PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。(コンテンツポリシーはこちら)

土地活用はどう進めればいい?代表的な土地活用や田舎の土地の活用法などご紹介

・土地を相続したけどどう活用すればいい?
・田舎の土地じゃ活用できないのかな…

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • すでに土地を所有しているなら土地活用がおすすめ
  • 田舎の土地も活用可能
  • 土地活用は専門家に相談して活用法を選ぶべき

土地を資産運用に活用できないかと考えている方もいるのではないでしょうか。

何もせずに所有しているだけでは土地は負債になってしまいます。

しかし、上手に土地活用できれば収益化することができます。

とはいえ、いざ土地活用しようにも、何から始めれば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、本記事では土地活用初心者に向けて、土地を買うメリットや代表的な土地活用の方法を解説します。

都会の土地活用だけでなく、田舎の土地活用まで詳しく解説するよ!

\プロに土地活用を相談できる/

土地を買う3つのメリット

土地を買う3つのメリット

「土地を買う」というと「マイホームを建てる時だけの話」と思われる方もいるでしょう。

しかし、近年は資産運用の手段のために土地の購入を検討する方も増えてます。

また、土地を相続して資産運用に生かしたいと考えるニーズもあります。

土地を買って、良いことがあるのかな?

ここでは、まず土地を購入する(相続する)メリットを確認していきましょう。

メリットとしては、以下の3つが挙げられます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①家を建てて住める

土地を所有すれば、その土地に家を建てて住めますね。

自分の住む家を戸建てで購入する場合、次の2つの方法があります。

  • 建売住宅:すでに建っている家を土地ごと購入する
  • 注文住宅:土地を購入して新築する

建売住宅の場合、基本的にすでに完成した家を土地ごと購入することになります。

価格は注文住宅よりも抑えられますが、すでに完成しているので自分の希望を反映するのが難しいという特徴があります。

その点、注文住宅は土地を購入してその上に家を建設します。

ハウスメーカー選びや建設の段階から自分の意見を伝えられるので、希望を反映した家を建設することが可能です。

自分だけのこだわりの家に住めるのは、お金には代えられないことだよね!

一度購入すれば老後の家賃負担の心配がいらないのも、マイホーム購入のメリットだワン!

引っ越ししづらくなる、売り手が見つかるのに時間がかかる等のデメリットもありますが、自分の資産になるというメリットも見逃せません。

②土地を貸せる

土地を所有していれば、土地を貸すという選択肢もあります。

土地を貸せば、定期的に賃料(借地料)を得ることができます。

貸すだけで定期収入が入るのは嬉しいね。

せっかく土地を持ってるなら他人に貸すより、駐車場にしたりマンションを建てた方が良くない?

たしかに土地を貸さずに自分で駐車場にしたりマンションにする方が、ただ土地を貸すだけより儲かる可能性はあります。

しかし、駐車場やマンションを自分で管理したり経営したりするのは面倒ですし、ノウハウが必要です。

一方、土地を貸すだけなら経営リスクなしに賃料(借地料)が確実に入ってくるメリットがあります。

自分で上手く活用する自信がなかったら、土地を貸して確実に賃料(借地料)をもらうのは手だね!

ただし、土地を貸し出す際には貸し方(賃貸契約)に注意しなければなりません

土地を貸す契約には大きく「普通借地契約」と「定期借地契約」の2種類があります。

  • 普通借地契約:契約を更新し続けることで永遠に住み続けられる契約
  • 定期借地契約:契約段階で決まった年数になったら土地を返還する契約

貸主の視点で考えると、契約内容によっては契約期間が長期に渡り、他の活用ができないという可能性もあるのです。

また、地代の設定なども必要なため、貸し出すのを検討している場合は専門家に相談することをおすすめします。

土地は貸さずに、ただ持っているだけだと固定資産税や維持費がかかるだけの負債になるんだワン!

③建物を建てて土地を運用できる

購入した土地に、アパートやマンションなどを建てることで収益を得られるというメリットがあります。

建物の賃料などで長期的に安定した収入を得ることも可能です。

また、利便性がいいなど条件の良い土地であれば大きな収益も見込めるでしょう。

でも初期費用がかかるから、収支計画はしっかり立てることが重要だね!

さらに、建物を建てることは節税対策も期待できます。

土地を所有していると固定資産税が課せられます。

更地で土地を所有するよりも居住用の建物を建設するほうが固定資産税を軽減できます。

上手に土地を活用する自信があるなら、自分で土地を運用するのがおすすめだワン!

代表的な土地活用3選

代表的な土地活用3選

どんな土地活用方法があるのかな?

そもそも土地活用とは、所有する土地を活用して収入を得ることです。

土地活用といっても、さまざまな方法があります。

ここでは、代表的な土地活用方法として次の3つを紹介します。

①マンション経営

土地活用の代表的な方法がマンション経営です。

所有する土地にマンションを建設して、家賃収入を得る方法です。

マンション経営のメリット

  • 収益性が高い
  • 節税効果を期待できる
  • 空室リスクを分散できる

マンション経営なら、高い賃料と稼働率が期待できるため高収入が期待できます。

また1棟マンションであれば複数の居室を所有するので、1室が空室でも他の居室の収入でカバーできリスク分散もできます

ただし、マンションを建設するとなると多額の資金が必要になります。

周辺のニーズを見極めたうえで建設しなければ、入居者が確保できずに大きな損失につながる可能性も。

マンション経営について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

②ワンルームマンション経営

マンション経営の中でも、ワンルームマンションを対象としているのがワンルームマンション経営です。

ワンルームマンションならではのメリットってあるの?

ワンルームマンション経営のメリットは以下の通りです。

ワンルームマンションのメリット

  • 需要が高い
  • 初期投資資金を抑えられる

「家を買わずに借りたい」という単身者にワンルームマンションは需要があります。

間取りもコンパクトなため、建設の初期費用もマンションに比較して安く抑えられることもメリットです。

③アパート経営

アパートを建設して経営する方法も代表的な土地活用です。

アパートとマンションって何が違うの?

アパートとマンションに明確な違いはありません。

基本的には取り扱う不動産会社の呼び方の違いと言えるでしょう。

アパートと呼ぶかマンションと呼ぶかは、不動産会社によって基準が異なるのです。

なお、一般的には、次のような基準となります。

  • アパート:木造鉄骨造/2~3階以下
  • マンション:RC造/3階以上

構造や規模によってアパートかマンションかに分かれるのが一般的です。

マンションの場合は、その規模から建設費用が高額になるというデメリットがあります。

一方、アパートの場合はマンションと比較して建設費用を抑えられるというメリットがあります。

用意する資金が少なくて済むなら、アパート経営の方がマンション経営よりおすすめなの?

アパート経営はマンション経営よりも収益性は低くなってしまうのが一般的です。

マンション経営とアパート経営の違いについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

\プロに土地活用を相談できる/

田舎の土地の活用法とは?

田舎の土地の活用法とは?

田舎の土地を活用するのは難しいのかな…?

都心部などの利便性の高い立地であれば、需要が高く土地活用はしやすいでしょう。

一方、田舎の土地を相続した場合、「需要がなく活用が難しい……」とあきらめる方もいるかもしれません。

田舎の土地を相続しても税金がかかるし、持ってるだけで損ってこと?

田舎であっても土地活用をあきらめる必要はありません

やり方次第で田舎の土地でも土地活用をして収入を得ることは可能です。

土地活用は需要があるかどうかがポイント

土地活用の重要なポイントは需要がある土地かどうかです。

例えばアパートやマンションであれば周辺に賃貸需要があるかが重要です。

コンビニを経営するなら見込み客が多い土地に出店できるかが大切になりますね。

需要のある土地であれば土地活用での収入も多く見込めるでしょう。

田舎でも大学に近い土地なら大学生のワンルームマンションの需要がありそうだね。

田舎でも都心部や利便性の高い土地はニーズも高く活用しやすいんだワン!

田舎の土地活用には工夫が必要

田舎の土地は、都会の土地に比べ一般的に需要が低いというデメリットがあります。

首都圏は人口が流入してますが、地方は人口が流出しています。

特に若者世代は進学や就職で首都圏に移動する傾向があります。

県庁所在地ならともかく、過疎化が深刻な地域もあるからね…

他にも、次のような理由からも活用が難しくなるケースがあります。

  • 土地の状態が悪い(地形)
  • 建設に規制がかかる

田舎の中でもくぼみや丘があり平たんでない土地や、森の中にあり土地の中に大きな木の根があるというというケースもあるでしょう。

そのような土地の場合、まず建物を建てる前の土地の準備に費用や時間がかかってしまいます。

また、市街化調整区域にある土地では、建物の建設自体ができない可能性もあります。

地方都市の土地ならともかく、田舎の山とか相続しちゃったら大変ね…

需要が全くない土地を相続しちゃったり、間違って買ったら打つ手なしってこと?

活用が難しいとはいえ、すでに土地を所有しているなら何かしら活用することをおすすめします

土地は所有しているだけでも固定資産税が掛かります。

せめて固定資産税分位は賄える土地活用をすると負担も少なくなるでしょう。

田舎の土地でも工夫次第で活用できる方法はあるから、諦めないことが大事なんだワン!

\プロに土地活用を相談できる/

田舎の土地にはどんな土地活用法がある?

田舎の土地にはどんな土地活用法がある?

田舎の土地だからといって、活用ができないわけではありません。

田舎の土地ならではの特徴に合わせた活用方法もあります。

次のような土地活用方法なら、田舎の土地でも活用が上手くいく可能性があります

①高齢者向け施設

少子高齢化の進む日本では、高齢者向け施設の需要は今後高まると予測されます。

高齢者向け施設の場合、自然の多いエリアが好まれるなど、多少利便性の悪い土地であっても運用しやすいという特徴があるのです。

特にサービス付き高齢者住宅のような施設は利用料が高くなることから、少しでも利用料の安い田舎の施設を望む利用者も少なくありません。

そのため、例えば山の中にある土地であっても比較的活用しやすくなるのです。

②太陽光発電

太陽光発電装置を土地に設置し、売電収入を得る活用方法も田舎の土地におすすめです。

太陽光発電であれば集客の必要はなく、太陽光さえあたる場所であれば収入を見込めます。

この点、田舎の土地であれば周辺に高い建物が建っていない可能性が高く、むしろ田舎の土地は太陽光発電のための土地として向いているともいえるのです。

また、ソーラーパネルなどの装置を設置するだけなので他の土地活用よりも初期費用を抑えることも可能です。

上記の活用方法なら自治体から補助金が出る場合もあるんだワン!

土地活用は専門家に相談するのがおすすめ!

土地活用は専門家に相談するのがおすすめ!

どの土地活用にすればいいのか悩むな…

アパート経営やマンション経営以外にも、土地活用には次のような種類があります。

  • 駐車場
  • コンビニ経営
  • トランクルーム
  • 資材置き場
  • 戸建て賃貸
  • 土地を貸す
  • 売却など

さまざまある中からどれを選べばいいのか分からないという方も多いでしょう。

土地って全く同じものがないから、何をどう活用すればいいのか全然、わからないよ。

不動産はこの世に全く同じものがない一点物の資産です。

だからこそ、土地活用方法を決めるうえでは、専門家に相談することをおすすめします。

土地活用は間違った決断をしてしまうと後戻りが難しいから、まずは専門家に相談がおすすめだワン!

土地活用は立地次第でおすすめの活用法が異なる

土地活用は立地に合わせた最適な活用方法を選ぶことが重要です。

住宅街の中にある土地なら居住施設、商業施設の近くにあるなら駐車場やコンビニといったように、土地によって需要が異なります

仮に閑静な住宅街の中にコインパーキングやトランクルームを運営しても収入は多く見込めないでしょう。

土地と相性の悪い活用法を選んでしまわないか心配だね…

また、住宅街であってもマンションなのかアパートにすべきかは、その地域に住む人のニーズによっても異なります。

土地活用方法を選ぶうえでは、土地のニーズを徹底的に調査したうえで判断することが大切です。

ニーズの調査とか難しそうだな…

そうですね。

もちろん自分で現地に足を運んで情報収集して分析することも必要ですが、特に初心者では最適な活用方法の判断は難しいでしょう。

誤った土地活用を選んでしまうと、収入を得られないうえに、建設費などの負担が大きくのしかかってしまいます。

そのため土地活用方法を決めるうえでは、専門家に一度相談してみることをおすすめします。

タウンライフ土地活用で資料請求してみよう

タウンライフ

おすすめの相談先ってあるかな?

土地活用を検討しているなら、一度「タウンライフ土地活用」で資料請求することをおすすめします。

タウンライフ土地活用では、複数の不動産業者からおすすめの土地活用プランを入手することが可能です。

タウンライフ土地活用のおすすめポイント

  • 無料で土地活用プランをもらえる
  • 優良不動産会社のみ加盟しているから安心
  • 土地の紹介もしてくれる

タウンライフ土地活用を利用すると「土地活用プラン」「見積もり・収支計算書」「市場調査書」の3つの資料を無料で申請できます。

市場調査は初心者には難しいから、無料でもらえるのは嬉しいポイントだワン!

また、提案してくれる加盟の不動産業者も全国100社以上の優良企業ばかりです。

セキスイハイムや大東建託と言った大手企業も含まれているのは、安心ですね。

土地を所有していない人でも、未公開土地情報を含めた土地の提案からしてくれるので、これから土地活用を検討している人にもおすすめです。

\プロに土地活用を相談できる/

【まとめ】土地活用の専門家に相談してみよう!

【まとめ】土地活用の専門家に相談してみよう!

土地活用についてよく分かったよ!僕もまずは資料請求してみるね!

最後にこの記事の重要なポイントをまとめます。

  • すでに土地を所有しているなら土地活用がおすすめ
  • 田舎の土地でも活用可能
  • 土地活用は専門家に相談して活用法を選ぶべき

すでに土地を持っている人もこれから土地の購入を検討している人も、まずはタウンライフ土地活用で資料請求してみるとよいでしょう。

あなたの土地に合った活用プランを無料でもらえるので、プランを見比べて土地活用をスタートしてみてはいかがでしょうか。

\プロに土地活用を相談できる/

いろはにマネーの投資診断

moonoo banner
Loading...
moonoo banner
MENU