBI証券がおすすめです。

いろはにマネーからの口座開設限定でオリジナルレポート「10億円運用した『たけぞう』直伝!2024年の投資戦略」もプレゼント!
*オリジナルレポートプレゼントキャンペーンの詳細はこちら

オルカン・S&P500とは?【基礎知識】

オルカン・S&P500とは?

オルカンとは、全世界の株式に分散投資をすることが出来る全世界株式型(オール・カントリー)インデックスファンドです。

世界の国・地域の企業の株価から作られた指数に連動し、人気の商品には「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」や「たわらノーロード 全世界株式」などがあります。

S&P500とは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社が公表している、米国の代表的な株価指数の1つです。

ニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場している代表的な500銘柄の時価総額をもとに算出されます。

日本でいう「TOPIX」的な存在だよ!

S&P500は米国株式市場全体に対し約80%の時価総額比率を占めており、米国市場全体の動きをおおむね反映していると言えます。

どちらもシンプルで分かりやすく過去パフォーマンスが良いため、投資知識の少ない初心者にもおすすめの商品です

それぞれどんな特徴があるの?

オルカン、S&P500に関して、以下記事も参考にしてみてください。

どちらも指数に連動するインデックスファンドなんだね!

投資を勉強する時間も取れなさそう・・・
そんな自分でも何かできるのかな?

あなたにぴったりの投資方法がわかる!
ゼロから知識をつけられるレッスンも無料です!
まずは無料の投資診断から始めませんか?

オルカンとS&P500の違いを4項目で徹底比較

オルカン・S&P500の違いは?

オルカンとS&P500を具体的に比較して、商品選びに役立てたいな!

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)とeMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)の違いを理解するうえで、比較ポイントとなるのが以下の4つ。

4項目で比較結果を、以下で詳しく確認していきましょう。

①基準価額(チャート比較)

基準価額比較
設定来データよりいろはに投資にて作成

過去のデータを比較すると、オルカンに比べてS&P500のパフォーマンスが高いことがわかります。

S&P500の利回りが高くなった要因としては、IT企業と米ハイテク産業の躍進や中国経済の成長鈍化などが考えられます。

あくまで過去の市場実績だから、将来の予測の1つとして考えてね!

なお、積立投資をした場合のシミュレーションは「積立シミュレーション」のページでできます。

②月間積立金額ランキング

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)とeMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)は実際どれくらい人気なのでしょうか?

多くの投資家が利用している楽天証券の2023年12月の月間積立設定金額ランキングを見てみましょう。

上の画像のとおり、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)とeMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)はランキングTOP2を占めていて、2つとも非常に人気の高い投資信託であると分かります。

その中でもeMAXIS Slim米国株式(S&P500)は純資産が3兆円に迫っており、特に多くの人に買われています。

リターンの高さが人気につながっているワン!

③構成銘柄

オルカンとS&P500にはそれぞれどんな銘柄が含まれているの?

ここでは、オルカンとS&P500の組入れ上位10社と、その構成比率をご紹介します。

順位オルカン構成比率S&P500構成比率
1アップル(AAPL)4.2%マイクロソフト(MSFT) 7.1%
2マイクロソフト(MSFT)4.2%アップル(AAPL) 6.5%
3エヌビディア(NVDA)2.2%エヌビディア(NVDA)3.6%
4アマゾン(AMZN)2.1%アマゾン(AMZN) 3.4%
5アルファベットA (GOOGL) 1.6%アルファベットA (GOOGL) 2.4%
6メタ (META)1.3%メタ (META)2.1%
7アルファベットC (GOOG)0.8%バークシャー・ハサウェイ(BRK.B)1.7%
8テスラ(TSLA)0.8%アルファベットC (GOOG)1.5%
9ブロードコム(AVGO)0.7%ブロードコム(AVGO)1.2%
10イーライリリー(LLY)0.7%テスラ(TSLA)1.2%
月次報告書(オルカンS&P500)より作成(2024/1/31)

構成銘柄の上位10社はほとんど同じなんだ!

オルカン・S&P500ともに時価総額を基準として組入比率を決めているため、アップルやマイクロソフト、テスラなど、今をときめく巨大ハイテク企業が上位を占めています。

10位までの銘柄が全体に占める割合をまとめると、次のようになります。

  • オルカン:18.1%
  • S&P500:31.4%

S&P500よりオルカンの方が構成銘柄数が多いということもあり、上位銘柄の比率が低くなっていることが分かります。

オルカンの方が、より分散投資できているということだワン!

④セクター、国別比率

続いて比較するのは、セクター、国別比率です。

順位オルカン構成比率S&P500構成比率
1情報技術23.3%ソフトウェア12.2%
2金融15.6%半導体8.5%
3ヘルスケア11.1%テクノロジー8.1%
4一般消費財10.6%メディア7.9%
5資本財10.3%金融7.5%
6コミュニケーション7.5%医薬品7.1%
7生活必需品6.5%一般消費財5.6%
8エネルギー4.6%資本財5.4%
9素材4.1%ヘルスケア5.1%
10公益事業2.4%エネルギー3.7%
月次報告書(オルカンS&P500)より作成(2023/1/31)

この表から、情報技術/テクノロジー、金融はセクター比率が高いことがわかります。

その一方で、ヘルスケアと一般消費財は上位にランクインされていますが比率が異なります。

上位の構成銘柄とは異なり、構成セクター比率には少し違いがあるね。

国別比率は、以下のとおりです。

順位オルカンS&P500
1アメリカ62.7%100.0%
2日本5.6%0.0%
3イギリス3.5%0.0%
4フランス2.8%0.0%
5カナダ2.8%0.0%
6スイス2.3%0.0%
7ドイツ2.0%0.0%
8ケイマン諸島1.7%0.0%
9オーストラリア1.7%0.0%
10台湾1.5%0.0%
月次報告書(オルカンS&P500)より作成(2023/1/31)

全世界株式に分散投資できる点がメリットであるオルカンですが、6割が米国株です。

米国株が下がった場合、オルカンも少なからず影響を受けるワン!

\投資を始めるなら/

まだ証券口座を持っていない方は、いろはにマネーの調査でも人気No.1だったSBI証券がおすすめです。
楽天VTIやeMAXIS Slimも、新NISAで買付手数料無料で購入できます!

オルカンとS&P500はどっちに投資するべき?

オルカン・S&P500どっちに投資するべき?

結局オルカンとS&P500どっちに投資するべきなの?

オルカンとS&P500はどちらも優秀なインデックスファンドであるため、どちらに投資しても問題はないかと思います。

ただ、それだと決めきれない方のために、あえて紹介するのであればオルカンの方がおすすめです。

迷ったらオルカンを選ぶのがおすすめな理由2つ

オルカンは投資初心者や安定的な運用をしたい方におすすめでして、そのワケは以下の2点です。

  • リスク分散がしやすい
    国内、海外先進国、新興国のすべてに分散投資
  • 低コストで中長期的な資産形成にもピッタリ
    手数料の低いファンドで、積立投資とも相性が良い

たった一つのファンドを購入するだけで、各国の銘柄に投資できるのと同義なので、リスクの低さと手数料のバランスで非常に優れています。

ただし注意点として、オルカンのうち約60%はS&P500採用企業を含む米国株式に投資されます。

そのためオルカンとはいえ米国メインの分散になるため、全世界へ均等に分散したリスク軽減を考えている方には物足りないかもしれません。

リスクより直近パフォーマンス重視ならS&P500を選ぼう

じゃあS&P500は、どういう人がおすすめなの?

直近のリターンにおいては、S&P500のパフォーマンスの方が上回っています。

多少リスクをとってでも、リターンを求めたい方にとっては、S&P500がおすすめといえるでしょう。

とはいえ初めての投資であれば、分散投資の効果を高められる意味でもオルカンを選ぶのがおすすめです。

目的に合わせた投資手法を選ぶ必要があるワン!

オルカン・S&P500の買い方

オルカン・S&P500買い方

実際にこれらの投資信託を買ってみたいんだけど、どうすれば良いのかな?

eMAXIS Slimや楽天インデックス・ファンド等に投資するには、取り扱い証券会社で口座開設をする必要があります。

証券口座を開設する場合、ネット証券で開くのがおすすめです。

ネット証券は口座開設から取引までパソコンやスマホ一台で可能なので、若い人や手数料を抑えたい方は特におすすめですよ。

SBI証券【人気No.1】

SBIキャンペーン

SBI証券のおすすめポイント

  • TポイントやVポイントで投資信託が買える
  • 2,700本以上という豊富な投資信託ラインナップ
  • 当メディア(いろはにマネー)の独自調査で人気度No.1

「ネット証券と言えばSBI証券」という投資家もいるほど、人気なのがSBI証券。

投資信託の積立投資も簡単で、新NISA対象商品も豊富に取り揃えています。

もちろんeMAXIS Slimや楽天VTIにも投資でき、TポイントやPontaポイント、Vポイントを使った投資が可能となっています。

いろはに投資の「投資信託におすすめの証券会社」の調査でも1位を獲得したワン!

\人気No.1

SBI証券 タイアップバナー

まだ証券口座を持っていない方は、当社の独自調査でも人気No.1だったSBI証券がおすすめです。

いろはにマネーからの口座開設限定でオリジナルレポート「10億円運用した『たけぞう』直伝!2024年の投資戦略」もプレゼント!
*オリジナルレポートプレゼントキャンペーンの詳細はこちら

楽天証券【楽天ポイントが貯まる】

楽天証券No.1画像

楽天証券のおすすめポイント

  • 楽天ポイントで投資信託を購入できる
  • 投信積立を楽天カード決済すると、楽天ポイントが貯まる
  • 投資信託の残高に応じて楽天ポイントが10~500ポイントもらえる

楽天証券は、楽天カードや楽天銀行との連携でお得にポイントが貯まるのが特徴的。

楽天カードで投資信託の積立ができるだけでなく、投資しながら楽天ポイントを貯めることもできます。

楽天証券も業界最多水準の投資信託のラインナップを揃えていて、いろはに投資の独自調査でも人気No.2となっています。

最近は20代・30代の口座開設が増えているみたいだよ!

\楽天カードを持っているなら/

もっと多くのネット証券を比較したい人は、「株初心者におすすめのネット証券ランキング」もご覧ください。

【まとめ】オルカン・S&P500どっちがおすすめ?

オルカン・S&P500まとめ

オルカンとS&P500の違いがよく分かったよ!

今回は4つの比較ポイントから、オルカンとS&P500の違いを解説しました。

最後に、本記事でもっとも重要なポイントを3つまとめます。

  • オルカンとS&P500は米国インデックスファンドの中でも人気の商品
  • 現状は、オルカンに比べてS&P500の方がパフォーマンスが良い
  • リスク分散の観点からはオルカンがおすすめ!

どちらも過去のパフォーマンスは高く、資産運用としておすすめです。

多くの社会人は日本円で給与が支払われるため、ポートフォリオに他国株を入れることはリスク分散の面からとにかく重要。

どちらが良いか分からず悩んでいる人は、分散投資できるオルカン投資がおすすめです。

\限定キャンペーン実施中/

SBI証券 タイアップバナー

まだ証券口座を持っていない方は、NISAで人気の「SBI証券」がおススメ!
いろはにマネーからの口座開設限定でオリジナルレポート「10億円運用した『たけぞう』直伝!2024年の投資戦略」もプレゼント!

*オリジナルレポートプレゼントキャンペーンの詳細はこちら

いろはにマネーの投資診断

moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU