【株式】空売りとは?仕組みを分かりやすく解説!

約 5 分で読み終わります!

空売りとは アイキャッチ画像

この記事の結論

  • 空売りとは、株価が下がっているときに利益を狙える投資手法
  • 保有している株式のリスクヘッジとしても利用できる
  • 損失リスクが大きい点には注意が必要

株式投資をしていると、「空売り」と言う言葉を耳にしますよね。

でも、どんな意味なのか理解できない方もいらっしゃるでしょう。

結論から言うと、空売りでは「売り」から投資が始まります。

現物(株式)を持っていないのに売ることができるの?

と思うかもしれませんが、空売りでは現物を保有していなくても大丈夫なのです。

今回は空売りの仕組みからメリット・デメリット、個人投資家の空売りの方法を解説していきます!

空売りとは?

そもそも空売りとは

空売りとは売りから投資を始める手法のことで、具体的には以下の3ステップになります。

  • 手元に持っていない株式を第三者(主に証券会社)から借りる
  • 借りた株式を市場で売る
  • 一定期間後に株式を買い戻して借り手に返す

→ ②-③が利益になる!

通常の投資では、株価の下落局面には値上がりを待つか、損切をするといった選択肢しか取れません。

しかし、空売りを活用すれば下落局面でも利益を狙うことができるのです。

売りでどのように利益を狙えるの?

以下で具体的に空売りの仕組みを見ていきましょう。

空売りの仕組み

あなたは現在、1株1,000円のA社株式が700円に下がると考え、空売りしたいと思っています。

空売りをするために、A社の株式を所有しているBさんからA社の株式を借り、1株1,000円で市場で売ります。

この時点でA社の株式を売ったので、市場価格である1,000円の収入を得ています。

空売り仕組み1

しかし、Bさんから株式を借りているので返す必要があります。

そこでA社の株価が700円になったときに買い戻し、借りていた株式をBさんに返して取引が終了します。

空売り仕組み2

結果として、空売りによって1,000円-700円=300円の利益を得ることができました。

とは言え、空売りをしたいときに株式を貸してくれる人を探すのは難しいので、証券会社が買い手と売り手を仲介する役割を担います。

空売りのメリット・デメリット

空売りのメリット・デメリット

空売りのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 株価下落時でも投資できる
  • 保有している株式のリスクヘッジができる

デメリット

  • 損失リスクが大きい

1つずつ詳しく確認していきましょう!

空売りのメリット

株価下落時でも投資できる

空売りの1番の良さは、株価の下落局面でも利益を得られることです。

通常の株式投資(現物取引)では、株価の下落局面は投資自体を見送るか、下落するまで買いを待つしかありません。

しかし、空売りを利用すれば、下落時でも利益を狙うことができます。

保有している株式のリスクヘッジができる

株価が購入時より下落してしまったとき、通常は損失が生まれてしまいます。

しかし、同時に空売りしていれば損失を抑えることができます。

保有株が下落しているけど、株主優待や配当金が大きいから今すぐは売れないなぁ…

という時に空売りをすることで現物株の損失を軽減できます。

空売りのデメリット

損失リスクが大きい

空売り後に株価が上昇した場合は、現物取引(通常の株式投資)よりも大きな損をする可能性があります。

と言うのも、現物取引であれば投資額分の損失を超えることがありませんが、空売りの場合は理論上株価の上限はないので、損失の額も青天井だからです。

どういうこと?

例えばある株式を1,000円で買う場合と、1,000円で空売りする場合を考えましょう。

1,000円で買った場合、損失額の最大値は株式が0円になったときで、1,000円の損失です。

一方で1,000円で空売りした場合、損失は株価が上がれば上がるほど大きくなります。

もし5,000円になってしまったら、損失は4,000円です。

このように株価には上限がないので、空売りでは損失リスクが大きい点は注意しておきましょう。

空売りリスク

損失の他に、空売りする際には手数料がかかる場合があるので注意して欲しいワン!

\信用取引手数料が無料/

個人投資家も空売りはできるの?

個人投資家も信用取引を使って空売りができます。

信用取引?

信用取引とは、少ない投資金額から多くのお金を動かす「レバレッジ」を活用して株式を売買する投資手法です。

信用取引の中でも「制度信用取引」が広く使われているワン!

ただ、信用取引はリスクが高いので、投資経験の少ない方は注意が必要です。

メリット・デメリットをよく吟味したうえで、空売りを行ってください。

空売りとは?まとめ

空売りとは?まとめ

いかがだったでしょうか。

相場が下落していても利益を狙える「空売り」は魅力的ですが、その分損失リスクも大きいです。

最後に空売りのポイントをまとめました。

  • 空売りとは、株価が下がっているときに利益を狙える投資手法
  • 保有している株式のリスクヘッジとしても利用できる
  • 損失リスクが大きい点には注意が必要

いろはに投資のLINEアカウントでは投資に役立つ情報を教えてもらうことができます。

以下より友だち登録してみましょう!

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。