ライフカードの評判は?口コミや還元率など特徴を詳しく解説

ライフカードの評判は?口コミや還元率について詳しく解説

・ライフカードはどんなカード?
・気になる口コミがあったんだけど大丈夫かな?

このような疑問を解決します。


この記事の結論

  • ライフカードは効率よくポイントを貯めやすい
  • 気になる口コミもよく調べてみると納得の内容
  • 学生、女性、自営業などそれぞれの立場に合ったライフカードを選ぶのがおすすめ

ライフカードはポイントが貯まりやすく、比較的加入しやすいことでも知られています。

ただ、口コミの中には一部、「ライフカードを持っていないのに未払いの請求が来た」、「身に覚えのない引き落としがあった」といった内容もあり、加入を悩んでいる人も多いかもしれません。

気になる口コミもあったから、ライフカードを作ろうか迷っているよ。

しかし、真相を調べてみると口コミは誤解で、ライフカードはポイントを効率よく貯められて信頼できるクレジットカードです。

本記事では、ライフカードの評判や審査、気になる口コミの真相まで徹底解説します。

メリットや還元率も詳しく紹介するので、迷っている人はぜひ読んでみてください。

おすすめのライフカード

【早見表】おすすめのライフカード

ライフカード

ライフカードは定番の「ライフカード」だけでなく、たくさんの種類があります。

その中でも、特におすすめは以下の5枚です。

カード名年会費還元率
ライフカード永年無料0.5%
ライフカードゴールド11,000円0.5%
ライフカード Stella1,375円0.5%
学生専用ライフカード在学中無料0.5%
ライフカードビジネスライト永年無料
還元率は交換先によって異なります。

カードによって名前や年会費が異なるんだね。

ライフカードではそれぞれ違った特徴やメリットがあります。

どのようなカードがあるのか、まず最初にライフカードの種類を見ていきましょう。

ライフカードの種類

ライフカードの種類

ライフカードは、アイフルの子会社であるライフカード株式会社が発行しているクレジットカードです。

ライフカードの種類はとても多く、キャラクターや有名人・企業と提携しているものを合わせるとなんと60枚以上もあります。

ライフカードだけで60種類以上もあるの!?

種類がとても多いライフカードですが、タイプは大きく分けて3つあり、以下の分類に分けられます。

ライフカードには年会費が無料と有料のカード、デポジットを事前に払うタイプのカードもあります。

それぞれ違った特徴があるので、一つずつ見ていきましょう。

①年会費無料型

ライフカード株式会社では、年会費がかからないカードがたくさん提供されています。

一番メインとなる「ライフカード」でも、年会費は無料です。

年会費無料だと、ずっと気軽に持てるからうれしいね!

年会費が無料でも、ポイントはしっかりと貯まります。

ただしカードによって年会費やポイントの扱いが異なるため、加入前によく確認しましょう。

②年会費有料型

ライフカードには年会費がかかるカードもあります。

一般カードからプラチナカードまで幅広く準備されており、年会費は1,375円~22,000円と様々です。

年会費の幅が広いから自分に合ったカードを選べそう。

年会費有料カードでは、ミュージシャンの優待チケットや、アニメのオリジナルグッズがもらえる特典がついたカードもあります。

サービスや付帯保険が充実したカードも多いため、しっかりした特典を求める人におすすめです。

初年度無料のカードが多く、翌年から年会費が発生するから、忘れないように注意だワン!

③デポジット型

ライフカードでは、他社ではあまり見かけないデポジット型のカードも提供されています。

デポジットって何?

デポジットとは保証金のことで、預けたデポジットがそのカードの利用可能枠になるワン!

デポジット型は審査に通りやすいのが特徴で、実際にライフカードの公式サイトにも「過去に延滞がある方、審査に不安のある方におすすめ」と書かれています。

学生や自営業、会社を辞めた人でも安心して作れるね。

ポイントサービスや付帯保険もしっかり使えて、事前に保証金が必要なこと以外、通常のライフカードと変わりません。

審査に不安がある方は、デポジット型もおすすめです。

ライフカードの審査

ライフカードの審査

ライフカードの審査は厳しいの?

ライフカードの加入を考えた時、やはり審査が不安な人も多いのではないでしょうか。

公式サイトによると、ライフカードの加入条件は、以下のように書かれています。

  • 日本国内に住んでいるの18歳以上(但し高校生を除く)
  • 電話連絡が可能な方

ライフカードに申し込めるのは、高校生を除く18歳以上の人で、電話連絡ができる人です。

収入に関する記載がないため、比較的審査は易しいと考えられます。

ライフカードは独自の基準で審査するため、収入に関する縛りがないんだワン!

高校生を除く18歳以上で、電話で連絡できたら対象になるんだね!

なお、収入に関する記載がないのは一般カードとデポジットカードです。

ゴールドカード以上のランクになると、20歳以上で安定した収入が条件となります。

ライフカードの口コミは?

ライフカードの口コミは?

ライフカードの評判を調べていると、怖い・危ないと言った口コミがあります。

Twitterで調べたところ、以下のような気になる口コミが見つかりました。

  • ライフカードを持っていないのに未払いの電話が来た
  • 使った覚えのない請求がある
  • サポートに電話がつながらない

その口コミ本当なの?

ライフカードの口コミを見る(クリックで開きます)

気になる口コミが多いけど大丈夫かな…

悪い口コミをよく調べたところ、きちんとした理由があることがわかりました。

ライフカードのことをしっかり知っておけば、怖い・危ないと感じることなく安心して使えます。

ライフカードで悪い口コミが多い理由を3つ紹介します。

ライフカードでは収納代行事業も行っている

ライフカードはクレジットカード発行だけでなく、収納代行事業も行っています。

収納代行事業って何?

お買い物やサービスで使った料金を、その事業者に変わって請求する会社だワン!

サービスなどで利用した料金がライフカード名義で引き落とされることがあり、「ライフカードを使っていないのに知らない請求が来た」と不安になってしまう人が多いようです。

Twitterでも、「ライフカードを使った記憶がないから詐欺かも」という口コミが多くありました。

ですがどの人も実際に利用した料金が請求されているだけで、詐欺にあったという口コミはありませんでした。

ライフカード名義で収納代行があるためで、詐欺では無いので安心してくださいね。

翌年度以降年会費がかかるカードがある

先ほども解説しましたが、ライフカードの中には年会費がかかるものもあります。

ほとんどのカードが初年度無料で使えるため、年会費がかかることを忘れてしまう人もいるようです。

「身に覚えがないと思ったら、実は年会費だった」という声もいくつかありました。

ライフカードに加入する前は、年会費がかかるかどうかよく確認して、忘れないように気をつけましょう。

年会費ってわかると安心するね。

サポート対応は良い評判口コミもある

ライフカードの口コミでは、サポートの対応を指摘する声がいくつかありました。

ですがサポートの対応については、良い評判もあります。

海外でも日本語でサポートしてもらえるのは嬉しいね!

サポートの口コミをよく調べたところ、時間帯や内容によって対応に差があるようです。

またオペレーターと話せるのは、月曜から土曜日の9:30~17:30までで、対応時間が短いことも原因になっていると思われます。

サポートが必要な場合は時間に余裕を持ってかけるか、ネットで調べるなどの対策をすると良さそうです。

解約する時は電話受付のみだけど、自動応答だから待たされることはないワン!

おすすめのライフカード

ライフカードの還元率

ライフカードの還元率

クレジットカードでは、ポイント還元も重視すべき特典の1つです。

ライフカードの利用でもポイントは還元され、1,000円(税込)につき1ポイントが貯まります。

1,000円(税込)で1ポイントって少なくない?

1,000円(税込)で1ポイントだと少なく感じますが、ポイントは最大5円分として交換できます。

1,000円(税込)で5円分なので還元率は0.5%となり、一般的な年会費無料カードとほぼ同じです。

少し複雑ですが、0.1%ではないので安心してくださいね。

ただし、交換する賞品によっては還元率が下がることもあるワン!

ライフカードのメリット

ライフカードのメリット

そもそも、ライフカードのメリットは何?

ライフカードはポイント特典が充実しており、メリットは以下の4つがあります。

ポイントに関するメリットが多いみたい!

ライフカードをお得に使うためのメリットを紹介します。

①初年度はポイント1.5倍・誕生月は3倍

ライフカードに入会すると、加入した月の翌月から1年間、ポイントが1.5倍になります。

通常1,000円(税込)につき1ポイントなので、1.5倍なら1.5ポイントとなり、還元率にすると0.75%です。

さらに誕生月には3倍の1.5%還元される特典も。

ライフカードではポイントアップが多いため、うまく利用すれば効率的にポイントを貯められます。

3倍になるなら、誕生月に必要なものをまとめて買うといいね。

初年度の1.5倍と誕生月の3倍は重複せず、誕生月は一律3倍のみだワン!

②年間の利用金額に応じてポイント倍増

ライフカードでは、年間の利用額によってポイントアップする特典もあります。

具体的な特典内容は、以下の通りです。

ステージ年間利用額ポイントアップ
プレミアム200万円以上2倍
ロイヤル100万円以上1.8倍
スペシャル50万円以1.5倍
レギュラー50万円以下1倍

年間50万円以上利用すれば1.5倍、100万円以上で1.8倍となり、200万円以上利用した人は2倍の1%還元を受けられます。

初年度は1.5倍、翌年以降は利用金額によってステージが決まるってことだね!

過去にはステージボーナス300ポイントがもらえたけど、2022年2月で廃止されたから注意するワン!

③L-mall経由でポイントが最大25倍

ライフカードユーザー専用サイトの「L-mall」を利用すれば、ECサイトでのお買い物で最大25倍貯まります。

主な対象店舗と還元率を、以下にまとめました。

店舗名還元率
楽天市場2倍
Yahoo!ショッピング2倍
ディノスオンラインショップ2倍
東急ハンズ ネットストア3倍
さとふる3倍
成城石井.com6倍
ノートンストア18倍
ビスタプリント25倍
出典:L-mall

よく使うサイトも多いから、ふだんのお買い物がお得ね!

L-mallでは、期間限定で還元率が上がることもあります。

ライフカードに加入したら、こまめにチェックがおすすめです。

④ポイントの有効期限が5年間

ライフカードで貯まるポイントは有効期限が2年間ですが、繰越手続きを行うことで最大5年まで延ばせます。

5年もあればゆっくり貯められるから、いいものに交換できるね!

でも、繰越の手続きはどうやるの?

繰越の手続きは、会員専用サイトの「LIFE-Web Desk」にログインすればできます。

今貯まっているポイントの残高や期限が見られるので、毎年忘れずに繰越手続きをしましょう。

おすすめのライフカード5選

おすすめのライフカード5選

結局、おすすめのライフカードはどれなの?

ライフカードは全部で60種類以上ありますが、その中でおすすめを5枚のカードを厳選して紹介します。

おすすめのライフカードは、以下の通りです。

カード名年会費還元率
ライフカード永年無料0.5%
ライフカードゴールド11,000円0.5%
ライフカード Stella1,375円0.5%
学生専用ライフカード在学中無料0.5%
ライフカードビジネスライト永年無料
還元率は交換先によって異なります。

どれも内容が充実しており、ポイントも貯まりやすいです。

1枚ずつ詳しく紹介するので、ぜひカード選びの参考にしてください。

①ライフカード

ライフカード
年会費永年無料
還元率0.5%
スマホ決済Apple Pay/Google Pay
ブランドVISA/Mastercard/JCB
公式サイトhttps://www.lifecard.co.jp/card/credit/lifecard/
還元率は交換先によって異なります。

ライフカードシリーズの中でも、メインとも言える人気のカードです。

年会費が永年無料なので、維持費もかかりません。

カード発行&利用で最大2,000ポイントもらえるキャンペーンも開催しています。

迷った時はまず1番に、このライフカードをおすすめします。

年会費でも、入会して1年間1.5倍、誕生月は3倍貯まるワン!

\年会費が永年無料/

その他のおすすめできる年会費無料のクレジットカードランキングもご覧ください。

②ライフカードゴールド

ライフカードゴールド
年会費(税込)11,000円
還元率0.5%
スマホ決済Apple Pay/Google Pay
ブランドMastercard
付帯保険海外旅行:最大1億円
国内旅行:最大1億円
公式サイトhttps://www.lifecard.co.jp/card/credit/gold/
還元率は交換先によって異なります。

ライフカードゴールドは、先ほどのライフカードよりもグレードの高いカードです。

還元率は変わらないものの、最大1億円の付帯保険やロードサービスなど、手厚い特典内容となっています。

ゴールドカード専用の、空港ラウンジが無料で使えるメリットも。

年会費はかかりますが、家族カードなら永年無料で発行できます。

加入できるのは23歳以上だワン!

\最大1億円の付帯保険など手厚い特典/

他のゴールドカードについては「ゴールドカードおすすめ10選比較ランキング!還元率などメリットを比較」をチェックしてください。

③ライフカード Stella

ライフカードステラ
年会費(税込)1,375円(初年度無料)
還元率0.5%
スマホ決済Apple Pay/Google Pay
ブランドJCB
付帯保険海外旅行:最大2,000万円
国内旅行:最大1,000万円
公式サイトhttps://www.lifecard.co.jp/card/credit/stella/
還元率は交換先によって異なります。

ライフカード Stella(ステラ)は、女性向けの特典が多いカードです。

海外で使うと3%キャッシュバックされる貯め、海外によく行く人におすすめです。

希望すれば、「子宮頸がん」または「乳がん」の検診を無料で受けられる特典も。

海外旅行の傷害保険に限っては自動付帯となり、事故にあった時も持っているだけで補償されます。

女性に特化した内容だけど、男性も申し込み可能だワン!

\女性向けサポートが充実/

他にも女性・主婦におすすめのクレジットカードも紹介しています。

④学生専用ライフカード

学生専用ライフカード
年会費(税込)在学中無料
還元率0.5%
スマホ決済Apple Pay/Google Pay
ブランドVISA/Mastercard/JCB
付帯保険海外旅行:最大2,000万円
公式サイトhttps://www.lifecard.co.jp/card/credit/std/
還元率は交換先によって異なります。

学生さんに限りお得な条件で持てるのが、学生専用ライフカードです。

ポイント還元に加え、海外利用で3%キャッシュバック、海外旅行も最大2,000万円の補償が自動付帯でついてきます。

年会費無料で特典が手厚いので、在学中は学生専用ライフカードがおすすめです。

なお高校生は加入対象外なので、卒業してからの申し込みとなります。

学生から社会人になったらどうなるの?

学生限定の特典は終了して、通常のライフカードに切り替わるワン!

\学生向けの特典が魅力/

関「高校生はクレジットカードを作れる?加入条件や作れるカードを解説」もご覧ください。

⑤ライフカードビジネスライト

ライフカードビジネスライト
年会費永年無料
ブランドVISA/Mastercard/JCB
スマホ決済非対応
公式サイトhttps://www.lifecard.co.jp/card/credit/bussinesslight/
還元率は交換先によって異なります。

ライフカードビジネスライトは、個人事業主やフリーランスの方向けのビジネスカードです。

限度枠が最大200万と大きく、ETCカードは1枚、追加カードも3枚まで発行できます。

登記簿謄本など必要なく、本人確認書類だけで加入できるので、事業を始めたばかりの人にも最適です。

年会費は永年無料ですが、ポイント還元や付帯保険がない点に注意しましょう。

付帯保険はないけど、ビジネスに特化したサービスが利用できるワン!

\個人事業主やフリーランスにおすすめ/

さらに色々な券面を知りたい方は「法人クレジットカードのおすすめは?年会費無料や審査についても解説」をご覧ください。

ライフカードのポイントの使い道

ライフカードのポイントの使い道

ライフカードはポイントが貯まりやすいのはわかったけど、何に使えるの?

ライフカードで貯まったポイントは、他社ポイントやAmazonギフト券、賞品などに交換できます。

主な交換先とレートをまとめた表は、以下の通りです。

交換先最低交換ポイント交換レート
Amazonギフト券1,000ポイント→5,000円分1P=5円相当
dポイント300ポイント→1,500円分1P=5円相当
Pontaポイント300ポイント→1,500円分1P=5円相当
楽天ポイント300ポイント→900円分1P=3円相当
ANAマイル300ポイント→750マイル1P=2.5マイル
Vプリカギフト582ポイント→3,000円分1P=5.15円相当
AOYAMAギフトカードセット600ポイント→6,000円分1P=10円相当

交換レートは交換先によって違うんだね!

多くの交換先では1ポイントが5円相当ですが、交換先によっては上下します。

中でもAOYAMAギフトカードセットなら、1ポイント10円相当の高単価で交換できます。

洋服の青山を利用する人は、ライフカードのポイントを使うと良いでしょう。

交換先はポイントやギフト券だけでなく、グルメやカタログギフト、年会費にも充当できるワン!

ライフカードのデメリット

ライフカードのデメリット

ライフカードにデメリットはあるの?

ライフカードでは、注意したいデメリットも2つほどあります。

  • 基本の還元率が少ない
  • 付帯保険が無いカードもある

ライフカードを上手に利用するため、注意点もぜひ覚えておいてください。

基本の還元率が少ない

ライフカードでは、基本の還元率は0.5%相当で低めに設定されています。

最近は年会費無料でも、1%還元のクレジットカードも多く、比べると見劣りしてしまうかもしれません。

ですがライフカードでは誕生月3倍や、利用金額で最大2倍など、ポイントアップ施策が豊富です。

しっかり利用して、還元率を上げると良いでしょう。

年間で200万以上利用すれば、還元率1%になるんだね!

付帯保険が無いカードもある

ライフカードシリーズの中には、付帯保険がついて無いカードもいくつかあります。

一番メインである「ライフカード」にも、付帯保険は無いので注意してください。

ライフカードの中には「ライフカード Stella」のように、付帯保険がついているものも用意されてます。

加入前に保険がついているか、確認してから申し込みをおすすめします。

付帯保険があるかは、どこを見ればわかるの?

それぞれのカードの公式サイトに書かれているワン!

【まとめ】ライフカードの評判

【まとめ】ライフカードの評判

ライフカードにさっそく加入するよ!

ライフカードのメリットや審査、悪い口コミについて解説しました。

最後にこの記事の重要な点を3つにまとめます。

  • ライフカードは効率よくポイントを貯めやすい
  • 気になる口コミもよく調べてみると納得の内容
  • 学生、女性、自営業などそれぞれの立場に合ったライフカードを選ぶのがおすすめ

ライフカードは基本の還元率は低いものの、効率よくポイントを貯める方法がたくさんあります。

一部、気になる口コミもありますが誤解が多く、実際にはしっかりしたカードです。

独自の審査基準を採用しているため、審査も比較的易しいと考えられます。

定番のライフカードなら年会費無料で持てるので、この機会に加入がおすすめです。

おすすめのライフカード

関連記事:クレジットカード究極の1枚は?メインで作るべきおすすめのカード3選!選び方も解説