PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【仕組み】太陽光発電投資とは?個人での投資方法やよくある失敗、実際のシミュレーションまで解説

・太陽光発電投資って儲かるのかな?
・初期費用や必要経費ってどれくらいなんだろう?

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • 太陽光発電投資は長期的に安定した利回りが期待できる
  • 減価償却による相続税対策も可能
  • SOLSEL(ソルセル)の無料セミナーで太陽光発電投資を正しく理解しよう

近年、環境問題の意識が高まり、再生可能エネルギーに対する関心が高まっています。

太陽光発電はその中でも比較的手軽に導入が可能で、投資対効果が高いとされています。

自宅に太陽光パネルを設置している家庭も増えたよね!

実は、太陽光で自家発電した電力を国が高値で買い取ってくれるって知っていましたか?

副業・資産運用の1つとして、太陽光発電投資を始めるには好条件が整ってきています。

しかし、太陽光発電投資といえば、大きな資産がないとできないイメージがありますよね。

個人でもできるのかな?

今回は、そんな太陽光発電投資を行うメリットや仕組み、よくある失敗について詳しく解説します。

この記事を読めば、太陽光発電投資の仕組みが理解できるワン!

\太陽光発電投資をゼロから学べる/

いきなり太陽光発電投資を始めるのは不安という方は、無料セミナーを利用するのがおすすめ。
SOLSEL(ソルセル)のオンラインセミナーなら入退室自由、無理な勧誘もないので投資初心者でも安心して参加できます!

この記事を書いた人:笹川俊
この記事を書いた人:笹川俊

7年間法律事務所を経験し、現在はフリーランスのWebライター歴10年。
得意な執筆ジャンルは金融系、不動産、投資系で行政書士宅地建物取引主任士(どちらも有資格)の資格を保有。
ポイ活、仮想通貨、株式投資を行っており、楽天ポイントを1か月で2,0000ポイント以上貯めている。
安定した投資が好きでつみたてNISAにハマっている。

太陽光発電投資とは?

太陽光発電投資とは

太陽光発電といえば、一軒家に太陽光パネルを取り付けて自家発電をするというイメージの方も多いと思います。

一方、太陽光発電投資とは太陽光発電のための設備を保有し、発電した電力を売ることで利益を得る投資手法です。

自給自足として電気を作るだけじゃなく、電力会社などに売ることができるようになったんだワン!

太陽光発電投資の仕組み【FIT制度】

太陽光発電を利用した投資は、2012年から政府導入で始まった「FIT」と呼ばれる制度によって買取価格が裏付けされます。

FIT(再生エネルギー固定価格買取制度)とは

太陽光発電投資の図解

再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度のこと。

電力会社が買い取る費用の一部は、電力利用者の一般家庭や企業などから「再エネ賦課金」という形で集められる。

「賦課金」は、あなたの家の電気代からも徴収されているんだワン!

この制度によって、太陽光発電を稼働開始した年から20年間はずっと同じ価格で売電できます。

制度開始直後は1キロワットあたり約40円で買取が行われ、大きな注目を集めました。

しかし、その後多くの事業者が参入し、その度に価格の見直しが行われました。

現在では「一攫千金!」とはなりませんが、長期的に安定して稼げるビジネスとして確立されています。

太陽光発電投資のメリット4つ

太陽光発電投資のメリット

太陽光発電に投資するメリットを知りたいな。

太陽光発電投資を行うメリットは以下の通りです。

①利回りが高い

太陽光発電投資は、先ほど説明したFIT(固定価格買取制度)によって20年間の買取価格の固定があります。

そのため、安定して10%以上の利回りが見込むことができると言われています。

「利回り」は投資金額に対して戻ってくるお金の割合のことだワン!

実際に投資を始めた場合のシミュレーションは後述しますが、10年~20年で投資資金を回収でき、その後は大きな黒字化が見込めます。

②相続税対策になる(減価償却)

どうして相続税対策になるの?

自分の資産をいずれ手放すとき、太陽光発電は減価償却が出来るため、相続税の対策になります。

減価償却とは

資産の価値が期間に応じて減少していくこと。

減価償却の期間は商品によって変わるが、基本的には購入した金額をもとに毎年価値が下がる。

車とかパソコンも、長く使えば価値が下がっていくワン!

太陽光発電設備の資産価値は、減価償却期間20年で0円となります。

つまり、太陽光発電の設備はビジネスを始めたときから20年経っていれば一切相続税がかからないということです。

設備は0円でも、購入した土地はどうなるの?

確かに「減価償却期間」に当てはまるのは太陽光発電設備のみで、土地は当てはまりません。

しかし、太陽光発電はそもそも日当たりの良い場所、つまりビルなどが無い、地方のいわば田舎とよばれる地域に設置します。

地方の土地はそもそも土地代が安く、不動産の価値も小さいので相続税が高くありません。

減価償却をしても太陽光発電設備自体は常時発電できるため、利益を生み出し続けられます、

自分の代だけでなく、子供、孫にも相続税がかからず受け継がせることができるのはうれしいポイントですね。

\太陽光発電設備の売買なら/

③太陽光発電設備は長寿

ソーラーパネルは商品自体の保証期間が10~15年と長く、メーカーによっては25年まで保証していることも。

奈良県の壷阪寺にある太陽光パネルは初期の設備なのに30年以上もっているワン!

ソーラーパネルの寿命は長いため、減価償却後でも稼働が可能です。

長期的に安定した発電を行うことができるのは太陽光発電投資ならではと言えます。

④環境に配慮した投資商品

そもそも太陽光発電とは、2種類の半導体を接合して作った「太陽光パネル」に、太陽光をあてることで電気を発生させる仕組みです。

石油や石炭などの化石燃料を必要としないため、温室効果ガスの原因となる二酸化炭素を排出しないクリーンな発電システムと言えます。

地球にやさしいエネルギーなんだね!

ESG投資」や「脱炭素(カーボニュートラル)銘柄」という言葉もあるように、環境に配慮しているかどうかに注目している投資家も増えています。

この機会に、そういった投資商品に目を向けてみるのも良いかもしれませんね。

太陽光発電投資で失敗するパターン4つ

太陽光発電投資の失敗するパターンの見出し画像

ここでは、太陽光発電投資で失敗するパターンを4つ紹介します。

太陽光発電投資を自分で行う上で知っておくべき知識なので、しっかり把握しておきましょう。

4つ目は特に大切だから、リンクから確認するワン!

①現地で設置現場の確認をしていない

太陽光発電投資において実際に購入する設置現場を見ることは非常に重要です。

太陽光発電が設置される場所は大抵、遠く離れた地方や山間部に位置します。

そのため、FIT価格や図面のみを確認して投資判断されるという方も珍しくありません。

しかし、実際に購入して太陽光発電を稼働させると、発電を遮るような障害物があったり、野生の動物によってパネルが壊されるといった問題が発生します。

太陽光発電投資は、実際に足を運んで確認することが大切だね!

②太陽光発電設備の土地を購入せずに借りる

太陽光発電投資を行う上で一番重要となるのは、土地の所有方法です。

結論からいうと、土地は借用するのではなく、必ず購入するようにしましょう。

その理由として、①原状回復費用がかかってしまう ②土地の相続ができなくなるという2つの理由が挙げられます。

原状回復費用がかかる

土地を借りる場合は太陽光発電を終わらせる時に「原状回復費用」がかかってしまいます。

地震や大雨、台風など災害が発生したときには太陽光発電の設備を撤去し、現状復帰して返却する必要があることも。

また、住居目的ではなくビジネス目的での借用なので、借用期限が発生することもあります。

原状回復の費用は立地やその時に状況によって変わりますが、初期投資が4,000万円であれば、大きく見積もって200~400万ほどかかります。

土地を借りる場合、初期費用は減るけど撤退時に大きな費用がかかってしまうワン!

土地の相続が出来なくなる

先ほど説明したように、太陽光発電設備は減価償却期間20年で相続税がかからなくなるという説明をしました。

ですが、土地を購入していなければ土地の相続は出来ません

あなたに万が一のことが起こったとき、土地の所有者と自分の子供が再契約できなかったとすれば、太陽光発電投資を続けることができません。

太陽光発電投資を長期的に行うことを考えれば、土地は借用するよりも購入した方が有利になるということを覚えておきましょう。

\太陽光発電設備の売買なら/

③メーカーの選定を怠った

メーカーにも注意しないといけないんだね…

太陽光発電投資を始めるのであれば、メーカーの選定はとても重要です。

特に太陽光発電設備はメーカーによって品質が上下します。

長期的に運用していく太陽光発電設備はメーカーに頼るだけでなく、自分でも知識を付けることが大切ですよ。

太陽光発電設備について

太陽光パネルは値段だけでなく、「このパネルがどれだけの期間持つのか、災害に強いのか」まで考える必要があります。

また、太陽光発電設備は30年以上持つことも多いですが、長く使っていれば発電効率(フィルファクター)は下がってきます。

メンテナンスや発電能力の保証などが充実したメーカーを選ぶのがおススメだワン!

④災害リスクの対策をしなかった

気候さえ安定していれば発電することができる太陽光発電投資において、最大にして唯一の天敵が「災害」です。

日本は災害大国とも言われ、定期的に地震や四季の変化による大雨、台風などの被害がありますよね。

他にも設備劣化による火災や地球温暖化に伴う台風など、これらの災害をカバーできるのが「保険」です。

太陽光発電投資にも保険があるの?

保険について

保険は「ただお金を払っているだけ」とコストのように感じてしまいますが、太陽光発電設備は安定して活動していることに意味があります。

さらにいうと、実は電気の買取価格というのは変化しにくいのですが「災害が起きたとき」に値上がりすることも。

その時に設備がしっかりしていれば、災害というのはリスクだけでなく、メリットにもなりうる可能性を秘めています。

太陽光発電設備用の災害保険はいくつかあるので、うまく組み合わせて確実性のある運用を心がけましょう。

災害対策をしていない、安い太陽光発電設備は絶対に購入してはダメだワン!

太陽光発電投資専門のSOLSEL(ソルセル)なら、災害保険とメーカー保証付きの案件を紹介してくれます。

無料セミナーにて、太陽光発電投資のプロから話を聞いてみるのも良いかもしれません。

\太陽光発電投資をゼロから学べる/

いきなり太陽光発電投資を始めるのは不安という方は、無料セミナーを利用するのがおすすめ。
SOLSEL(ソルセル)のオンラインセミナーなら入退室自由、無理な勧誘もないので投資初心者でも安心して参加できます!

太陽光発電投資でどのくらい儲かる?【シュミレーション】

どのくらい儲かる

実際に太陽光発電投資でどのくらい稼げるんだろう?

まずは基本的な太陽光発電投資の稼ぎ方について、以下の年数単位で見ていきましょう。

太陽光発電投資1年目

まず初めに、太陽光発電を行うには設備投資が必要となります。

これは実際に自己資金で行うのは厳しいため、金融機関などから融資を受けることが必要です。

一般的に太陽光発電の初期投資には1,000万円~3,000万円ほど(地域によって変動)必要となります。

そこでおすすめなのが、「消費税の還付」を活用することです。

消費税の還付とは

消費税は売上金額に応じて支払いますが、実は仕入れの時にもその分の税金を納めています。

それを換算し、仕入れ分の消費税を考慮するのが「仕入れ税額控除」。

それがプラスになると、実際にお金が返ってくる場合があります。

つまりどういうこと?

初年度は必ず設備投資が必要(仕入れ金額の方が高くなる)なので、消費税の還付が行われ、現金が手元に返ってきます。

太陽光発電投資の消費税還付の図解

上記の図だと、購入に負担した消費税分からもらった消費税が差し引かれて還付されます。

融資を受けているのに、還付があるんだワン!

でも、銀行から4000万円も借りたら利子も結構高そう…

今は低金利時代なので、銀行融資の利子はそこまで高くありません。

2019年には銀行の預金高が過去最高になったこともあり、お金の流動性が非常に悪くなっています。

また、新型コロナウイルス感染症の影響から多くの企業が設備投資のための融資申込を足踏みしているため、低金利でも融資をしたい金融機関は増加傾向。

これは企業に対してだけでなく、個人に対しても融資を行うハードルが下がっているということになります。

日本政策金融公庫であれば、金利は1%台になることもあるワン!

太陽光発電投資2年目以降

2年目以降は本格的な利益が出始めます。

以下では初期投資の回収を含め、太陽光発電でどのくらい稼ぐことができるのか具体的に算出してみましょう。

まず参考に、経済産業省 資源エネルギー庁の買取価格は2022年で以下の価格でした。

250kW以上(入札制度適用区分)50kW以上250kW未満10kW以上50kW未満10kW未満
調達価格入札制度により決定10円11円17円
資産エネルギー庁 「買取価格・期間等(2022年度以降)」より

その年の気候などにも影響されますが、4,000万円の融資を受けた初期投資の場合、月に40万円~50万円、年間で平均約500万円ほどの利益が生まれます。

そして毎月かかるコストとしては以下が想定されます。

  • 金融機関への返済:月30万~35万(金利2~3%の場合)
  • 火災保険・メンテナンス料:1~2万円

これらを踏まえると、毎月約5万円ほどの利益が予想されます。

意外と少ないね…

一見利益が少ないように思えますが、これは完全なる不労所得とも言えます。

最初の1年目は銀行の融資相談やメンテナンスを行う業者、保険の選定などで時間がかかります。

しかし、その期間が過ぎれば特に時間をかけずに収入を得ることができるのです。

太陽光発電投資 融資完済後

4,000万円の融資の場合、月々の返済を35万円にすると約10年で完済することができます。

完済後は費用がメンテナンス費・保険代のみになるので、毎月30万円以上の利益が見込めるようになります。

長期的に投資が出来て、高い利回りが見込めるのは不動産投資にも似ていますね。

買取価格や気候によるリスクは忘れないようにするんだワン!

\購入から運用まで一貫してサポート/

太陽光発電投資に向いている人

向いている人

どんな人が太陽光発電投資に向いているのかな?

太陽光発電投資は、不動産投資よりも堅実に不労所得が欲しい人に向いています。

以下で具体的な特徴を見ていきましょう。

  • 長期的に高い収益を得たい人
  • 投資に興味はあるけど、時間がない人

長期的に高い収益を得たい人

太陽光発電投資は初期費用こそかかるものの、高い利回りで長期的な収益の獲得が見込めます。

不動産投資で発生しがちな空室リスクもありません。

国の制度で一定期間の売電価格も守られているので、利回りの高さも魅力的ですよね。

太陽光発電投資は、長い期間で確実に利益を出したいという方にはおすすめの投資手法だといえます。

投資に興味はあるけど、時間が無い人

投資したいけど、勉強時間が中々…。

「将来のために不動産投資や株式投資を始めたい」という人は増えてきています。

しかし、中々始められないのは「勉強する時間がない」「何から始めれば良いのか分からない」という理由が多いです。

その点で太陽光発電投資は、株価を毎日追ったり専門的な不動産の知識は必要ありません。

太陽光発電投資は「1年で2倍!」といったような稼ぎ方はできませんが、再現性が高く、時間がなくても不労所得が手に入りやすいメリットがあります。

太陽光発電投資のことを勉強するなら、SOLSEL(ソルセル)の無料セミナーがおすすめだワン!

\太陽光発電投資をゼロから学べる/

いきなり太陽光発電投資を始めるのは不安という方は、無料セミナーを利用するのがおすすめ。
SOLSEL(ソルセル)のオンラインセミナーなら入退室自由、無理な勧誘もないので投資初心者でも安心して参加できます!

太陽光発電投資の始め方

ソルセルの画像

太陽光発電投資に興味があるけど、何から始めたらいいの?

そんな方におすすめしたいのは、無料の太陽光発電セミナーに参加することです。

SOLSELの無料オンラインセミナーでは、以下の内容を太陽光発電投資のプロから聞くことができます。

  • どんな物件が太陽光発電投資向きなのか、やめた方がいい物件の特徴
  • 最適な融資方法、現金よりも融資を受けた方がいい理由
  • 減価償却や消費税還付などの税金についての話
  • セミナー参加者だけに公開しているお得物件(非公開物件)の紹介

ネットや本などを通して手探りで勉強するよりも、プロに1から分かりやすく説明してもらう方が太陽光発電投資の成功の近道だと言えます

セミナーって勧誘されるイメージがあるから怖いな…

SOLSELは「信頼関係の構築」を第一にしているので、無理な営業は一切ありません。

拘束はなく入退室も自由なので、安心ですね。

まずは話を聞いてみたい!という方は、以下のボタンから申し込みができます。

\無料セミナーの申し込みはこちらから/

太陽光発電投資に関するよくある質問

太陽光発電投資のよくある質問

太陽光発電投資に関する疑問はここで解決しよう!

以下で詳しくみていきましょう。

①太陽光発電投資を始められる年収はどれくらい?

太陽光発電投資を始める際に、目安となる年収は「400万円〜」となります。

年収が400万円以上の人なら、頭金や貯金なしで融資が受けられるケースが多いです。

サラリーマンや公務員、60歳以上の退職者が太陽光発電投資で資産運用をしています。

②売電単価(FIT単価)は毎年下落するの?

FIT制度で保障されている20年間なら、売電単価は変わりません。

つまり、2023年に1キロワットあたり20円(税抜)の売電単価なら、2043年までずっと変わらないということです。

売電できる価格と期間を国が約束しているので、20年間の収入がシミュレーションしやすいことも太陽光発電投資のメリットだと言えます。

③太陽光発電投資でよくある失敗は?

太陽光発電投資でよくある失敗として、以下の4つが挙げられます。

太陽光発電投資においてリスクを正しく理解することはとても重要です。

誤った投資判断で後悔しないように、しっかりと勉強をして知識をつけましょう。

【まとめ】太陽光発電投資は個人でも出来る

太陽光発電投資まとめ

太陽光発電投資のことがよく分かったよ!

今回は太陽光発電投資のメリットやよくある失敗、個人での投資方法などを解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  1. 太陽光発電投資は長期的に安定した利回りが期待できる
  2. 減価償却による相続税対策も可能
  3. SOLSEL(ソルセル)の無料セミナーで太陽光発電投資を正しく理解しよう

太陽光発電投資は国が電力を購入するという仕組みから、長期的に安定して稼げるビジネスと言われています。

しかし、決して安い投資手法ではないので、正しい知識をつけることが重要です。

いざ始めようと思ったら、まずはセミナーに行って太陽光発電投資についてプロの話を聞いてみるのが良いかもしれません。

\太陽光発電投資をゼロから学べる/

いきなり太陽光発電投資を始めるのは不安という方は、無料セミナーを利用するのがおすすめ。
SOLSEL(ソルセル)のオンラインセミナーなら入退室自由、無理な勧誘もないので投資初心者でも安心して参加できます!

いろはにマネーの投資診断

moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU