PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【NISA・投資について調べている方へ】まずはここから始めよう

【NISA・投資について調べている方へ】まずはここから始めよう

こんにちは、いろはにマネー編集長の曽根原です。

「NISA」「投資」「資産運用の始め方」について色々調べても、結局こんがらがって分からなくなる…といった相談を友人や読者の方々から何度も受けてきました。

結局投資を始めるのがめんどくさくなってしまい、何も行動を起こせないという方は多いものです。

そんな方のために、何から始めるべきかを明確にお答えします。(3分で読めます)

因みに私は、大学生だった20歳の時に5,000円から投資を始めました。
投資で大損したり、借金をしたことは一切ありません。(留学のために奨学金は借りましたが…)

監修者:曽根原 大介
監修者:曽根原 大介

上智大学 外国語学部卒業。在学中に米 San Diego State University ファイナンス学部に留学。FP3級保持。
2019年より株式会社インベストメントブリッジにて投資家向けWebサイトの運営や上場企業のIRコンサルティングを手掛け、現在は社長室 室長。
日本株やアメリカ株、NISA、クラウドファンディングといった投資に関する記事監修や、学生・新卒向けの金融教育活動も実施。

結論:とりあえず証券口座を作りましょう

要は「形から入ろう」というのが私のアドバイスです。

ランニングを始める前にとりあえずランニングシューズを買ったり、読書習慣を始めるためにとりあえず本屋さんに行ってみる。

同じ感覚で、「投資・NISAってとりあえずやった方が良いのかな…」と興味を持ったなら証券口座を作りましょう。

※どの口座にすべきかは、記事の後半で解説しています。

とりあえず証券口座を開く

当社では大学生が現在20人弱(累計では100人以上)、インターン生として働いています。

入社当初は投資にハードルを感じていた子たちも、とりあえず証券口座を作ってみてもらうと、いつの間にかNISAやミニ株、アメリカ株投資を始めています

とりあえず証券口座を作るべき理由を、更に詳しく知りたい人向け

まず、投資やNISAについて調べている時点であなたは意識が高いですし、既に第一歩を踏み出せています。

ですが、ただでさえ「投資」のハードルが高いにもかかわらず、色々調べると「インデックスファンドが良い」「クレカ積立の還元率を比較すべき」「オルカンよりS&P500にすべき」といった情報量に圧倒されてしまうと思います。次第にめんどくさくなってきてしまい、何もしないというのがオチ。

そこで、証券口座を作るという「投資を始める人っぽい行動」をするだけで、少し前進したような気持ちになれます。

口座を作るのはお金も一切かからないですし、銀行のようにお店に行く必要も無いのでハードルめちゃくちゃ低いです。

自己肯定感が上がりますし、口座を作ると自然に「投資に対する情報感度」も上がっていきます。

テレビやSNSで「日経平均が~」「アメリカの株式市場が~」「NISAが~」といった話題が出てくると、なぜか目に付くようになるのです。

その結果、「そういえば証券口座作ったんだ。ちょっと投資始めてみよう。」と意外とハードル低く投資を始められるようになります。

証券口座さえあればいつでも投資は始められるので、「NISAのつみたて投資で、まずは月5,000円からクレカ積立してみよう」と思い立ったらすぐに始められます。

口座を作る前に質問やお悩みがある方は、この記事にコメントして頂ければ回答します。

いやいや、証券口座がそもそも分からない…

そのお悩み、一発で解決します。

証券口座とは、「投資するための銀行口座」と思ってください。

貯金をしたり、振り込みをするために皆さん銀行口座は持っていますよね。同様に、株式や投資信託、NISAに投資するには「証券口座」が必要です。

※実は銀行口座では株式は取り扱えないんです。

証券口座は全く難しいものでも、怪しいものでもありません。

銀行と同じで、証券口座を作るのも、維持するのもお金は一切かかりません。そのため、証券口座を作っておいて損することもありません。

代表的な証券口座

「SBI証券」「楽天証券」「野村證券」「大和証券」「SMBC日興証券」などがあります

とりあえずと言われても、どの証券口座を作ればいいの?

ご飯屋さんは「早い・安い・美味い」が良いですよね。
証券口座は「早い・安い・楽ちん」で選びましょう。

結論、特にこだわりが無ければ「SBI証券」か「楽天証券」で口座開設しましょう。

この2つはネット証券TOP2でもあり、「早い:スマホで口座開設できる」「安い:NISA口座の取引手数料が無料」「楽ちん:PCやスマホ、アプリで簡単に投資ができる」の三拍子そろっています。

ネットで色々調べると、「マネックス証券は〇〇の機能が便利」「auカブコム証券ならauの通信費と…」と様々な比較軸が出てきます。

ただ、あなたの目的が「とりあえずNISAや積立投資を始めたい」「インデックスファンドをやった方が良さそう」「皆に人気の方法から始めたい」という一般的なものなら、「SBI証券」か「楽天証券」で問題ないです。

私はほぼ全ての主要証券のスペックや利用者のデータを見てきましたが、結局SBI証券か楽天証券を選んでおいて後悔はしないです。
因みに私はSBI証券を使っています。

以下の画像では、あなたがSBI証券と楽天証券どちらにすべきか簡単に分かるようになっています。

SBI証券と楽天証券、どっちがおすすめか分かるチャートフロー

SBI証券がおすすめな人

  • 三井住友カード、Oliveを使っている人
  • 最大手の証券会社が良い人
  • クレカ積立で還元率がなるべく高い方が良い人
  • 楽天ポイントへのこだわりがない人

>>口座開設はこちら(いろはにマネー限定のキャンペーンあり)
※NISA口座も一緒に開設しておきましょう。

楽天証券がおすすめな人

  • 楽天カードや楽天モバイルを使っている人
  • とりあえず使いやすそうな口座が良い人
  • 楽天ポイントへのこだわりがある人

>>口座開設はこちら(キャンペーンあり)
※NISA口座も一緒に開設しておきましょう。

これでも迷ってしまう…という人は、直感に任せてどちらか選んでください。
どうしても選べない人は、私と同じSBI証券にしましょう!

※質問やお悩みがある方は、この記事にコメントして頂ければ回答します。

さらに詳しく、SBI証券と楽天証券を比較したい人向け

口座開設するにあたり、もう少し両社の違いを知っておきたいという人向けに、いくつか解説していきます。

※「SBI証券と楽天証券どっちがおすすめか18項目で徹底比較!NISAつみたてはどっちが良い?」という記事もあります。

▼SBI証券と楽天証券の比較動画も公開中

SBI証券

SBIキャンペーン

SBIグループは2023年4月時点で国内初となる証券総合口座1,000万口座を達成し、ネット証券国内株式個人取引シェアNo.1を誇っています。

「いろはにマネー」の独自調査でも、本当におすすめしたい証券会社No.1に選ばれているなど、評判が良い証券会社です。

「2023年 オリコン顧客満足度®ランキング ネット証券」でも、14度目の総合1位を受賞しているワン!

そんなSBI証券のNISA積立投資は、毎日と毎週コースがあるので、基本の毎月コースよりもきめ細かく「時間分散投資」ができます

また、三井住友カードを使った「クレカ積立」を設定すれば、自動で積立投資ができます。

クレカ積立をすればVポイントも貯まるので、お得に老後の資産形成ができますよ。

低コストな商品を多く取り扱っているSBI証券は、あなたの資産を増やすパートナーになってくれるでしょう。

低コストで人気の「SBI・V・S&P500」を取り扱っているのも選ばれる理由だワン!

SBI証券利用者の実際の口コミ・評判

4.5
Hさん/男性/60代
5.0
IPO投資:5
米国株投資 :5
NISA :5
日本株投資 :5
上級者・取引ツール: 4
  • 総合的な評価
    取り扱い商品が豊富で、手数料等コストが安いからです。
  • 米国株投資におすすめな理由
    他の証券会社より、取扱銘柄数が多いからです。
  • NISAにおすすめな理由
    低コストだからです。手数料が無料なので、非常に利用しやすいです。
  • 上級者・取引ツールにおすすめな理由
    私自身が使用している取引ツールのサービスに満足しているからです。特にスマホアプリは便利でした。
ふくさん/女性/50代
4.5
IPO投資:4
米国株投資 :5
NISA :5
日本株投資 :5
上級者・取引ツール: 4
  • 総合的な評価
    SBI証券は特に、サイトの使いやすさとポイントを投資できる利便性と簡易性があるからです。
  • 米国株投資におすすめな理由
    サイト内で人気がある商品が分かり、選びやすく相談もできるからです。チャットサポートでは、24時間、問い合わせができるのでとても良いです。
  • NISAにおすすめな理由
    SBI証券は、手数料等経費を抑えながら利益を見込めるからです。
  • 上級者・取引ツールにおすすめな理由
    無料なものが多いからです。情報量が他の証券会社よりも多いと思います。
Yさん/男性/30代
4.5
IPO投資:4
米国株投資 :5
NISA :5
日本株投資 :5
上級者・取引ツール: 4
  • 総合的な評価
    約定手数料が安いため利益を出しやすいからです。PTS取引ができる点もおすすめです。積立NISA時にクレジットカード積立ができ、クレジットカードポイントを積立しポイント再積立ができるからです。
  • 米国株投資におすすめな理由
    専用アプリとSBIハイブリッド預金と米国定期積立があるからです。
  • 日本株投資におすすめな理由
    スマホアプリが使えるからです。FIDOCO注文、スピード注文、PTS取引ができる点も良いです。
  • 上級者・取引ツールにおすすめな理由
    Hyper SBI2ツールがあるため。簡単に取引できるのでおすすめです。
Mさん/男性/10代
4.0
IPO投資:3
米国株投資 :5
NISA :4
日本株投資 :5
上級者・取引ツール: 4
  • 総合的な評価
    1株から日本株を購入できたり、手数料が低めだったりと、優秀だと感じるからです。
  • 米国株投資におすすめな理由
    米国株投資での他社と差がでるのは為替の手数料だと思います。SBI証券が高いといったイメージがないからです。
  • 日本株投資におすすめな理由
    1株から購入できるメリットは大きいと思います。特に、僕みたいな資金の少ない人におすすめです。

\限定キャンペーン実施中/

SBI証券 タイアップバナー

まだ証券口座を持っていない方は、NISAで人気の「SBI証券」がおススメ!
いろはにマネーからの口座開設限定でオリジナルレポート「10億円運用した『たけぞう』直伝!2024年の投資戦略」もプレゼント!

*オリジナルレポートプレゼントキャンペーンの詳細はこちら

楽天証券

楽天証券 NISA画像

楽天証券は「オリコン顧客満足度 ネット証券ランキング」で2年連続1位、NISA口座のシェアは国内No.1と、今話題の証券会社です。

最大の強みである『楽天経済圏』を活かし、お得に資産形成ができます。

楽天ポイントを使って投資できるのは嬉しいな!

  • 楽天カードによる決済で最大1%のポイント還元
  • 楽天キャッシュによる決済で、0.5%還元
  • 貯まったポイントは投資信託の買い付けに使える

また、楽天証券は口座開設をするだけで日経テレコン(楽天証券版)がタダで読めるので、投資銘柄の情報収集も効率的にできますよ。

楽天証券は、投資信託の積立の引落に楽天カードクレジット決済を利用すると、決済額に応じて楽天ポイントが付与されます。さらに楽天の投信クレカ積立のポイント進呈率もアップしたワン!

実際の楽天証券つみたてNISAの画面

わかりやすい画面で直感的に操作できる点が特徴です。

積立している銘柄ごとに現在の評価額などもわかるので、初心者の方でも始めやすい印象です。

楽天証券利用者の実際の口コミ・評判

4.5
Mさん/男性/30代
4.5
IPO投資:4
米国株投資 :5
NISA :5
日本株投資 :4
上級者・取引ツール: 5
  • 総合評価
    楽天ポイントが貯まるからです。私のように、楽天経済圏を使用している人におすすめです。
  • IPO投資におすすめな理由
    楽天証券には、平等制度があるからです。取引実績などに関わらず、当選確率が平等なので良いです。
  • NISAにおすすめな理由
    ポイント投資と楽天ペイでの設定でポイントが貯まりやすいからです。
Tさん/女性/50代
4.5
IPO投資:3
米国株投資 :4
NISA :5
日本株投資:5
上級者・取引ツール: 5
  • 総合評価
    利確が早く、投信でポイントバックがあるのでおすすめです。無料セミナーがわかりやすいです。
  • NISAにおすすめな理由
    楽天証券はポイントバックがあるのでおすすめめ。約定日等も安心して取引ができています。
  • 上級者・取引ツールにおすすめな理由
    「​MARKETSPEEDⅡ」は解説付きでとてもわかりやすく、使いやすいからです。
Sさん/男性/40代
4.0
IPO投資:5
米国株投資 :4
NISA :3
日本株投資 :3
上級者・取引ツール: 5
  • 総合評価
    会社四季報も無料で閲覧できるし、手数料も安いのでおすすめです。無料で最新データをすぐに追えるので、助かっています。
  • 米国株投資におすすめな理由
    楽天証券は手数料が安いからです。これからも取り扱い銘柄が増える期待があります。
  • 上級者・取引ツールにおすすめな理由
    投資する自分の視点で、必要な情報検索ができることが良いです。

\無料で口座開設/

楽天証券ならスマホで簡単に「NISAでつみたて投資」ができます。
楽天カード・楽天キャッシュを活用すれば楽天ポイントもザクザク貯まる!


moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU