ソシオネクスト(6526)【IPO上場企業紹介・初値予想】

ソシオネクスト アイキャッチ

今回は10月12日に東証プライムに上場予定のソシオネクスト(6526)をご紹介します。

株式会社ソシオネクストは、お客様のニーズに合わせて上流段階から参画し差異化を実現する「ソリューション SoC」という独自のビジネスモデルを掲げ、システムの生産から管理まで一貫してサポートしています。

想定時価総額は1,171.6億円で、東証プライムに上場します。

企業様・IRご担当者様へ(クリックで開く)

いろはに投資ではIPO企業様へ実際にインタビューを行い、企業様からのコメントを記事に掲載する取り組みを進めております。

貴社メッセージを掲載することで、中長期で貴社を応援する投資家が増えることを目指しております。

インタビューや掲載は無料で行っておりますので、ご興味がございましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください

※いろはに投資を運営する株式会社インベストメントブリッジは、IR情報サイト「ブリッジサロン」も運営しております。

IPO概要・初値予想

ソシオネクスト 見出し①

まず、ソシオネクストの初値予想、およびIPO概要について次の4つを解説していきます。

同社を購入検討している方は、ご確認ください。

IPO評価・初値予想

ソシオネクスト IPO評価

IPO評価:D(予想レンジ1.0倍以下)

魅力的なテーマであること、利益率が高く業績が良いことは好判断となりそうです。

しかし、オファリングレシオが高く、吸収金額も大きいため初値の上昇は抑えられると予想します。

また公開株が全て売り出しとなっており、IPOによる新規調達金もありません。

これらの点から、IPO評価: D(予想レンジ1.0倍以下)と判断しました。

※IPO評価、初値予想は過去のデータを元に編集部が予想したものであり、結果を確約、投資を推奨するものではございません。

IPOスケジュール IPO評価概要
詳しい評価項目を知りたい方はこちら(クリックで開きます)
  • 発行済み株式数:想定時価総額を計算。
  • オファリングレシオ:小さい方が投資家からの人気が高い。市場に出回る株式数が少なくなることを意味するため。
  • 公募割合:大きい方が投資家からの人気が高い。企業に資金が多く入ることを意味するため。
  • 上場市場:グロースに上場する企業は人気が高くなりやすい。
  • 事業のトレンド性:成長市場に位置し、トレンド性が高い企業は人気になりやすい。
  • VC保有比率:VCが多くいる企業は事業のトレンド性が高く・成長企業であることが多いが、ロックアップがない場合はIPO後の需給が悪化しやすい
  • 売上高成長率・経常利益率:大きい方が人気。過去の業績が良い。
  • 前後2週間のIPO数:少ない方が投資家からの人気が高くなりやすい。
  • 過去1ヶ月の日経平均リターン:高い方が人気。投資家心理に影響。

初値予想の方法については、「【IPO初値予想】IPOの評価方法を初心者向けにやさしく解説!過去の事例も」の記事をご覧ください。

取り扱い証券

同社のIPO株を扱う証券会社は次の通りです。

証券会社名割当率割当株数
SMBC日興証券(共同主)40.0% 4,336,500 株
野村證券(共同主)40.0%4,336,500株
大和証券13.5%1,463,600株
みずほ証券3.5%379,400株
SBI証券1.0%108,400株
楽天証券1.0%108,400株
マネックス証券1.0%108,400株
*OAは含んでおりません

\ 主幹事証券でIPO投資をしよう!/

どの証券会社が良いのか詳しく知りたい方は「IPO投資におすすめの証券会社ランキング」をご覧ください!

日程・価格

IPO日程は次のようになっています。

抽選申込期間9月27日(火)~9月30日(金)
当選発表日10月3日(月)
購入申込期間10月4日(火)~10月7日(金)
上場日10月12日(水)

続いて、価格は次のようになります。

仮条件3,480円~3,650円
公募価格3,650円
初値3,835円

IPO企業の初値や騰落率に関しては、「IPO初値・騰落率結果【2022年】」をご覧ください。

大株主

株主の状況は以下のようになっています。

株主名比率
富士通株式会社39.68%
株式会社日本政策投資銀行37.10%
パナソニックホールディングス株式会社15.99%
肥塚 雅博(社長)0.06%
西口 泰夫0.06%
岡本 吉史0.04%
井上 あまね0.04%
大槻 浩一0.04%
野崎 勉0.03%
藤谷 修平0.03%

企業概要

ソシオネクスト 見出し②

事業内容

ソシオネクストは、「ソリューションSoC」という独自のビジネスモデルを基に、顧客にカスタムSoCを開発・提供しています。

SoCとは?

System on Chip の略語。

装置やシステムの動作に必要な機能の一部、または全てを1つに実装した半導体チップのこと

ソシオネクスト 事業
出典:目論見書

特徴として自社工場を持たず、生産を委託(主にTSMC)するファブレス形態をとっています。

独自のビジネスモデル「ソリューションSoC」ってどんな仕組みなんだろう?

事業内容について「ソリューションSoC」の解説も含めながら説明していきます。

ソリューションSoCビジネスモデルとは?

カスタムSoC市場の中には、3つのビジネスモデルが存在します。

この中で同社はASSPなどに捉われず、顧客に最適なSoCを提供できる新しいビジネスモデル確立しました。

ASSPは、分野やアプリに限定して機能などを特化させた大規模集積回路の事だワン!

ソシオネクスト 事業3
出典:目論見書

そして特徴として、以下の2点が挙げられます。

  • 上流設計の工程から顧客をサポート
  • ASSPの制約を無くし、顧客に対し柔軟な提供を実現

これらの特徴により、他社とは差別化されたSoC設計・提供が可能になっています。

ここまで顧客にコミットできるのはどうしてなんだろう?

ソリューションSoCビジネスモデルを支える要素

ソシオネクスト 強み

同社が新しいビジネスモデルを確立できた要因としては、以下の2つが挙げられます。

  • 1つ目の要素は優秀なエンジニアです。
    株主である、富士通やパナソニックのシステム部門との協働により経験豊富な人材が集まっています。
  • 2つ目の要素は事業戦略です。
    ASSPに固執せず、最新技術を統合する戦略を考え続けることにより、顧客の最適な提供を実現しています。

これらの技術、顧客を中心に考えた戦略により独自のビジネスモデルを確立できました。

決算情報

続いて、同社の決算情報を見ていきましょう。

ソシオネクスト 売上高
出典:目論見書
ソシオネクスト 利益
出典:目論見書

売上高は横ばいですが、営業利益は大幅な上昇も記録しています。

過去5年間のGAGRは3.19%と決して高い成長率とは言えません。

ですが、売上高総利益率が前年度56.6%、今年度57.5%と非常に高い水準を保っています。

さらに前期(2022年3月期)は利益が非常に伸び、営業利益率は前々期の1.56%から7.23%へと大幅に改善しました。

2023年3月期第1四半期時点では、利益率は14.01%とさらに改善しています。

また、バリュエーション面では前期実績を基にするとPERは約21倍となっています。

銘柄名(銘柄コード)PER
ソシオネクスト(6526)21.0倍
サンケン電気18.0倍
イリソ電子工場22.0倍
9月13日の株価を元に計算

競合他社と比べると上記の通りとなっており、割安とも割高とも言えません。

友だち追加

企業からのメッセージ

上場後、企業様へインタビューを実施できた際に記載いたします。

いろはに投資のTwitterフォロー、LINE公式アカウントを登録しておいて欲しいワン!

経営陣

同社の役員は10名おり、その中から抜粋で役員の経歴を紹介します。

代表取締役会長兼社長兼CEO 肥塚 雅博

1974年4月 通商産業省(現 経済産業省) 入省
2008年9月 三井住友海上火災保険株式会社 顧問
2009年8月 富士通株式会社 顧問
2010年6月 同社 取締役執行役員専務/CSO
2013年5月 同社 取締役執行役員副会長/CSO
2014年9月 当社(準備会社) 代表取締役会長
2018年4月 当社 代表取締役会長兼CEO
2022年3月 当社 代表取締役会長兼社長兼CEO(現任)

最後に、他の企業の上場スケジュールについて知りたい方は以下のページもご覧下さい。

IPO投資をするなら開いておきたい証券口座

IPO関連記事
企業様・IRご担当者様へ(クリックで開く)

いろはに投資ではIPO企業様へ実際にインタビューを行い、企業様からのコメントを記事に掲載する取り組みを進めております。

貴社メッセージを掲載することで、中長期で貴社を応援する投資家が増えることを目指しております。

インタビューや掲載は無料で行っておりますので、ご興味がございましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください

※いろはに投資を運営する株式会社インベストメントブリッジは、IR情報サイト「ブリッジサロン」も運営しております。

※本記事は2022年9月27日時点の情報を元に作成されています。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他紹介企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事は情報提供を目的としており、特定の商品や手法を推奨するものではありません。投資に関する意志決定はご自身の判断にてお願い致します。