PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【本音】property+(プロパティプラス)の口コミ・評判は?キャンペーン情報やメリット・デメリットも解説

【本音】property+(プロパティプラス)の口コミ・評判は?

・プロパティプラスって投資しても大丈夫?
・お得なキャンペーンがあるなら知りたい!

このような疑問にお応えします。


この記事の結論


2021年からスタートした不動産投資クラウドファンディングサービスである「property+(プロパティプラス)」。

少額から投資できる不動産投資クラウドファンディングですが、投資する以上は慎重になってしまうものです。

特に比較的新しいサービスであるプロパティプラスは、気になるけど本当に投資してもいいのかわからないと躊躇している人も多いはず。

そこで、この記事では、プロパティプラスの概要や口コミ・メリット・デメリットなどをご紹介します。

結論、プロパティプラスは初心者にもおすすめだよ!

プロパティプラスでの投資を検討しているなら、この記事を参考にしてくださいね。

\自社開発物件で手堅く運用/

デザイン性と機能性から高い入居率を誇るプロパティプラス。
豊富な開発実績と高い稼働率で安心して投資できます!

逆瀬川

この記事を書いた人:逆瀬川 勇造

地方銀行、不動産会社を経て2018年にライターとして独立。2020年に合同会社7pocketsを設立。
現場で得た知識や経験を元に、読む方に理解しやすい記事を執筆しています。FP2級技能士宅建士

property+(プロパティプラス)とは?

プロパティプラス画像

まずは、プロパティプラスの概要を確認しましょう。

項目詳細
サービス名property+(プロパティプラス)
運営会社株式会社リビングコーポレーション
所在地東京都渋谷区渋谷4-2-12 EDGE南青山2F
サービス開始2021年5月~
想定利回り(年利)3.2%~10.0%
最小投資金額1万円
公式サイトhttps://propertyplus.jp/
公式サイトより作成

プロパティプラスは2021年5月にスタートした不動産投資クラウドファンディングです。

不動産投資クラウドファンディングとは

インターネットを介して資金を調達するクラウドファンディングの一種。

投資家から資金を集めて不動産を購入・運用し運用益を投資家に分配する。

不動産クラウドファンディングの仕組み

プロパティプラスを運営する株式会社リビングコーポレーションは、投資用デザインマンションで全国展開しており、300棟以上の実績を誇っています

さらに、リビングコーポレーションは分譲戸建市場トップシェアを誇る飯田グループホールディングスのグループ企業です。

東証プライム上場企業が親会社なら安心だね!

\自社開発物件で手堅く運用/

デザイン性と機能性から高い入居率を誇るプロパティプラス。
豊富な開発実績と高い稼働率で安心して投資できます!

property+(プロパティプラス)のキャンペーン

キャンペーン情報

プロパティプラスでは、2023年7月時点で実施されているキャンペーンはありません

2021年5月にスタートしてから現時点まで実施されたキャンペーンもありませんでした。

ただし、今後キャンペーンが実施される可能性もあるので、こまめにキャンペーン情報は確認しておくとよいでしょう。

また、プロパティプラスでは通常よりも利回りが高いキャンペーンファンドが過去に数回提供されています。

キャンペーンファンド名 募集開始時期 想定利回り 運用期間
Branche阿佐ヶ谷ファンド72021年12月10%3ヶ月
Branche阿佐ヶ谷ファンド62021年11月10%3ヶ月
Branche阿佐ヶ谷ファンド52021年10月10%3ヶ月
Branche阿佐ヶ谷ファンド42021年9月10%3ヶ月
Branche阿佐ヶ谷ファンド32021年8月10%3ヶ月
Branche阿佐ヶ谷ファンド22021年7月10%3ヶ月
Branche阿佐ヶ谷ファンド12021年6月10%3ヶ月
公式サイトより

他のファンドの利回りが3%台に比較し、キャンペーンファンドは10%と魅力的なファンドだワン!

現時点ではキャンペーンファンドの募集はありませんが、今後のファンドも注目しておくとよいでしょう。

【独自調査】property+(プロパティプラス)の口コミ・評判

property+(プロパティプラス)の口コミ・評判

利用者の本音はどうなのかな?

いろはに投資では「ランサーズ」を利用して、property+の総合的な評判・口コミを独自調査しました。

property+利用者の実際の口コミ・評判

3.5
男性/40代/会社員
クラウドファンディング投資歴:3年以上5年未満
3.5
初心者へのおすすめ度:5
利回りの満足度:4
案件の豊富さ:1
サイトの使いやすさ:4
  • メリット
    少額から投資をすることができるようになっている点がまず最初のメリットです。1口1万円から投資ができるので、投資するハードルが低くなっています。それと投資ができるファンドが収益性が高い自社物件になっているので、安定性があります。また会員のユーザー同士であれば出資分を譲渡することができるので、これによって譲渡によって現金化できるといったところもメリットです。
  • デメリット
    出資制限があるので多額の投資をする際にはデメリットになってしまいます。「property+」ではより多くに投資家に投資する機会を与えたいという思いがあるので、より多額の資金を運用したい場合には出資制限によってそれが叶えられません。
    また投資できるファンドの案件の数が少ないので、応募できる機会はそう多くはありません。
  • どのような案件に投資したか
    想定利回り10%でありながら運用期間は3ヵ月というとても魅力的なファンドもありますので、こうしたファンドに投資をしています。ですが、これ以外にも想定利回り3.5%で運用期間が12ヵ月のファンドにも投資をしています。

ここでは、 プロパティプラスユーザーのリアルな声を見ていきましょう。

口コミまとめ

  • 物件がよい
  • 無事に運用完了して償還があった
  • 実際に投資できた
  • 投資できない
Twittterの生の声を見る

プロパティプラスの口コミでは、物件やファンドへの高評価が目立ちました

また、実際に投資した人や運用終了後に償還を得られたという声も散見しています。

ただし、人気のためアクセスが集中してシステムがダウンしたという声もあるので、投資時には注意しましょう。

とはいえ、口コミはあくまで参考程度。実際の投資はファンドの情報を調べて自分で判断することが大切だワン!

\自社開発物件で手堅く運用/

デザイン性と機能性から高い入居率を誇るプロパティプラス。
豊富な開発実績と高い稼働率で安心して投資できます!

property+(プロパティプラス)のメリット

property+(プロパティプラス)のメリット

プロパティプラスのメリットとしては、次の3つが挙げられます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

少額から手堅く投資できる

プロパティプラスは1万円から投資できます。

不動産投資をスタートするとなると、ローンを組むとはいえ数千万円や億単位の投資になるものです。

ローンを組むための頭金だけでも数百万円の自己資金は必要でしょう。

株式投資やFXにしても、利益を得るにはある程度まとまった投資資金は必要です。

高額な投資資金は難しいな…

その点、不動産投資クラウドファンディングなら少額から投資できるサービスが多く、資金が少ない人や初心者におすすめです。

プロパティプラスも最小投資金額が1万円なので、初心者でも投資しやすいでしょう。

また、プロパティプラスでは手堅い投資が可能というメリットもあります。

プロパティプラスで投資できる物件は自社の投資用デザインマンションです。

豊富な開発実績をもとに提供される、主要都市の駅近など好条件で人気の高いデザイナーズマンションなので需要が高く安心して投資ができます。

稼動率が高いから安定した収入が見込めるよ!

安全性が高い

プロパティプラスでは、投資家を守るために次のような対策を取っています。

優先劣後

優先劣後とは、運営会社も一緒に出資することで、損失があった場合は運営会社の出資分から優先的に補填される仕組みのことを言います。

例えば、優先:劣後=80:20で出資額1億円のファンドの場合を見てみましょう。

出資額

  • 投資家:8,000万円
  • 運営会社:2,000万円

このファンドで1,500万円の損失が発生した場合、先に運営会社の出資分2,000万円から補填されるので、投資家の元本が守られるのです。

ただし、損失額が2,000万円を超えると投資家にもマイナスが出る恐れはあります。

プロパティプラスでは、優先劣後を採用しているので投資家の元本にマイナスが出るリスクを抑えやすくなるのです。

優先劣後の構造

優先劣後の割合はファンドによって異なるからしっかりチェックすることが大切だワン!

マスターリース契約

マスターリース契約とは、不動産会社などが物件を丸ごと借り上げる契約のことを言います。

マスターリース契約している物件の場合、仮に空室が出ても契約会社から一定の賃料を得られます

空室の有無にかかわらず賃料収入が保証されるのは嬉しいね!

信託銀行への分別管理

プロパティプラスでは、投資家から預かった未投資資金は信託銀行で運営会社の財産とは別管理されます。

これによって、投資家の資金を運営会社の倒産リスクから守ることが可能です。

もし、運営会社の財産と一緒の口座で管理されると、万が一、運営会社が倒産した場合、口座ごと差押えになり投資家に資金が還ってこないおそれがあります。

別口座で管理することで、投資家の資金を安全に管理できるようになるのです。

出資分の譲渡ができる

プロパティプラスの特徴として、会員同士で出資分の譲渡ができるという仕組みがあります。

不動産投資クラウドファンディングでは、多くのサービスで運用期間中の途中解約ができません

運用期間はファンドによっても異なりますが、3ヵ月から12ヵ月ほどとなり、中には2年を超えるものもあります。

その期間で急に現金が必要になった場合でも、解約して現金化できない点には注意しなければなりません。

その点、プロパティプラスなら手数料さえ支払えば、会員同士で譲渡できるので運用期間中の現金化が可能です。

急に現金が必要になっても、対応できるので安心して投資できますね。

とはいえ、投資は余剰資金でするのが基本だワン!

\自社開発物件で手堅く運用/

デザイン性と機能性から高い入居率を誇るプロパティプラス。
豊富な開発実績と高い稼働率で安心して投資できます!

property+(プロパティプラス)のデメリット

property+(プロパティプラス)のデメリット

プロパティプラスにもデメリットはあるので、デメリットまで正しく理解して投資判断する必要があります。

デメリットとして、次の3つが挙げられます。

元本割れリスクは投資全般に言えるリスクだよ!

それぞれ詳しく見ていきましょう。

元本割れのリスクがある

プロパティプラスへの投資も投資である以上、元本保証はありません。

どんなに安全策を設けていても、予想もしない天災や市場混乱などが発生すると元本割れしてしまう可能性があるものです。

投資するうえでは、ファンドや運営会社について自分でもしっかり確認したうえで、慎重に投資判断するようにしましょう

また、他の投資も組み合わせるなど自分でも投資リスクを軽減する対策が大切です。

不動産投資だけでなく、株式投資や投資信託などを検討するのもおすすめだワン!

案件が少ない

プロパティプラスは2021年6月に第1号ファンドがスタートしたばかりなので、案件はまだ多くはありません

2023年7月4日時点のファンド数は次の通りです。

募集・運用状況 ファンド数
募集中0件
運用中6件
運用終了20件
合計26件

また、ファンド募集開始時期別では次の通りです。

募集開始時期 ファンド数
2021年15件
2022年10件
2023年1件
合計26件

2023年に入ってからほとんど募集していないな…

2021年・2022年では月に1~2本くらいのペースで募集されていましたが、2023年は減少しています。

今後案件が増える可能性はありますが、現時点では投資したくても案件自体が少ない点には注意しましょう。

また、募集されても人気の高いファンドは応募が殺到してしまい、応募が難しい可能性があります

プロパティプラスは現時点では先着順での申込となるので、スケジュールをチェックしていち早く申込できるように準備を進めておくことが大切です。

事前に会員登録を済ませておけば投資チャンスを広げられるんだワン!

不動産投資クラウドファンディングで投資したい場合、プロパティプラスだけでなく他の不動産投資クラウドファンディングも活用するのがおすすめです。

複数のサービスを組み合わせることで投資できる機会を増やせますよ。

出資制限がある

プロパティプラスでは、ファンドごとに出資制限が設けられている場合があります

ファンドによって制限は異なりますが、3,000口や5,000口という上限があるので、高額な投資ができません。

とはいえ、条件まで投資すれば3,000万円や5,000万円となるので、それほど心配する必要はないでしょう。

3,000万円の投資予算があるなら別の投資方法の検討もおすすめするんだワン!

ただし、キャンペーンファンドなど中には30口や100口が条件となる場合もあるので、その場合は利益を得にくくなる点に注意が必要です。

利回り10%・運用期間6ヵ月なら、上限30万円で投資しても1.5万円にしかならないね…

property+(プロパティプラス)で投資を始める流れ

property+(プロパティプラス)で投資を始める流れ

投資するのって難しいのかな?

プロパティプラスでの投資は難しいことはないので安心してくださいね。

次の3つのステップで投資できますよ。

それぞれ解説します。

1.会員登録

まずは、公式サイトにアクセスし、会員登録をします。

プロパティプラス_登録の流れ1

会員登録は無料だよ!

会員登録は仮会員登録→本会員登録の2段階に分かれます。

仮会員登録では、メールアドレスとパスワードを設定するだけで簡単に登録できます

プロパティプラス_登録の流れ2

仮会員登録後、本会員登録へと進みます。

本人情報や口座情報などを入力し、本登録は完了です。

なお、本登録時にはキャッシュカードや通帳など口座に関する写真など提出する必要があるので、準備しておきましょう。

本登録完了後は、本人確認書類の提出です

プロパティプラス_登録の流れ4

本人確認の方法はオンラインと郵送があり、オンラインであれば運転免許証などの本人確認書類と顔写真を提出するだけなので簡単に申請できます。

会員登録申込後審査に受かれば、送られてくる本人確認コードを入力して登録完了です。

オンライン本人確認なら最短1営業日での登録ができるんだワン!

2.入金

プロパティプラスでは、投資にあたり事前入金が必要です。

会員登録後口座が開設されるので、口座に入金しておきましょう。

3.申込

入金が完了したら、好きなファンドを選んで投資します。

無事に投資できれば、あとは運用が終了して配当金と元本の償還を待つだけです。

運用期間中に投資家がすることはないから楽だね!

プロパティプラスでは、申込方法が先着順なのでスムーズに申込む必要があります。

応募方式

先に会員登録を済ませておくと、投資チャンスが広がるでしょう。

会員登録は無料なので、今後の投資準備のために先に会員登録を済ませておくのがおすすめです。

\早めに登録しておこう/

【まとめ】property+(プロパティプラス)で投資を始めてみよう!

【まとめ】property+(プロパティプラス)で投資を始めてみよう!

プロパティプラスについてよく分かったよ!僕もまずは会員登録しておくね!

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

プロパティプラスで投資するなら、まずは会員登録して投資に備えておくことが大切です。

会員登録は無料できるので、登録から第一歩をスタートしてみましょう。

\自社開発物件で手堅く運用/

デザイン性と機能性から高い入居率を誇るプロパティプラス。
豊富な開発実績と高い稼働率で安心して投資できます!


ブックマークした記事を見る
Loading...
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU