PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【アプリが便利】GMO外貨(外貨ex)の評判・口コミは?デモ口座・最新キャンペーンも解説!

・GMO外貨の外貨exは、初心者でも安心して利用できそう?
・GMO外貨にはどんな特徴があるのかな?

このような疑問を解決します。


この記事の結論

  • GMO外貨はGMOインターネットグループで、45万を超える口座数を持っている
  • スマホアプリの使い勝手のよさに定評
  • レバレッジを選択できるためリスクを抑えた取引が可能

GMO外貨は、業界最大手のGMOインターネットグループに属するFX会社です。

同社はもともとヤフーグループでしたが、GMOインターネットグループが2021年9月に買収をしたことで現在に至っています。

同社のツール類はヤフーグループ時代に開発されており、特にスマホアプリの使い勝手のよさに定評があります

この記事ではGMO外貨の特徴や口コミ、スプレッドを他のFXサービスとも比較しつつ初心者向けに解説します。

\最大55万円キャッシュバック/

業界最狭水準のスプレッドと高水準のスワップポイントも魅力

GMO外貨の外貨exとは?【基本情報】

GMO外貨の画像

まずは概要を知っておきたいな!

社名/ サービス名GMO外貨/ 外貨ex
口座数463,592口座(2024年2月末)
取引単位1.000通貨
取り扱い通貨ペア24種類
スプレッド(※1)・USD/JPY 0.2銭
・EUR/JPY 0.4銭
スワップポイント(※2)・USD/JPY 233円
・EUR/JPY 211円
公式サイトhttps://www.gaikaex.com/
※1)2024年3月4日時点のスプレッド。原則固定、各営業日午前8時~翌午前3時までの時間帯
※2)※2024年3月4日スワップポイント

GMO外貨はFX業界最大手のGMOインターネットグループに属するFX会社で、「外貨ex」というサービスを提供しています。

具体的な沿革は、以下のとおりです。

  • 2003年9月 サイバーエージェントがシーエー・キャピタルを設立してFXサービスを開始
  • 2006年10月 社名をサイバーエージェントFXに変更
  • 2012年12月 ヤフーがサイバーエージェントFXを買収
  • 2014年3月 ワイジェイFXへ社名変更
  • 2021年9月 GMOフィナンシャルホールディングス(※)の買収により社名をGMO外貨に変更
  • 2023年7月 GMO外貨からGMO外貨へ社名を変更

※GMOクリック証券を傘下にもつ持株会社(東証スダンダード:7177)

当初はサイバーエージェントの子会社として設立された同社ですが、ヤフーを経て現在はGMOクリック証券の実質的な子会社となっています。

GMOインターネットグループ入りしたのは2021年9月と最近ですが、会社の設立及びFXサービス開始は2003年9月と、20年近い歴史を持つ実績あるFX会社です。

他社と比べて口座数は多いの?

以下が、直近の他のFX会社との口座数の比較となります。

FXサービス名口座数
GMO外貨463,592口座
GMOクリック証券817,505口座
外為どっとコム611,453口座
トレイダーズ株式会社
(みんなのFXとLIGHT FXの合算)
546,318口座
マネーパートナーズ367,482口座
2024年3月調べ

46万超の口座数を持つGMO外貨は中堅FX会社並みの口座数を持つFX会社です。

FX業界最大手のGMOインターネットグループに属し、20年近いサービス提供の歴史があって45万超の口座数を持つ同社は、初心者でも安心できる取引環境があると言えます。

GMOインターネットグループにはGMクリック証券というFX会社など、複数のFX会社があるワン!

GMO外貨の特徴9つ

GMO外貨の特徴

GMO外貨はどんなところに注目すべき?

GMO外貨の特徴として挙げられるのが以下の9点です。

それぞれそれぞれ解説していきます。

①1000通貨から取引可能

FX業界大手のDMM FXが10,000通貨単位での取引となっているように、かつてのFX取引は10,000単位が主流でした。

GMO外貨はサービス開始が2003年と古いのですが、現在は1,000通貨単位での取引が可能です。

そのため他社サービスと比較しても、リスクを抑えた形でFX取引を行うことができます。

1,000通貨なら、少額から取引できるね!

②24の通貨ペアの取引が可能

GMO外貨では、主要通貨ペア中心に下記24通貨ペアの取引ができます

  • USD/JPY(米ドル/円)
  • EUR/JPY (ユーロ/円)
  • EUR/USD (ユーロ/米ドル)
  • AUD/JPY(豪ドル/円)
  • NZD/JPY (ニュージーランドドル/円)
  • GBP/JPY (ポンド/円)
  • CHF/JPY (スイスフラン/円)
  • CAD/JPY (カナダドル/円)
  • GBP/USD (ポンド/米ドル)
  • GBP/AUD (ポンド/豪ドル)
  • ZAR/JPY (南アフリカランド/円)
  • TRY/JPY (トルコリラ/円)
  • MXN/JPY (メキシコペソ/円)
  • AUD/USD (豪ドル/米ドル)
  • NZD/USD (ニュージーランドドル/米ドル)
  • CNY/JPY(人民元/円)
  • HKD/JPY(香港ドル/円)
  • EUR/GBP (ユーロ/ポンド)
  • EUR/AUD (ユーロ/豪ドル)
  • USD/CHF (米ドル/スイスフラン)
  • EUR/CHF (ユーロ/スイスフラン)
  • GBP/CHF (ポンド/スイスフラン)
  • AUD/CHF(豪ドル/スイスフラン)
  • CAD/CHF(カナダドル/スイスフラン)

全体的には標準的な通貨ペアの取扱いだけど、スイスフランの関連通貨ペアの取扱いが多いのが特徴だよ。

③主要通貨ペアのスプレッド

GMO外貨の主要通貨ペアのスプレッドは以下のとおりです。

通貨ペアスプレッド
USD/JPY0.2銭
EUR/JPY0.4銭*
GBP/JPY0.9銭*
AUD/JPY0.5銭*
NZD/JPY0.7銭*
EUR/USD0.3ポイント*
GBP/USD1.0ポイント
ZAR/JPY1.3銭
MXN/JPY0.2銭*
※原則固定 2024年4月5日時点(午前8時~翌午前3時)
*の付いた通貨ペアは「スプレッド縮小キャンペーン」適用中のスプレッド

多くの国内投資家が取引を行うUSD/JPY、EUR/JPY、AUD/JPY、EUR/USDのスプレッドは1銭(ポイント)以下であり、低めのスプレッド設定です。

一方で、CNH/JPY、HKD/JPY、AUD/CHF、CAD/CHFの3.0銭(3.0ポイント)が最大のスプレッドであり、ほとんどの通貨ペアは 3.0銭(3.0ポイント) 未満のスプレッドです。

よって、全体的に低めのバランスの取れたスプレッド設定となっています。

極端にスプレッドの広い通貨ペアがないから、短期取引から長期取引まで様々なタイプの投資家に対応するスプレッドといえるワン!

④主要通貨ペアのスワップポイント

GMO外貨の主要通貨ペアの10,000通貨あたりのスワップポイントは以下のとおりです。

通貨ペアスワップポイント
USD/JPY売り▲263:買い260
EUR/JPY売り▲223:買い222
GBP/JPY売り▲285 :買い282
AUD/JPY売り▲139:買い136
NZD/JPY売り▲135 :買い138
EUR/USD売り50 :▲買い53
GBP/USD売り14:▲買い17
ZAR/JPY買い135:▲売り138
MXN/JPY 買い24.1:▲売り24.1
2024年4月5日時点

外貨exでは2024年1月15日(月)提示分より米ドル/円、豪ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、NZドル/円を始めとした21通貨ペアのスワップポイントを改善。

受け取るスワップポイントの水準は維持しつつ、投資家が支払うスワップポイントは今までより少額になるように改定されました。

スワップの支払いになるポジションが持ちやすくなる改定だワン!

>>外貨ex公式サイト

⑤証拠金維持率は50%

GMO外貨の証拠金維持率は50%です

証拠金維持率とは必要証拠金に対する純資産割合のことで、証拠金維持率が高いほどリスクは低くなり、下記計算式で算出できます

証拠金維持率(%) = 純資産 ÷ 必要証拠金 × 100

GMO外貨 では証拠金維持率が50%を割れるとポジションは強制決済(ロスカット)されます。

例えばドル円の10,000通貨の最低証拠金を50,000円・証拠金維持率を50%とした場合、50,000円の投資金額では含み損が▲25,000円を超えるとロスカットされます。

また毎営業日のクローズ時点に証拠金維持率が100%を下回ると、保有ポジションを維持するには24時までに追加証拠金の入金が必要です。

多くのFX会社の証拠金維持率は100%だから、GMO外貨を利用する際は証拠金の管理はいつも以上に気を付けたほうがよさそうだね。

⑥デモ取引が可能

GMO外貨ではデモ取引が可能であり、投資資金を入金して取引を行う前にツールなどの使い勝手や取引環境をデモ取引で試すことができます。

通常のFX取引だけでなく、バイナリーオプション(BO)取引もデモ取引が可能です。

デモ取引はメールアドレスとパスワードの登録だけで30日間利用ができます

30日あれば充分に取引環境などのサービスを試すことができるね。

\まずはデモ取引から試そう/

⑦レバレッジを選択可能

ほとんどのFX会社ではレバレッジは法定上限の25倍と事前に決められています。

一方、GMO外貨では取引のレバレッジを1倍、10倍、25倍の3種類から投資家自身が選択可能です。

GMO外貨でレバレッジを抑えてFX取引を行うことで、大きな損失を計上するリスクを抑えてFX取引を行えます

またレバレッジを1倍に抑えることで、外貨預金の代替サービスとしてFX取引を利用することもできます

レバレッジを投資家側で設定できるFX会社は数が限られるよ!

⑧バイナリーオプション取引ができる

GMO外貨では通常のFX取引に加えて、バイナリーオプション(BO)取引もできます。

他社の多くのBO取引では、ラダー取引といわれる判定時に目標レートよりもハイ(上)かロー(下)かを予測する取引に限定されています。

しかし同社は、レンジ取引と呼ばれる判定時に目標レンジに対してインかアウトかを予測する取引も可能です。

通常のFX取引に加えてBO取引、そしてBO取引の中でもレンジオプション取引ができることで、同社では様々な相場状況に応じて最適な取引を選択できます

BO取引は自動的に損切りされるから、ズルズルと含み損が膨らみ続けないのが魅力だワン!

⑨外貨両替サービスの存在

GMO外貨ではFX取引に加えて、円を外貨に交換し各銀行の外貨預金口座で受け取ることができます。

海外旅行などで円をドルなどの外貨に両替する必要がある時に、両替を同社のスプレッドで行い、手数料を抑えることができます。

1回あたり1,500円の外貨出金手数料が必要となるものの、通常の両替所に比べ非常に安いコストで両替ができます

外貨両替サービスは海外旅行に行く時におすすめのサービスだよ。

\お得に外貨へ両替/

GMO外貨の評判・口コミ

GMO外貨の評判や口コミ

実際にGMO外貨を利用している人の意見が聞きたいなぁ。

ここでは実際にGMO外貨利用者の口コミをまとめてみました。

リアルユーザーへのインタビュー結果も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

GMO外貨の口コミを利用者にインタビュー

GMO外貨:実際のユーザーの声

外貨ex評判
いつからサービスを使っている?

2017年頃から。

GMO外貨を選んだ理由

ヤフーのサービスをよく利用していたため(取引するとヤフーのポイントかTポイントがもらえた記憶あり)YJFX!の時代に開設した。
記憶が不確かですがキャッシュバックキャンペーンがよかったからだったと思います(今のような取引が必要なタイプではなく口座開設しただけでキャッシュバックのタイプ)

GMO外貨の良い点(メリット)

どれかが特別秀でているところはないが全般的にハイスペックなサービス内容(最近は高金利通貨のスワップポイントが最高水準でした)特に何か不満があるわけではない。
スマホアプリはYJFX!時代から好きなタイプ。新しい外貨exのアプリはチャートの右端に隙間ができたのが嬉しい。

GMO外貨の気になる点(デメリット)

Macユーザーが使える高性能チャートがない(HTML版のみで物足りない)

口座開設は難しかった?簡単だった?

簡単。
郵送する手間がなく、パソコンで完結するため。

どんな取引をしているか/実績など

スキャルピング

その他、コメントなど

FXサービスの一つとして外貨両替をさりげなくやっています。
両替ショップよりもお得に手続きできたと思います。

GMO外貨は全体的なスペックが高く、問題なく利用できているとの意見がありました。

機能面でも利便性の高くなるようなアップデートが実施されているのも安心ですね。

インターネット上で調べたGMO外貨の口コミ

インターネット上でGMO外貨の評判を調べると、次のような意見が多いようです。

  • スマホアプリの使い勝手のよさ
  • 他社よりも高めのスワップポイント
  • サービスとしての総合力の高さ

スマホ取引に必要なツールが揃っている。また使い方も直感的で分かりやすいためストレスのない取引ができる。

スマホアプリからのニュースの確認が非常に分かりやすいため、指標の確認に重宝している。

スマホアプリを始めツールが使いやすく、またデモ取引もできるので初心者がFX取引に慣れるのにちょうどよい。

スマホでのチャートの見やすさは業界No1ではないか。

スプレッドやスワップポイントは他社に比べ不利な面があるが、スマホアプリの使い勝手のよさなどを考えると総合的にバランスの取れたFX会社。

好意的な口コミが多い反面、スワップポイントのマイナスが他社に比べ大きい点をデメリットとする口込みもありました。

またツイッターでは下記のような口コミもありました。

※社名変更前の「GMO外貨」における口コミ

全体的には好意的な口コミが多いワン!

\スマホアプリが高評価/

GMO外貨のメリット3選

GMO外貨のメリット

GMO外貨を利用するメリットはどこにあるのかな?

GMO外貨を利用するメリットは下記3点が挙げられます。

一つずつ確認していきましょう。

①使い勝手のよいスマホアプリ

GMO外貨はGMOインターネットグループが買収を行う前はヤフーグループのFX会社でした。

ポータルサイトの運営などを手掛けるヤフーグループ時代に同社のスマホアプリは開発されており、非常に使い勝手のよい仕様となっています。

口コミでもスマホアプリに対する評価は高かったね!

FX取引は損切りなどでストレスが溜まりやすい部分があるため、取引でストレスを溜めないため使い勝手のよいツールの利用が重要です。

特にスマホ中心にFX取引を行う場合、同社のスマホアプリは非常に役立ちます。

特に短期取引をスマホで行う場合、アプリの使い勝手の良さが取引成績にも影響するんだワン!

②レバレッジの選択によるリスク抑制

GMO外貨では1倍、10倍、25倍でレバレッジの選択ができます

ほとんどのFX会社では、レバレッジが法定上限である25倍に決められています。

ただしレバレッジ25倍であっても、10万円の投資資金で250万円分の取引ができる計算となるため、損切りが遅れるなどして大きな損失計上を余儀なくされるケースは少なくありません。

初心者の段階ではレバレッジ1倍や10倍で取引を行うことにより、一回の取引で大きな損失を計上するリスクを抑えた取引ができます

FXの失敗の多くは、一度の取引で取り返しのつかない程の損失を計上することにあります。

同社では投資家が低いレバレッジを選択することで、一度の取引で大きな損失を計上するリスクの抑制が可能です。

取引に慣れない段階では大きな損を避けて、取引経験を蓄積することが重要だね!

③スキャルピングが可能なFX口座

GMO外貨は、スキャルピングOKなFX口座としても注目です。

スキャルピング」は数秒から数分の超短期間で取引を完了させる、有名なトレードスタイルのひとつ。

多くのFX口座は取引回数が増えてサーバーへの負荷が大きい点から、スキャルピングが禁止されています。

禁止されている口座でスキャルピングを行うと、口座凍結の恐れも…。

普段は忙しくて取引に回せる時間が短い人は、外貨exのスキャルピングで効率よく利益を狙いましょう。

\スキャルピングするなら/

GMO外貨 のデメリット

GMO外貨のデメリット

GMO外貨を利用する際の注意点はどこにあるんだろう?

GMO外貨のデメリットは他社に比べ高いマイナスのスワップポイントが挙げられます。

詳しく見てみましょう。

他社に比べ高いマイナスのスワップポイント

GMO外貨の主要通貨ペアのスワップポイントを、高いスワップポイントで知られる“みんなのFX”と比較してみましょう

特にマイナススワップポイントにご注目ください

通貨ペアGMO外貨みんなのFX
USD/JPY売り▲49:買い29 売り▲31:買い28
EUR/JPY売り6:買い▲26 売り4:買い▲6
GBP/JPY売り▲62:買い42 売り▲38:買い35
AUD/JPY売り▲27:買い7 売り▲6:買い6
NZD/JPY売り▲43:買い23 売り▲23:買い23
EUR/USD売り48:買い▲68 売り38:買い▲45
GBP/USD売り▲21:買い1 売り0:買い0
各10,000通貨の2022年5月24日時点のプラススワップポイント

GMO外貨は“みんなのFX”に比べ、若干高いスワップポイントの設定がなされています。

プラスのスワップポイントだけ見ると「みんなのFX」よりも優位性があるね。

ただし、スワップポイントのマイナス分(マイナススワップ)は”みんなのFX”に比べ非常に高い設定です。

よって、日をまたぐ短期トレードや中期及び長期のスイングトレードを行う際に、マイナススワップのポジションを持つと高いポジション維持コストが生じます。

GMO外貨で中期や長期トレードを行う際は、取引を行う通貨ペアのマイナススワップポイントに対する考慮が必要です。

せっかく高いプラススワップなのに、マイナススワップがそれ以上に高いからバランスはよくないね。

GMO外貨のキャンペーン【最新版】

GMO外貨のキャンペーン

GMO外貨ではどんなキャンペーンをやっているのかな?

以下ではGMO外貨で実施中のキャンペーンと、過去のキャンペーンをご紹介します。

実施中のキャンペーン

GMO外貨では現在、下記のキャンペーンを実施しています。

詳しく確認していきましょう。

【新規口座開設プログラム】新規口座開設&お取引で最大55万円キャッシュバック

GMO外貨の画像

新規口座開設者に対し、口座開設完了月の翌々月の最終営業日ニューヨーククローズまでに下記の取引条件を達成すると、最大550,000円がキャッシュバックされます

合計取引額(新規約定のみ対象)キャッシュバック金額
100万通貨~1,100円
500万通貨~5,500円
1,000万通貨~11,000円
5,000万通貨~55,000円
10,000万通貨~110,000円
30,000万通貨~330,000円
50,000万通貨~550,000円

最大のキャッシュバック金額55万円は魅力的だね!

\最大55万円キャッシュバック/

業界最狭水準のスプレッドと高水準のスワップポイントも魅力

200円もらってCFD銘柄を保有しよう!はじめませんか?ポチッとちょいエフディー!

200円もらってCFD銘柄を保有しよう! CFD口座開設で200円プレゼント
期間2024年1月4日(木)~
対象者CFD口座を開設(エントリー不要)
キャンペーン内容現金200円をもれなくプレゼント

本キャンペーンではエントリー不要で口座開設だけで、もれなく200円がプレゼントされます。

CFDってなんだっけ?

CFDとはContract for Differenceの略で日本語では差金決済と訳されます。

FXと同じ感覚でレバレッジをかけたり、売りから入ることもできるためFX経験者には馴染みやすい取引でしょう。

CFDでは、株価指数やコモディティなどの取引ができます。

FXと同じ感覚で取引できる対象が増える感じだね!

CFD取引でFXお得パック

CFD取引でFXお得パック
期間2024年1月4日(木)〜2024年6月28日(金)
対象者エントリー必須
キャンペーン内容10万通貨ごとに10円を還元
CFD取引1回以上でドル円もキャッシュバックの対象になる

CFD取引10万通貨あたり10円がキャッシュバックされるキャンペーンです。

ドル円以外の通貨ペアはCFD取引条件なしでキャッシュバックの対象になり、ドル円はCFD新規取引1回以上で還元対象となります。

例えばエントリーの上で65万通貨を取引すれば、10万通貨に満たない5万通貨は切り捨てで60万通貨がキャッシュバックの対象となり、60円がキャッシュバックされます。

このキャンペーンはエントリーが必須!ドル円をキャッシュバック対象にするにはCFD取引の新規取引が必要だよ!

\最大55万円キャッシュバック/

業界最狭水準のスプレッドと高水準のスワップポイントも魅力

新規口座開設及び取引キャッシュバックキャンペーンのいずれも、対象期間が終了しても再度類似のキャンペーンが行われることが多いようです。

新たなキャンペーンがスタートしてから口座開設すれば、対象期間を長くすることができるね。

抽選で毎日200名様に!500円キャッシュバック祭!!

エントリー不要1回取引するだけで毎日抽選200名様に500円当たる!
期間2024年5月23日(木)オープン〜2024年6月28日(金)
対象者エントリー不要
新規約定を1回する
当選回数の制限なし
キャンペーン内容キャンペーン期間中、毎日抽選で200名様に500円プレゼント

新規約定でキャンペーン期間中、毎日500円が抽選で200名に当たります。

エントリーは不要で新規約定1回で、その日の抽選対象となります。

抽選適用条件を達成された日の翌営業日に、FX(外貨ex)口座にキャッシュバックされます。

当選回数制限はなく連続当選する可能性もあるお得なキャンペーンです。

1回取引するだけで、その日の抽選対象になるし気軽に参加できるね!

\最大55万円キャッシュバック/

業界最狭水準のスプレッドと高水準のスワップポイントも魅力

GMO外貨の口座開設方法

GMO外貨の口座開設方法

GMO外貨の口座開設は簡単にできるの?

GMO外貨は下記プロセスで簡単に口座開設ができます。

  • 公式サイトを開く
  • 口座開設フォームへ入力
  • 本人確認書類・マイナンバー記載書類の提出
  • メール(簡易書留も可能)でのログイン情報の通知
  • 取引開始

上記の①~⑤まで全てスマホで完結することができます

最短5分で口座開設の申込みができ、最短即日で口座開設ができるんだよ。

\最短即日で口座開設/

【まとめ】GMO外貨とは

GMO外貨のまとめ

この記事ではGMO外貨の特徴や口コミ、メリット・デメリットなどを解説してきました。

最後に、この記事のまとめを3点ご紹介します。

  • GMO外貨はGMOインターネットグループで、45万を超える口座数を持っている
  • スマホアプリの使い勝手のよさに定評
  • レバレッジを選択できるためリスクを抑えた取引が可能

GMO外貨はGMOインターネットグループに属し、また20年を超えるサービス歴と40万を超える口座があるので、初心者でも安心して取引できるFX会社です。

GMOインターネットグループ入りする前はヤフーグループのFX会社だったということもあり、同社のスマホアプリの使い勝手の良さは口コミなどでも非常に評価が高くなっています

スマホアプリを利用してストレスなく取引でき、またレバレッジを低くすることで大きな損失発生リスクを抑えられる同社は、初心者にオススメのFX会社と言えますよ

低レバレッジの設定なら初心者でも大きな損失を避けて長くFX取引ができるから、まずはGMO外貨を利用して低レバレッジでのFX取引から始めるて欲しいワン!

\口座開設キャンペーン実施中/


ブックマークした記事を見る
Loading...
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU