SBI証券のIPO投資はおすすめ?当たらないって本当?買い方やポイント制度もご紹介

・SBI証券はIPOの取り扱いが多いらしいけど、当たるのかな?
・当選しやすくなるコツを知りたいな!

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • SBI証券はIPO銘柄の取扱が豊富
  • 外れてもポイントをもらえる点が魅力
  • IPOに当選したい方は複数の証券会社を保有しておくと有利

IPO投資は、上場する会社の株を割安で購入し、上場後に売却して利益を狙う投資方法です。

高確率で利益を得られることが多いため、個人投資家を中心に人気を集めています。

しかし、IPO投資は抽選倍率が高いため、当選するのは至難の業。

そこで今回は、SBI証券のIPO投資の抽選に当たるコツや一緒に持っておきたい証券口座などをご紹介します。

\IPO投資をするなら/

取り扱い銘柄数No.1(22年3月期)のSBI証券がおすすめ。

IPOの抽選に外れるとポイントがもらえる「IPOチャレンジポイント」では、どんどん当選確率が上がっていきます。

IPOがまだ何かよく分かっていない方は、先に「【保存版】株の上場(IPO)とは?メリット・デメリットも初心者向けに解説」の記事を読んでおきましょう。

SBI証券のIPOの基本情報【ルール】

SBI証券

ネット証券大手のSBI証券。

まずはSBI証券のIPOに関する基本情報を見ていきましょう。

IPO実績(2021年)122社
抽選制度60%:完全平等抽選
30%:IPOチャレンジポイントに基づく
10%:投資状況と適合性の原則に基づく
NISA対応

ネット証券の中でもトップクラスの人気を誇るSBI証券は、口座開設数600万超え、IPO取り扱い実績No.1など、多くの実績を持っています

IPO取り扱い実績が多いことや、IPOチャレンジポイント制度もあるため、「IPO投資と言えばSBI証券」と口にする投資家も多いですね。

SBI証券でIPO投資するメリット

ここからはSBI証券でIPO投資するメリットをご紹介します。

以下で詳しく解説します。

①IPO銘柄の取扱数が豊富

SBI証券はIPOの取り扱い数が業界トップの実績を誇ります。

2022年3月通期の全上場会社数のうち、約97.5%にあたる117社の銘柄を取扱いました

他の証券会社はどうなの?

同時期の2位はSMBC日興証券ですが、引き受け数は76社ですので、SBI証券のIPO実績がずば抜けていることがわかります。

また、IPOの主幹事になることもあります。

主幹事になるとどうなるの?

主幹事になると、引き受け比率が増え、抽選される株が多くなり、抽選倍率が下がります

取扱数も多く、主幹事も引き受けているSBI証券はIPO投資には必須だと言えるでしょう。

\IPO投資をするなら/

取り扱い銘柄数No.1(22年3月期)のSBI証券がおすすめ。

IPOの抽選に外れるとポイントがもらえる「IPOチャレンジポイント」では、どんどん当選確率が上がっていきます。

②当選確率が高くなるポイント制度を導入

IPO株の購入が抽選となった場合、当然ながら外れることもあるでしょう。

SBI証券では抽選に外れると「IPOチャレンジポイント」をもらえます。

どんなポイントなの?

IPOチャレンジポイントは、IPOに外れた回数に応じてポイントが加算され、次回以降でポイントを利用すると当選確率がアップする仕組みです。

IPOチャレンジポイント

抽選を続けるほど、当選しやすくなるんだね!

外れてもチャンスがあるIPOチャレンジポイントは、SBI証券が人気な理由の1つです。

③IPO銘柄の空売りが可能

SBI証券は、IPO銘柄や新興市場銘柄の信用新規売り(空売り)ができる「HYPER空売りサービス」を利用できます。

IPO銘柄は人気の高まりによって上場後は株価が急騰しやすく、その後下落する場合も多くあります。

人気の銘柄が上がりすぎた後に大きく下落することがあるよね!

株価が適正水準に戻るところを狙って信用新規売り(空売り)を行えば利益を狙うことができます。

ボラティリティ(値幅)が大きい銘柄もありますので、収益のチャンスが期待できます。

空売りは初心者には難しいから以下の記事を読んでおこうワン!

④IPO当選後にキャンセルしてもペナルティなし

仮に抽選で当選した後でも、無料かつペナルティ無しでキャンセルできます。

確かに、IPO企業の評判が悪かったり、相場環境が悪くなったらキャンセルできると良いかも‥

証券会社によっては当選を辞退するとペナルティが発生する場合もあるため、SBI証券は優しいですね。

気軽にチャレンジができるので、IPO投資をしたい方はSBI証券で口座開設しておくと良いでしょう。

\IPO投資をするなら/

SBI証券のIPO銘柄の買い方/申込方法

IPO銘柄ってどうやって買えばいいの?

SBI証券でIPO銘柄を購入する方法をご紹介します。

1.SBI証券の口座開設をする

SBI証券はインターネット経由ならば最短1日で開設でき、複雑な手続きも必要ありません

具体的な手順としては、大きく分けて以下の7ステップ。

  • メールアドレスの認証
  • お客様情報の設定
  • 規約の確認
  • 入力内容の確認
  • 口座開設方法の選択
  • 本人確認書類を提出
  • 初期設定を行う

なお、SBI証券の口座開設方法については、関連記事「SBI証券で口座開設する流れ7ステップ|初期設定や必要日数も解説」にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

画像付きだから初心者でも安心して口座開設できるワン!

2.銘柄を選ぶ

SBI証券にログインし、「IPO/PO」タブから「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示」をクリックし、ブックビルディングに申し込みたいIPO株を選びましょう。

IPO銘柄選びは、「IPOスケジュール」を参考に考えてみましょう。

3.ブックビルディングに申し込む

「新規上場株式ブックビルディング申込」画面で、以下の内容を入力します。

  • 申込株数
  • 価格
  • IPOチャレンジポイントの使用有無
  • 取引パスワード

抽選対象になるために、IPO株の発行価格以上で申し込んでください。

ストライクプライスってどんなもの?

ストライクプライスはどの価格で決定しても購入意思があることを示すもので、確実に抽選対象になりたい方はストライクプライスを選択しましょう

4.抽選の結果を確認する

申し込みさえしてしまえば、抽選結果が分かるまですることはありません。

抽選日になったら抽選結果を確認してください。

結果は「当選」「補欠当選」「落選」「抽選対象外」の4パターンがあるので、確認しておきましょう。

5.購入意思を申告する

「当選」または「補欠当選」だった場合には、購入意思として「購入」または「辞退」を申告してください。

意外と簡単にできるね!

まずは口座開設をして、目当てのIPO株を待つんだワン!

\IPO投資をするなら/

取り扱い銘柄数No.1(22年3月期)のSBI証券がおすすめ。

IPOの抽選に外れるとポイントがもらえる「IPOチャレンジポイント」では、どんどん当選確率が上がっていきます。

SBI証券のIPOは当たらない?当選確率上げるコツ

ここからはSBI証券のIPOで当選確率を上げるコツをご紹介します。

以下で詳しく解説します。

①IPOチャレンジポイントを貯めて活用する

SBI証券のIPOチャレンジポイントは、IPO株に購入申し込みをして落選すると1ポイント貯まります。

IPOチャレンジポイントを使えば当たりやすくなるんだよね!

目当ての銘柄が出てきたときに、IPOチャレンジポイントを使えるようIPO銘柄に応募して、チャレンジポイントを貯めることも重要です。

落選した回数が多い人ほど、ここぞという時のIPO投資を実現しやすくなります。

②家族口座で応募口数を増やす

家族にもSBI証券の口座を開設してもらい、同じIPO銘柄に応募することも当選確率を上げる方法の一つです。

無理に口座開設はさせないようにね…!

自分の口からしっかり説明し、納得してもらったうえで口座開設してもらいましょう

③複数の証券会社から申し込む

多くの証券会社を使って申し込みを行い、抽選回数を増やすことも当選確率を上げる大切な方法です。

一回あたりの当選確率は1%であっても、複数の証券会社から申し込むと2%、3%、と少しでも当選確率は上げられます

当選確率が上がるのはわかるけど、どの証券口座を開設したら良いか分からないよ。

松井証券SBIネオトレード証券DMM株ではIPO申込時に事前入金が不要です。

IPO申込時に事前入金が必要な場合、1社あたり数十万円必要になるため、簡単に複数口座での申込は出来ないですよね。

しかし、事前入金が不要な証券口座を持つことで、気軽に複数口座での申込が出来るようになります

SBI証券のIPO投資に関するよくある質問

ここからはSBI証券のIPO投資に関するよくある質問にお答えします。

以下で詳しく解説します。

SBI証券のIPO投資はいくらくらい必要ですか?

SBI証券に限らず、40万円ほどあれば、ほとんどのIPOに応募できます。

数百万円が必要というわけではないため、IPO投資はそこまで大きな資金が必要ありません。

はじめは100万円以上必要だと思っていたよ!

SBI証券のIPOの抽選方式は?

SBI証券の抽選方式は以下の通りです。

抽選方法割合
完全平等抽選60%
IPOチャレンジポイントに基づく30%
投資状況と適合性の原則に基づく10%

SBI証券では「IPOチャレンジポイント」という独自のユニークな制度を導入しており、ポイントが多い人から当たります。

IPOチャレンジポイントは必要な時に多く使うのが大事だワン!

【まとめ】SBI証券はIPO投資におすすめ!

SBI証券の口座開設から始めてみるよ!

SBI証券はIPO投資として適しているのか、メリットやデメリットも交えながら解説してきました。

最後に、本記事の重要なポイントを3つにまとめます。

  • SBI証券はIPO銘柄の取扱が豊富
  • 外れてもポイントをもらえる点が魅力
  • IPOに当選したい方は複数の証券会社を保有しておくと有利

IPO銘柄の中には、成長性が高く株価の大幅な上昇が期待できる企業も多く存在しています。

IPO投資に興味があれば、まずはSBI証券で口座を開いてみましょう。

\IPO投資をするなら/

取り扱い銘柄数No.1(22年3月期)のSBI証券がおすすめ。

IPOの抽選に外れるとポイントがもらえる「IPOチャレンジポイント」では、どんどん当選確率が上がっていきます。