PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

【評判】TECROWD(テクラウド)は怪しい?メリット・デメリットや手数料・キャンペーン情報を紹介!【独自調査の口コミも】

・TECROWD(テクラウド)って怪しくないの?
・TECROWD(テクラウド)の手数料体系やメリットが知りたいな。

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • TECROWD(テクラウド)は新興国を中心とした不動産投資型クラウドファンディングサービス
  • 10万円から投資でき、平均利回りが9%以上とかなり高い
  • 新興国ならではの投資リスクに注意が必要

投資家が不動産投資をするには、大きな元本や入念な下見、周辺の開発状況など、様々なことを調べる必要があります。

特に海外不動産を購入するときは、現地の情報を手に入れるのが難しかったり、交通費が高くなったりするなど、初心者はなかなか足を踏み入れられない状況でした。

しかし、TECROWDを使えば少額から新興国を中心とした不動産へ投資できるようになります。

この記事を読めば、TECROWDのサービス内容や注目案件、メリット・デメリットを知ることができますよ。

ポートフォリオの分散として、海外不動産に興味がある方は要注目だワン!

その他の不動産クラウドファンディングサービスも知りたい方は「【徹底比較】不動産投資型クラウドファンディング」の記事をご覧ください。

\平均想定年利9%以上/

低リスク・高利回りのファンドで海外不動産に投資しよう!
想定年利9%超(1~35号ファンド平均)のTECROWDは会員登録無料です。

TECROWD(テクラウド)とは?

TECROWD
項目 詳細
サービス名TECROWD(テクラウド)
運営会社TECRA株式会社
設立・開業2001年5月
資本金1億5,660万円
最低投資金額10万円~
想定利回り(年利)平均8.0%以上
公式サイトhttps://tecrowd.jp/

TECROWDは新興国の不動産案件を専門とする不動産投資型クラウドファンディングです。

従来、個人投資家が日本国外の不動産投資を始めるには大きなハードルがありました。

状態を確認するのも一苦労だし、やりとりも日本語でできないもんね…

それに加えて、大きな元本や不動産に対する情報、その周辺の開発情報なども必要です。

しかしTECROWDではそういった壁を無くし、10万円からモンゴルをはじめとした新興国の不動産に投資できるようにしました。

TECROWDを利用すれば、誰でも簡単に新興国の不動産投資ができる環境を作ったんだワン!

TECROWD(テクラウド)の仕組み

TECROWDの仕組みについて知りたい!

TECROWDの仕組みは、いたってシンプルなものです。

複数の投資家から出資を受けてTECROWDが不動産を取得し、運用期間中の賃貸収入や売却時の利益を分配する仕組みです。

仕組み自体は他の不動産投資型クラウドファンディングと大きく変わりません。

ただ、新興国の不動産に投資できるTECROWDならではの魅力・他のサービスとの違いももちろんあります

後ほど詳しく解説していきますね。

TECROWD(テクラウド)の手数料体系

TECROWDで必要となる手数料をまとめました。

各種手数料負担
口座開設費無料
維持費無料
振込手数料投資家負担
※楽天銀行登録の投資家は除く

口座の開設や維持には無料で、ランニングコストは一切かかりません。

投資家が負担するのは投資金を振り込みする際の手数料のみなので、安心ですね。

手数料は高いところも多いからありがたいよ!

TECROWD(テクラウド)のキャンペーン

TECROWDでは、現在キャンペーンは行われていません。

ただ、以前は「TECROWD特別招待キャンペーン」が開催されていました。

どのようなキャンペーンなんだろう?

キャンペーンは、新規会員登録時にキャンペーンコード(いろはに投資限定)を入力することで、応募殺到が予想される44号ファンドの優先投資権が獲得できるというものでした。

本キャンペーン応募方法

  • 会員登録
  • 登録メールアドレスへ認証メールが送信される
  • URLからアクセスし、情報登録に進む
  • キャンペーンコード入力欄に専用コード入力
  • 投資家審査に進む
  • 完了
応募方法を画像付き説明はコチラをタップ(タップで詳細が見れます)

①会員登録

テクラウドキャンペーンステップ1

出資の前に、会員登録をしましょう。

会員登録ページのURLはこちらをタップして、「今すぐ会員登録してみる」へ進むと上記の画像が表示されます。

②登録メアドへ認証メールが送られる

テクラウドキャンペーンステップ2

会員登録の画面で入力したメールアドレスに認証メールが届きます。

メール内に記載されている「会員ログイン専用URL」をタップして、次のステップに進みましょう。

③URLからアクセスし、情報登録へ進む

テクラウドキャンペーンステップ3

投資家情報入力ページにすすんだら、ご自身の情報を入力しましょう。

④キャンペーンコード入力欄に専用コード入力

テクラウドキャンペーンステップ4

投資家情報入力ページで下に進みますと、キャンペー入力欄が表示されます。

ここにキャンペーンコードである「FP101」の入力を忘れずに行いましょう。

このタイミングを逃すと、キャンペーンコード入力はできないから必ず入力するワン!

⑤投資家登録に進む

テクラウドキャンペーンステップ5

ここでは本人確認の方法をスマホ、もしくは郵送の2つから選ぶことができます。

スマホなら1~2営業日で完結しますので、スマホの方がおすすめです。

⑥完了

テクラウドキャンペーンステップ6

審査が完了したらマイページの「お知らせ」から、審査完了のお知らせと優先受付の案内が確認できます。

正しく登録ができたか確認しましょう。

期待が集まっているファンドに優先的に出資できるのは、大きなメリットだね!

新たなキャンペーンが行われた場合は、本記事で紹介します。

\平均想定年利9%以上/

低リスク・高利回りのファンドで海外不動産に投資しよう!
想定年利9%超(1~35号ファンド平均)のTECROWDは会員登録無料です。

TECROWD(テクラウド)の評判・口コミは?

TECROWD(テクラウド)の評判/口コミは?

TECROWDを実際に使っている人の声が聞きたいな。

TECROWDを利用したユーザーの声を以下にまとめてみました。

  • 自分では投資しにくい新興国への投資ができて、高利回りなのがありがたい
  • 優先劣後式で、比較的安心して投資できる
  • 障がいを持っている方のグループホームに積極的に投資してみたい!
TECROWDの実際のクチコミを見る(タップで開きます)
https://twitter.com/toushi_america/status/1535090627624734720?s=20&t=ECUuLGr-7PSG5jaFCsQ9Xw

中でも多かったのは「新興国に投資できて、高利回り」という意見ですね。

ただ投資をするだけではなく、不動産を通じて新興国や障がい者のグループホームの支援ができるコンセプトに共感が集まっているようです。

それだけ誰かを応援したい投資家が多いってことだね!

TECROWD(テクラウド)の総合評価・口コミ【独自調査】

いろはに投資では「ランサーズ」を利用して、TECROWDの総合的な評判・口コミを独自調査しました。

TECROWDの利用者の実際の口コミ・評判

4.5
男性/40代/会社員
クラウドファンディング投資歴:3年以上5年未満
4.5
初心者へのおすすめ度:3
利回りの満足度:5
案件の豊富さ:4
サイトの使いやすさ:5
  • メリット
    平均利回りが高いことが「TECROWD」を利用するメリットです。他社のクラウドファンディングサービスだと想定利回りが2%〜5%と低めのものもありますが、「TECROWD」であれば想定利回りが平均8%以上と高めなのが良いです。また気軽に海外不動産に間接的に投資をすることができるといったメリットもあります。
  • デメリット
    最低投資金額が10万円以上になっているので、投資するにはある程度の資金が必要になってしまうことがデメリットです。他社のクラウドファンディングサービスでは1万円から気軽に投資することができますが、「TECROWD」では10万円からしか始めることができないので、そういう観点から言えばクラウドファンディングサービスに投資するにあたっては気軽にはできません。
  • どのような案件に投資したか
    新興国の海外不動産のファンドに投資をしています。カントリーリスクがあっても想定年利が8%を超えるものに積極的に投資をするようにしています。モンゴルは好きな国ではありますが運用期間が2年を超えることが多いため、さすがに2年以上はカントリーリスクも考えると海外不動産のファンドに投資をするには12ヵ月から15ヵ月ぐらいの運用期間のファンドに投資をしています。今はカザフスタンの海外不動産のファンドに投資をしています。想定利回りは9.5%なので満足しています。
女性/30代/会社員
クラウドファンディング投資歴:1年以上3年未満
4.0
初心者へのおすすめ度:3
利回りの満足度:4
案件の豊富さ:4
サイトの使いやすさ:4
  • メリット
    少額での海外不動産投資であれば、TECROWDg最高だと思いました。TECROWDでは、海外不動産×クラウドファンディングの図式で高い想定年利が組まれていることや、1口10万円~で投資が可能なため比較的少額で海外案件に投資できることが素晴らしいと思いました。
  • デメリット
    他社と比較しますと、海外案件とよく知らないマーケティング市場であるのにも関わらず、一口が10万円とリスクが高いのではないか?と思える敷居の高さでありました。また、新興国ならではの投資リスクに注意が必要であるのにも関わらずその危険性や潜む罠等についての、予備知識を与えてくださるようなコーナーがないことも残念でした。
  • どのような案件に投資したか
    障がい者向けグループホームに投資しました。資金調達が100億円を超えていることで、そこでまずは安心することができました。元本割れリスクや空室リスクについても解説してくださっている部分があったので、ここでも安心を得ることができました。
    不動産に関する専門的な知識も必要なく、スマホで簡単に投資ができることに大きな魅力を感じております。

実際の利用者の声として、平均利回りが高いことや、気軽に海外不動産に間接的に投資をすることができると言ったメリットが挙げられています。

興味がある方は、まずは無料登録から始めてみるのがおすすめです。

\まずは無料登録/

TECROWD(テクラウド)の新着案件

TECROWD(テクラウド)の新着案件

TECROWDにはどんな案件があるのかな?

直近の新着案件はこちらです。

テクラウドの取り扱う案件は、海外不動産が多いものの、日本の不動産の取り扱いもあります。

TECROWD57号ファンド Ambassador Residence
TECROWDより
項目詳細
ファンド名 TECROWD57号ファンド Ambassador Residence
募集金額4460万円
最低投資金額10万円
募集方式一般募集
募集期間2024/02/13〜2024/02/29
運用期間24ヶ月
優先劣後割合優先約80% 劣後約20%
想定利回り(年利)年利8.00%
TECROWDより

2024年2月の新着案件は、モンゴル首都ウランバートルの中心地に位置する高級レジデンス「Ambassador Residence」を投資対象とするファンドです。

「Ambassador Residence」はTECROWD25号ファンドにて2024年2月末まで運用中の物件ですが、2024年3月より再度、本ファンドに組み入れて、インカムゲイン型ファンドとして運用を行うものです。

先行抽選は行わず、すべて一般募集で申しこみを受け付けています。

ウランバートル?モンゴルの首都なのは知ってるけど、立地はどんな感じ?

Ambassador Residenceはウランバートルの中心地であるスフバートル広場から800mの位置で、日本大使館からも南に400m、5つ星ホテルであるシャングリラホテルから東に200mとウランバートル市内の中でも特に好立地のところにあります。

施設も充実しており、システムキッチンや温水暖房便座、床暖房、オートロック、24時間コンシェルジェカウンターなどに加え、高級感のある上質なデザインが高い評価を受けています。

新興国モンゴルの一等地の高級レジデンスに少額から投資できるのは面白そうだね!

\平均想定年利9%以上/

低リスク・高利回りのファンドで海外不動産に投資しよう!
想定年利9%超(1~35号ファンド平均)のTECROWDは会員登録無料です。

TECROWD(テクラウド)過去の案件

tecrowdの過去の案件見出し画像

過去は以下のような案件が実施されていました。

  • TECROWD37号ファンド White House in Chaikina phase2
  • TECROWD 39号ファンド セントラルパーク・イースト幕張パークタワー
  • TECROWD 42号ファンド ZONE shinsaibashi west
  • TECROWD51号ファンド障がい者向けグループホーム「AMANEKU八王子美山町」
  • TECROWD56号ファンド障がい者向けグループホーム「AMANEKU八王子川口町」

どのような案件なのか、詳しく見ていきましょう。

TECROWD37号ファンド White House in Chaikina phase2

テクラウド37ファンド
TECROWDより
項目詳細
ファンド名 TECROWD37号ファンド White House in Chaikina phase2
募集金額4億8320万円
最低投資金額10万円
募集方式先行抽選
募集期間2022/11/25〜2022/12/20
運用期間12ヶ月
優先劣後割合優先:約80%、劣後:約20%
想定利回り(年利)9.50%
TECROWDより

カザフスタンの高級住宅街の開発プロジェクトに投資できる、珍しいプロジェクトなんだワン!

本ファンドは、カザフスタンの旧首都アルマティ市にほど近い、高級住宅街の高級レジデンスが対象になります。

カザフスタンは経済成長が著しく、経済や産業の中心地であるアルマティ市近郊の高級住宅の需要は非常に高まっています。

本ファンドは27号ファンドのフェーズ2となっているため、27号ファンドのことも踏まえながら解説していきます。

元本償還された27号ファンドのフェーズ2

テクラウド37建物
TECROWDより

本ファンドはTECROWD27号ファンドWhite House in Chaikinaが配当支払・元本償還されたため、それのフェーズ2(2段階目)となっています。

元本償還とは、ファンドが終了し、投資家に投資元本が変換されることを指すよ!

27号ファンドは、許可を取得した開発用地を取得し、建物の建築確認を取得するための必要資金を募集するファンドでした。

予定より建築確認の取得が早まったため、その分物件売却も早まり、配当支払い・元本償還も予定より1か月ほど前倒しされました。

運用期間が「8ヶ月」から「7ヶ月2日」に短くなりましたが、配当金額は変更前の想定運用期間(8ヶ月)分であったため、年利は10.5%(想定)から11.9%(実績)となりました。

今回のファンドは、いよいよ建築工事が開始されます。

対象建物の全26戸を建築中の状態で買い上げ、竣工後、現地当社グループ会社に売却し、配当・元本償還が行われるファンドです。

27号ファンドはTECROWD初の海外ファンドで、無事成功を収めたワン!

②対象地域の高い住宅需要

近年、カザフスタンは住宅需要が徐々に高まっており、住宅ローンの供給も増加しています。

以下のグラフは、対象物件は所在しているアルマティ市の全銀行の住宅ローンの残高の推移を表しています。

テクラウド37住宅需要
TECROWDより

この住宅需要増加の理由は、国の豊かさの上昇に伴い、一般大衆層にも住宅購入可能な世帯が表れてきたことが大きな原因となっています。

2022年11月現在、アルマティ市の中心エリアでは新築住戸の売れ残りは確認されておらず、需要が供給を大幅に上回っている状況です。

この状況は当分継続するとされており、本物件もその需要に応えるためのプロジェクトの1つでもあります。

本物件はドイツと日本の最新技術を採用した協働プロジェクトとし、現地ではすでに話題を集めているワン!

③安定した家賃収入が得られる仕組み

本ファンドでは、投資家が出資する優先出資に加えインベスコアグループ各社が劣後出資を行います。

TECROWDの優先劣後出資の画像
TECROWDより

本ファンドの償還時に元本割れが発生した場合は、インベスコアグループが先に損失を負担するため、ローリスクを実現可能です。

劣後出資は投資家を守る大切な仕組みだワン!

TECROWD 39号ファンド セントラルパーク・イースト幕張パークタワー

TECROWD 39号ファンド
TECROWDより
項目詳細
ファンド名 TECROWD 39号ファンド セントラルパーク・イースト幕張パークタワー
募集金額47,900,000円
最低投資金額10万円
募集方式先行抽選
募集期間2023/01/11〜2023/01/31
運用期間12ヶ月(予定)
優先劣後割合優先:約70%、劣後:約30%
想定利回り(年利)5.00%
TECROWDより

千葉・海浜幕張のタワマンが対象となる、魅力的なプロジェクトだワン!

本ファンドは都市開発が進む海浜幕張エリアのタワーマンションにて、居住最上階となる32階が対象物件です。

抜群の立地であるタワマンの最上階で想定利回り5.00%かつ、劣後出資30%という安定性から注目が高まっています。

\幅広い案件を見てみる/

TECROWD 42号ファンド ZONE shinsaibashi west

TECROWD 42号ファンド ZONE shinsaibashi west
TECROWDより
項目詳細
ファンド名TECROWD41号ファンド Heiwa Residence
募集金額4億9360万円
最低投資金額10万円
募集方式先行抽選
募集期間2023/05/09〜2023/05/28
運用期間24ヶ月
優先劣後割合優先:約95%
劣後:約5%
想定利回り(年利)7.00%

注目すべきは、想定利回り(年利)が7%という点です。

大型案件ということで、投資家からの注目も高まっています。

TECROWD51号ファンド障がい者向けグループホーム「AMANEKU八王子美山町」

TECROWD51号ファンド障がい者向けグループホーム「AMANEKU八王子美山町」
項目詳細
ファンド名 TECROWD51号ファンド障がい者向けグループホーム「AMANEKU八王子美山町」
募集金額3億9,370万円
最低投資金額10万円
募集方式
募集期間2023年10月12日〜2023年10月31日
運用期間24ヶ月
優先劣後割合優先約80% 劣後約20%
想定利回り(年利)年利8.00%
TECROWDより

TECROWD56号ファンド障がい者向けグループホーム「AMANEKU八王子川口町」

テクラウド新着案件
TECROWDより
項目詳細
ファンド名 TECROWD56号ファンド障がい者向けグループホーム「AMANEKU八王子川口町」
募集金額12億5110万円
最低投資金額10万円
募集方式一部先行抽選と通常募集
募集期間2024/01/17〜2024/01/31
運用期間24ヶ月
優先劣後割合優先約80% 劣後約20%
想定利回り(年利)年利8.00%
TECROWDより

TECROWD(テクラウド)のメリット4選

TECROWD(テクラウド)のメリット

TECROWDを利用するメリットは次の4つです。

順に解説します。

①利回りが高い

TECROWDで募集されるファンドは、想定年利が平均8.0%以上と、かなり高い水準です。

日本国内の不動産に投資する不動産投資型クラウドファンディングと比較しても、高利回りが期待できます。

なんでそんなに利回りが高いの?

TECROWDの利回りが高い理由は、今後さらなる経済成長が見込まれる新興国に投資しているためです。

日本国内は人口が減り続けているから経済成長が見込まれにくいワン!

②海外への不動産投資が始めやすい

不動産投資を行う場合、対象となる物件を何回も見てからローンを組む方がほとんどです。

ただ、海外不動産の場合、物件を何度も見るのは難しく、実際に購入後も見に行くとなると、それだけで大きな出費となります。

そんな時間もないし大変だよね…

立地の問題で手が出しにくかった海外不動産投資ですが、TECROWDを利用することで、間接的に少額から海外不動産へ投資できます

実際の運営・管理を任せることができ、運営時の手間がかかりません。

投資をしてしまえば、後は配当を待つだけとなるので、不動産投資に時間をそこまで割けない方でも安心です。

不動産投資がはじめての方でもできそうだね!

さらに、税務についてもすべて国内で行えるため、知識や経験が少なくても海外不動産投資を始めやすいのも大きなメリットです。

\海外不動産投資を始めやすい/

③優先劣後出資方式を採用している

TECROWDでは「優先劣後出資方式」を採用しています。

優先劣後出資方式?難しい名前だな…

分かりやすく解説するので、一緒に理解していきましょう。

優先劣後出資方式では、出資枠が「優先出資」と「劣後出資」に分かれています。

仮に劣後出資割合が10%の場合、投資家が出資した不動産の評価額が運用が始まってから10%以内の損失は、運営側(TECROWD)が損失を負担してくれる仕組みです。

劣後出資割合が多ければ多いほど、私たち投資家が損しにくい仕組みなんだね!

優先劣後
TECROWDより

投資家として利益も大切ですが、損失が発生するリスクも十分に考える必要があります

優先劣後出資方式によりリスクが抑えられることは、非常に大きなメリットですね。

④為替の変動リスクに強い

海外不動産を購入する場合、日本円で直接投資するのではなく、投資する国の通貨で決済することもあります。

例えば、米国の不動産を購入する場合は、日本円から米ドルに両替を行います。

このとき、米ドル/日本円が1ドル=130円で両替を行い、実際に配当がもらえるときに米ドル/日本円が120円になっていたら、約8%もの下落となります。

為替の変動でそこまで収益に差が出るんだね…

しかし、TECROWDでは現地の金融機関と提携しているため、日本円で投資し、日本円で配当を受け取ることができます

海外不動産への出資のデメリットである為替変動によるリスクが軽減できるワン!

\平均想定年利9%以上/

低リスク・高利回りのファンドで海外不動産に投資しよう!
想定年利9%超(1~35号ファンド平均)のTECROWDは会員登録無料です。

TECROWD(テクラウド)のデメリット3選

TECROWD(テクラウド)のデメリット

TECROWDを利用するデメリットは以下の通りです。

しっかりとデメリットを理解してから利用しましょう。

①カントリーリスクがある

海外不動産に投資する場合、日本にはない「カントリーリスク」について理解する必要があります。

カントリーリスクってどんなものがあるの?

TECROWDで扱うモンゴルでは、情勢不安であったり災害が起こったりする可能性があります。

インフラ整備が未発達な地域で災害が起こると、経済活動が止まり、投資している物件にも悪影響が出ることもあります。

TECROWDを利用して投資する場合は、日本では起こりにくい想定外のリスクが起きる可能性があることを理解しておきましょう。

②最低投資額が10万円

TECROWDの最低投資金額は10万円です。

他にも1万円から始められる不動産投資型クラウドファンディングってあったよね?

COZUCHI(コヅチ)利回りくんなど、最低投資金額を1万円としている不動産投資型クラウドファンディングサービスもあります。

それらのサービスと比べると、手を出しづらいのは確かでしょう。

とはいえ、数百万円~数千万円程度かかる従来の不動産投資に比べると、TECROWDを利用した投資はかなり少額から始められます

加えて、海外不動産に投資をしてくれるメリットを考えたら、ポートフォリオを分散したい方には大きなデメリットとはならないでしょう。

TECROWDを利用して、手軽に不動産分野での分散投資ができるのは魅力の一つだワン。

③元本や分配金の保証がない

TECROWDに限らず、不動産投資型クラウドファンディングでは元本・分配金の保証はされていません

正しくは、出資法によって元本や配当の保証は禁止されています。

あくまで投資は自己責任の範囲内でってことだね!

ただ、先述したように優先劣後構造を採用しているため、物件の下落が一定範囲内であれば投資家の元本には影響が出にくくなっていますよ。

TECROWD(テクラウド)の始め方

TECROWD(テクラウド)の始め方

TECROWDの具体的な始め方を知りたいな!

TECROWDの投資は5つの手順で簡単に行えます。

手順①:TECROWDの公式サイトから会員登録

手順②:本人確認書類の提出 (スマホからも可能)

手順③:審査

手順④:ファンドの申し込み

手順⑤:投資開始

登録自体は全てスマホで行うことができます。

会員登録と本人確認書類を提出するだけで、いつでも投資をすることができる状態になります。

会員登録自体は無料で行うことができるワン!

気になる人は今すぐ「会員登録」をするのがおすすめです。

【まとめ】TECROWDの評判

【まとめ】TECROWDの評判

まずはTECROWDに登録してみようかな!

これまでTECROWDのサービス内容やメリット・デメリットについて解説してきました。

最後に、この記事の重要なポイントを復習しましょう。

  • TECROWD(テクラウド)は新興国を中心とした不動産投資型クラウドファンディングサービス
  • 10万円から投資でき、平均利回りが8%以上とかなり高い
  • 新興国ならではの投資リスクに注意が必要

TECROWDなら、10万円から海外の不動産に投資ができます。

平均利回りも高くて魅力があり、手続きはすべてネットで完結します。

登録は無料でできるので、この機会にTECROWDを始めてみましょう。

\平均想定年利9%以上/

低リスク・高利回りのファンドで海外不動産に投資しよう!
想定年利9%超(1~35号ファンド平均)のTECROWDは会員登録無料です。


moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU