PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

グリッド(5582)のIPO初値予想と上場概要紹介

今回はIPO企業の中から、 7月7日に東証グロースに上場したグリッド(5582) をご紹介します。

グリッドは、人工知能を用いた計画最適化システムの開発・販売・保守・運用サポートする企業です 。

想定時価総額は80.8億円で、情報・通信業(業種)のIPOとなっています。

監修者:曽根原 大介
監修者:曽根原 大介

上智大学 外国語学部卒業。在学中に米 San Diego State University ファイナンス学部に留学。FP3級保持。
2019年より株式会社インベストメントブリッジにて投資家向けWebサイトの運営や上場企業のIRコンサルティングを手掛け、現在は社長室 室長。
日本株やアメリカ株、NISA、クラウドファンディングといった投資に関する記事監修や、学生・新卒向けの金融教育活動も実施。

グリッドのIPO基本情報

ここでは上場日や、いろはに投資独自の初値予想を見てみましょう。

上場日7月7日(金)
いろはに投資独自の初値予想 A(1.5倍以上1.7倍未満)
※想定価格1,790円から、2,685円~3,043円
企業Webサイト https://gridpredict.jp/
取り扱い証券野村證券(主幹事)、SMBC日興証券SBI証券、丸三証券など

IPO取り扱い数No.1のSBI証券が取り扱っているね!

グリッドのIPO日程と価格

IPOの日程と価格は次のようになっています。

※発表次第更新しています。

想定価格1,790円
仮条件2,000円~2,140円
ブックビルディング期間6月21日(水)~6月27日(火)
当選発表日6月28日(水)
公開価格2,140円
申込期間6月29日(木)~7月4日(火)
上場日7月7日(金)
初値6,400円

初値は公開価格の約3倍!最近のIPOは高値が付くね!!

グリッドのIPO初値予想

グリッドIPO評価理由

VC比率が0%で公募比率が高いため、過去のデータから初値が上昇しやすい傾向にあります。

また、既存株主に解除条項のない90日間のロックアップ(持ち株の売却禁止)が定められているため、下げ圧力も小さいと思われます。

事業転換後の業績も好調で、将来性にも期待できます。

一方、オファリングレシオが高めであることが初値にマイナスの影響を及ぼすと考えられます。

また、IPOラッシュの終盤という事で、投資家の資金枯れも心配なところです。

これらの点から、IPO評価: A(予想レンジ1.5倍~1.7倍=2,685円~3,043円)と判断しました。

※IPO評価、初値予想は過去のデータを元に編集部が予想したものであり、結果を確約、投資を推奨するものではございません。

初値予想アンケート

想定価格:1,790円

The poll has expired!

詳しい評価項目を知りたい方はこちら(クリックで開きます)
  • 発行済み株式数:想定時価総額を計算。
  • オファリングレシオ:小さい方が投資家からの人気が高い。市場に出回る株式数が少なくなることを意味するため。
  • 公募割合:大きい方が投資家からの人気が高い。企業に資金が多く入ることを意味するため。
  • 上場市場:グロースに上場する企業は人気が高くなりやすい。
  • 事業のトレンド性:成長市場に位置し、トレンド性が高い企業は人気になりやすい。
  • VC保有比率:VCが多くいる企業は事業のトレンド性が高く・成長企業であることが多いが、ロックアップがない場合はIPO後の需給が悪化しやすい
  • 売上高成長率・経常利益率:大きい方が人気。過去の業績が良い。
  • 前後2週間のIPO数:少ない方が投資家からの人気が高くなりやすい。
  • 過去1ヶ月の日経平均リターン:高い方が人気。投資家心理に影響。

初値予想方法については、「【IPO初値予想】IPOの評価方法を初心者向けにやさしく解説!過去の事例も」の記事で解説しています。

また、IPO初値・騰落率結果一覧では直近のIPOデータを掲載しています。

グリッドの主幹事・幹事証券

同社のIPO株を取り扱う証券会社は、次のようになっています。

証券会社名割当率割当株数
野村證券(主)93.93%1,240,000株
SMBC日興証券2.61%34,400株
SBI証券1.73%22,900株
丸三証券 1.73% 22,900株

\IPO投資するならSBI証券/

>>IPO投資におすすめの証券会社ランキングを見る

大株主情報

大株主の状況は以下の通りです。

筆頭株主の株式会社Weはグリッドの親会社となっています。

株主名比率
株式会社We68.04%
寺島 敬臣14.10%
三井物産株式会社13.04%
丸紅株式会社2.41%
伊藤忠商事株式会社2.41%

ベンチャーキャピタル(VC)がいないのは良いね!

グリッドの業績情報

グリッドの売上・利益推移
決算期2018年6月2019年6月2020年6月2021年6月2022年6月
売上高1,7191,345692706910
成長率 -21.8% -48.6%+2.0%+28.9%
経常利益149 -45 -626 -19867
成長率
経常利益率8.7%0%0%0%7.4%
当期純利益105 -49 -676 -21091
成長率
EPS31.3 -14.9 -192.9-58.025.3
BPS123.5100.3 -112.2 -178.3-149.5
目論見書を元に、いろはに投資作成
2023年4月15日付で普通株式1株につき3,000株の株式分割をしており、EPS/BPSは分割後の単位で算出。

2019年6月期以降、売上や利益が大きく下がっているね。何でだろう?

理由として、事業転換をしたために売上高や利益が大きく減少したと考えられます。

同社の沿革を見ると、2017年1月にエネルギーソリューション事業の縮小を開始し、2020年11月には同事業からの撤退を果たしています。

つまり将来性を考えて既存事業から撤退していったため、徐々に売上高が減少したのです。

さらに目論見書には、以下のような記載があります。

第10期、第11期及び第12期は、エネルギーソリューション事業からAI開発事業へ事業転換するために収益を上回る規模で人件費等に対する先行投資を行ったため、経常損失及び当期純損失となりました。

※第10期:2019年6月期 第11期:2020年6月期 第12期:2021年6月期

目論見書 より

このことから、新たな事業に先行投資をしたため、利益が赤字となっていたことが分かります。

事業転換後は回復基調にあることから、今後に注目だワン!

グリッドのEPS/BPS推移

業績の回復とともに、EPSも回復しています。

BPSの低さが気になりますが、今後業績を伸ばし利益を蓄積していけば回復すると思われます。

2023年6月2日に発表された業績予想を見ると、売上高が前期比+48.3%、当期純利益が+106.6%となっています。

同社は2009年創業ではありますが、先ほど述べたように最近事業転換を行ったばかりであり、実質的には新しい企業です。

そのため、今後もさらなる業績拡大が期待されます。

経常利益は前期と比べて、2.5倍にもなる予定なんだね!

グリッドの事業内容

グリッドは、AI技術を用いて短時間で最適な計画を提供する計画最適化事業を展開しています。

事業としては、AI開発事業を単独で行っています。

AI開発事業では、主に3つの分野に集中して展開しています。

電力・エネルギー

  • 電力需給計画
  • プラント制御
  • 分散電源制御

物流・サプライチェーン

  • 配船計画
  • 生産計画
  • 輸送計画

都市交通・スマートシティ

  • 都市計画
  • 渋滞予測
  • 空調熱源制御

同社が行う計画最適化は、化石燃料の消費削減にもつながるんだワン!

※同社の事業内容分析は近日中にアップデートいたします。

直近IPOの初期予想と騰落結果

直近のIPO企業の初値予想と結果は以下の通りです。

企業名上場日初値予想初値騰落結果
Globee6/14C(1.0~1.3倍)2.32倍
ABEJA6/13A(1.5~1.7倍)3.21倍
Ridge-i4/26B(1.3~1.5倍)2.54倍
レオス・キャピタルワークス4/25B(1.3~1.5倍)1.33倍
楽天銀行4/21C(1.0~1.3倍)1.33倍

6月は日経平均株価が33,000円を超えるなど市場全体が好調であり、直近のIPO以上の株価上昇が期待できそうです。

最後に、他の企業の上場スケジュールについて知りたい方は「IPOスケジュール」もご覧下さい。

IPO投資におすすめのネット証券3選

IPO関連記事

moonoo banner
moonoo banner
MENU