PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

おまとめローンおすすめ12選!低金利で返済しやすいサービスのメリット・デメリット・審査を徹底比較

・おまとめローンサービスをどれ使ったらいいの?
・おまとめローンを利用する前にデメリットや注意点も知っておきたい

このようなお悩みを解消します。


この記事の結論

  • ローンを一本化すると、総返済額を減らせる可能性がある
  • 複数社から借入をしている人は一本化して返済の負担を軽減させよう
  • おすすめのおまとめローンは申し込み~契約までネットで完結する「SMBCモビット」

「毎月、複数社の返済に追われていて苦しい」「一つにまとめて返済計画を立て直したい」などの悩みを抱えていませんか?

おまとめローンを利用すれば、借入を1本にまとめられるので返済の負担を最小限に抑えられます。

この記事では、低金利で返済しやすいおすすめのおまとめローンを厳選しました。

おまとめローンの基礎知識も紹介するので、自分がおまとめローンを使うべきか決断できるでしょう。

総返済額が減って返済日もひと月に1度だけになるから返済管理がしやすくなるワン!

この記事を書いた人:東野雅
この記事を書いた人:東野雅

カードローンやクレジットカード、住宅ローンなどお金に関する記事の執筆を得意とするWebライターです。Webライター歴8年/メディア運営歴5年。
ネット銀行やキャッシュレス決済、電子マネーなどを積極的に利用し、どれが最も利便性が高く、お得なのか常に検証しています。不動産管理士宅地建物取引士の資格保有。

安心して利用できるカードローンサービス

おまとめローンとは?

おまとめローンとは?

おまとめローンとは、その名の通り複数の金融機関からのローンを一つの金融機関にまとめる金融商品のことです。

おまとめローンの紹介に入る前に、下記の基本的な知識について分かりやすく解説します。

おまとめローンのことがよく分からないという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

①おまとめローンはこんな人におすすめ

以下のいずれかに当てはまる人は、おまとめローンの利用がおすすめです。

  • 複数の消費者金融または銀行などで借入をしている
  • リボ払いで支払っていてなかなか返済総額が減らない
  • 借入利息が年18.0%で少しでも利息を減らしたい
  • 複数社の返済額をあわせると多額で月々の返済が苦しい
  • コツコツと着実に返済していきたい

該当する項目が多いほど、おまとめローンを利用するメリットは大きくなります。

おまとめローンで借入を1本化すれば、返済における負担を最小限に抑えられるでしょう。

現在のご自身の状況と照らし合わせて、おまとめローンを検討してみてください。

毎月、返済が延滞しそうな状況を何とかしのいでいる人におすすめだワン!

なかには、パートやアルバイト、専業主婦の方でも、担保や連帯保証人が不要で審査に通過しやすいローン会社もあります。

詳しくは「専業主婦がカードローンの審査に通過するコツは?おすすめのカードローン6選【2社目もOK】」をご覧ください。

②おまとめローンと借り換えローンの違い

出典:アイフル

おまとめローンと混同しやすい「借り換えローン(乗り換えローン)」というものがあります。

「毎月の返済負担を軽減する目的で誕生した金融商品」であることは、同じですが以下の違いがあります。

おまとめローン複数社の借入を一つにまとめる
借り換えローン借入先の金融機関を変更する

複数社で借入をしている人には、おまとめローンがおすすめだワン!

③おまとめローンを選ぶときのポイント

おまとめローンは、複数のカードローン会社が様々なサービスを提供しているので、どれを選ぶべきか迷う方も多いでしょう。

以下の2点を押さえておけば、ご自身の状況に合うサービスを選択できます。

  • 上限金利を比較する
  • おまとめすることで早期返済できるか確認する

おまとめローンを利用する場合、基本的に上限金利で借入することになるので上限金利を比較して少しでも金利が低いサービスを選択しましょう。

金利の引下げや、無利息期間を設けているローン会社はねらい目だワン!

また、おまとめすることでどれくらい負担が減るのかを何となくではなく、正確に知っておく必要があります。

アコムが提供している「返済シミュレーション」を使えば、借入利率ごとに金利をより明確に把握できるのでおすすめです。

あわせて、「最寄りのコンビニATMにて手数料無料で返済できる」といった返済時の手間・負担も考慮したうえで選ぶと良いでしょう。

④おまとめローンの審査に通るためのコツ

おまとめローンは、通常の申込よりも審査に通過しにくい傾向にあります。

おまとめローンを希望するということは返済余力が少ないと判断される場合もあるからです。

基本的にカードローン会社では、審査にて申込者の「返済能力」を判断するため、返済余力がある状態で申し込んだ方が良いでしょう。

例えば、おまとめローンの審査を受ける前に借入件数や残金を減らすといった工夫をすることで良い結果に繋がります。

他社の借入を3社以内にすることで審査に通りやすくなるワン!

また、カードローン会社への申込履歴は、6ヶ月間記録に残るので一度に申し込むのは、2社までにしておきましょう。

出典:CIC

一度に多くのカードローン会社に申し込んでいる人は「経済的に困っている」と判断され、審査落ちする可能性が高くなります。

30年後の未来、「安心」して迎えられますか?

画像

会員登録数2,500人越え!あなたの資産形成に役立つ情報をお届け(無料)

  • 投資・おカネに関する最新情報を常にキャッチアップ
  • 有料級の会員限定記事が読める
  • 限定セミナーの情報がいち早く届く

[signup-form]

【審査が不安な人向け】おすすめの消費者金融カードローン4選

おすすめの消費者金融カードローン

どのおまとめローンを利用すれば審査に通るのかな……

審査が不安な方は、消費者金融のおまとめローンがおすすめです。

総量規制とは?

総量規制とは、年収の1/3以上の貸付を禁止するために作られた法律のこと。
貸金業者からの借入が対象。一方、銀行は総量規制の対象ではない。

出典:日本貸金業協会

総量規制が例外的に対象か外れるカード会社もあるので、年収の1/3以上でも借入ができます。

「即日融資を受けたい」「低金利のカードローンがいい」「周りの人にバレたくない」など要望に合うサービスを見極められるでしょう。

サービス名金利審査時間無利息期間の有無
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 最短即日 なし
プロミス年4.5%〜17.8%最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最大30日間
アイフル年3.0%~18.0%最短20分
※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
はじめての方なら最大30日間
アコム年3.0%~18.0%最短20分最大30日間

SMBCモビット

SMBCモビット公式

SMBCモビットのおすすめポイント

  • 最短即日融資に対応*
  • スマホで24時間申し込み~借入、返済まで完結
  • Tポイントが貯まる・使える

*申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットでは、2022年2月28日より「おまとめローン」の提供を開始しました。

支払った利息額200円ごとにTポイントが1pt貯まることが特徴です。

Tポイントを返済に充てることもできるワン!

ただし、SMBCモビットのおまとめローンは、会員限定サービスとなっているので利用する場合は、先に通常のカードローンに申し込む必要があります。

なお、SMBCモビットのおまとめローンは契約が完了すると、借入先のカードローン会社へ、契約者名義で直接融資を送金してくれる点も魅力です。

振込手数料も無料だよ!

各カードローン会社へ返済の手続きを行う必要がないので、時間と手間を省けるでしょう。

金利3.0~18.0%
即日融資
限度額最大500万円
返済期間最長13年4ヵ月
返済回数最大160回
公式サイト https://www.mobit.ne.jp/

\Web完結申込/

電話・郵送なしのWeb完結申込が人気です。
提携ATM・スマホATM取引も可能で便利・スピーディーに利用可能!

※おまとめローンご希望の方は申込後、オペレーターさんにご相談ください

プロミス

プロミスのおすすめポイント

  • 他社解約不要で利用できる
  • 総量規制の対象外のため収入に関係なく借入できる
  • 返済日の選択肢が広く、月々の負担を軽減できる

プロミスが提供するおまとめローンは、総量規制の対象外になるため、年収の1/3以上の借入も可能です。

既存ローンを解約せずに申し込みできる点もプロミスをおすすめする理由に挙げられます。

通常消費者金融の上限金利は18.0%となっているところ、プロミスは17.8%ですのでわずかながら低金利です。

返済日は5日・15日・25日・末日の4回から自由に選択できます。

給料日にあわせて返済日を選べるワン!

ただし利用限度額が最大300万円ですので、借入総額が300万円以下の方におすすめです。

公式サイトで返済シミュレーションツールを提供しているので、どれくらい支払い総額を抑えられるのか確認してみましょう。

金利6.3~17.8%
即日融資
限度額最大300万円
返済期間最長10年
返済回数最大120回
公式サイト https://cyber.promise.co.jp/
※リンク先はフリーキャッシング/レディースキャッシングの申込ページです

\初めての方必見/

初めての方は30日間利息が無料に!
Webからいつでも借り入れお申込できます。

リンク先はフリーキャッシング/レディースキャッシングの申込ページです

アイフル

アイフルのおまとめMAXは、消費者金融だけでなく、銀行カードローンやクレジットカードのリボ払いまで一本化できることが魅力です。

おまとめMAXは、総量規制対象外のため、年収の3分の1以上の借入も可能。

アイフルのおすすめポイント

  • はじめて利用する場合は最大30日間利息0円
  • 24時間申込可能・最短即日融資を受けられる
  • 匿名入力できる1秒診断を受けて融資可能か確かめられる

一般的に消費者金融では、金利18.0%で貸付していますが、アイフルなら17.5%で提供しているので利息の負担が軽減されます。

アイフルは、24時間申込可能&最短即日振込できるワン!

事前に融資を受けられるか、匿名・1秒で診断できるのでお試しください。

金利3.0~17.5%
即日融資
限度額最大800万円
※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
返済期間最長10年
返済回数最大120回
公式サイト https://www.aiful.co.jp/

\初めてでも安心/

アイフル公式バナー

【そこに愛はあるんか?】最短18分で融資可能!*
原則在籍確認電話なし・24時間365日借り入れができます。*

※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※受付時間によっては、振り込みが翌営業日となる場合があります。

アコム

アコムのおすすめポイント

  • 原則電話での在籍確認無しで家族にバレにくい
  • 毎月一定の支払い額で返済計画を立てやすい
  • 最寄りのATMで気軽に返済できる

アコムは、「元利均等返済方式」という返済方式を採用しているため、毎月の支払い額が一定になります。

月々の支出額を把握できるため、返済計画を立てやすいことが大きなメリットです。

「審査結果はメールで通知」「原則電話での在籍確認無し」など、周囲にバレないように工夫をしてくれます。

職場への在籍確認も原則実施しないため、アコム経由で借入が発覚することはないでしょう。

仮に120万円の他社借入がある場合、アコムで一本化すると、25,000円も利息を抑えられるワン!

金利7.7%~18.0%
即日融資
限度額最大300万円
返済期間最長12年3ヵ月
返済回数最大146回
公式サイト https://www.acom.co.jp/

\カードレスでも利用可能/

原則電話での在籍確認無し!Web完結で融資可能
3秒スピード診断をお試しください。

【低金利のおまとめローン】おすすめの銀行系カードローン8選

おすすめの銀行系カードローン8選

金利重視でおまとめローンのサービスを選びたい!

「とにかく低金利なおまとめローンを利用したい」という方に向けて銀行系カードローンをご紹介します。

金利借入限度額審査時間融資実行日
住信SBIネット銀行カードローン1.590%~14.790%1200万円最短60分2週間程度
三井住友カード1.5%~15%900万円最短5分最短即日
三菱UFJ銀行カードローン1.8%~14.6%500万円最短翌営業日最短翌営業日
楽天銀行1.9%~14.5%800万円最短即日最短翌日
イオン銀行3.8%~13.5%700万円最短3営業日最短2週間
auじぶん銀行カードローン1.48%~17.5%800万円最短1時間最短翌日以降
セブン銀行 12.000%~15.000%300万円最短10分最短2~3営業日
ろうきん5.825%~7.500%500万円最短30分1週間~10日程度

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローンのおすすめポイント

  • 来店不要!ネットのみで簡単に手続きができる
  • 明細書などが自宅に郵送されない!家族にバレにくい
  • 都合に合わせて繰り上げ返済できる
  • 条件をクリアすれば基準金利より最大年‐1.0%引下げ

住信SBIネット銀行カードローンの「ミスターフリーローン」は、所定の条件を満たせば金利が最大1%引下げになる低金利カードローンです。

最低金利年3.775%〜と圧倒的な低金利で利用できるため、住信SBIネット銀行カードローン1本にまとめる人が多い傾向にあります。

所定の条件を下の表にまとめたワン!

金利引下げ条件引き下げられる金利
仮申込前日時点で住信SBIネット銀行の住宅ローン残高がある基準金利より年‐1.0%
仮申込前日時点で住信SBIネット銀行のネットローン契約済み基準金利より年‐0.5%
仮申込時点でSBI証券口座保有登録済み基準金利より年‐0.5%

現時点で当てはまるものがない場合も、ネットローンへの契約やSBI証券口座保有であれば数分で登録できるので、条件を満たしたうえで申込しましょう。

また、住信SBIネット銀行カードローンは、手数料無料で、1円単位の繰り上げ返済ができます。

返済における負担を減らすために少しでも早く完済したいという方に、住信SBIネット銀行カードローンがおすすめです。

金利1.590~14.790%
借入限度額1200万円
審査時間最短60分
融資実行日2週間程度
公式サイトhttps://www.netbk.co.jp/contents/lineup/card-loan/

三井住友カード

三井住友カードのおすすめポイント

  • 銀行ならではの手厚いサポートを受けられる
  • 新規登録すると1,500円相当のポイント獲得・最大3ヶ月間無利息
  • 振込専用タイプなら郵送物不要・カードレスで周りにバレにくい

三井住友カードは、三井住友フィナンシャルグループ傘下の大手クレジットカード会社が提供している安心のカードローンサービスです。

1980年には日本初のVisaカードを発行した会社ですので、信頼性の高さは群を抜いています。

銀行ならではの手厚いサポートを受けられることが魅力だワン!

たとえば、お金のプロにローンの相談ができたり、返済計画を一緒に立ててもらえたりといったサポートを受けられます。

三井住友カードでは、新規登録者限定で1,500円相当のポイント付与・最大3ヶ月利息0円のキャンペーンを実施中です。

わずか10秒で審査に通るか判断できる「10秒診断」を提供しているので気軽にお試しください。

金利1.5%~15%
借入限度額900万円
審査時間最短5分
融資実行日最短5分
返済期限最長15年1ヵ月
公式サイトhttps://www.smbc-card.com/index.jsp

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローンのおすすめポイント

  • 上限年率14.6%と圧倒的な低金利
  • 提携コンビニATMなら手数料無料・24時間利用可能
  • 三菱UFJ銀行の普通預金口座がなくても利用できる

三菱UFJ銀行カードローンは、「バンクイック」という名称のサービスを提供しています。

バンクイックはおまとめ専用ローンではありませんが、申し込み条件に「他社借入はNG」という文言がないので、おまとめローンとして利用することが可能です。

また利用限度額が大きいほど金利が下がる仕組みとなっているので、他社の借入総額が高い場合は低金利で借入できる可能性があります。

ただし、バンクイックは総量規制の対象となるため、年収の3分の1以上は借りられない点を知っておきましょう。

三菱UFJ銀行と、保証会社であるアコムの審査に通過する必要があるよ!

三菱UFJ銀行カードローンが提供する「返済シミュレーション」では、返済イメージを掴むことができるのでぜひ利用してみてください。

金利年1.8%~年14.6%
借入限度額500万円
審査時間最短翌営業日
融資実行日最短翌営業日
公式サイトhttps://www.bk.mufg.jp/kariru/card/index.html

楽天銀行

楽天銀行スーパーローンのおすすめポイント

  • 最大31,000円相当分の楽天ポイントがもらえる
  • 他社のカードローン・キャッシングもおまとめ可能
  • 楽天会員なら審査優遇を受けられる

楽天銀行スーパーローンは、他社のカードローンやクレジットカードのキャッシングでも、一本化できることが魅力です。

おまとめを希望する場合は、楽天銀行スーパーローン申し込み時に「資金の使途」と記載しましょう。

また、楽天銀行スーパーローンはキャンペーンが充実していることも大きな特徴です。

  • 特典1:入会するともれなく楽天ポイント1,000ポイントプレゼント
  • 特典2:入会後に利用すると楽天ポイント最大30,000ポイントプレゼント

合計31,000円相当分の楽天ポイントをもらえるワン!

楽天会員のランクに応じて審査優遇を受けられるので、審査が不安な方は楽天会員登録後に申し込むのもよいでしょう。

なお、「メンバーズデスク」にて金利や利息、総返済額などを簡単に確認できるので、ぜひご活用ください。

金利年1.9%~年14.5%
借入限度額最大800万円
審査時間最短即日
融資実行日最短翌日
公式サイトhttps://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/

イオン銀行

イオン銀行のおすすめポイント

  • 申し込み〜契約まで完全Web完結
  • いつでも何度でもATM手数料無料
  • 書類の郵送・カード不要で周りにバレにくい

イオン銀行の「フリーローン(イオンアシストプラン)」は、契約した借入金額を一度に口座へ振り込みされるカードローンです。

上限金利が年13.5%とネット銀行ならではの低金利だワン!

申込時点でイオン銀行の普通預金口座を保有しておく必要はありませんが、融資実行までには用意しておきましょう。

イオン銀行は、パートやアルバイト、自営業者、専業主婦の方でも申し込めることから、審査はそれほど厳しくないと予測できます。

金利年3.8%~年13.5%
借入限度額700万円
審査時間最短3営業日
融資実行日最短2週間
返済期限1年以上8年以内
公式サイトhttps://www.aeonbank.co.jp/

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローンのおすすめポイント

  • ATM手数料は完全無料!
  • 全国のコンビニで365日利用できる
  • au ID保有者は金利優遇あり

auじぶん銀行カードローンは、KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資をして誕生したネット銀行です。

申し込み〜契約まですべてネットで完結するワン!

auじぶん銀行なら、利用時間・利用回数に関わらず、いつでも手数料無料で利用できます。

金利は、年1.48%〜17.5%と低く設定されており、au ID保有者なら、さらに最大年0.5%の金利優遇を受けられる点も魅力です。

返済方法は「35日ごと返済」と「期日指定返済」の2種類あり、自由に選べるので返済計画を立てやすくなります。

今だけ新規契約者限定で1,500円相当分のPontaポイントが付与されるキャンペーンを実施しています。

金利年1.48%~17.5%
借入限度額800万円
審査時間最短1時間
融資実行日最短翌日以降
公式サイトhttps://www.jibunbank.co.jp/products/loan/

セブン銀行 

セブン銀行のおすすめポイント

  • 最短翌日融資が可能
  • 手数料0で無駄な出費を抑えられる
  • 専用アプリを使えばカードがなくても利用できる

セブン銀行は、最短翌日に融資を受けられるので早く一本化して完済を目指したい方におすすめです。

曜日や時間帯に関わらず手数料が発生しないことも魅力だワン!

また、セブン銀行は「任意返済」という24時間365日いつでも返済可能な返済方法もあるので、返済における負担を軽減できるでしょう。

セブン銀行の保証会社はアコムですので、アコムの審査基準をクリアしなければなりません。

金利年12.000%~年15.000%
借入限度額300万円
審査時間最短10分
融資実行日最短2~3営業日
公式サイトhttps://www.sevenbank.co.jp/

ろうきん

ろうきんのおすすめポイント

  • 年3.0〜7.0%の圧倒的な低金利
  • お金のプロに無料相談ができる
  • ATM引出手数料が実質無料

労働金庫(ろうきん)は、会社員や自営業者などから出資を受けて運営されている非営利組織です。

銀行よりもさらに低い金利で融資を行なっていることが特徴だよ!

そのため、おまとめローンの借入先としてろうきんを選ぶ人が多いですが、融資を受けるためには原則、団体組合員になる必要があります。

労働組合に加入しても良いか勤め先の労働条件を確認しなければなりません。

また、労働組合には多重債務に関する窓口が設けられているので、お金のプロに返済のアドバイスを受けられます。

金利年5.825%~年7.500%
借入限度額500万円
審査時間最短30分
融資実行日1週間~10日程度
返済期限10年以内
公式サイトhttps://chuo.rokin.com/
中央労働金庫

なるべく金利を抑えたサービスを利用したい方は「低金利のカードローンはどれがおすすめ?在籍確認なし・借り換えに最適なサービスも紹介」もあわせてご覧ください。

安心して利用できるカードローンサービス

おまとめローンがおすすめの理由やメリットとは?

おまとめローンがおすすめの理由やメリットとは?

おまとめローンを利用するべきなのかな……

おまとめローンをおすすめする理由とメリットをご紹介するので、必要性を感じられたら利用してみると良いでしょう。

①まとめることで金利が抑えられる

おまとめローンを利用すると、月々の返済負担を軽減できる可能性があります。

例えば、A社に30万円、B社に40万円、C社に50万円の借入をしていた場合、毎月の返済金額は利息分が加算されて36,000円だとします。

借入利率(実質年率)借入残高毎月の返済金額毎月の返済金額合計
A社16.0%30万円9,000円36,000円(A社B社C社の合計)
B社17.0%40万円12,000円
C社18.0%50万円15,000円

すべて消費者金融での借入の場合、借入利率が16.0%〜17.0%になる可能性は低いので、上記よりも月々の返済金額・総支払額は高くなるでしょう。

仮に、A社・B社・C社をアコムに一本化すると、毎月の返済金額が12,000円も削減できます。

借入利率(実質年率)借入残高毎月の返済金額
アコムで一本化した場合15.0%120万円24,000円

アコムは初めて申し込んだ場合、30日間金利0で利用できるから実際にはもっと負担を軽減できるよ!

②返済計画が立てやすくなる

複数社で借入をした場合、「A社は15日に5,000円」「B社は20日に15,000円」というように返済日や金額が異なるので返済管理が難しいと感じる人も多いでしょう。

おまとめローンを使って返済を一本化すると、ひと月に複数回発生していた返済日を1度にできるので、返済管理が楽になります。

支払総額を抑えつつ、返済の負担が軽減されるから積極的に利用したいね!

おまとめローンで一本化した際のデメリット・注意点

おまとめローンで一本化した際のデメリット・注意点

おまとめローンは、メリットだけではなく、少なからずデメリットも存在します。

おまとめローンを利用する前に注意点を押さえるワン!

繰上げ返済も検討する

無駄な利息を支払わないために繰上げ返済をして早期完済を目指しましょう。

おまとめローンで設定された最低支払い額だけを毎月返済していると、返済期間が長期化してしまいます。

繰上げ返済を行うためには、手続きが必要ですが、手元にまとまったお金が入ったときや、余裕がある際には上乗せして返済しましょう。

返済期間を短縮すれば、返済の負担から早く開放されるワン!

月々の返済額を少額でも良いので、増やすことを検討するのも良いでしょう。

他社借入を増やさない

おまとめローンを利用している間は、他社からの借入を増やさないようにしましょう。

おまとめローンは、利用限度額の範囲内であっても、追加借入できないので他社を新規契約して借入する人もいます。

せっかく一つにまとめたのに台無しだワン!

借入契約が増えると当然、毎月の返済金額が高くなり、負担が大きくなるでしょう。

おまとめローン契約後は、これ以上ローンを増やさないように気を引き締める必要があります。

おまとめの対象ローンを把握しておく

おまとめローンは、まとめたい借入が対象内であるか確認しましょう。

おまとめローンの公式サイトで「おまとめの対象」「借換対象」といった文言があれば、利用することが可能です。

カードローン会社ならどこでも、借入を一本化できるわけではないんだね!

また、おまとめローンは、一般的なカードローンと異なり、追加借入できないことも知っておきましょう。

通常、カードローンでは利用限度額の範囲内なら、自由に借入可能ですが、おまとめローンは返済専用の商品ですので返済中は追加借入ができません。

おまとめローンでよくある質問

おまとめローンでよくある質問

おまとめローンについてもっとも深く知っておきたいな……

ここでは、おまとめローンを利用する前に気になるポイントをQ&A形式でまとめました。

下記のなかで気になる項目があれば、ぜひチェックしてみてね!

おまとめローンは何回まで申し込み出来るの?

おまとめローンの申し込みは何度でも行えます。

しかしカードローン会社へ審査を申し込んだ履歴は、CICに記録され、6ヶ月間情報が残ります。

申し込み履歴が記録されているんだね!

この記録が残ることで、他社のカードローン審査が不利になる場合もあるので注意しましょう。

おまとめローンの審査は甘いの?

基本的にカードローンの審査基準は、公表されていないので「甘い」「厳しい」などと断言できません。

しかし「おまとめローンは、一般的なカードローンに比べて審査が厳しい」という声をよく耳にします。

その理由は、審査するうえで重視されるポイント「確実に返済できるのか」という点が不利になってしまうからです。

おまとめローンを申し込むということはすでに複数社から借入をしており、返済負担がかかっていることが窺えます。

借入総額や借入件数を減らすと審査に通過しやすくなるよ!

【まとめ】おまとめローンを利用して月々の負担を軽減させよう

おまとめローンを利用して月々の負担を軽減させよう

おまとめローンを利用すれば、毎月の返済負担が軽減されることが分かったよ!

この記事では、おまとめローンの概要や利用するメリット・デメリット、注意点について詳しく解説しました。

  • ローンを一本化すると、総返済額を減らせる可能性がある
  • 複数社から借入をしている人は一本化して返済の負担を軽減させよう
  • おすすめのおまとめローンは申し込み~契約までネットで完結する「SMBCモビット」

ローンを一本化すると、金利が引き下げられて返済総額を抑えられる可能性があります。

「毎月の返済額が多すぎて生活が苦しい」「いつになったら完済できるのか目処が立たない」という方は、おまとめローンを利用するメリットは非常に大きいでしょう。

SMBCモビットは、ネットで簡単に申込から借り入れまで完結するワン!

公式サイトで10秒簡易審査ができるのでぜひ気軽に試してみてください。

\Web完結申込/

電話・郵送なしのWeb完結申込が人気です。
提携ATM・スマホATM取引も可能で便利・スピーディーに利用可能!

※おまとめローンご希望の方は申込後、オペレーターさんにご相談ください

いろはにマネーの投資診断

ブックマークした記事を見る
moonoo banner
Loading...
moonoo banner
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU