PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【初心者必見】FXはいくらから始められる?少額投資できるFX会社も紹介

・FXはいくらから始められるの?
・FXを始める際に資金面で注意すべき点は?

このような疑問を解決します。


この記事の結論

  • FX取引は利用するFX会社により取引の最低金額が異なる
  • FXを始めるなら数万円で開始するのがおすすめ
  • 最初から大金を投じるなど初心者が行いがちな失敗を避ける

株式投資と異なり、FXは取引するFX会社により必要な最低金額は異なります

また、FX取引に必要な資金と初心者がFX取引を行う際のおすすめの資金量はイコールではありません。

とはいえ「具体的にどのFX会社なら少額取引できるの?」と悩んでいる方も多いはず。

そこで今回は、初心者がFX取引をいくらから始めるべきか、さらに低額でFX取引を始められるおすすめ口座を解説します。

初心者におすすめのFX会社トップ3

  • SBI FXトレード
    公式サイト:https://www.sbifxt.co.jp/
    1通貨単位で取引可能。スプレッドが狭くて通貨ペアも34種と豊富。
  • 松井証券のFX
    公式サイト:https://fx.matsui.co.jp/
    1通貨単位で取引可能。松井証券に口座があればすぐに口座開設可能。
  • マネーパートナーズ
    公式サイト:https://www.moneypartners.co.jp/
    nano口座なら100通貨単位で取引可能。約定力に定評あり。

FXはいくらから始められる?

FXはいくらから始められる?

ズバリ、FXを始めるにはいくら用意すればいい?

FXはいくらから始められるかと言うと、必要最低資金はFX会社によって異なりますが、最低100円から取引できます

最低でも数万円の資金が必要なFX会社も多いなか、「SBI FXトレード」や「松井証券のFX」は100円程度からの少額取引に対応しており注目です。

つまり、最低必要資金の低いFX会社を利用すべきってことか!

実際のところFXは証拠金を担保に取引するため、少し余裕をもって資金を用意しておく必要はあります。

それでも数百円〜数千円という1日のランチ代程度で、気軽にFX取引を体験できるのは嬉しいですね。

なぜFX会社によって必要資金が変化する?

でも他の投資商品なら、どの証券を使っても必要資金は変わらないよね?

FX取引ではFX会社ごとに取引できる最小単位が変わるため、利用する会社によって最低必要資金が変わります。

「SBI FXトレード」のように1通貨単位で取引できる会社と、一般的な最低通貨単位1,000通貨の会社で、最低限必要な資金は以下のとおり。

最低通貨単位最低限必要な資金
1通貨数百円~数千円
1,000通貨数万円~数十万円

FX会社によって、こんなに必要資金は変わるんだ!

株を買う場合だと、どの証券会社から取引しても市場価格で売買が成立するため、手数料以外の資金はほぼ同じです。

一方で通貨の交換により利益を出すFXは、会社ごとの取引単位で必要資金が変化すると覚えておきましょう。

FXで知っておきたい取引単位

FXで知っておきたい取引単位

FX取引では株の最小取引単位である「単元株」のような制度はなく、1ドル130円なら本来130円から投資可能です。

FX取引での取引単位は「通貨(単位)」と記され、1ドル130円であれば130円の投資は「1通貨取引を行う」と表現されます。

「通貨」という取引単位は、FX取引で超重要だワン!

ただしFX取引では会社により最低の取引単位が違うため、最低投資額は1ドル130円の場合なら以下のように変わります。

最低通貨単位ドル円取引時の必要資金
1通貨130円
1,000通貨13万円
1ドル130円の場合で計算。

こんなに幅が広いなら、FX口座選びは慎重にならないとね。

そのため用意できる投資資金によって、利用するFX会社の選択肢が変わってくるのです。

FX初心者は何となく知名度の高いFX会社を選びがちなので、よく考えて利用する会社を選ぶようにしましょう。

過去は10,000通貨が標準的な取引単位だった

プロの為替取引の世界では、100万通貨が標準的な取引単位とされています。

ただし100万通貨の場合、1ドル130円とするとドル円は1.3億円分の取引となります。

プロの為替取引の世界ってすごいね…!

レバレッジ(詳細は後述)の活用により、実際に取引を行う際は1.3億円の投資資金を用意する必要はありません

しかし個人投資家が1.3億円分の取引を行うのは、非常にハイリスクというのが事実。

個人投資家がそんな大金を用意するのは現実的じゃないよ…。

もともと100万通貨の取引が中心だったことから、老舗FX会社は100分の1の「1万通貨」を取引単位としてスタートした歴史があります。

それゆえFX業界最大手の「DMM FX」や店頭取引の“くりっく365”は、現在も1万通貨が最低取引単位のままです。

最近は個人投資家向けのFX会社も増えた結果、多くのFX会社では1,000通貨単位が主流となり、さらには1通貨単位でも取引できるサービスも存在します。

今は問題なく個人でもFXに取り組めるワン!

FXのレバレッジを使うメリット・デメリット

FXのレバレッジを使うメリット・デメリット

1通貨から取引できるのはありがたいけど、あんまり儲けはでなそうだよね…

FX取引の特徴はレバレッジをかけられる点にあります。

FX取引は証拠金取引であり、投資資金をFX会社に預けて、その投資資金を元手に投資資金以上の取引が可能です。

例えば1万円の証拠金にてレバレッジ10倍と100倍をかけた場合、取引できる金額は以下のとおり。

  • レバレッジ10倍
    10万円まで取引できる
  • レバレッジ100倍(国内FX会社は不可)
    100万円まで取引できる

レバレッジをかければ小さい資金でも大きな利益が出せそうだね!

ただし、レバレッジを活用して効率的に投資資金を増やせる可能性がある反面、アッと言う間に投資資金を減らしてしまうリスクも。

レバレッジを掛けた取引は諸刃の剣ということは、充分に認識する必要があります。

レバレッジはメリットが強調される傾向にあるけどデメリットもあるんだね。

国内FX会社で個人取引を行う場合のレバレッジは最大25倍

FX取引におけるレバレッジは、国内の個人取引の場合は25倍が上限、という規制が金融庁により導入されています。

よって、国内FX会社で個人が取引を行う際は、どのFX会社を選んでもレバレッジの上限は25倍です。

例えば国内FX会社では10万円の投資資金を用意すると、最大250万円分の取引ができ、100万円の投資資金の場合は最大2,500万円分の取引が可能ということになります。

海外のFX業者におけるレバレッジ」は規制がないため100倍以上の取引も可能ですが、リスクが非常に高いため初心者は避けましょう。

レバレッジ規制は投資家が知らないうちにリスクを取り過ぎることがないように防いでいるワン!

FX初心者がやりがちな失敗3選

FX初心者がやりがちな失敗3選

下記にFX初心者が行いがちな資金面での失敗例を3点取り上げました。

①最初から大金を投じる

投資に大金を投じるイメージを持つ方もいますが、FX取引は1通貨単位で取引できるFX会社を利用することで、数百円の投資資金で取引可能です。

人間には欲があるため、FX取引でいきなり大きく儲けようとして、最初から大金を投じてしまう初心者が少なからずいます。

しかし、FX取引で初心者が一気に儲けることは難しいといえます。

どうして初心者が一気に儲けるのは難しいの?

ビギナーズラックで一時的に大きな利益を上げられる可能性はありますが、初心者が継続的に利益をあげ続けることは簡単ではありません。

初心者は損失を最小限にとどめる知識やノウハウがないため、継続的に取引を続ける中で予想に反した値動きをしたときに、資金を大きく失ってしまいます。

最初は数万円程度の投資資金でFX取引をスタートして、取引に慣れて“勝てる”という自信が付いた後に少しずつ投資資金を増やすことがおすすめです。

いきなり大きな額でFXをはじめて、大きな損失をかかえないように気をつけるんだワン!

②資金管理(リスク管理)をせずに取引を行う

FX上級者は負け方がうまい、といわれます。

負けるのがうまいってどういうこと?

FXの上級者は、負けトレードが出ることを前提に取引を考えることができます。

そして、1回の負けを投資資金の1~5%程度に留めることで、連敗しても挽回できるようにリスク管理(資金管理ともいわれる)を行いながら取引を行う方もいます。

リスク管理や資金管理とは「1回のトレードでいくらまでの負けを許容できるのか事前に計算すること」、と考えることができます。

具体的にはどんな感じでリスク管理をするの?

例えば資金が10万円なら、一度で全ての資金を使わずに2万円ずつに分けます。

一度の取引で毎回、全資金の10万円を取引してしまうと、たった1回の失敗で資金を大きく失ってしまう恐れがあるからです。

そして2万円ずつ投資をする際に、投資資金全体の10万円の2%までの負けを許容すると2,000円まで損失を許容することになります。

このように1回に2万円ずつ投資をして、2,000円以上損失が出たら損切りをすることで、1回あたりの取引で暴落などに巻き込まれても挽回できるようにするのがリスク管理です。

FXの上級者は損をしても、立て直す工夫をしているんだね。

FX初心者は、リスク管理の考えなしに取引を行う方が少なくありません。

よってFX取引を行う際は、1回の取引でいくらまで損失計上ができるのか、という点を常に計算しながら取引を行うことをおすすめします。

一度の取引に使う資金や、いくらまで損失を許容するかを上手くコントロールするのが資金管理だワン!

③追い込まれないと損切りができない

FX取引に限らず、金融商品の取引に損切りは必要不可欠です。

しかし、損切りは自らの意思判断の間違いを確定させる行為であり、投資初心者が思っている以上に心理的ハードルが高い行為です。

損が出ているまま取引を終わらせるのは、できれば避けたいよね…

投資初心者は損切りの必要性は理解しつつも、ズルズルと損切りを後ろにずらすなどして含み損を拡大させる傾向がにあります

そして「これ以上の損失には耐えられない」と感じた時に初めて損切りを行います

結果的に非常に大きな損失を計上せざるを得ません

リスク管理(資金管理)は柔道の受け身みたいなものだね。

ためらいなく損切りができるようになればトレーダーとしては一人前、ともいわれる程に損切りのハードルは高く、初心者がうまく損切りができないのも無理はありません。

よって、まずはエントリーしたら機械的に損切りを入れるなど、裁量判断が入らない形で損切りを行うことをおすすめします。

自分の意思で損切りをするのは難しいから、ルールを決めて機械的に損切りするのがオススメだワン!

当メディアで利用者183人に「FXの失敗で最も多い原因」の調査を行ったので、そちらも確認してみてください。

FXの失敗の原因図解
ランサーズにて調査
アンケート調査の詳細データを見る
FXの失敗で最も多い原因得票数
損切りできなかった102
運任せで根拠なく取引した40
ポジションを放置した12
取引ルールを決めていなかった9
集中できない状況でトレードした6
無理に多くの資金をつぎ込んだ4
無謀にハイレバレッジ取引をした3
様々な通貨ペアに手を出した1
その他5

少額取引できるFX会社おすすめ3選

おすすめのFX会社3選

先ほど取り上げた初心者がやりがちな失敗3点は、事前準備を行うことで避けることができます。

数万円程度の少ない投資資金で取引を行い、1回で許容できる損失額を事前に計算して、エントリー後には必ず損切り注文を入れる」。

これらを行うことで、前述の大きな失敗3点は回避可能です。

数万円程度の投資資金でも、リスク管理を行いながら取引できるFX会社は下記3社となります。

①松井証券のFX【証券口座があればすぐに取引可能】

松井証券FXの画像
口座数 137,207口座(2022年第3四半期時点)
取引単位1通貨
取り扱い通貨ペア20種類
スプレッド・USD/JPY 0.2~1.6銭
・EUR/JPY 0.5銭〜1.5銭
※原則固定・例外あり
スワップポイント・USD/JPY 165円
・EUR/JPY 119円
※2023年3月28日時点
公式サイトhttps://fx.matsui.co.jp/

松井証券のFXはネット証券の松井証券が提供するFXサービスです。

SBI FXトレードはSBI証券がFX取引専門の別会社を立ち上げてFXサービスを提供しています。

しかし、松井証券のFXは松井証券本体がFXサービスを提供中です

松井証券の本体が運営していると、何かいいことあるの?

松井証券に口座があれば簡単な手続きのみでFX取引が始められます

松井証券のFXはSBI FXトレードと同様に1通貨単位で取引できるため、細かく取引量をコントロールしてリスク管理ができます。

SBI FXトレードと同様に松井証券のFXでも、細かいリスク管理を行うことで、着実な利益の積み上げが可能です。

松井証券のFXは2021年2月にサービスを大幅にリニューアルしているよ。

\今なら最大100万円キャッシュバック/

松井証券のFXでは、FXデビュー応援キャンペーンを実施中!
1通貨単位で少額資金から取引でき、初心者でも安心。

さらに詳しくは「松井証券のFXの評判・口コミは?ネット証券が手掛ける1通貨単位のFXサービス」をご覧ください。

②SBI FXトレード【ネット証券最大手グループ】

SBI-FXtrade-top

人気度
口座数30万口座を突破(2020年9月)
取引単位1通貨
取り扱い通貨ペア34種類
スプレッド 1~1,000,000通貨の場合
・USD/JPY 0.18銭
・EUR/JPY 0.48銭
・GBP/JPY 0.88
※2023年11月1日6:00~2023年12月1日6:30のデータ、例外あり
スワップポイント・USD/JPY 220円
・EUR/JPY 208円
・GBP/JPY 280円
※2024年1月16日時点 、10,000通貨あたり
積立FX
スキャルピング
自動売買×

SBI FXトレードはネット証券最大手の「SBI証券」グループのFX会社です。

SBI FXトレードの特徴はネット証券最大手のSBIグループが手掛けるFX会社という安心感に加え、1通貨単位で取引できる点にあります。

1通貨あたりで取引できるなら、小さい資金からでもFXをはじめられるね。

SBI FXトレードを利用することで数百円からFX取引が可能であり、また1通貨単位で取引できるため細かいリスク管理が可能です。

1通貨単位でリスク管理を行い、安定して勝てるようになった後に投資資金を増額することで、大きな損失計上を避けながら着実に利益を積み上げることができます。

SBI FXトレードは取扱い通貨ペアが34種類と、取扱い通貨ペアの多さも特徴的だよ!

\口座開設キャンペーン実施中/

SBI FX新規口座開設キャンペーン2024年1月

新規口座開設と初回取引1万通貨以上で5,000円キャッシュバック、
取引高に応じて最大100万5,000円までキャッシュバック。
食品がもらえるSDGs応援プログラムも!

さらに詳しくは「【1通貨から】SBI FXトレードの評判・口コミは?SBI証券との違いも解説!」をご覧ください。

③マネーパートナーズ(nano口座)【初心者から上級者まで対応】

マネーパートナーズのLP画像
口座数346,625口座(2021年12月末時点)
取引単位パートナーズFX:10,000通貨
パートナーズFX nano:100通貨
取り扱い通貨ペアパートナーズFX:24種類
パートナーズFX nano:18種類
スプレッド・USD/JPY  0.3銭(8:00~27:00)
EUR/JPY   0.4銭(12:00~25:00)
(2022年7月6日時点)
スワップポイント・USD/JPY  11円
・EUR/JPY -99円
(2022年7月6日時点、10,000通貨あたり)
公式サイトhttps://www.moneypartners.co.jp/

マネーパートナーズでは通常のパートナーズFXとともに、nano口座の開設もできます。

パートナーズFXは10,000通貨単位の取引ですが、nano口座は100通貨単位での取引です。

100単位だと1単位から取引できるFX会社に比べてリスクが大きくない?

SBI FXトレードや松井証券のFXの1通貨単位の取引に比べると、100通貨単位では細かいリスク管理ができません。

しかし1通貨単位で厳密にリスク管理を行わずとも、100通貨単位でも充分なリスク管理はできます

例えばドル円130円として100通貨でも約13,000円から取引できるため、そこまで大きな資金は必要ありません。

またマネーパートナーズは約定力に定評のあるFX会社であり、サクサクとストレスなく約定がなされます。

初心者からベテランになるまで長く利用できるFX会社といえます。

1,000通貨単位だとおおざっぱなリスク管理になるけど、100通貨単位なら問題なくリスク管理ができるよ。

\キャンペーン実施中/

さらに詳しくは「マネーパートナーズFXの評判・口コミは?スワップ/外貨両替サービスも解説!【スプレッドが狭い】」をご覧ください。

【まとめ】FXは少額からはじめるのがおすすめ

【まとめ】FXは少額からはじめるのがおすすめ

私も少額から取引できる口座でFXを始めてみるよ!

FXはいくらから始められるかについて、少額投資におすすめな口座も踏まえて解説してきました。

最後に、この記事における3つのポイントを確認しましょう。

  • FX取引は利用するFX会社により取引の最低金額が異なる
  • FXを始めるなら数万円の少額資金で開始するのがおすすめ
  • 最初から大金を投じるなど初心者が行いがちな失敗を避ける

FX取引は初心者がいきなり大金を投じる傾向があるものの、最初の段階は少額取引で着実に取引のレベルアップを図るのが大切です。

そして最初は、少額資金での投資に対応するFX会社の利用がおすすめ。

まずは数万円の資金でリスク管理を行いながら、着実に勝ちトレードを積み上げられるまで取引のレベルアップを目指してはいかがでしょうか。

初心者におすすめのFX会社3選

  • 松井証券のFX
    公式サイト:https://fx.matsui.co.jp/
    1通貨単位で取引可能。松井証券に口座があればすぐに口座開設可能。
  • SBI FXトレード
    公式サイト:https://www.sbifxt.co.jp/
    1通貨単位で取引可能。スプレッドが狭くて通貨ペアも34種と豊富。
  • マネーパートナーズ
    公式サイト:https://www.moneypartners.co.jp/
    nano口座なら100通貨単位で取引可能。約定力に定評あり。

moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU