【2022年】マスターカードおすすめランキング!人気の10枚を徹底比較!メリット・特典解説

マスターカードおすすめランキング

・マスターカードって、どれを選べばいいの?
・自分に最適なカードが知りたいな。

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • マスタカードでおすすめなのは「三井住友カード(NL)」
  • VISAに次いで世界第2位のシェアを誇る国際ブランド
  • 年会費・付帯サービス・ポイント還元を考慮してカードを選ぶ

マスターカード(Mastercard)はVISAと並んで有名な、クレジットカードの国際ブランドです。

初めてマスターカードのクレジットカードを発行するにあたり、どれを選ぶのが正解か迷っている人も多いはず。

そこで今回はマスターカードのおすすめクレカを知りたい人に向け、選び方や人気カード計10枚の特徴を深堀りします。

おすすめマスターカードTOP3

この記事を読めば、自分が発行すべきクレジットカードはどれか分かるワン!

\最短5分で即時発行可能!/

年会費永年無料!特定店舗での買い物でポイント最大5%還元。
Mastercardコンタクトレス決済搭載でスムーズな支払いが可能に!

マスターカードとは?

マスターカードとは

マスターカードってそもそもどんなカードなの?

マスターカードとは、世界中の国々で使用できるクレジットカードのブランドです。

「VISA・JCB・アメックス・ダイナース」と並んで5大国際ブランドの一つと言われ、VISAに次ぐシェアを誇ります。

マスターカードという名前からカード名だと思われがちですが、実際は決済システムの会社名であり、クレジットカードの名前ではありません。

つまりマスターカードの楽天カードなら、「マスターカードの決済システムを利用した楽天カード」だワン!

そのためマスターカードを利用する際は、マスターカードを選択できるクレジットカードを発行する必要があります。

マスターカードとVISAの違い

ブランドによってわかりやすい違いはあるの?

マスターカードとVISAは世界で最も有名な国際ブランドですが、実際のところ大きな違いはありません。

強いて言えば広く普及している地域に差があり、具体的には以下の通りです。

  • マスターカード:ヨーロッパ圏に強い
  • VISA:アメリカ圏に強い

もちろん上記は傾向であって、マスターカードはアメリカ大陸でも十分利用できます。

日本ではクレカ決済が可能なほとんどの店舗でマスターカードもVISAも使えるため、好みのブランドを選びましょう。

海外でクレカ利用の多い人は、マスターカードとVISA両方のカードがあると安心だワン!

マスターカードおすすめ7枚ランキング

マスターカードおすすめランキング

マスターカードはどのクレジットカードがおすすめなんだろう?

マスターカードの一般クレジットカードおすすめランキングは、以下の通りです。

一般クレジットカード7枚、ゴールドカード3枚 合計10枚のランキングを紹介していくワン!

上記のカードはどれも利用者の評判が良いカードであり、安心して発行することができます。

各カードの特徴もまとめたので、クレジットカードを選ぶ際の参考にしてくださいね。

1位:三井住友カード(NL)

三井住友カード
年会費永年無料
入会年齢18歳以上
発行スピード最短即時発行(最短5分)
国際ブランドMastercard・Visa
ポイント還元率0.5~5.0%

三井住友カード(NL)は年会費が永年無料で、ポイント還元率の高さが魅力のクレジットカードです。

「セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド」などでのタッチ決済で還元率が最大5.0%と、日常的に利用する店舗での高還元率が必見。

コンビニもマクドナルドもよく行くからこの還元率は嬉しいね!

さらに券面にカード番号が記載されていないナンバーレスカードのため、カード番号を盗み見されるリスクもありません。

安全性に優れたクレジットカードでマスターカードを利用したい人は、三井住友カード(NL)がおすすめです。

交通系ICカードと同様に、タッチ決済できるのは便利だワン!

\最短5分で即時発行可能!/

2位:楽天カード

楽天カード
年会費無料
入会年齢18歳以上
発行スピード最短3営業日
国際ブランドMastercard・Visa・JCB・AMEX
ポイント還元率1.0~3.0%

楽天カードは楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードです。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)対象のため、楽天市場で買い物をするとポイント還元率は3倍になります。

楽天ヘビーユーザーなら楽天カードだね!

さらに楽天ポイントは実店舗での使用や「楽天ポイント投資」など、無駄なくポイントを活用できるのが魅力です。

年会費がかからずクレジットカードを初めて持つ人にも利用しやすいので、気軽に発行してみましょう。

楽天カードは入会だけでも数千円分のポイントがもらえるワン!

\最短5分で即時発行可能!/

3位:イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
年会費無料
入会年齢18歳以上
発行スピード最短即日発行
国際ブランドMastercard・Visa・JCB
ポイント還元率0.5~1.0%

イオンカードセレクトは株式会社イオン銀行が発行しているクレジットカードです。

「クレジット機能・キャッシュカード機能・電子マネーWAON機能」の3つを兼ね備えており、多くのイオンユーザーに支持されています。

1枚持っておけば普段使いで色々活用できるね!

イオン系列の店舗で利用すればWAONポイントが常時2倍付与され、1ポイント1円として有効に活用しやすいです。

各種公共料金の口座振替1件につき5WAONポイントがもらえる制度もあり、公共料金支払い時のカードとしても良いでしょう。

お客様感謝デーなら、カード払いだと5%オフで買い物できるワン!

また、いつでも映画料金が1,000円になるイオンカード(ミニオンズ)などもラインナップされているので、普段映画をよく鑑賞するならおすすめです。

映画好きだから1,000円で観れるのはメリットが大きいな。

\入会費・年会費無料/

4位:セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
年会費無料
入会年齢18歳以上
発行スピード最短即日発行(最短5分)
国際ブランドMastercard
ポイント還元率0.5%

セゾンカードインターナショナルは、株式会社クレディセゾンの発行しているクレジットカードです。

デジタルカードの発行や通常カードの即日発行にも対応しているので、利便性に優れたカードと言えるでしょう。

さらに貯められるのは永久不滅ポイントで、有効期限が設定されていないためポイント失効を気にする必要はありません。

基本のポイント還元率は低いですが、「セゾンポイントモール」経由での買い物なら最大30倍のポイントが貯まります。

ポイント使うのを忘れがちだから、失効しないのは嬉しい!

即日発行をする場合は、最寄りのセゾンカウンターで受け取れるワン!

\永久不滅ポイントでずっと貯まる/

5位:VIASOカード

VIASOカード
年会費無料
入会年齢18歳以上
発行スピード最短翌営業日
国際ブランドMastercard
ポイント還元率0.5~1.0%

VIASO(ビアソ)カードは三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードです。

オートキャッシュバック機能が付いているのが特徴で、ポイント交換を忘れて失効するリスクを無くせます。

これは便利な機能だね!

また三菱UFJニコスの運営する「Point名人.com」での買い物なら、ポイントアップ特典を受けられるのも魅力。

ベーシックデザインのカードはナンバーレスなので、安全性の高いカードとなっています。

マイメロディや浦和レッズなど、豊富なデザインから選べるのも嬉しいワン!

\最短翌営業日発行ですぐ届く/

6位:ライフカード

ライフカード
年会費無料
入会年齢18歳以上
発行スピード最短3営業日
国際ブランドMastercard・Visa・JCB
ポイント還元率0.5~1.5%

ライフカードはアイフルの子会社であるライフカード株式会社が発行する、クレジットカードです。

消費者金融系の会社が発行していることから審査基準が緩く、銀行系のクレカと比べて作りやすいカードだと言えます。

ポイント還元の特典はどんな感じ?

さらに入会後1年間はポイントが1.5倍になったり、誕生日月はポイントが3倍になったりとポイントアップ特典も豊富なのもメリットです。

利用額に応じてポイント還元率が上がる制度もあるため、使えば使うほどお得になりますよ。

貯めたポイントは電子マネーやギフトカードに交換できるワン!

\永久不滅ポイントでずっと貯まる/

7位:dカード

dカード
年会費無料
入会年齢18歳以上
発行スピード最短3営業日
国際ブランドMastercard・Visa
ポイント還元率1.0~2.5%

dカードはNTTドコモが発行しているクレジットカードです。

日々のショッピングなどでdカードを利用すると、税込100円ごとに1ポイント(還元率1%)が貯まります。

ドコモの月額料金支払いにもdポイントが使えるんだっけ?

さらに、dカードで貯めたポイントをドコモの携帯電話料金支払いに利用できるため、ドコモユーザーは見逃せません。

カードを使って購入した商品で破損等の損害を受けると補償が適用される「お買物あんしん保険」など、付帯サービスも豊富です。

dポイントをザクザク貯めたいなら必携のカードだワン!

\最大4,000ポイントプレゼント/

dカード新規入会&各種設定&利用で4,000 dポイントがもらえるキャンペーンを実施中
キャンペーンの詳細は公式サイトをチェック!

ゴールドマスターカードのおすすめ3枚ランキング

ゴールドマスターカードおすすめランキング

じゃあゴールドカードのマスターカードなら、どれがおすすめ?

ゴールドカードのマスターカードおすすめランキングは以下の通りです。

一般カードと異なり年会費がかかりますが、なんといっても付帯サービスの豊富さがゴールドカードの魅力です。

さっそく1位から順に見ていきましょう。

1位:三井住友カードゴールド(NL)

三井住友カードゴールド(NL)
年会費5,500円
入会年齢満20歳以上
国際ブランドMastercard・Visa
ポイント還元率0.5~5.0%
海外旅行保険最高2,000万円
国内旅行保険最高2,000万円
空港ラウンジ国内32空港、ハワイ

三井住友カードゴールド(NL)は、年会費の安さと付帯サービスの豊富さに優れたゴールドカードです。

一般カードの三井住友カード(NL)とは異なり、旅行保険や空港ラウンジ利用といった特典が付いています。

旅行を頻繁にするなら一般カードよりもゴールドカードの方が良いかもね!

さらに年間100万円以上の利用で、翌年以降の年会費が永年無料&毎年1万ポイント還元が受けられる特典も。

クレジットカードを使って頻繁にショッピングを楽しみたい人は、三井住友カードゴールド(NL)がおすすめですよ。

ゴールドカードでも最短5分で発行してくれるワン!

\特典豊富!即時発行するならこちら/

2位:楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
年会費11,000円
入会年齢満20歳以上(学生不可)
国際ブランドMastercard・Visa・JCB・AMEX
ポイント還元率1.0〜5.0%
海外旅行保険最高5,000万円
国内旅行保険最高5,000万円
空港ラウンジ国内32空港、仁川、ハワイ、プライオリティ・パス
その他特典例au関連サービスの利用で高いポイント還元率

楽天プレミアムカードは楽天カードの上位カードという位置付けで、魅力的な特典が多くあります。

利用可能額は上限が300万円で無料発行できる楽天カードよりも3倍多く、旅行保険や空港ラウンジの利用ももちろん可能。

さらに楽天プレミアムカードを使って楽天市場で買い物をすると、5倍のポイントが付与される特典も魅力です。

とにかく効率良く楽天ポイントを貯めたいという人は、楽天プレミアムカードを発行してみましょう。

旅行好きで、ネットショッピングも楽天メインならおすすめ!

追加で、選べる優待サービス制度があるのも必見だワン!

\楽天ヘビーユーザー必見/

3位:dカードGOLD

dカードGOLD
年会費11,000円
入会年齢18歳以上(学生不可)
国際ブランドMastercard・Visa・JCB
ポイント還元率0.5~0.75%
海外旅行保険最高2,000万円
国内旅行保険最高2,000万円
空港ラウンジ国内6空港、ハワイ
その他特典例アニバーサリー月(記念月)はポイント1.5倍

dカードGOLDは一般のdカードと比較して、ドコモ関連の支払いによって得られるポイント還元率が高まります

例えばドコモケータイとドコモ光の還元率が10%になるため、1万円超えの年会費も数ヶ月でペイ可能です。

ゴールドカードならではの高い還元率だね!

特典の「ケータイ補償サービス」も一般のdカードは購入1年以内のみですが、dカードGOLDなら購入3年以外に延長されます。

dカードGOLDは他のゴールドカードと比べても付帯特典が豊富なので、ぜひ発行を検討してみてくださいね。

ドコモユーザーにとって、コスパ最強のカードだと言えるワン!

\最大21,000ポイントプレゼント/

dカード GOLD新規入会&各種設定&利用で21,000 dポイントがもらえるキャンペーンを実施中
キャンペーンの詳細は公式サイトをチェック!

マスターカードでおすすめの選び方3選

マスターカードおすすめの選び方

マスターカードはどんな基準で選べば良いのかな?

マスターカードの選び方として、確認したい項目は以下の3つです。

  • 年会費
  • 付帯サービス
  • ポイント還元率

順に説明していきます。

まずは自分が興味のある項目からチェックだワン!

①年会費

マスターカードを含めどの国際ブランドでも、年会費が高いクレジットカードほどサービスの充実度が高まります。

とはいえ一般的な買い物に利用するだけであれば、年会費がかからない一般カードを選べば問題ありません

一方で年会費がかかるゴールドカードなら、旅行保険や空港ラウンジ無料利用などの豪華な特典を利用できます。

ゴールドカードは年会費がかかる分、特典をしっかり利用できそうかチェックだね!

クレジットカードに求めるものを明確にした上で、自分に合ったカードを発行しましょう。

初めてのマスターカードには、年会費永年無料のクレジットカードがおすすめだワン!

②付帯サービス

マスターカードは発行しているカード会社によって、付帯サービスが大きく変わります。

例えば楽天カードなら楽天市場でのポイント還元率がアップしたり、VIASOカードは最高2,000万円の海外旅行保険が利用付帯になったりと魅力的です。

各カードの付帯サービスは見ておこう!

最近では年会費のかからないクレジットカードでも、付帯サービスが豊富なものが増えています。

各クレカの特徴を知った上で、自分が最も利用しそうなサービスの充実しているカードを選んでみましょう。

入会キャンペーンでポイントが付与されるカードもあるワン!

③ポイント還元率

マスターカードのクレジットカードは、利用するごとにカード会社独自のポイントが付与されます。

さらにカードによってもポイント還元率が異なるため、還元率が1%以上など比較的高めのものを選ぶと良いでしょう。

いつも利用するお店のポイント還元率は事前に調べておくと良いね!

もちろん自分がすでに貯めているポイントがあれば、そのポイントが付与されるクレジットカードを選ぶのも方法の一つ。

貯まったポイントは商品券やマイルなど様々な対象に交換できるので、日々の生活がより豊かになりますよ。

クレカごとに、ポイントの有効期限が違うから注意だワン!

\特典豊富!最大5%還元/

マスターカードのメリット

マスターカードのメリット

マスターカードが特に優れているポイントは何なの?

マスターカードのメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

それぞれ順に見ていきましょう。

①加盟店舗数が多い

マスターカードのシェアはVISAに次いで世界2位ということで、利用できる店舗数の多さが魅力です。

国際ブランドごとの加盟店舗数を比較してみると、以下の通り。

国際ブランド加盟店舗数
マスターカード5,000万店以上
VISA5,000万店以上
JCB3,600万店以上
アメックス2,400万店以上
ダイナースクラブ4,000万店近く

そのため日本ではクレジットカード決済に対応した店舗なら、基本的にマスターカードを利用できます。

国際的なカードブランドということで、海外でカードを利用する際にも利用しやすいのが嬉しいですね。

安心して利用できる国際ブランドってことだね!

②Mastercardコンタクトレスが使える

マスターカードは一部のカードで「Mastercardコンタクトレス」という、タッチ決済に対応しています。

本記事で紹介したカードで、Mastercardコンタクトレスに対応しているのは以下の通り。

  • 三井住友カード(NL)
  • 三井住友カード ゴールド(NL)
  • 楽天カード
  • 楽天プレミアムカード
  • VIASOカード
  • イオンカードセレクト

交通系ICカードを利用するように専用リーダーへタッチするだけでスムーズに支払いでき、利便性がとにかく高いです。

また非接触ということで、コロナ禍の現在にもぴったりの機能だと言えるでしょう。

暗証番号をいちいち入力する必要がないのは楽だね!

③コストコでも利用できる

日本のコストコでは、クレジットカード決済の可能な国際ブランドがマスターカードのみとなっています。

コストコはアメリカで誕生した会員制の大型倉庫店で、さまざまな商品を格安で購入できることから人気です。

コストコのディナーロールが好きでよく買いに行きます!

一度に大量の商品を買う場合は現金よりもクレカ払いが便利なので、コストコ会員であればマスターカードは必携でしょう。

さらに「コストコグローバルカード」というオリジナルのクレカもあるので、発行を検討してみてくださいね。

コストコはタッチ決済も利用できるので持っていると便利だワン!

\年会費永年無料のマスターカードなら/

マスターカードのデメリット

マスターカードのデメリット

マスターカードで注意すべきことってある?

マスターカードのデメリットは特にありませんが、強いて言えばVISAと比較して決済可能店舗が多少減ることが以前挙げられていました。

しかし、直近はマスターカードの加盟店舗数も増えたため、VISAとほぼ同等の使い勝手の良さとなっています。

コストコのようにマスターカードしか対応していない店舗もあるため、VISAカードとの複数持ちがベストです。

複数の国際ブランドのカードを所持しておけば、さらにクレジットカードの利用場面が広がりますよ。

マスターカードは持っておいて損のないカードだワン!

マスターカードおすすめランキングまとめ

マスターカードおすすめランキング

自分に最適なマスターカードが見つかった!僕もさっそく申し込んでみるよ!

マスターカードの比較ランキングを中心に、3つの選び方やメリット・デメリットも交えて解説しました。

最後に、本記事の重要なポイントを3つにまとめます。

  • マスタカードでおすすめなのは「三井住友カード(NL)」
  • VISAに次いで世界第2位のシェアを誇る国際ブランド
  • 年会費・付帯サービス・ポイント還元を考慮してカードを選ぶ

マスターカードは国際ブランドの中でも利用できる場面が非常に多く、1枚は持っておきたいクレジットカードです。

「どうしてもクレカを選べない…」という人は、即時発行が可能でポイント還元率も高い「三井住友カード(NL)」を発行してみましょう。

\最短5分で即時発行可能!/

年会費永年無料!特定店舗での買い物でポイント最大5%還元。
Mastercardコンタクトレス決済搭載でスムーズな支払いが可能に!

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加