eWeLL(イーウェル)(5038)【IPO上場企業紹介・初値予想】

eWell アイキャッチ

2022年9月には2社が新規上場予定となっています。

今回は9月16日に上場予定のeWeLL(5038)をご紹介します!

株式会社eWeLLは、 SaaS型の訪問看護向け業務支援ツールを提供するIT企業です。

想定時価総額は99.8億円で、東証グロースに上場します。

IPO投資をするなら開いておきたい証券口座

企業様・IRご担当者様へ(クリックで開く)

いろはに投資ではIPO企業様へ実際にインタビューを行い、企業様からのコメントを記事に掲載する取り組みを進めております。

貴社メッセージを掲載することで、中長期で貴社を応援する投資家が増えることを目指しております。

インタビューや掲載は無料で行っておりますので、ご興味がございましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください

※いろはに投資を運営する株式会社インベストメントブリッジは、IR情報サイト「ブリッジサロン」も運営しております。

この記事は音声でも聞くことが出来ます▼

IPO概要・初値予想

IPO概要・初値予想

まず、eWeLLの初値予想、およびIPO概要について以下の4つを解説していきます。

  • IPO評価・初値予想
  • 取り扱い証券
  • 日程・価格
  • 株主構成

同社を購入検討している方は、ご確認ください。

IPO評価・初値予想

IPO評価:B(予想レンジ1.3~1.5倍)

IPOでは人気のあるSaaS関連企業の上場です。

業績は安定しており、オファリングレシオも20%程度と適正水準です。

総合的にみて、一定の初値上昇は期待できると考えています。

公開株数は多いですが、現在の市況は回復傾向にあります。

これらの点から、IPO評価:B、予想初値レンジ: 1.3~1.5倍と判断しました。

※IPO評価、初値予想は過去のデータを元に編集部が予想したものであり、結果を確約、投資を推奨するものではございません。

IPOスケジュール IPO評価概要
詳しい評価項目を知りたい方はこちら(クリックで開きます)
  • 発行済み株式数:想定時価総額を計算。
  • オファリングレシオ:小さい方が投資家からの人気が高い。市場に出回る株式数が少なくなることを意味するため。
  • 公募割合:大きい方が投資家からの人気が高い。企業に資金が多く入ることを意味するため。
  • 上場市場:グロースに上場する企業は人気が高くなりやすい。
  • 事業のトレンド性:成長市場に位置し、トレンド性が高い企業は人気になりやすい。
  • VC保有比率:VCが多くいる企業は事業のトレンド性が高く・成長企業であることが多いが、ロックアップがない場合はIPO後の需給が悪化しやすい
  • 売上高成長率・経常利益率:大きい方が人気。過去の業績が良い。
  • 前後2週間のIPO数:少ない方が投資家からの人気が高くなりやすい。
  • 過去1ヶ月の日経平均リターン:高い方が人気。投資家心理に影響。

初値予想の方法については、「【IPO初値予想】IPOの評価方法を初心者向けにやさしく解説!過去の事例も」の記事をご覧ください。

取り扱い証券

同社のIPO株を取り扱う証券会社は以下の通りです。

証券会社名割当率割当株数
大和証券(主幹事)73.90%1,566,300株
野村證券22.85%484,200株
SBI証券1.30%27,600株
松井証券0.65%13,800株
マネックス証券0.65%13,800株
極東証券0.65%13,800株

\ IPO取扱数No.1証券はこちら!/

どの証券会社が良いのか詳しく知りたい方は「IPO投資におすすめの証券会社ランキング」をご覧ください!

日程・価格

IPOの日程は以下のようになっています。

抽選申込期間9月1日(木)~9月7日(水)
当選発表日9月8日(木)
購入申込期間9月9日(金)~9月14日(水)
上場日9月16日(金)

続いて、価格は以下のようになります。

仮条件1,500円~1,700円
公募価格1,700円
初値3,910円

大株主

株主の状況は以下のようになっています。

株主名比率
中野 剛人39.15%
北村 亜沙子16.37%
住友商事(株)13.66%
合同会社RSPファンド6号12.94%
島田 亨5.45%
松下 智樹4.92%
SMBCベンチャーキャピタル(株)3.41%
(株)シグマクシス・インベストメント1.35%
江尻 裕一0.65%
中尾 充0.40%

大株主上位2人の中野氏と北村氏は、同社の経営者です。

経営陣が同社の過半数の議決権を握っていることが分かります。

3位の住友商事と同社は資本業務提携を結んでいるワン!

企業概要

IPO_企業概要

事業内容

同社は「人を幸せにする」をモットーに、「在宅療養に新しい価値の創造を行い、すべての人が安心して暮らせる社会の実現」を目指しています。

ewell企業理念
目論見書より

同社は訪問看護用の電子カルテ管理システム「iBow(アイボウ)」をクラウドとして提供しています。

特に主力事業として、以下の3つのサービスを提供しています。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

訪問看護用電子カルテ iBow

iBowは同社の主力サービスで、訪問看護用の電子カルテサービスを提供しています。

このサービスの特徴はカルテのデジタル管理だけにとどまらず、ノウハウや解決策の情報共有も行う点です。

よって、業務の初めから終わりまで一体的に支援することができます。

電子カルテを簡単に管理でき、かつ迅速に情報を取り出せる特徴を生かして、医療現場の効率化を推進しています。

訪問介護の生産性向上に役立ちそうだね!

訪問看護専用 勤怠管理 iBow KINTAI

看護師のシフト・スケジュール管理ツールを提供しています。

これにより、訪問看護における従業員の負担軽減に貢献しています。

DX化が進む今日において、業務管理のデジタル化のニーズは高く、今後も成長が見込めます

スタッフの勤怠管理が効率化できるワン!

iBow 事務管理代行サービス

これまで社内で行っていた、事務を代行するサービスです。

企業側としては、アウトソーシングすることでコストの削減を図ることができます。

また、売上に連動する料金体系となっているため、経営が悪化した際に問題となる固定費のリスクを軽減することができます。

専門スタッフに任せることで、看護業務に専念できるね!

決算情報

続いて、同社の決算情報を見ていきましょう。

同社の業績は好調で、売上高は順調に成長しています

利益率の高さも特徴で、2021年度の売上高営業利益率は33.7%でした。

同社が高い付加価値を生み出すビジネスモデルの確立に成功していることが分かります。

経営初期は先行投資が膨らみ赤字を計上していましたが、2020年度から黒字に転換し利益を成長させていることが分かります。

株式価値判断の根拠となる1株当たりの純資産額も成長しています。

友だち追加

企業からのメッセージ

上場後、企業様へインタビューを実施できた際に掲載致します。

いろはに投資のTwitterフォロー、LINE公式アカウントを登録しておいて欲しいワン!

経営陣

同社の役員は8名おり、その中から抜粋で役員の経歴を紹介します。

代表取締役社長 中野 剛人

1991年4月 (株)サンエース 入社
2012年6月 当社設立 代表取締役社長
2018年4月 当社取締役会長
2018年12月 当社代表取締役社長(現任)

常務取締役 管理本部長兼財務経理部長 北村 亜沙子

2012年7月 当社 入社
2012年10月 当社常務取締役(現任)
2019年1月 当社カスタマー本部長
2020年2月 当社管理本部長(現任)

最後に、他の企業の上場スケジュールについて知りたい方は以下のページもご覧下さい。

IPO投資をするなら開いておきたい証券口座

IPO関連記事
企業様・IRご担当者様へ(クリックで開く)

いろはに投資ではIPO企業様へ実際にインタビューを行い、企業様からのコメントを記事に掲載する取り組みを進めております。

貴社メッセージを掲載することで、中長期で貴社を応援する投資家が増えることを目指しております。

インタビューや掲載は無料で行っておりますので、ご興味がございましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください

※いろはに投資を運営する株式会社インベストメントブリッジは、IR情報サイト「ブリッジサロン」も運営しております。

※本記事は2022年8月16日時点の情報を元に作成されています。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他紹介企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事は情報提供を目的としており、特定の商品や手法を推奨するものではありません。投資に関する意志決定はご自身の判断にてお願い致します。