楽天プレミアムカードのメリット10選!損益分岐点や年会費・切り替え方法も徹底調査

楽天プレミアムカード

・楽天プレミアムカードのメリットやデメリットは?
・年間いくら利用すれば、年会費の元を取れるのかな?

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • 楽天プレミアムカードの損益分岐点年間37万円
  • 高いポイント還元率旅行関連の豪華な付帯サービスが魅力
  • 楽天カードからの切り替え時は自動で引き継がれる情報手動で設定すべき情報をチェック

楽天プレミアムカードは充実した付帯サービスが魅力な、楽天カード株式会社の発行するゴールドカードです。

今は年会費無料のカードを使っているけど、年会費を払ってまでカードを保有する価値はあるの?

そう疑問に感じている方は多いでしょう。

結論、楽天ポイントを積極的に集めている方や、旅行に行く機会が多い方にとって、楽天プレミアムカードはおすすめです。

今回は楽天プレミアムカードを発行するメリット・デメリットから、気になる損益分岐点まで詳しく説明していきます。

この記事を読めば、自分にとって楽天プレミアムカードが必要か分かるワン!

\楽天ポイントがどんどん貯まる!/

楽天プレミアムカードなら、楽天市場の買い物で獲得ポイントが+4倍になります。
ポイントを月々の支払いやポイント投資へ回したい方におすすめ!

楽天プレミアムカードとは?【豪華特典あり】

楽天プレミアムカードとは

楽天プレミアムカードとは、楽天カード株式会社の発行するゴールドカードの一種です。

そもそも、楽天プレミアムカードの特徴って何なの?

無料発行できる楽天カードと比べて豪華な付帯サービスが魅力で、ステータス性のある上位カードと呼ばれています。

以下は楽天カードと楽天プレミアムカードの比較表です。

カード名楽天プレミアムカード楽天カード
年会費11,000円(税込)永年無料
国際ブランドVisa・Mastercard・JCB・AMEXVisa・Mastercard・JCB・AMEX
対象年齢・20歳以上
・安定した収入がある
18歳以上
ポイント還元通常:100円で1ポイント
楽天市場:最大+4倍以上
通常:100円で1ポイント
楽天市場:最大+2倍
利用可能額最高300万円最高100万円
保険海外旅行傷害保険:最高5,000万円
国内旅行傷害保険:最高5,000万円
動産総合保険:最高300万円
海外旅行傷害保険:最高2,000万円
追加カード家族カード:550円(税込み)
ETCカード:無料
家族カード:無料
ETCカード:550円(税込み)
国内空港ラウンジ利用◯(無制限)×
トラベルデスク利用◯(世界38拠点)×

プレミアムの名にふさわしい豪華な特典に注目だワン!

楽天プレミアムカードに魅力を感じる部分は人それぞれですが、一つでも見つかればあなたの生活はより豊かなものになるはず。

それでは実際に楽天プレミアムカードを発行する価値があるのかどうか、一緒に確認していきましょう。

楽天プレミアムカードと楽天ゴールドカードの違い

楽天プレミアムカードの画像

楽天プレミアムカードと楽天ゴールドカードがあるけど、それって別物?

楽天プレミアムカードと楽天ゴールドカードは、どちらも楽天カード株式会社の発行しているゴールドカードです。

両者共にステータス性はあるものの、以下の通り年会費や付帯サービスに大きな違いがあります。

カード名楽天プレミアムカード楽天ゴールドカード
年会費11,000円(税込み)2,200円(税込み)
国際ブランドVisa・Mastercard・JCB・AMEXVisa・Mastercard・JCB
楽天市場のポイント還元率最大+4倍以上最大+2倍
利用可能額最高300万円最高200万円
保険海外旅行傷害保険:最高5,000万円
国内旅行傷害保険:最高5,000万円
動産総合保険:最高300万円
海外旅行傷害保険:最高2,000万円
国内空港ラウンジ利用◯(無制限)◯(年間2回まで)
プライオリティ・パスの無料登録×

楽天プレミアムカードは楽天ゴールドカードよりも年会費は高い分、付帯サービスが圧倒的に優れている点が魅力です。

楽天ゴールドカードは、お試し版のゴールドカードといった感じだワン!

ゴールドカードとして十分な付帯サービスを利用したい方は、楽天プレミアムカードがおすすめです。

楽天プレミアムカードのメリット10選

楽天プレミアムカードのメリット

楽天プレミアムカードを作成するメリットとしては、以下が挙げられます。

こんなに沢山あるの!?

無料の楽天カードでは味わえない魅力的なメリットばかりなので、それぞれ解説していくよ!

①楽天市場のポイント還元率が5倍

楽天プレミアムカードを利用して楽天市場で買い物した場合、獲得できるポイントが5倍になります。

通常は購入金額100円(税抜価格)につき1ポイントの付与ですが、以下の通りボーナスポイントがもらえるのです。

楽天市場での買い物1倍(基本)
楽天カード通常分+1倍
楽天カード特典分+1倍
楽天プレミアムカード特典分+2倍
合計ポイント5倍

通常の5倍もポイントがもらえるなんて、凄すぎる!

楽天カードや楽天ゴールドカードにはない、「楽天プレミアムカード特典分」のボーナスを受けられるのは見逃せません。

楽天市場で頻繁に買い物をする方は、楽天プレミアムカードを利用するだけで大きくポイントを稼げますよ。

②国内空港ラウンジを無料で利用可能

楽天プレミアムカードを当日航空券と一緒に掲示することで、対象の国内空港ラウンジを無料で利用できます。

2022年4月現在、利用できる空港ラウンジは以下の通り。

利用できる空港ラウンジ一覧(クリックで開きます)
空港名ラウンジ名
新千歳空港スーパーラウンジ
ノースラウンジ
函館空港国内線ビジネスラウンジ
旭川空港ラウンジ大雪
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ラウンジロイヤルスカイ
仙台国際空港ビジネスラウンジ
新潟空港エアリズムラウンジ
富山空港らいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
中部国際空港セントレアプレミアムラウンジセントレア
第2プレミアムラウンジセントレア
富士山静岡空港YOUR LOUNGE
成田空港 第1旅客ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE 1
成田空港 第2旅客ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE 2
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナルPOWER LOUNGE NORTH
POWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナルPOWER LOUNGE NORTH
エアポートラウンジ(南)
POWER LOUNGE CENTRAL
関西国際空港六甲
関西国際空港 アネックス六甲
関西国際空港 金剛
NODOKA
伊丹空港ラウンジオーサカ
神戸空港ラウンジ神戸
岡山空港ラウンジマスカット
広島空港ビジネスラウンジ「もみじ」
米子鬼太郎空港ラウンジDAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
出雲縁結び空港出雲縁結び空港エアポートラウンジ
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
徳島阿波おどり空港ヴォルティス
福岡空港くつろぎのラウンジTIME
ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港ラウンジひまわり
大分空港ラウンジくにさき
長崎空港ビジネスラウンジ「アザレア」
阿蘇くまもと空港ラウンジ「ASO」
宮崎ブーゲンビリア空港ブーゲンラウンジひなた
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
那覇空港ラウンジ華
ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港 国際線ターミナルIASS HAWAII LOUNGE
韓国/仁川国際空港IASS INCHEON LOUNGE-MATINA-(EAST・WEST)
IASS INCHEON LOUNGE2-Air Cafe-

国内空港だけでなくハワイ・韓国の空港ラウンジも利用できるみたい!

年2回までと無料利用に回数制限がある楽天ゴールドカードとは異なり、何度でもタダで利用できる点も注目です。

出張などで飛行機に乗る機会の多い方にもオススメだワン!

③プライオリティ・パスを無料で発行可能

楽天プレミアムカードの会員は、プライオリティ・パスを無料発行できます。

プライオリティ・パスとは

世界最大のネットワークを誇る空港ラウンジ・アクセス・プログラム。

会員になると、140以上の国や地域で1,300ヵ所以上の空港ラウンジが利用可能になる。

さらに得られる資格はプライオリティ・パスの中でも最高クラスの「プレステージ」相当で、利用回数の制限もありません。

会員プラン名年会費内容
プレステージ429ドル (約56,000円)無制限でラウンジを利用可能
スタンダード・プラス299ドル (約39,000円)年間10回までラウンジを無料で利用可能
スタンダード99ドル (約13,000円)32ドル/回の支払いでラウンジを利用可能

プライオリティ・パスに個人で入会する場合、年会費が5万円程度かかります。

年会費1万円台の楽天プレミアムカードで発行できるのは、とってもお得だね!

楽天プレミアムカードは「プレステージ」クラスのプライオリティ・パスを発行できるクレカの中でも最安クラスなので、ぜひ申し込みましょう。

④世界38拠点のトラベルデスクを利用可能

楽天プレミアムカードはトラベルデスクと呼ばれる、海外旅行時に役立つサービスを利用できます。

世界の主要都市38拠点に設けられており、下記のようなサービスを受けることが可能。

  • 緊急時の各種案内
    →パスポート・カード紛失盗難・病気やケガなど
  • 現地情報の紹介
    →各都市の観光情報など
  • 各種予約や手配
    →レストラン・オプショナルツアーのご予約など

まるで海外旅行時のコンシェルジュだね!

海外に滞在中も日本語で相談できるのは心強いですよね。

海外旅行へ出かけた際はぜひ活用してみましょう。

⑤国内外の旅行傷害保険が自動付帯

楽天プレミアムカードは、国内と海外の旅行傷害保険が自動的に付帯されています。

保険金額は国内外ともに最高5,000万円となっており、楽天の発行するクレカの中でも補償額の高さが魅力です。

カード名国内旅行の保険金額海外旅行の保険金額
楽天プレミアムカード最高5,000万円 (自動付帯)最高4,000万円 (自動付帯)
最高1,000万円(利用付帯)
楽天ゴールドカードなし最高2,000万円(利用付帯)
楽天カードなし最高2,000万円(利用付帯)

また、楽天カードと楽天ゴールドカードに付帯している海外旅行傷害保険は利用付帯です。

つまり、 旅行代金の支払いにカードを使用しないと有効にならないのね…

一方、楽天プレミアムカードは4,000万円が自動付帯となっています。

楽天プレミアムカードなら、有事の際に持ってるだけで保険適用になるんだワン!

旅行代金をクレカで決済せずとも保有しているだけで補償の対象になるのは嬉しいですね。

⑥最高300万円の動産総合保険が付帯

楽天プレミアムカードは動産総合保険と呼ばれる、ショッピング保険が付帯している点にも注目です。

動産総合保険って初めて聞いたけど、いったい何のこと?

楽天プレミアムカードで購入した商品が偶然な事故(破損、盗難、火災など)によって発生した損害に対して、最高で300万円まで補償。

対象となる商品は購入日から90日以内、1個あたり1万円以上の商品であることが条件。

楽天カード 「よくある質問 -楽天プレミアムカードについて」 より

動産総合保険も楽天プレミアムカード限定の付帯サービスのため、1枚所持していれば幅広いリスクに対応可能です。

食料品や貴金属など補償対象外の商品もあるため、利用する場合は事前に公式サイトで確認しておきましょう。

高額な商品を購入する時も安心だね!

⑦カードの利用限度額が最高300万円

楽天プレミアムカードは、利用限度額が最高で300万円です。

楽天カード、楽天ゴールドカードと利用限度額を比較してみると、以下の通り。

カード名利用限度額
楽天プレミアムカード最高300万円
楽天ゴールドカード最高200万円
楽天カード最高100万円

自分から申し込める楽天系クレジットカードの中では、最も利用限度額が高く設定されていると分かります。

仕事やプライベートを含めて、大きな額のカード利用が多くなりがちな方は必見です。

実際の限度額は、利用者それぞれの審査状況によって変わるワン!

⑧誕生月の楽天ポイント還元率がアップ

楽天プレミアムカードは「お誕生月サービス」として、誕生月に以下のサービスでカードを利用するとポイントが+1倍進呈されます。

  • 楽天市場:総合ショッピングモール
  • 楽天ブックス:楽天直営のオンライン書店

そのため誕生月に楽天市場で買い物をした場合は、以下のように最大6倍のポイントがもらえるのです。

楽天市場での買い物1倍(基本)
楽天カード通常分+1倍
楽天カード特典分+1倍
楽天プレミアムカード特典分+2倍
誕生月特典分+1倍
合計ポイント6倍

楽天ゴールドカードでは誕生月特典の獲得ポイントが上限2,000ポイントのところ、楽天プレミアムカードは上限10,000ポイントと大幅にアップするのも魅力的。

誕生月だけのお得なポイントアップサービスを活用し、さらに楽天ポイントを貯めてみましょう。

楽天プレミアムカードはポイントを貯めるのに最適だね!

⑨選べる優待サービスでさらにお得

楽天プレミアムカードは独自の優待サービスを設けており、3コースから気に入ったものを1つ選ぶことが可能です。

楽天ポイントを貯める仕組みを、 自分の好みに合わせてカスタマイズすることができます。

コース内容としては以下の通り。

コース名コース内容おすすめな人
楽天市場コース毎週火・木に楽天市場で買い物をするとポイント1倍加算ポイントを積極的に貯めたい
トラベルコース楽天トラベルでオンライン決算するとポイント1倍加算旅行の機会が多い
エンタメコースRakuten TV・楽天ブックスでのカード利用でポイント1倍加算映画や音楽が好き

私は国内旅行に行く機会が多いから、トラベルコースがお得ね!

「楽天市場コース」なら他のポイントアップ特典と併せて、楽天市場を利用した際のポイントが驚異の6倍にアップします。

どのコースを選べば良いか迷ってしまう方は、気軽に利用しやすい「楽天市場コース」を選ぶのが良いでしょう。

選択後6ヶ月が経過すれば、他のコースへの変更も可能だワン!

⑩家族カードの発行で家族もお得

家族の1人が楽天プレミアムカードを保有していれば、年会費550円で家族カードを2枚まで発行できます。

家族カードは本会員とほぼ同様の付帯サービスを受けられるのが特徴で、具体的な特典は以下の通り。

付帯サービス名サービスの内容
ポイント還元通常:100円で1ポイント
楽天市場:最大+4倍以上
国内空港ラウンジ利用◯(無制限)
プライオリティ・パスの無料登録
付帯保険
ETCカード
選べるサービス

貯めた楽天ポイントは本会員と家族会員の間で移行できるため、家族内でポイントをまとめることも可能

家族カードの入会資格は高校生を除く18歳以上と緩いので、学生の方も楽天プレミアムカードと同等のクレカを持てるのは魅力ですね。

利用限度額は本会員の限度額を共有する形になるワン!

\入会+利用で8,000ポイントプレゼント中/

楽天プレミアムカードのデメリット3選

楽天プレミアムカードのデメリット

楽天プレミアムカードのマイナス点も知っておきたいな。

楽天プレミアムカードを作成するデメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

カードを発行した後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、1つずつ確認していきましょう。

①年会費の負担が大きい

楽天プレミアムカードは年会費が11,000円かかるので、初めて年会費有料カードに申し込む方にはハードルが高いです。

年会費について楽天カード、楽天プレミアムカードと比較しました。

カード名年会費(税込み)
楽天プレミアムカード11,000円
楽天ゴールドカード2,200円
楽天カード無料

他の2枚よりも年会費の負担は大きいため、単にステータスを重視したい方には「楽天ゴールドカード」で十分かもしれません。

ただし、楽天プレミアムカードは付帯サービスの豪華さが魅力なので、特典の利用頻度で検討するのが良いでしょう。

カードに何を求めるかで選ぶのが大事だね!

②実店舗でのポイント還元率は楽天カードと同等

楽天プレミアムカードを実店舗で利用した際の獲得ポイントは、100円につき1ポイント他の楽天カードと同等です。

そのため普段から楽天市場で買い物をしない方にとっては、ポイント還元率にメリットは感じないかもしれません。

プレミアムカードを作るなら、やっぱり楽天市場で買い物するのが良さそう!

とはいえ楽天市場を利用しない方も、プライオリティ・パスなど旅行目的での使用を考えていれば、作成する価値は大いにあるでしょう。

③旅行の機会が少ない人は恩恵を受けづらい

楽天プレミアムカードは旅行をする機会が少ない方にとっては、なかなか恩恵を受けづらいと言えます。

ここで改めて、楽天プレミアムカード作成で得られる旅行関係の付帯サービスを確認しましょう。

旅行関係の付帯サービス一覧

  • 国内空港ラウンジ利用無制限
  • プライオリティ・パス発行
  • 楽天トラベルのオンライン決済でポイント+1倍 (トラベルコース選択時)
  • 国内外の旅行損害保険が自動付帯
  • 世界38拠点のトラベルデスク

これだけサービスが豊富なので、これらを活かし切れないともったいないですよね。

プライオリティ・パスの発行も無料となっており、やはり飛行機での旅行時にカードを使うのが最大のポイント

飛行機と相性のいいクレカってことね!

楽天プレミアムカードの付帯サービスを存分に味わうためにも、ぜひ旅先で使ってみましょう。

楽天プレミアムカードの損益分岐点は?【年間37万円】

楽天プレミアムカードの損益分岐点

楽天プレミアムカードは年間いくら使えば元を取れる?

楽天プレミアムカードを作成すべきかの判断基準として、損益分岐点があります

損益分岐点とは、損も得もせず利益がゼロとなるポイントのことだワン!

このポイントを知ることで、「どれだけ使えばお得になるのか」を知ることができます。

ここでは、3%還元の楽天カードと、 「楽天市場コース」を選び6%還元と想定した楽天プレミアムカードを比較します。

楽天市場での利用金額ごとに貯まるポイント数からそれぞれの年間費を引いて、実質の年間ポイント獲得数を割り出しました。

楽天市場の年間利用額楽天カード(3%)楽天プレミアムカード(6%)
10万円3,000ポイント-0円
3,000ポイント得
6,000ポイント-11,000円
→5,000ポイント損
19万円5,700ポイント -0円
5,700ポイント得
11,400ポイント-11,000円
→400ポイント得
30万円9,000ポイント -0円
9,000ポイント
18,000ポイント-11,000円
→7,000ポイント得
36万円10,800ポイント -0円
10,800ポイント得
21,600ポイント-11,000円
→10,600ポイント得
37万円11,000ポイント -0円
11,000ポイント得
22,200ポイント-11,000円
11,000ポイント得
50万円15,000ポイント -0円
→15,000ポイント得
30,000ポイント-11,000円
19,000ポイント得

つまり、楽天カードと楽天プレミアムカードのポイント総額が一致する損益分岐点は37万円となります。

楽天市場で火曜・木曜に毎月30,800円くらいの買い物をすればお得なんだね!

なお「楽天市場コース」以外を選択した場合、楽天プレミアムカードの損益分岐点は55万円です。

でも私はそんなに買い物しないかも…

上記にあげた金額以上の買い物をしない方にとっては、年会費無料の楽天カードを利用した方が得をするということです。

あなたのライフスタイルにあわせて、賢いカード選びをしましょう。

\5,000ポイントプレゼント/

新規入会とカード利用で5,000ポイントプレゼント!
さらに年会費は永年無料です。

楽天プレミアムカードへの切り替え方法【超簡単】

楽天プレミアムカードの切り替え方法

楽天カードから楽天プレミアムカードにはどうやって切り替えたらいい?

楽天カードから楽天プレミアムカードへの切り替えはとても簡単で、以下の流れで手続きできます。

楽天プレミアムカードへの切り替え方法

  • 「楽天e-NAVI」にログイン
  • 「カードお申し込み・切替」を選択
  • 切り替え先のカードから「楽天プレミアムカード」を選択
  • 必要事項を入力して申込み内容を確認
  • 申し込み完了を選択

表示されている項目に従って進めるだけなので、早い人は3分もかからず手続きが完了するはずです。

新しく発行した楽天プレミアムカードは到着までに1週間前後を要するため、余裕を持って申し込みましょう。

切り替え手数料はかからないから、安心して手続きできるワン!

楽天プレミアムカードに切り替える時の注意点

楽天プレミアムカードに切り替える際の注意点として、あらかじめ知っておくべき重要なポイントは以下の4つです。

  1. カード番号が変更される
    →旧カード番号を登録しているサービスは変更が必要
  2. 家族カードが利用不可になる
    →新たに家族カードの申込が必要
  3. 国際ブランドの変更は不可
    →アメックス以外は旧カードと同じ国際ブランドとなる
  4. 楽天Edy残高は自動で移行されない
    →旧カードの残高は手動での移行が必要

切り替えによりカード番号が変わるため、旧カードで定期的な引き落としを設定していた場合は忘れず変更しましょう。

さらにカードの切り替えでは、自動で継続される機能手動で再設定の必要な機能があります。

カード引継の際に継続される機能と継続されない機能比較画像

楽天ポイントや引き落とし口座は、自動で引き継がれるんだね!

これまで使えていた機能を切り替え後も安心して使えるようにすべく、よく確認しておきましょう。

楽天プレミアムカードに関するよくある質問

楽天プレミアムカードのよくある質問

楽天プレミアムカードについて、切り替え前によく挙げられる質問としては以下の通りです。

楽天プレミアムカードへの切り替えについてモヤモヤしていた項目も、ここで一気に解消しましょう。

楽天プレミアムカード関連のキャンペーンはある?

2022年5月現在、楽天プレミアムカードでは新規入会キャンペーンが開催されています。

具体的なキャンペーン内容としては、以下の通りです。

項目内容
特典【特典1】 新規入会特典…2,000ポイント (通常ポイント)
【特典2】 カード利用特典…3,000ポイント (期間限定ポイント)
【特典3】 楽天プレミアムカード入会特典…3,000ポイント (期間限定ポイント)
進呈対象【特典1・2・3】新規申し込みで楽天プレミアムカードが発行した方
【特典2】・カード利用期限までに1円以上、1回以上楽天プレミアムカードを利用した方
・口座振替設定期限の時点で口座振替設定が完了している方
カード利用期限カード申し込み日の翌月末まで
口座振替設定期限カードお申し込み日の翌々月25日まで
公式サイトより、5月10日時点

キャンペーンを活用すれば、初年度は実質年会費が3,000円になるワン!

新規入会と利用だけで8,000ポイントがもらえるのは、楽天ポイントを貯めている方にとって魅力的ですね。

常時開催となっていますが、特典の変更や終了もあり得るので、公式サイトをしっかり確認しましょう。

楽天プレミアムカードの審査は厳しい?

楽天プレミアムカードは他会社のゴールドカードと比較して、審査はさほど厳しくありません。

流通系クレジットカードの一種ということで、若者や主婦でも所持しやすいよう審査難易度は低めに設定されています。

さらに楽天カードからの切り替えなら、元のカードの利用状況を踏まえて判断されるため、より審査に通りやすいでしょう。

とはいえこれまでのカード利用で延滞が多かったりと問題があれば、審査落ちの可能性は高まるのでご注意ください。

多重申し込みなども、審査落ちの原因になり得るから注意だワン!

楽天プレミアムカードがおすすめな人は?

楽天プレミアムカードがおすすめな人の特徴としては、以下の通りです。

  • 楽天市場で年間37万円以上の買い物をする人
  • 国内外を含めて旅行に行く機会が多い人
  • プライオリティ・パスを無料発行したい人
  • 楽天ポイントせどりを行う人

上記の中でどれか1つでも当てはまれば、楽天プレミアムカードの恩恵を十分に受けられるでしょう。

楽天市場での買い物が多い人や、旅行好きの人には必携のカードだね!

また楽天ポイントせどりを行いたい方は、楽天市場での仕入れ時に楽天プレミアムカードの利用がおすすめです。

【まとめ】楽天プレミアムカードはおすすめのクレカ

楽天プレミアムカードはおすすめ

楽天プレミアムカードについて理解できた!僕も切り替えてみようかな!

楽天プレミアムカードに関するメリットやデメリットを中心に、損益分岐点まで詳しく解説してきました。

最後に、本記事でもっとも重要なポイントを3つまとめます。

  • 楽天プレミアムカードの損益分岐点年間37万円
  • 高いポイント還元率旅行関連の豪華な付帯サービスが魅力
  • 楽天カードからの切り替え時は自動で引き継がれる情報手動で設定すべき情報をチェック

楽天プレミアムカードは楽天市場でのポイント還元率+5倍や、プライオリティ・パスの無料発行など、豪華付帯サービスが魅力のカードです。

1枚持つだけで毎日の暮らしがよりプレミアムになる特別感を味わえるため、ぜひ発行を検討してみましょう。

\楽天ポイントがどんどん貯まる!/

楽天プレミアムカードなら、楽天市場の買い物で獲得ポイントが+4倍になります。
ポイントを月々の支払いやポイント投資へ回したい方におすすめ!

数ある楽天カードの中から自分に最適なカードと出会いたい方は、以下の記事で詳しく解説したので、併せてご覧ください。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加