PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

楽天カードの家族カードはお得?ポイント付与やキャンペーン、メリットを解説

・楽天カードの家族カードってお得なの?
・楽天カードの家族カードの加入方法を知りたい

このような疑問を解決します。


この記事の結論

  • 家族カードよりも本カード発行がおすすめ
  • 支払いをまとめられるが、ブランド・デザインが選べないデメリットも
  • 家族カードを持っていても、本カードに申し込みできる

家族に楽天カード会員がいる場合、家族カードが発行できます。

ですが家族カードは本当にお得なのか、発行して良いのか不安な人も多いはず。

今回は楽天カードの家族カードについて詳しく解説します。

ポイント付与の仕組みや、お得なキャンペーンについても紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

この記事を書いた人:西本衣里
この記事を書いた人:西本衣里

クレジットカード・お得系情報を得意とするフリーランスwebライター。Web企画・運営を5年間経験。
楽天カードやイオンカード、三井住友カード ゴールド(NL)、リクルートカードなどクレカ20枚を所有し、一番お得な決済方法を常に模索。
仕事用ではアメックス・ビジネスグリーンカードを利用している。
キャッシュレス決済・電子マネーもスマホに15個ダウンロード。FP3級を取得し、現在はクレカでつみたてNISAも実践中。

\5,000ポイントプレゼント/

新規入会とカード利用で5,000ポイントプレゼント!
さらに年会費は永年無料です。

【結論】楽天カードは本カード発行がおすすめ

楽天カードは本カードがおすすめ

結論から言うと、楽天カードは家族カードよりも本カードの発行をおすすめします。

家族カードよりも本カードの方が、加入時にもらえるポイントが多いため、その分お得に加入できるからです。

でも、学生さんや専業主婦(夫)は加入できないかも。

楽天カードは、配偶者収入がある専業主婦(夫)の方なら加入の対象です。

学生さんもクレジットカード作成は18歳以上で高校を卒業していれば、申し込みできますよ。

家族カードを考えている人は、ぜひ本カードも検討してみてほしいワン!

楽天カードの家族カードとは

楽天カードの家族カードとは

楽天カードのことは知っていても、家族カードの内容は知らない人も多いと思います。

まず、楽天カードの家族カードのことをよく知っておきましょう。

還元率1%
年会費永年無料
貯まるポイント楽天ポイント
(本会員に貯まる)
ブランド本カードと同じ
デザイン本カードと同じ
ETCカード発行できない
発行可能枚数2枚まで

楽天カードは本カードと同様、年会費は永年無料で使えます。

ただし楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードは年会費が別途550円(税込)必要です。

楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードは、家族カードの年会費が本カードより安いワン!

家族カード会員が利用したポイントは、本会員のアカウントにまとめて付与されます。

家族カードでETCカードは発行できないので、本カード会員から申し込みましょう。

還元率は本カードと同じで、100円(税込)につき1円分の楽天ポイントが貯まるよ!

楽天カードの家族カードのメリット

楽天家族カードのメリット

楽天カードの家族カードには、どんなメリットがあるの?

楽天カードの家族カードのメリットは、以下の4つが挙げられます。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

支払いを家族でまとめられる

家族が使った支払いをバラバラの口座で引き落とすと、管理が複雑になり大変ですね。

家族カードなら、家族の利用分が全て本カード会員の口座から引き落とされます。

引き落とし口座が一本化され、毎月の家計管理が楽になりますよ。

バラバラの支払いも、1つの口座にまとめてスッキリね!

また、家族カードの明細は本会員から見られるため、お子さんに持たせたい人も安心です。

加入時の審査に通りやすい

家族カードは、本カードに追加して発行するカードです。

本カード会員が問題なく利用していれば「支払い能力がある」と判断されるため、比較的審査に通りやすくなります。

本カードよりも加入しやすいんだね。

ただし本カード会員が滞納している場合や、家族カード会員の信用履歴に問題があると、審査に落ちる可能性もあります。

不安要素がある人は解消してから申し込んだ方が良いでしょう。

家族でポイントを分け合える

家族カードを利用したポイントは本会員に付与されますが、会員同士で分け合いも可能です。

本カード会員から家族カード会員に移行、または本カード会員が同じ会員同士で分け合えます。

家族カード会員もポイントが使えるのは嬉しいね!

ポイント移行は50ポイント以上からで、期間限定ポイントは対象外です。

会員同士でポイントを分け合える会社は少なく、楽天カードはその点かなり良心的と言えるでしょう。

家族カード会員ではない人には、分け合いできないワン!

楽天SPUの対象になる

楽天カードのメリットに、楽天市場で使うとポイントが倍増する「楽天SPU(楽天スーパーポイントアッププログラム)」があります。

楽天市場で楽天カードを使うと、+1%多く貯まるんだ!

この楽天SPUは本カードはもちろん、家族カードで支払ってもポイントアップの対象です。

本カードと支払った時と同様に、楽天カード利用の特典が+1%加算されて貯まります。

家族カードでも楽天市場でポイントが貯まりやすいのは、嬉しいメリットですね。

楽天カードのポイント還元率はしっかりチェックしておくと良いワン。

\5,000ポイントプレゼント/

新規入会とカード利用で5,000ポイントプレゼント!
さらに年会費は永年無料です。

楽天カードの家族カードのデメリット

楽天家族カードのデメリット

家族カードに注意点やデメリットはあるのかな?

楽天カードの家族カードのメリットを紹介しましたが、注意すべきデメリットもあります。

注意点は以下の通り。

加入後に困らないよう、事前に知っておきましょう。

利用可能枠は本カードと共有になる

家族カードには利用可能枠が設定されておらず、本カードと共有となります。

本カードの利用可能枠が100万円であれば、本会員と家族会員でその100万円を分け合って使います。

そのため一人が使い過ぎてしまうと、他の会員の利用枠が少なくなり、使いたい時に使えなくなる可能性も。

大きな買い物をする時は事前に報告するなど、工夫して使うと良いでしょう。

一人が使いすぎると、他の会員が困るんだね。

ブランド・デザインが選べない

家族カードのブランドやデザインは、本カードと同じものが発行されます。

好きなものを選ぶことはできないため注意してくださいね。

また楽天カードのデザインは、通常のものを始め「お買い物パンダ」「ディズニー」「スポーツ」など様々です。

カードによっては、家族が好まないデザインになることも覚えておきましょう。

自分は良くても、家族は持ち歩きにくいデザインかも。

利用履歴が本会員にわかってしまう

楽天カードの家族カードの利用明細は、家族会員だけでなく本会員からも見られる仕組みです。

安心できる反面、プライバシーが守られないデメリットもあります。

子供に持たせるなら安心だけど、夫婦間となると困るかもしれないワン!

利用履歴を見られたくない人は、自分名義の本カードを発行することをおすすめします。

楽天カードの2枚持ちについては「楽天カードは2枚持ちすべき?2枚目作成キャンペーンの詳細も解説」記事をご覧ください。

加入時にもらえるポイントが少ない

楽天カードはほぼ常にたくさんのキャンペーンを開催していますが、家族カードのキャンペーンは少ないです。

本カードと家族カードで、キャッシュバックされるポイントを比べてみました。

カードの種類キャッシュバック
楽天カード(本カード)5,000~8,000ポイント
家族カード1,000ポイント

本カードでもらえるポイントは時期により異なり、多くの場合5,000~8,000ポイントです。

対して家族カードは、1,000ポイントしかもらえません。

本カードの方がかなりお得ね!

どちらにするか悩んでいる人は、本カードに加入して大量ポイント獲得がおすすめです。

楽天カードの家族カードの発行方法

楽天家族カードの発行方法

楽天カードの家族カードはどうやって発行するの?

家族カードの発行方法は、楽天カードをすでに持っている人と、持っていない人で異なります。

楽天カードの家族カードの発行方法をそれぞれ解説します。

楽天カードをすでに持っている場合

楽天カードを今持っている人は、会員専用サイト「楽天e-navi」から発行します。

楽天e-naviにログインして、「お申し込み(カード/サービス)」から家族カードを選択しましょう。

カードを使う家族の名前や生年月日・暗証番号を入力し、確認して申し込みを確定します。

家族の情報を記入するだけなので、申し込みはとても簡単です。

早ければ1分くらいで申し込めるよ!

申し込み受付が完了した後、1週間程度で自宅に届きます。

楽天カードを持っていない場合

楽天カードを今持っていない人は、まず本会員になる人が楽天カードを申し込みましょう。

楽天カードは受け取り時に本人確認できるので、書類を撮影してアップロードする手間もかかりません。

申し込み完了後「楽天カードのサービス申し込み」画面になるので、家族カードを「申し込む」を選択します。

必要事項を入力すれば、審査完了後に本カードと一緒に発送されます。

本カード発行と同時に申し込めるのね!

\5,000ポイントプレゼント/

新規入会とカード利用で5,000ポイントプレゼント!
さらに年会費は永年無料です。

楽天カードの家族カードのQ&A

楽天家族カードのQ&A

家族カードに加入を考えた時、疑問や不安も多いのではないでしょうか。

ここからは、楽天カードの家族カードを発行する時のQ&Aを紹介します。

よくある質問も知っておけば安心だね。

家族カードは本カードと併用できる?

本カードと家族カードは、2枚持ちして併用も可能です。

必要に応じて、本カードと家族カードを使い分けると良いでしょう。

家族カードを持っていても、本カードに申し込めるの?

現在家族カードを持っていても、本カードに申し込みできます。

「家族カードを持っているから審査に落とされる」ということはないので安心してくださいね。

口座を別にできる?

家族カードは本カードに追加という扱いになるため、引き落とし口座は同じになります。

家族カードのみ口座を変えることはできないので注意しましょう。

本カードなら、楽天カード引き落としに対応していれば、自分の好きな口座を指定できます。

口座を別にしたい人は、本カード申し込みがおすすめです。

本人名義の口座のみ指定できるワン!

家族カードから本カードに変更できる?

残念ながら、家族カードから本カードに直接変更はできません。

じゃあ、家族カードの人はどうしたらいいの?

家族カード会員が本カードを使いたい場合、新たに申し込みが必要です。

本カードが発行された後、家族カードを解約すれば良いでしょう。

楽天カードの家族カードまとめ

楽天家族カードまとめ

家族カードのことがよくわかったよ!

楽天カードの家族カードについて解説しました。

最後にこの記事の重要なポイントを3つにまとめます。

  • 家族カードよりも本カード発行がおすすめ
  • 支払いをまとめられるが、ブランド・デザインが選べないデメリットも
  • 家族カードを持っていても、本カードに申し込みできる

家族カードは、家族の支払いを一括化できる便利なアイテムです。

ですがデザインを選べず、利用履歴が見られるためプライバシーが守られない注意点もあります。

どちらが良いか迷っている人は、家族カードよりも本カードがおすすめです。

本カードなら楽天ポイントを大量に獲得できるので、ぜひ検討してくださいね。

\5,000ポイントプレゼント/

新規入会とカード利用で5,000ポイントプレゼント!
さらに年会費は永年無料です。

楽天カードの種類について詳しくは「【どれがおすすめ?】楽天カード6種類の特典を徹底比較!」をご覧ください。

いろはにマネーの投資診断


ブックマークした記事を見る
Loading...
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU