PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【日本上場】仮想通貨ヘデラ(HBAR)の将来性は?購入・ステーキングできる取引所を解説

Hederaは独自の分散型台帳技術「Hashgraph(ハッシュグラフ)」を開発する仮想通貨プロジェクトです。
Google・IBM・ 野村ホールディングスなど、世界規模の大企業がHederaの運営に参加しています。

今回は、仮想通貨Hederaの特徴や将来性・注意点、購入できる取引所を分かりやすく解説します。

この記事を書いた人:南茂
この記事を書いた人:南茂

仮想通貨メディアで数百本の記事を執筆。
DeFi・NFT・メタバースを一通り利用した後、ビットコインの中長期投資を主軸に選択し取引所とサービスはbitbankとクリプタクトを愛用。
小学校教員から仮想通貨トレーダーに転向した経歴を生かし、わかりやすい記事執筆に努めています。
>>いろはにマネーでの記事一覧

\ 気になる方はこちら /

仮想通貨Hedera(ヘデラ/HBAR)とは?3つの特徴を解説

仮想通貨Hedera(ヘデラ/HBAR)とは?3つの特徴を解説
通貨名Hedera(Hedera Hashgraph/ヘデラハッシュグラフ)
シンボルHBAR
主な取引所CoinTrade
現在の価格 約7円
発行枚数発行上限:500億枚
時価総額約2,300億円
時価総額ランキング:30位
ツイッターhttps://twitter.com/hedera
Twitterフォロワー数:28万人以上
公式HPhttps://hedera.com/
※2023年9月時点

Hederaとは、分散型台帳技術「Hashgraph(ハッシュグラフ)」を開発するプロジェクトです。
Hashgraphの開発は2015年から始められており、2019年にHederaのメインネットがローンチされました。

Hederaネットワーク上では仮想通貨HBARが用いられます。

分散型台帳技術とは

  • 情報を保存する台帳(帳簿)を、中央集権的なサーバーではなく多数のコンピューターに分散させて保存する仕組み
  • コンピューターの世界で情報を安全に共有する方法で、取引の透明性やセキュリティに優れている
  • 分散型台帳技術の例としてブロックチェーン・DAG(有向非巡回グラフ)が挙げられる

ヘデラの分散型台帳技術はブロックチェーンではなく、Hashgraphを採用しているよ。

ヘデラの主な特徴として、以下の3つが挙げられるワン!

分散型台帳技術のHashgraphを採用

分散型台帳技術のHashgraphを採用
出典:Hedera

ヘデラは分散型台帳技術「Hashgraph」を採用し、企業向けの分散型アプリケーションを構築できるプラットフォームを開発しています。

Hashgraphはブロックチェーンにおけるブロックや鎖の概念がなく、情報がネットのような形でつながっています。
多くの情報を同時にやり取りできるため、従来のブロックチェーンよりも高速で効率的に処理できるのが特徴です。

Hedera Hashgraphはどれくらい早いんだろう?

1秒あたり、数十万トランザクションを処理できるとされているよ。
ビットコインが1秒に7件前後と言われているから、かなり高速だね。

環境負荷が小さい

環境負荷が小さい
出典:Hedera

Hedera Hashgraphは、エネルギー消費が非常に低く、環境に優しい技術として注目されています。

ビットコインなどPoW方式を採用するブロックチェーンは膨大な電力が必要であり、環境への影響が危惧されているのが現状です。
一方、ヘデラはトランザクションの処理にマイニングを必要としないため、環境への負荷を抑えられます。

ヘデラとビットコイン、消費電力はどれくらい違うんだろう?

1トランザクションあたり、ヘデラは0.00017KWh前後消費するんだ。
ビットコインは700KWh前後とされているから、相当な差があるよね。

ヘデラの運営審議会には、電力削減に取り組んでいるフランス電力も参加しているワン!

ウォレットでステーキングできる

仮想通貨のステーキングとは

ヘデラはステーキングに対応しており、ウォレットに保有すれば利回りが得られます

ステーキングは仮想通貨を一定期間保有することで報酬が得られる仕組みで、仮想通貨の運用方法の1つとして利用されています。

どうしてステーキングをすると報酬がもらえるのかな?

自分の持っている仮想通貨をネットワークに預ければ、ネットワークの安全性に貢献できるんだ。
貢献した対価に報酬が得られる仕組みだよ。

仮想通貨ヘデラ(Hedera/HBAR)の価格推移

仮想通貨ヘデラ(Hedera/HBAR)の価格推移

ヘデラの今までの値動きが知りたいな。

ここからは、ヘデラの価格推移をチャートで見ていくワン!

仮想通貨ヘデラ(HBAR)の全期間チャートを確認

ヘデラの価格チャート

ヘデラは2019~2020年の間は1~8円前後で推移し、2021年に大きく高騰しました。
最高値は2021年9月につけた55円台です。

2022年には仮想通貨全体が暴落する事件もあり、大きな下落を経験しています。

2023年の1月には5円台まで下落したけど、2月には11円台まで価格を戻しているよ。

2021~2022年の値動き【チャート】

ヘデラの価格チャート

2021年には仮想通貨市場が上昇相場を迎え、ヘデラも追い風に乗って価格を上昇させました。


テスラ社のイーロン・マスク氏が環境問題を理由にビットコイン決済の停止を発表した際、環境への配慮を進めるヘデラが前日比30%以上に高騰する場面もありました。

2022年には仮想通貨市場の暴落に影響を受け、ヘデラの価格も急落しています。
2022年の初頭は30円台でしたが、市況の悪さもあり年末には5円台を割り込みました。

2021年にはヘデラの運営審議会にフランス電力会社が参加したニュースや、コインベースへの上場ニュースが価格に良い影響を与えているよ。

ビットコインの価格と連動する傾向もあるワン。
ビットコインの価格変動については「ビットコイン(BTC)の今後の価格予想!今買うべき?将来性を解説」をチェックするワン!

2023年の価格動向【チャート】

ヘデラの価格チャート

2023年の年初には一時4円台をつけていたヘデラですが、2月には12円台まで上昇しました。
3月上旬にはヘデラネットワークへのハッキング被害が報告されたものの、価格の大暴落には至っていません。

8月にはアメリカ中央銀行の即時決済システム「FedNow」が、ヘデラの技術を活用した「Dropp」をサービスプロバイダーの紹介ページに追加したニュースが話題になりました。

3月下旬には、国内取引所のCoinTradeへの上場が発表されたワン。
国内初上場だワン!

\推定年率(APR)10%*/

ステーキングに強みのある上場企業運営の取引所!
今なら10,000円以上新規購入&ステーキング申込で2,000円相当の仮想通貨がもらえます。

※1 記載の年率はPLTを30日間ステーキングした場合の目安となります。ステーキング年率は1%~20%を予定しており、銘柄や期間、ネットワークの状況により変動する場合があります。

ヘデラ(Hedera/HBAR)の将来性・今後の価格予想

ヘデラ(Hedera/HBAR)の将来性・今後の価格予想

ヘデラには今後の将来性はあるのかな?

価格予想と合わせて、ヘデラの将来性をチェックしてみるワン!

複数の大企業が運営に参加

複数の大企業が運営に参加
出典:Hedera

ヘデラは開発や運営に関する組織の「運営審議会」を設置しており、世界中の大企業や金融機関が多数参加しています。

運営審議会に参加している主な企業

  • Google
  • IBM
  • 野村ホールディングス
  • BOEING
  • フランス電力会社

分散型オラクルを開発しているチェーンリンクも運営審議会に参加しているよ。

ヘデラの導入事例が増えている

ヘデラの導入事例が増えている
出典:Hedera

Hederaネットワークは世界中の企業やプロジェクトに導入されており、活用事例が拡大しています。

今後もHederaネットワークの採用・開発が広がれば、仮想通貨HBARの価格にも良い影響を与える可能性があります。

Hederaの導入例

  • カーボンオフセットなどの環境保護分野
  • コロナワクチンの情報管理
  • メディアにおけるフェイクニュース対策
  • 少額決済サービス
  • ステーブルコイン(USDC)

dApps(分散型アプリ)や企業向けエコシステムなど、様々な分野で活用されているワン!

今後の価格は?仮想通貨ヘデラの将来価格を予想

2025年2029年
Digital Coin Price0.21ドル0.44ドル
Price Prediction0.16ドル0.74ドル
※2023年3月下旬時点

海外の仮想通貨AI価格予想サイトによる、ヘデラの価格予想は上記の通りです。

今後の価格上昇を見込んだ、ポジティブな予想が出ています。

2023年の年初に0.036ドルだったヘデラが、6年後には12~20倍くらいに高騰する予想が出ているんだね!

ヘデラの今後の価格は、Hedera Hashgraphの成功だけでなく市場全体の動向に左右されるんだ。
AI価格予想はあくまでも参考程度にして、冷静に投資判断を行おう。

仮想通貨ヘデラのリスク・注意点

仮想通貨ヘデラのリスク・注意点

ヘデラの注意点も知っておきたいな。

ヘデラに投資する際のリスクを紹介するワン!

価格変動が大きく暴落リスクがある

価格変動が大きく暴落リスクがある

ヘデラはビットコインなどの主要銘柄に比べ、ボラティリティ(価格の値動き)が大きい金融資産です。
高騰する可能性がある一方で下落幅も大きいため、投資タイミングによっては大損につながる恐れがあります。

時価総額の小さいアルトコインほど、大口の売りによって価格が崩れる懸念があるんだ。

法規制に影響を受ける可能性

他の仮想通貨プロジェクトと同様に、ヘデラも法規制に影響を受ける可能性があります。

進化が速い仮想通貨業界において、規制当局の対応は追いついていないのが現状です。
法的分類の変更などにより、独自の分散型台帳技術を開発しているヘデラの価格が変動するケースが考えられます。

世界的な法規制の流れはチェックしておくと良いワン!

日本での注目度が低い

グローバル展開を進めるヘデラですが、日本での知名度はそれほど高くありません
Googleトレンドによる1年間の検索結果では、「Hashgraph」の検索数は日本は60位にとどまっています。

日本語での情報収集が難しいため、Hederaの公式サイトなど信頼できる情報収集先を見つけておきましょう。

ヘデラハッシュグラフは歴史の長いプロジェクトだけど、日本には2023年になって初上場が決まったんだ。

今後、購入できる取引所が増えていけば、日本でもヘデラの注目度が上がるかもしれないね!

仮想通貨ヘデラ(Hedera/HBAR)の買い方・購入方法

仮想通貨ヘデラ(Hedera/HBAR)の買い方・購入方法

ヘデラを買える日本の取引所はどこだろう?

ヘデラは国内取引所のCoinTradeで上場されたワン!

仮想通貨ヘデラがコイントレードに国内初上場

コイントレード公式

CoinTrade(コイントレード)はステーキングサービスに強みがある仮想通貨取引所です。
プライム市場上場のセレスグループが運営しており、マルチシグ・コールドウォレットなどのセキュリティ対策が行われています。

ヘデラ・ニア・ポリゴンなど、国内初となるステーキング対応銘柄が多く扱われています。

銘柄名30日間90日間
イーサリアム(ETH)0.001ETH:3.0%
アバランチ(AVAX)1AVAX::5.0%
※95日間
ニア(NEAR)1NEAR:3.0%1NEAR:6.0%
ヘデラ(HBAR)1HBAR:0.5%1HBAR:1.0%
ポリゴン(MATIC)1MATIC:2.0%1MATIC:3.5%
パレットトークン(PLT)1PLT:10.0%1PLT:19.0%
ポルカドット(DOT)1DOT:7.0%1DOT:13.0%
テゾス(XTZ)1XTZ:2.5%1XTZ:4.5%
IOST1IOST:5.5%1IOST:11.0%
エイダコイン(ADA)1ADA:1.5%1ADA:3.0%
コイントレードのステーキング/年率(目安)は2023年12月時点

スマホアプリから簡単にステーキング申し込みができる取引所だよ。

CoinTrade(コイントレード)の始め方・買い方

仮想通貨取引の始め方

ヘデラを購入するにはコイントレードの口座を開設する必要があります。

購入の流れは以下の通りです。

ヘデラの買い方

  • コイントレードで口座開設する(無料)
  • 取引所の口座に日本円を入金する
  • ヘデラを購入する

無料登録後、最短で数時間後には取引を始められるよ。

仮想通貨の始め方を詳しく知りたい人は「仮想通貨(ビットコイン)の始め方・やり方まとめ!稼ぐ方法を初心者向けにわかりやすく解説」を見ると良いワン!

ステーキングのやり方

ステーキングの申込方法
出典:coin-trade

コイントレードのステーキングは、スマホから簡単に申込できます

ステーキング期間は30日・90日・120日から選択できます。
ステーキングを行うと通貨がロックされ、ロック期間中は売買や送金ができない点に注意が必要です。

ステーキングの申込方法

  • ステーキング画面の上部から申し込みに進む
  • 申し込むプラン・数量・期間を選択
  • 内容を確認してステーキングを申し込む

ロック期間中は仮想通貨を売却できないから、急な価格変動に対応できない点をおさえておこう。

難しそうなステーキングが簡単に始められるのは便利だね!

\推定年率(APR)10%*/

ステーキングに強みのある上場企業運営の取引所!
今なら10,000円以上新規購入&ステーキング申込で2,000円相当の仮想通貨がもらえます。

※1 記載の年率はPLTを30日間ステーキングした場合の目安となります。ステーキング年率は1%~20%を予定しており、銘柄や期間、ネットワークの状況により変動する場合があります。

仮想通貨ヘデラ(HBAR)に関するQ&A

仮想通貨ヘデラ(HBAR)に関するQ&A

ヘデラのよくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、ヘデラ購入の参考にするといいワン!

Hederaの今後のロードマップは?

Hederaの今後のロードマップは?
出典:Hedera

Hederaの2023年のロードマップには、コミュニティ運営ノードの導入による分散化の継続や、Hederaネイティブステーキングの強化などが示されています。

分散化やスマートコントラクトの機能性・ネットワークの拡張性の向上に向けて、様々な開発が予定されています。

ETHウォレットの追加サポートや、The Graphのオープンソース実装なども記されているよ。

Hederaの最新ニュースを確認する方法は?

Hederaに関する最新ニュースは、以下のサイトからチェックできます。

Hederaのニュースを確認できるサイト

ホワイトペーパーは「Hedera Papers | Hedera」で確認できるワン!

Hederaの現在価格は日本円でいくら?

Hederaの価格情報

  • Hederaの現在価格
    →上記リアルタイムデータを参照
  • Hederaの最高値
    約55円(2021年9月)
  • Hederaの最安値
    約1円(2020年1月)

※コインマーケットキャップ参考(データは2023年3月下旬時点)

Hederaが安い時期に、何枚か買っておくのも良いかもしれないね!

ガチホ(長期投資)デイトレード(短期投資)など、自分に合った投資手法で利益を狙うと良いワン!

【まとめ】仮想通貨ヘデラの将来性・買い方

【まとめ】仮想通貨ヘデラの将来性・買い方

ヘデラについて、よく理解できたよ!

今回は仮想通貨ヘデラの価格推移や将来性・注意点、購入方法を解説しました。
最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • Hederaは分散型台帳技術「Hashgraph(ハッシュグラフ)」を開発するプロジェクト
  • GoogleやIBMなど世界的な大企業が運営審議会に参加している
  • 仮想通貨Hederaはコイントレードで購入・ステーキングできる

Hederaはステーキングサービスに強みのあるコイントレードで簡単に購入できます。

将来性が期待されるHederaを取引して、値上がり益の獲得を目指しましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、サクッと登録しておくワン!
早ければ即日~翌日に取引を始められるワン!

\推定年率(APR)10%*/

ステーキングに強みのある上場企業運営の取引所!
今なら10,000円以上新規購入&ステーキング申込で2,000円相当の仮想通貨がもらえます。

※1 記載の年率はPLTを30日間ステーキングした場合の目安となります。ステーキング年率は1%~20%を予定しており、銘柄や期間、ネットワークの状況により変動する場合があります。

【消費者庁・金融庁提供】暗号資産投資に関する注意喚起

仮想通貨の値動きに影響を与える最新のニュースを、いろはにマネーの「仮想通貨メールマガジン」で受け取れます!

  • ビットコインのトレンド ◀注目度激高!
  • 仮想通貨に関する最新のニュース
  • 現役投資家による成功談・体験談
  • 急騰・急落など今注目のコイン

登録は無料・メールアドレスのみで登録できるので、仮想通貨の最新情報を見逃したくない方は以下より会員登録しましょう!

※登録後、配信解除も自由にできます。

[signup-form]

いろはにマネーの投資診断


ブックマークした記事を見る
Loading...
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU